龍族 さん プロフィール

  •  
龍族さん: hotvoice
ハンドル名龍族 さん
ブログタイトルhotvoice
ブログURLhttps://hotvvv.blogspot.com/
サイト紹介文hotvoice,不思議,防災,スイーツ,レシピ
自由文国内旅行,音楽(全般),健康と医療(全般),hotvoice,ホットボイス,瞬間,不思議,防災,人,美,サプライズ,songs,おもしろ,アクシデント,スイーツ,レシピ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2910回 / 365日(平均55.8回/週) - 参加 2017/06/16 22:20

龍族 さんのブログ記事

  • 男の脳と女の脳の違い
  • 男と女の脳の仕組みは違う。だからモノの感じ方や考え方などすべての価値観が違う。それでも男は女が嬉しそうに傍にいる限り、女性を自分から嫌いにはなれない生き物。「自分の気持ち」が基軸にある女脳からしてみれば、想像を絶することのようだが、男脳は傍にいる女性が嬉しそうにしてるだけで、その笑顔に照らされて、しみじみと幸せを感じるもの。女は嫌いな男が傍に近寄って来て、理由もなく笑顔でニコニコしていたら不気味で [続きを読む]
  • 月の土地所有は合法?
  • 月は誰のもの?土地の所有は合法なのか「宇宙弁護士」が解説イーロン・マスク氏の火星移住計画などもあり、「地球外不動産業者を通して月の土地が買えるか?これは合法なのか?」が話題になっている。しかし、そもそも誰が月の所有権をもっているのだろうか?将来的に人類が地球以外の惑星に移動し住宅や施設が建設されると仮定した場合、土地や不動産の所有権は誰のものか、といった疑問に答える「宇宙弁護士」なる職業が生まれて [続きを読む]
  • ベネズエラで目撃された、さてこれは一体?
  • 100万%のハイパーインフレの渦中のベネズエラにあるカラカスで目撃された不思議な夕陽…。いや、夕陽ではなさそうですが、さてこれは一体…?南米のベネズエラといいますと、現在、大変な経済危機の渦中にあることで知られています。最近では、「ベネズエラのインフレ率、100万%に達する見込み (ブルームバーグ 2018/07/25)」という「 100万」という数字が出て来るようなハイパーインフレーションの報道もなされていて、いよい [続きを読む]
  • 人探してる系のつぶやきで
  • 人探してる系のつぶやきで 本当ならその人が連絡先として捜索願い出してる警察署(実在している番号)が書いてある筈なのに書いてないのはほぼ ストーカー DV夫 等から依頼を受けた探偵 詐欺被害あいやすい人間のリスト化 なので無闇な情報提供は犯罪幇助に繋がるのでNGだと学校で教えてあげてほしい>@bauashima [続きを読む]
  • SAPに聞いた「2025年保守切れ問題」
  • SAPに聞いた「2025年保守切れ問題」、S/4HANAへ移行する選択肢には何があるのか 連載:次世代ERPによるビジネス変革いま使っているSAP ERPのサポートが2025年末に切れる。SAP ERPのユーザー企業に与えられた時間はあと7年だけ──突如、注目を集めることになったSAPの「2025年保守切れ問題」は、現在、ユーザー企業にさまざまな憶測と不安を抱かせているようだ。そこで、SAPジャパンの担当者を直撃し、問題の本質はどこにあるのか [続きを読む]
  • コミュニケーション?プラニング
  • 「2歳児に飴玉をあげるな!」とコミュニケーションプラニング山口で二歳児が行方不明になり、警察や消防etcが捜索していたものの発見できなかったところ、大分から出てきた78歳のスーパーボランティアおじいちゃんがあっという間に救助したという出来事。発見→歓喜、というところから一巡して、このスーパーボランティアおじいちゃんが発見時に飴玉を挙げたことについて、「2歳の子どもに飴玉をあげるなんて!」という批判が出 [続きを読む]
  • 香水をつけるべき最適な体の部位は?
  • 香水はつける場所によって効果が変わってきます。みなさんはどこにつけていますか?首やうなじ、手首につけている人が多いと思いますが、専門家によると、最も効果的な部位はとても意外な場所でした。香水は、体につけると体温によって温められた芳香成分が揮発して効果を発揮します。そのため、体温が高くて比較的大きな血管がある部位という理由から、首や手首につける使い方が広まっているようです。しかし、香水の専門家がより [続きを読む]
  • Sung-eun - Temptation, 성은 - 유혹, Music Camp 20050604
  • SAPに聞いた「2025年保守切れ問題」、S/4HANAへ移行する選択肢には何があるのか 連載:次世代ERPによるビジネス変革いま使っているSAP ERPのサポートが2025年末に切れる。SAP ERPのユーザー企業に与えられた時間はあと7年だけ──突如、注目を集めることになったSAPの「2025年保守切れ問題」は、現在、ユーザー企業にさまざまな憶測と不安を抱かせているようだ。そこで、SAPジャパンの担当者を直撃し、問題の本質はどこにあるのか [続きを読む]
  • 65歳以上の年金から天引きされる「徴収金」とは
  • 65歳以上で年金を貰うときに、介護保険料などの「社会保険料」が天引きされることになるのはご存じでしょうか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、源泉徴収税とは別に存在する様々な「社会保険料」の計算方法や、天引きではなく納付書振込みで対応したいときの確認方法、支払いスケジュールなどについて詳しく解説しています。65歳以上の年金受給者からの社会保険料 [続きを読む]
