kazetami さん プロフィール

  •  
kazetamiさん: 元へっぽこ→現役へっぽこボウラーのたわごと
ハンドル名kazetami さん
ブログタイトル元へっぽこ→現役へっぽこボウラーのたわごと
ブログURLhttp://p320470524.seesaa.net/
サイト紹介文PリーグやJPBA公式戦に関する戯言、へっぽこボウラー日記と言ったボウリングに関するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 145日(平均2.4回/週) - 参加 2017/06/18 11:12

kazetami さんのブログ記事

  • 公式戦の写真撮影について
  • 第40回ジャパンオープン、稲沢GBボウリングフロアでの一般観客による撮影禁止になったわけだが、スマホで撮影していた人がチラホラ。でも、撮影したい気持ちわかるんですよね。私だって知り合いが投げていたとしたら、せっかくの晴れ姿、投げているところを撮影したいって思いますもん。撮影禁止にするなら、事前にJPBAのHPで報告しておくのが筋ってものでしょう。一般観客の撮影禁止だったら会場に行かないっていう人もいたのです [続きを読む]
  • 女子部門はプロにタイトルが戻ってきたが
  • ジャパンオープンは松永プロの優勝で幕を閉じたのだが、今回もアマチュアに優勝を許すことがあれば、4年連続でアマチュアにタイトルを渡すという非常に情けない状況に陥るところであった。さすがに事態を重く見ていたのであろう。準決勝の前に姫路・愛甲両プロ(松永プロもか?)が主導して、準決勝進出プロ全員で円陣を組んだといいます。この激に堪えたのは、姫路プロ・松永プロはもちろんのことなのですが、若手の坂本かやプロ [続きを読む]
  • レンコンが変わっても何というのか
  • 昨日、投げ放題で2017広島OPの本チャンコンディション投げてきました。ROUND1CupLadies2017本チャンより外ミスがさらに許されないという感じでしたね。私の球質だと縦回転が強すぎて、外ミスするとまず帰ってこない。抜けちゃう。内ミスは裏まで行ってしまいますが、明らかな失投でなければ裏まででという感じです。歩き方を1でプッシュアウェイ・2・3・4から1・2でプッシュアウェイの34という感じで変えているところです [続きを読む]
  • プロレッスンを受けてきた 番外編
  • チャレンジでは2回ほど顔を合わせたことのあるTプロのレッスン。球速アップを課題にダウンスイングがのそーーーーーとしているということで。タイミングの変更。今まで、1歩目からプッシュアウェイしていたのを、2歩目からプッシュアウェイに変更。30分ぐらいで何とか。2歩目から動くから、1歩目を左に置くのも楽になる。コンディションが怪しくなってくると、しぃみたいにハの字歩きになってしまうのも防止できそう。確かにこれま [続きを読む]
  • 20170924スタッフチャレンジ & プロレッスンを受けてきたその5
  • これの前に、てっちゃんレーンで投げ放題してきたのですが、さすがにてっちゃんレーンは曲がらないし、変な癖付けてしまった感じです。初心者にはやっぱりお勧めしませんです。スタッフチャレンジ悪夢のようなスコアだった1G目。レンコンはROUND1CupLadies2017本選でした練習ボールの延長なのか?と思うぐらいやばかった。スペアを取りに行こうとすると全部左側に外している。またハンデが増えちゃう…で、ショックがまだ少々残る [続きを読む]
  • 第12回MKチャリティカップ
  • 予選だが、Bシフトで好調だったはずのよしみPが残り3Gで崩れてしまい、予選通過ならず。翌日の準決勝だが、8:00開始なのをすっかり忘れていて、見始めたら2G目ですた。。。吉田Pが配信レーンで1G目投げていたというのに…それにしても、吉田P、予選1G目で133とか、らしくなさすぎるスコアからスタートして、速報見たらシフト最下位からのスタートで、どうしたんだとおもいきや、133/254/172/278/246/205/266/222/202/178 のL/H145 [続きを読む]
  • Pリーグ第69戦 準決勝第1
  • 川?由意⑥×小林よしみ⑤×鈴木亜季③堅実なボウリングに定評のある亜季とよしみのマッチレースに期待。1フレ、かわゆい10ピン、よしみ4番。亜季はジャストではないがストライクスタート。2フレ、かわゆいがまた10ピン。よしみがストライク。かわゆいが10ピンのカバーに向かうが、投げた瞬間にミスったとわかるようなカバーで結局内側へミス。亜季はダブル。3フレ、かわゆいがバケット。よしみがダブル。かわゆいはカバーでボール [続きを読む]
  • 20170906 R1 小林哲也プロWチャレンジ
  • 普段、野郎プロのチャレンジにはいかないんだけど、今回は特別だ。よしみプロの旦那様だもんということで、よしみんTシャツでWチャレンジ挑戦。レンコンは、ROUND1CupLadies2017本大会レンコン。何かですね、縦回転が多い私にはレンコンがどれであっても大して変わらない気がするんだが…HDCPは40のまま。なんとか30ぐらいに減らしたいけど、200ベースの80%掛けだから、162.5アベが必要。へっぽこさん、チャレンジに出始めたころに [続きを読む]
  • 20170901 R1投げ放題
  • 哲也プロのチャレンジへ向けての練習。昼・夜両シフト出る予定なので、左足つま先にに体重のかかりすぎないフォームを模索することに。あーでも、また眼鏡を忘れてしまうし、いきなりレーン間違うし(よく見ないと→が見えないという)先日のスタッフチャレンジで、サムが緩くなっていたのを感じたので人間にテープを3枚も貼っていたけど、これだと、テープの消耗が激しいので、ホールの方を調整。ちょっときつめにすることにした [続きを読む]
  • Pリーグ第69戦 1回戦Fグループ
  • 森彩奈江×櫻井眞利子②×浅田梨奈①面子見るだけで試合への期待感が薄くなる…第2シードと言えどメンタルがとうふような森にノーシードが二人…森がラッキーでダブルスタート、浅田がまさかの1フレ10ピンミス。さくまりもなかなかストライクが来ない中で、6フレで4-5-7。浅田も6フレで2度目のダブルチャンスでボールを落としてしまい、2-4-5。7フレで4-9。森が楽な展開を勝手にほかの二人が作ってくれるという状況に。森234、さく [続きを読む]
  • 20170827 R1スタッフチャレンジ
  • 月末に診察なのに投げに行ってしまった。今回、リア充な人々ががBBQとか行ってたらしく、参加者が1桁という。おかげでボックス2人打ちですよ。2人打ちだとすごくゲーム進むの早い。いやー、練習でできてないことは試合でもできないんだなと痛感。ノーミスと200up、ボウリングを再開してからどちらも達成しておらず、今回も達成できず。ハンデが41もあったので、今回もハンデドロボー。1300円分の金券を持って帰ることができて、哲 [続きを読む]
  • Pリーグ第69戦 1回戦Eグループ
  • E 遠藤未菜×キムスルギ×小泉奈津美①1フレ、いきなり遠藤が吠えてストライク。実況が黒い人なので、相乗効果となるとガチンコでうるさくなる。キムは10ピン。小泉はボールが薄く入り、2-4-5。このカバーからして、内ミスしている印象が見受けられる。2フレ、遠藤は力ないボールが厚めに入り4-7-10。キムもボールが厚めに入り4-7。遠藤はトライしに行ったが、溝に落としてしまう。小泉は相変わらず薄く2-8。塩試合な感じが見えて [続きを読む]
  • 投球禁止令
  • レッスンを受けた後から、左ももと左ひざに違和感を感じまして、痛みが引かないので病院行ってきました。先生にはまずダイエットしろと。昔の私を知っている人からすると今は+15kgぐらい体重が増えてまして…あれ? へっぽこさんじゃん! と話してから言われることが多くなりました。ちょっといろいろあって引きこもっていた間に大変なことになっておりまする。リハビリテーションの時に、体操も教えてもらいました。今は、R1行 [続きを読む]
  • Pリーグ 第69戦1回戦Dグループ
  • 大石奈緒①×岩見彩乃×小池沙紀⑳面子的には岩見は勝負に絡めず、Stop the 小池は大石に託されている状態。しかし、岩見周辺のSNSで勝ち上がりの情報が出てきていたりと、不穏な状態。結局ネタバレでした。今戦開始時に長谷川が泣いているシーンが映し出されたのはこれだったということで。結果から言うと、岩見が2ミス7th235ピンで勝ち上がりましたが、レンコンとボールがあっていたから打てたという感じで、2ミスがいずれも7番 [続きを読む]
  • 20170811 HPLスポコンチャレンジ
  • スポコンチャレンジがあると知ったのは、今月の会報をもらった時。ただでさえへっぽこなのに、スポコンになんて行った日には2桁スコアで終わるんじゃないのかと危機感もあり、参戦を悩んでいたが、レッスンを受けた時点でまだ空きがあるのを知って、参戦することに。37ft 2010ヴァイパーのコンディションらしい。ショートコンディションは初めて体験するし、宮崎OPみたいな感じなのかしらということで行ってみたが…HDCPは30。レ [続きを読む]
  • プロレッスンを受けてきた その4
  • 予定がなかなか出ず、レッスンの予約をなかなか入れられない(´・ω・`)ショボーンこの調子だと来月のシフトが出るのも月末ギリギリだろうねバックスイングが小さくなってしまっていることはまあ仕方ないところもあるので…・ラストステップが小さくなっていて、身体がレーンにダイブしそう・左のつま先に重心がかかりすぎていて引っ張り癖が出てしまうこと(内ミスのオンパレードで今日は裏の女王様状態)・10ピンはもっと対角線にい [続きを読む]
  • Pリーグ第68戦 Cグループ
