ヨーコとぴあの さん プロフィール

  •  
ヨーコとぴあのさん: ベルギーチョコ三昧
ハンドル名ヨーコとぴあの さん
ブログタイトルベルギーチョコ三昧
ブログURLhttp://soundcoach.blogspot.be/
サイト紹介文ベルギー在住のピアニストが美音とポジティブな言葉で悩み解決。夢を叶える人生変化への楽しいアドバイス
自由文ブラッセル王立音楽院ピアノ科で教えている現役。ピアニスト、そして豊富な教師経験をミックスし、音楽の分野だけではなく「人生は楽しくシンプルに」をモットーに、人生変化へのお手伝いを始動。ヨーロピアンコーチングの魅力は「感じる」を大切にしていること。頭でっかちな現代社会を楽しく生ききる方法は、5感にフォーカスすること。ブログではそんなことをきままにお喋りしていきます。フォローをよろしくお願いしますね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 180日(平均0.9回/週) - 参加 2017/06/16 15:15

ヨーコとぴあの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • チョコレートの箱
  • ベルギーと言えば!チョコレートですよね。数ヶ月前に、見よう見ようと積んであったDVDの束から、「フォレスト・ガンプ/一期一会」トム・ハンクス主演 (1994年公開)を見ました知能指数がちょっと低いために、いじめにあったり身体が弱いフォレスト少年 の素直さと、心の純粋さで人生を切り開いていくお話ですなぜ、それがチョコレートなの?ですよね??この映画を見た数週間後、某会社からの宣伝で「フォレスト・ガンプ」と、 [続きを読む]
  • 飾る必要のない自分
  • わたしは先々月、9月、ちょっとびっくりな体験をしちゃいました クライアントさんとのミーティングは、わたしにとってもとっても大切な時間そして、その十分な準備もとても大事にしていますある、夜のことでした関係書を読みながら、わたしにできることを書き留めながら案を巡らせていたその時ふっと、そのクライアントさんとは関係ないだろう、ってパラっとめくったページ 次の章の見出しにすごい勢いで引き込まれ読み始めていた [続きを読む]
  • 小さな心の傷
  • 小さな擦り傷はお母さんのおまじないや、消毒さえしておけば自然に治る大きな傷や身体の中の傷=病気は医者の適切な処置で治るじゃ、心の傷はだれが治すの? レントゲンにもスキャンにも写らないし 血液検査で数字でみることもできないよねでも、傷付いた人からはたくさんのシグナルが出ているよ5つに集約される「心の傷」そのうちの一つに「屈辱」「侮辱」ってのがある言葉で見ると、まずギョッとするでしょえっ、そんなこと〜な [続きを読む]
  • 音と感情の結びつき
  • 怖い映画も音がなかったらインパクトは激減そんなこと考えたことありますか? 音を聞くといろいろなことが頭の中にイメージとして広がっていくある音楽を聴くと涙が出る歌いたくなる踊りたくなる暗い気持ちになる安心する・・・音は体験からくる感情に深く結びついている映画の効果は映像ももちろんだけれど同じウェイト、もしくはそれ以上に音の効果は大事!! 音がなかったらジョーズも、ジェラシックパークもさほどのインパクト [続きを読む]
  • トマトとメロン 相田みつをさん
  • 夏真っ盛り!!トマトもメロンも旬ですね???色とりどりの野菜さんたちいつの日からかどの季節にもほとんどの種類の野菜が勢揃いよ〜く考えてみれば不思議ですよねでも、きょうはそんな季節のお話ではなくて旬のトマトとメロンを書いた相田みつをさんの一言をアップしました― ― ― ― ―「みんなほんもの」トマトがねトマトのままでいればほんものなんだよトマトをメロンにみせようとするからにせものになるんだよみんな [続きを読む]
  • 好きな詩
  • 谷川俊太郎さんの「生きる」という詩海外生活のわたしに、東京に住む新聞大好き母が、切り抜きに手紙をそえたものをたま〜に送ってくる最初は、また〜送ってきたの〜くらいに、ほとんど読みもしなかったのに、この詩の切り抜きを見つけて以来、そんな母の思いを大切に感じるようになったもう、ご存知の方も多いと思うが是非、紹介させていただきたい「生きる」生きているということいま生きているということそれはのどがかわくとい [続きを読む]
  • 価値観とコミュニケーション
  • 美しい音とポジティブな言葉による”美音浴コーチ” ヨーコキクチです仕事に限らず親子、夫婦、兄弟、友人といった身近な人間関係の悩みは本当に辛いものですね今日は自分の体験から、人間関係のコアな部分”コミュニケーション”に深く関係する価値観のお話ですわたしは結婚という契約を終了したいと、思った時から自分の人生が回り始めました音楽家、センチメンタルで頑固な性格そして夢見る夢子さんの自分に思いっきり向かい合 [続きを読む]
  • 息を抜いてみよう
  • ??はどこ?インターネットの急激な普及で私たちの思考(頭)はどんどん、ある意味、進んでいるけど身体で感じること心の声は前とほとんど変わってはいない春の風は頬にやさしいし冬の雨は冷たい別れは悲しいしひとりになるのは怖い ・・・いろんな情報で知っていることが増えれば増えるほど楽しいけど、どんどん、どんどん、膨らんで情報の情報をまた、そのまた情報を 追いかけるそして、何かをやらなくては成し遂げなければ 人 [続きを読む]
  • 言葉って不思議
  • 「きちんとしなさい」「しっかりね」「人に譲るのよ」「早くしなさい」いつも言われていますよねいつも、子供やパートナーに言っていますよねそして、なによりも自分にむけている言葉なんです(だから人に言っちゃうわけです)深い!でしょ??4つの言葉のうちあなたはどのテロップが一番頻繁に頭のなかに流れていますか?「きちんとしなさい」その後ろには「完璧にしなきゃ」が隠れています確かに仕事をするにあたって、また、物 [続きを読む]
  • 夏はあなたが輝こう!