  • 長野県の新名物!ワッサーが激ウマ
  • 長野県の新名物!桃とネクタリンから生まれたフルーツ「ワッサー」が激ウマ最近の新顔として注目を集めているのが、「ワッサー」。一見ふざけた名前にも外国産フルーツにも思えるが、れっきとした日本生まれの新フルーツなのだ。ワッサーって何?ワッサーが誕生したのは、長野県須坂市。白桃とネクタリンが混ざって植えられていた果樹園で、偶然の産物として発見されたという。1990年に品種登録されたが、桃のような甘さと香りがあ [続きを読む]
  • 2018年8月18日 上弦の半月
  • 上弦の月は日が暮れる頃は、真南の空の高いところにあり、日付が切り替わる頃に、西の地平線に沈んでゆきます。旧暦による呼び名では、八日月です。上弦の月以降は、満ちていく月の力が本格的に高まります。物事を成就させ、一つの結果を手に入れるベストタイミングが、約1週間後の満月。そこに向けて、積極的で前向きなエネルギーが日ごとに高まって行くのが明日からの1週間です。 [続きを読む]
  • スイスの恐怖の土石流
  • 泥が爆発!?用水路をなだれ落ちる恐怖の土石流 スイススイス南西部の山間部に位置する村で今月7日、大雨の影響で大規模な土石流が発生し、住宅地を流れる用水路を一気にくだり落ちて、あたり一面を覆う災害が発生した。泥水が爆発したような激しい流れだったのにもかかわらず、奇跡的にけが人はなかった。セメントのような泥水が鉄砲水のように流れ落ちる災害が起きたのは、フランスとの国境に近いシャモソン村。有名なレマン湖は [続きを読む]
  • 聖母マリアに捧げられるフランスの川の水が消滅した。
  • 聖母マリアに捧げられるフランスの川の水が「シンクホールに飲み込まれて消滅」した頃、アメリカでは次々と聖母像が破壊され、南米では血の涙を流すドゥー川のこの周辺は、「大切な行事を間近にしていた」のでした。その行事とは何かというと、「毎年、8月15日の聖母マリアの昇天の日に、マリア像にドゥー川の聖なる水が捧げられる」というものなのでした。日本では、8月15日というのは終戦記念日が全面に出ますが、キリスト教圏内 [続きを読む]
  • 点滴装置の乗っ取りは驚くほど容易だった
  • 高まる医療機器へのサイバー攻撃のリスクインターネットに接続される心電計や血圧計などの医療機器のIoT化は、診断の迅速化や正確性の向上につながるとされ、効率的な医療の実現への貢献が期待されている。市場調査会社Grand View Research社によれば、世界のIoT市場は2022年におよそ4100億ドルに達すると見られており、今後成長が予想されるホットな分野だ。しかし、ほかのIoT機器同様、医療機器もインターネットにつながることで [続きを読む]
  • 政府が推進する「オープンイノベーション」とは何か?
  • 経済産業省は6月、「オープンイノベーション白書 第二版」をまとめた。世界中に広がるリソースを活用するオープンイノベーションは、もはや企業にとって必須の戦略となっている。そもそもオープンイノベーションとはどういうものか、ビジネスマンとして知っておきたい。外部の技術やノウハウを融合しイノベーションを起こす取り組み「オープンイノベーション」という言葉を聞くことも多くなってきた。オープンなイノベーション…… [続きを読む]
  • 中身は本物?メルカリに「甲子園の土」出品相次ぐ
  • 価格は、ボトル入り・びん入りが500円〜1万3000円程度。甲子園球場の誕生90周年を記念し、2014年に入場者限定で配布された、グラウンドの土を埋め込んだキーホルダーには3万円前後の値が付くものもある。出回っているものは過去の大会で採取された土が中心。1000円で買い取られた商品には「2001年(第83回大会)当時、甲子園に出場した先輩から頂きました」との注意書きがあった。4500円で買い取られた土には「2003年に出場した時 [続きを読む]
  • ふるさと納税で12市町を名指し注意、従わぬ理由は
  • 世田谷区では40億円を超える住民税が消滅7月6日、総務省が「ふるさと納税に関する現況調査結果」を発表した。昨年度のふるさと納税受け入れ総額が3653億円と過去最高となったことなどをまとめた10ページの資料だ。その最後のページに、①返礼割合が3割超、②地場産品以外の返礼品を送付、③2018年8月までに見直す意向がない、④昨年度10億円以上の寄付を受け入れ、の4条件に当てはまる、大阪府泉佐野市など12の市町がリストアップ [続きを読む]
  • 2018年8月17日 たなは゛た
  • 太陰太陽暦の七月七日は、新暦では例年8月中旬ごろに当たります。梅雨もすっかり明けていることが多く、夏の暑さがピークを迎えているころです。ただし、日本の暦を定める国立天文台では太陰太陽暦の計算をしていません。そのかわり「伝統的七夕」という言葉を使い、旧暦とは別の方法で七夕の日を求めています。2018年の伝統的七夕は8月17日です。8月17日の夜9時には、おりひめ星がほとんど頭の真上にあること、ひこ星も高く上って [続きを読む]
  • 2016年までの日本の出生数と出生率
  • この 1973年のコンピュータモデルの内容で、やや驚いたのが、「人口の減少を予測している」ところです。この 1973年頃というのは、多くの主要国において、子どもが増え続けてきた時代で、たとえば、日本でも今のような「少子化」などという概念が出てくる社会になっていくとは誰も考えていませんでした。実際、この 1973年は日本の出生数がピークを迎えた年で、1年間で 209万人の子どもが生まれています(2017年は、その半分以下の [続きを読む]