  • 姫路麗⑤×鈴木亜季×坂本詩緒里A/Bグループの結果で上位選手が続々消えたものだから、SC争いは混とんとしている。面子的には現役トーナメントシードが二人いるのだが、二人とも川崎GBとの相性はいまいち。1フレ、姫路はボールを出して10ピン。亜季と坂本はストライク。坂本リポートでパーフェクト狙っちゃいますとか言ってるけど、ンな簡単に出せるなら苦労せんよ!2フレ、姫路7-10。亜季は10ピン。坂本は2-4-5。3フレ、姫路がボ [続きを読む]
  • 2017/08/04 R1投げ放題
  • 学生さんたちが夏休みに入っていることなんざすっかり忘れてた。いつもならマイボーラー専用のフロアにハウスボウラーが入っている。休みの時期はハウスボウラーさんが結構好き勝手やってくれるので、マイボウラー泣かせな時期である。サムレスDQNとかいっぱいいるし…レーキが完全に上がってないうちから投球に入っているとか、7月までは静粛だったフロアが一気に動物園状態に。レーキ壊したら100万ぐらい請求されるのを知らない [続きを読む]
  • 2017レディース新人戦
  • 勝つべき人が勝ったという感じです。小池沙紀プロが優勝、2年目にして卒業です。予選でのライブ配信、お姉さん(小松渚さん)が岩見PとかわゆいPの同箱に入っていましたが、この二人に70ピン以上の差をつけてました。やっぱりジュニアのころからやっていて国体出場レベルと、大学生とかそれ以降に始めた二人とは基礎が違うというところ。岩見Pと坂本Pが予選通過したのは意外でした。しかも、岩見Pは決勝トーナメントまで進出すると [続きを読む]
  • Pリーグ 第69戦A/Bグループ
  • 収録:2017/07/04開始時点の画像で長谷川が待機席で泣き、安藤とかわゆいは拍手を送っているシーン。その後、観客が惜しみない拍手を送っている。これは何を意味するのか?68戦終了時点のポイントランキング20 小池9 あゆみ ※出場停止9 安藤----SC出場の壁----8 松永6 鶴井6 長谷川5 姫路3 川?2 さくまり2 よしみ(以下省略)小池のSC初出場は確定しているので、残り2枠は誰になるのか?そういう意味でも、今回のAグ [続きを読む]
  • 20170730 R1 スタッフチャレンジ
  • よく、3度目の正直という。先月、そのチャンスだったのだが、撃沈。結論から言うと、4度目にしてスタッフチャレンジで勝利。しかも、3位でフィニッシュ。毎度毎度ハンデ込みマイナスを連発すれば気が済むのか?レーンキャッチャーにして2試合目となる今回のスタッフチャレンジ、今回のコンディションはチャンピオンシップコンディション。ハッピーボウラーのサービス精神あふれるスコアにすら負け、いい加減、勝ちに飢えていた。へ [続きを読む]
  • 20170726 R1投げ放題
  • えーっと、私、スペアボール持ってないです。車持ってないし、2個入りカートはロッカーに入らないし、いわゆる3点セットレベルの1個入りバックしかもっていません。なんで、今、レーンキャッチャーでどうにか10ピンを取る修行中です。キャンペーンボールよりはやっぱり曲がるので、10ピンの時はちゃんとストレートリリースしないといけませんね。リスタイはやめる前はつけていましたが、今はつけてないです。親指にテープはしてま [続きを読む]
  • Pリーグ第68戦 決勝
  • 安藤瞳⑥×小池沙紀⑮×長谷川真実⑤豆腐メンタル2名と鋼鉄メンタル1名の戦いですよ。安藤は決勝ではことごとくヘタレてしまい、優勝を逃すこと多々。古くは44戦とか。長谷川は勝ち抜けで決勝に行ったことないし、前回出た決勝(34戦)では吉田と酒井のハイスコマッチレースに完全に蚊帳の外に置いて行かれたという。一方で小池は前回優勝。解説の丸山Pにも川崎GBの10ピンの飛ばし方が最も合っているという言葉。1フレは問題なく進 [続きを読む]
  • Pリーグ第68戦 準決勝第1
  • 六甲生観戦したので、リアルタイムで放映を見れず。姫路麗④×安藤瞳③×鶴井亜南⑥川崎GB初代チャンピオンだが、その後スコアを伸ばしきれず、今大会1回戦でようやく230アップした姫路。第7・第8シーズンでSCに進出し、1回戦で250台を出した鶴井。この二人に挑む安藤。ワイルドカードはイップス長谷川の215。姫路は1回戦同様いいイメージで行けそうと、練習ボールは1分前ぐらいに切り上げて、残りの二人はギリギリまで悩んでる状 [続きを読む]
  • 20170718 R1竹原P Wチャレンジ
  • へっぽこは13ポンドのレーンキャッチャーをゲットした。しかし、その後、六甲クイーンズの生観戦だの、東海オープンのライブ配信だの観る方に夢中になって、する方のボウリングは全くやっていないありさま。HDCP41でレーンキャッチャーで初大会。竹原Pといえば、神戸のハッピーボウラー。皆を幸せにするために舞い降りたべっぴんさん。ルックスはパーフェクトと紹介されるも、昼の部で4G600点台とか、サービス精神にあふれすぎるス [続きを読む]