  • 夏といえば 恋!または旅!開放的な夏の到来です思い切ったことができそうな夏いつも慣れ親しんでいるゾーンから頭一つ分出してみるちょっと緊張しますよねでも、夏ですものそんな刺激がいろいろなことをもたらせてくれそうヴァケーションは大切な人との時間も大切だけど自分の時間を上手にゲットしなきゃ喜びも半減しちゃいます!”知らない自分に気づくファーストミーティング”7月いよいよ始動します自分に恋する??知らない [続きを読む]
  • 気づき
  • 気づき子供と一緒に観る映画や本には気づきがいっぱいハーリーポッターのダンブルドアの一言わたしハーリーポッターの大ファンなもので?? 「自分がだれかは能力で決まるものではない」「どんな選択をするかじゃ」これを聞いた時はっとしました 子供と一緒にDVDを何度も見たし、本も読んじゃいました子供の映画、と思いきや結構奥が深いんです!ダンブルドア教授はブッダ並みの哲学を持ってるかも??映画の中の話が実生活であれ [続きを読む]
  • 身体の奥まで入ってしまう一言
  • 身体の奥まで入ってしまう一言言葉も音と同じで,心の奥深くまで入り込んでしまいます「ガーン!!」なんて漫画チックにくることも、針で刺されるようにチクチクくることも、傷口に何度もダメージを受けるように、繰り返し言われたり、・・・心に届くスピードも強さも人、さまざまでも、音と、とても違うことは言葉は頭の中で繰り返し響いているうちに違う言葉や状況とくっついて”思い込み”というお化けを作り出してしまう点親の [続きを読む]
  • 身体にやさしい音
  • 身体にやさしいものを選ぶ音(音楽)も身体にやさしいものを選んでますか?よく目にするキャッチコピーとして「モーツァルトを聴くと健康になる」「胎児にモーツァルトを聴かせるといい」「やすらぎのα波」 ...いろいろあります。わたしは音楽人間ですので、上記してあることの信憑性を云々できる立場でも、科学者的な知識もありません。一人の音楽に携わる人間としてのささやきです。3歳半からですからかれこれ半世紀ピアノ、音 [続きを読む]
  • ヨーロッパ 優先順位
  • ブラッセルの春は天候不順です。今日はちょっと気温は低めで、数時間ごとに晴れ、曇り、雨をごちゃごちゃにした感じ。一言で言えないベルギー天気。 長〜い冬が終わって、春の到来を待つ気持ちは全く日本にいたときと変わらない。のに、毎年のように、がっかりさせられる。??期待しなきゃいいのに、って思っても、DNAに組み込まれてしまっているから、仕方がない。ベルギー人は、衣替えがない!サングラスをいつも持ち歩いている [続きを読む]
  •  ヨーロッパのゆとり
  • ”ヨーロッパ”と言ったら「昼休みが長い」と連想した方がいらっしゃいました。わたしの頭にすぐ響いたのは「ゆとり」という言葉です。ヨーロッパ人はなぜ「ゆとり」を持ったように見えるのでしょう?おそらく人に合わせる、ということに重きを置いていない!!!みんながしているから自分もする、という考えが希薄です。なので、人に合わせるために時間の折り合いをつけることはほとんど皆無!行きたくない所に行くことも皆無!日 [続きを読む]
  • アラフィフの人生丸洗い わたしのヒストリー:暗中模索
  • 何をするにも心が弾むわけではなく、頭の中でなんとか辻褄を合わせて過ごしていたわたしの思考回路に違う新回路を促したきっかけは夫の早期定年退職だった自分の趣味を何よりも、だれよりも優先させる夫の姿を見るにつけ、わたしはこの人と一緒で幸せなのだろうか、という疑問が湧き上がってきていたわたしの幸せってなんだろう?心の弾むことってもうないのだろうか?と考え始めた時から、自分を変えたいという気持ちがふつふつ湧 [続きを読む]
  • アラフィフの人生丸洗い わたしのヒストリー
  • お稽古ごと人気ナンバーワン:ピアノ3歳半から母の手ほどきでピアノを弾いていました。当時は楽しかった、という感覚より大きな障害になるものがなく、進んでいたから続けていた、と言った方が本音に近いのかもしれません。小、中学生時代はどんなに試験で100点を取っても歌を上手に歌っても音楽の通信簿の点は5段階中3でした。音楽の先生には無視され、親にも学校でピアノを弾いてはだめよ、手をあげて発言しないほうがいいわね、 [続きを読む]
  • 初めてのブログ/新緑のブラッセル
  • 今日からブログを始めます。4月下旬としては寒いこの頃です。ブラッセルの春は2週間前一気に訪れ、蕾や美しい緑の葉を用意させたのに先週からは気温が低く、待った!がかかってしまいました。??????でも、日差しは春ですよ。ヨーロッパの中心ブラッセルを本拠として30年。ピアニスト&作曲家としてはもとより、コーチとして美しい音とポジティブな言葉の選択による人生の変化をサポートしています。えっ、じゃピアニスト、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …