ヤミイ さん プロフィール

  •  
ヤミイさん: いじわるおばさん
ハンドル名ヤミイ さん
ブログタイトルいじわるおばさん
ブログURLhttp://yummi.seesaa.net/
サイト紹介文世の中ムカつくことばかり。モノごとをナナメにみるクセつきました。いいたいことをいってみますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 310日(平均2.4回/週) - 参加 2017/06/17 21:15

ヤミイ さんのブログ記事

  • 定年後、無収入になるけど。
  • ダンナも同世代なので、もうすぐ定年退職を迎える。アタシは55才くらいから、定年退職後をどう働くか・・・真剣に考えては落ち込むタイプ。もちろん再就職先なんてないに決まってるし、フリーになってもアタシのようなおばさんに仕事がくるのか・・・。一方、ダンナは55才くらいの時は、退職したら喫茶店でもやろうかなあ・・・などと呑気なことを言っていて、それが間近になった今は、もう仕事はいいかな・・・などと言い出し [続きを読む]
  • 猫に学ぶ…女の嫉妬。
  • 2匹のメス猫を飼っている。彼女たちはそれぞれアタシやダンナの愛情を得たいと思っている。猫は犬とは違って、人にかまってほしくない・・・系ではないかと思っていたが案外違う。ウチのネコたちは、けっこういつもアタシたちにかまってもらいたいと願っている。先住猫を優先させよ・・・というのが猫の多頭飼いの通例で、先住のサバトラをまず撫でるようにはしているのだけれども、サバトラより後から来たシロクロの方が人懐っこ [続きを読む]
  • おばさんぽい、おじさん。
  • 会社で仲良しなのはなぜかおじさんばかりだなあ。もともと女同士のつきあいは苦手。昔、女子会に誘われるのが億劫で、たびたび断わっておたら誘われなくなった。・・・そう、友だちはいない系。それでもたまにランチや飲みに行くのは男の同僚と・・・ばかりだなあ。ちなみにランチは一人で食べたい方です。若い男とは話が合わないので、今ではほぼ同世代のおじさんと何を話すのかといえば・・・やっぱり上司や同僚をディスるか、仕 [続きを読む]
  • おやじの嫉妬だね。
  • アタシの性格はゆがんでいるけど、世の中もいろいろゆがんでいる・・・最近、そう思うことが多いなあ。アタシの会社では理不尽なことが日常茶飯だけど、マンションの理事会でも不快な出来事が・・・管理会社から派遣される住人に人気の管理人さんが、たわいもないことを理由に、理事長のおやじの権限で突然、解雇される・・・という事件が起こった。人嫌いなアタシでさえもその管理人さんを何かと頼りにしてきた。だから、けっこう [続きを読む]
  • 道理を理解しない女。
  • アタシの知人で、毎年、ゴールデンウィークにホームパーティを開く女がいる。その女、M子の親友Rがアメリカに住んでいて、毎年この時期に帰国するからだ。アタシはそのアメリカに住むRを深く知らない。若い頃に紹介されて、大勢の飲み会などで同席はしたけど。それも20代の頃の話だ。Rちゃんが今、どんな仕事に就いていて、どんな家族構成で暮らしているのかさえアタシは知らない。なのに、M子はここ数年、GWに、「Rちゃ [続きを読む]
  • 愚痴のいいわけ。
  • 前回の記事ではやっぱり出ました、仕事の愚痴・・・このブログを始めたのも、主に仕事の愚痴を書きさらそう・・・という、いかにもアタシなネガティブ発想だったからねえ。まさにここは童話『王様に耳はロバの耳』の井戸みたいなものかもしれぬ。それにしても会社員歴も35年になろうというアタシ。高度経済成長と共に大人になってバブル期に社会人になったせいか、仕事、仕事で、所詮生活の真ん中に仕事があった・・・そんな半生 [続きを読む]
  • 見て見ぬフリか・・・
  • 仕事の方は、実は・・・全然うまくいってないのだ。内輪に何をやってもできないダメダメくん(50代のおっさんだけど)が一人いて、そいつのせいで何もかもが、ダメダメに進行していたのが2ヵ月前までのこと。それからそいつはプロジェクトから抜けて、代わりの人材が補填されたわけだけど・・・時はすでに遅しってこと。今まさに、ダメダメのやったことの結果が次々に表面化しつつあり・・・日々、得意先から責められる、責めら [続きを読む]
  • Outlookに管理されてる。
  • 最近、会社でムカつくのは、自分のスケジュール管理のこと。WindowsのOutlookの会社の人々と自分のスケジュールを共有するというあのめんどくさい機能。つまりアタシのスケジュールは会社中に公開されているということで、同じ会社の人ならPCやケータイで見れてしまう。見れるどころか、あまつさえ、アタシののスケジュールの空いているところに、勝手に「〇〇打合せ」などと予定を書き入れることすらできるのだ。「(トシだから [続きを読む]
  • 50代後半の気づき。
  • 眼はかすみ、足腰は危うくなり、あからさまに体力は低下する。アタシの場合は、急激にデブり、好きだった服が似合わなくなって、外に出かけるのも、ましてや人に会うのが億劫で・・・。若いモノたちと話が合わなくなり、自分の子供にさえ無視される。人生100年時代だから、トシ老いた親の介護問題てのも出てくる。引退なんて・・・お金持ちだけの話。退職金も年金もあてにならないアタシらには、将来も曇天。トシをとるって辛い [続きを読む]
  • 今感じ始めていること。
  • 定年したって、しばらくは稼がなくてはいけない。アタシの年金はたぶん・・・61才から月に10万円くらいで、65才からは20万円くらい。ダンナは若い頃に社会保険などを払っていなかった期間が長かったので、おそらくアタシの半分くらいの年金だろう。しかも男性の場合の支給は65才から。60才から65才という、一般に年金をもらえない期間は貯畜を取り崩して生活するしかない。でも、今のアタシの生活にはローンに扶養家 [続きを読む]
  • 第二の仕事人生、どうする。
  • 最近、よくきかれるのは「定年後、どうするつもり?」ということ。最近、会社だけでなく・・・業界全体が不審なヤバいかんじが漂っていて若いモノですら何なのに、老いた我々の先行きは真っ暗だ。そう、つまりアタシは定年間近で、もう時期会社からお払い箱になるわけだけど、すんなりと引退するわけにはいかないのだ。ダンナも同業、同世代、それは近い将来、世帯収入ゼロ円になる日がくるということ。自分たちのことだけで精一杯 [続きを読む]
  • 会社は黒い巨塔。
  • 昨夜はアタシの大好きな言葉、「ざまあみろ」・・・がついに爆裂してしまった。アタシの本来のいやあな性格があまらさまになり過ぎ?でも。この会社に20年以上在籍していて、これはドラマか・・・というような理不尽な出来事に山盛りさらされ続けたわけだけど。結局は、恨みつらみの「デスリスト」にバカどもの名前を連ねていくしかなかった。そんな巨悪の海で翻弄されていた小舟だったアタシも定年・・・つまり卒業間近となると [続きを読む]
  • 今夜は祝杯。
  • もともと地味で、ヒトの印象にも残らないヤツだった。仕事は100%、外部に丸投げで、下請け業者からのブラックな接待は存分にウエルカムだったと聞く。コツコツ努力して新規の大仕事を得た当時の部下を呼び出して、「お前は空気が読めない。なぜその仕事を、オレの手柄にしないんだ」と真顔で問い詰めたというバカ男Y。世の中は、無能なヤツしか出生できないというセオリー通り、いつしかヤツは部長になっていっとき、アタシの [続きを読む]
  • 会社の未来がヤバい。
  • 4月・・・新しい期が始まった。平均年齢56才という年寄りだけを集めた課に所属することになったアタシ・・・ここは会社の老人ホームかとついつい愚痴ってしまうアタシだけど。そんなレベルの愚痴で過ごせているなんて、マシな方ということが最近、わかってきた。会社がたいへんなことになているからだ。昨年、緊急に社長が変わった。それを皮切りに、外資を始め新な資本も加わった。会社は経営の方向性を大きく変えるらしい。ア [続きを読む]
  • デブ、その後。
  • 昨年、一気に5キロ太ったアタシ。(もともとが標準体重くらい)ここまで太ったのに、「最近、太りました?」などと、会社では誰もアタシに言わない。って、当たり前かもしれないけどあえて言われないのも変・・・というくらいデブになった。1年前までの服はものの見事に入らなくなったもの。・糖質ダイエット・週に1回のスポーツクラブ・1日10分間のちょっとした体操・休日のウオーキングなどを試みるも・・・仕事、仕事な数 [続きを読む]
  • 社内老人ホームか。
  • 4月・・・会社の新年度が始まります。先週、アタシの会社でも恒例の組織替えが発表された。アタシは今年も56才の課長を筆頭におじさん、おばさんたちを寄せ集めたあからさま過ぎるほどあからさまな年寄りチームに所属することになった。課員10名の平均年齢はが55才。今年定年退職する59才が2名入っている。会社では近年、パワハラ、モラハラ、セクハラ、マタハラ、パタハラ(パパへのマタニティハラスメントのこと)などに神経質に [続きを読む]
  • 仕事仲間と飲みに行く。
  • この数ヵ月間、あまりにも仕事、仕事だったせいか。共に修羅場にを戦った・・・いや、今現在も戦っている仕事仲間と軽く1杯・・・という話で飲みに行くことになった。仕事上のつながりでつき合っている仲間・・・50代のおじさん、おばさんたちです。お互いにプライベートなことはまったく知らない。特に聞かないし。それでも日頃の共通の愚痴が溜まっているはずで、誰の悪口を言おうか・・・とアタシは密かにワクワクしていた。 [続きを読む]
  • おばちゃんお洒落本。
  • 前回の記事の続きだけど。二の腕を出したい・・・そんなアタシのささやかな夢。それは、黒の夏のセットアップを早くも購入してしまったから。スカートはAラインにまあるく拡がって失われつつあるアタシの乙女心を久しぶりにそそるデザイン。トップスを何にしようか、七分袖のブラウスやカットソーなどいろいろ試したものの、セットになっているブラウスが結局いい。それがノースリーブだったわけだけど。最近、書店でたまに見かけ [続きを読む]
  • アタシの夢。
  • 女に生まれてやってないことはなるべくやっておこう・・・と、今さらながら意識しているアタシ。たとえば、髪形。ずっと前髪ありのボブスタイルできたけれど、一度はワンレングスにして、前髪をかき上げてみたい・・・。で、この冬に実行。コンプレックスだったシワのあるおでこを思いきりだすことにはなったけど。やってみたら、思いのほか、人には褒められる。おばさんのおでこのシワなんて、誰も気にしてないってことだろう。そ [続きを読む]
  • 女に生まれてよかった。
  • 銀行が主催する「セカンドライフがどうのこうの」というセミナーに出席した。その会議室には定年間近な50代後半のおじさん、おばさんが集められる。銀行の人は「第二の人生」だの、「生きがい」だの言ってるけど、どうせ退職金をあてにした銀行の商品説明会でしょと思っていたら、・・・まさにその通りでした。ちなみにアタシは契約社員の時期が長かったので、退職金はとても宛てにできないほど少ない。ただ、年金の話になって・ [続きを読む]
  • メランコリックナイト。
  • 仕事まみれのアタシだけど。こう見えて(見えてないと思うけど)、アタシの近辺ではいろいろな出来事が起こっている。電話しますと言っていた仕事関係の人から、全然電話がこなくて妙に思っていたら、別の人から電話があって、かかってくるはずの彼のお父さんが急に亡くなったので・・・と言われた。幼馴染みの女友だちが、治ったと思っていた癌が再再発して、何度目かの抗がん剤治療に入った。ひとり暮らしの老母は、なんだかフラ [続きを読む]
  • 会社・・・辞め<br />
  • いいえ、アタシは会社を辞めておりません。仕事が上手くいかないくらいで、定年退職を目前に(甘ちゃんな)今の会社を辞めるわけないじゃあないですか。確かに今アタシが関わっている案件は前途多難・・・なかなか前に進んでいってません。さすがに得意先も気づかないわけなくて、彼らの厳しい指摘の元に弊社のダメダメな人材は次々に除外されつつあります。さらにアタシに、アシスタントが3名つきました。だからといって、仕事が [続きを読む]
  • ついにキレる。
  • 昨日はついに気持ちが治まらず、荒れた。営業に電話で、怒鳴った。アタシがここまでやる必要ないよね。・・・言いたいことは簡単にいうとそれだけのことなんだけど。なかなかうまく言えない。できない営業の長は、あらゆる方面から罵詈雑言を投げかけられて、追いつめられている。もう、死んでしまいそうなほどやつれ果てて・・・ヤツができないことが最大の原因なのに、それを言うことすら許されない。帰宅して、ダンナに「会社、 [続きを読む]
  • 休日のオフィスの秘密。
  • この土日も、当然の休日出勤。このプロジェクトはアタシひとりでやってるわけじゃないけど。リーダーはアタシで、他は若いチーム員たちがいるものの・・・たとえば金曜日の午後発注された仕事を、月曜日までやっておいてね・・・と今はいえない時代なんですよ。つまり上司は部下に、休日出勤を強要できない雰囲気がある。だからせめてデッドラインが火曜日以降の仕事を若手に回すのです。で、月曜日までの仕事はアタシが出社してや [続きを読む]
  • あいかわらず&あいかわらず
  • 気づいたら、定年退職まであと数十ヵ月・・・と数えられるくらいになりました。アタシの予定では、定年までわずかとなったらなんとな〜く仕事してるフリをしつつ、ひっそり目立たず会社に存在して、お給料はいただく・・・そんな日々を想像していたのに。全然、予定通りにいかない。ここに来て、仕事、仕事、また仕事・・・な日々。やだよ、こんなの。「年功序列」という美しい制度が無くなって、シニア社員冷遇の昨今、お給料はど [続きを読む]