スマイル さん プロフィール

  •  
スマイルさん: ゴール
ハンドル名スマイル さん
ブログタイトルゴール
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nijilake/
サイト紹介文自己啓発について発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 151日(平均2.2回/週) - 参加 2017/06/18 16:07

スマイル さんのブログ記事

  • 仕事で大切なことは「ただでできること」斎藤 一人
  • 高額納税者である斎藤一人さんが動画の中で「仕事で大切なこと」を話しています。その動画では「大切なこと」として「無でできることの大切さ」を語っています。スポンサーリンクたとえば、お店をはじめたとして「どうすればお客さんが来てくれるか?」と考えたときに、「無」つまり「0円でできることを考えろ」と言います。それは掃除であったり値札などの言葉を変えてみたり笑顔であったり愛想をよくしたりそういったものが「大 [続きを読む]
  • 着眼点「名波から相馬へのエンドレスパス」
  • 面白い動画があったので紹介します。元日本代表の名波氏が相馬氏に「パスを送り続ける」という動画です。98年のフランスワールドカップまでは、名波から相馬へのパスというのは「黄金パターン」で、それが日本の武器になっていました。ただ、それは多くの人が無意識では思っていましたが、そこに着目し、編集して動画をアップするというのは予想外のことで面白く、再生数もあって評価も良かったので紹介してみました。私は名波氏が [続きを読む]
  • ゲシュタルトを買う
  • スポンサーリンクビジネス書籍を読んでいると、「アイデンティティを買う」という内容のものがありました。たとえば、「マルボロ」を吸う人は西部者の武骨なイメージのグループを欲している。ベンツやフェラーリなどもそれによって、そのオーナーという「アイデンティティを欲している」というような内容でした。そのブランドを得るためにお金を払う。そしてその「アイデンティティを得る」というものです。確かに「アイデンティテ [続きを読む]
  • 天国と地獄
  • スポンサーリンク天国も地獄もどこかよそにあるわけではありません。人が毎日考えていることによっていまここに天国も地獄もつくり出されるのです(マーフィー)このブログでは「エフィカシー」を高めることを言っていますが、エフィカシーが高いと自然とそのような情報を脳が探します。「自分は価値のある人間」と思えば、そのような情報を集めます。反対にエフィカシーが低いと「世界は混とん」として見え、世界に対して悪意を感 [続きを読む]
  • 松下幸之助の財産
  • スポンサーリンク私には3つの財産がある。それは学校へ行かなかったこと。健康に優れなかったこと。そして、決断に弱かったことだ。だから、人が教えてくれたり、助けてくれたりして成功した。(松下幸之助)人には初期設定というか、生まれもった環境というのがあると思いますが、一見、ネガティブなようなことが結果的に「財産である」と思うようなこともあると思います。もちろん、松下さんがこれらのものを持っていたとしても [続きを読む]
  • アンカリング
  • スポンサーリンク「アンカリング」という言葉があります。 「アンカリング」とは五感からの情報をきっかけに、特定の感情や反応が引き出されるプロセスを作り出すことです。マーケティングなどでも、5000円から3000円に値引きなど、はじめにイメージを与えて値引き感を引き出すなどの目的でも使われます。これはスポーツ選手も行っていて、自信のパフォーマンスを最大限引き上げるときに行っています。サッカーの中村俊輔さんは、 [続きを読む]
  • 自分のノルマ
  • スポンサーリンク「自分を評価するときは、周囲の人を基準にするのではなく、目標までの距離で評価せよ」アンソニー・ロビンズ私たちはつい人と比較しがちですが、本当に比べなければいけないのは「今までの自分」です。「今までの自分」と比べて少しでも前進しているのであればそれはゴールに近づいていると言えます。また、ゴールに少しでも近づく行動を起こすということが大切ですね。スポンサーリンク [続きを読む]
  • 失敗の原因は先延ばし
  • スポンサーリンクあなたが失敗する理由は、一日延ばしの習慣にある。(ナポレオン・ヒル)これはとても耳の痛い言葉です。私たちも「ゴール」を決めそこに向かって行動を起こすわけです。「やるべきこと」というのは案外わかっている。でも、何か理由をつけてやらなかったりします。それはもともと持っている「ホメオスタシス」のせいなのかもしれません。ただ、成功法則のなかでもこの「先延ばし」に言及したものは多く、それがい [続きを読む]
  • エフィカシーを高める努力をする
  • スポンサーリンク「汚い言葉遣いは、周りの評価も下げますし、なにより自己能力の自己評価であるエフィカシーを下げてしまいます。」(苫米地英人)エフィカシーは「自己効力感」といい、自己評価の考え方のひとつです。セルフイメージと言ってもいいかもしれませんね。「自分に対するイメージ」という。個人的には「エフィカシー」というのは生きる上でも重要なものではないかと思います。ゴールというのは「目標設定」ですから、 [続きを読む]
  • 5×5の法則
  • スポンサーリンク「5×5の法則」というものがあるそうです。島田しんすけさんが言っていたそうで、努力が5、才能が5のとき掛け合わせて25で最大になるというものです。結果、「一番良いパフォーマンスになる」という名言らしいのです。8:2でも6:4でも5:5よりパフォーマンスが下がります。私も最近、そのような考えをもっていて「50:50」と思っていましたが、「5:5」でもよかったわけですね。インプットとアウトプットのバラン [続きを読む]
  • 潜在意識に落とし込めば自然とゴールへ向かう
  • スポンサーリンク 苫米地さんの音声を聞いていると「ゴールの達成にはアファメーションが大切」ということを言っていました。アファメーションというのは自己暗示のようなものですが、苫米地さんが言うには「自己対話のマネジメント」と言っています。私たちは常に「自己対話」をしていますが、日々、自分の対話の内容をチェックするそこにネガティブなものがないかチェックする。自己対話(セルフトーク)が自己イメージをつくる [続きを読む]
  • 新たなゲシュタルト
  • ゲシュタルトとは「知覚現象や認識活動を説明する概念で、部分の総和としてとらえられない合体構造に備わっている、特有の全体的構造をいう。形態。」を言います。スポンサーリンク例えば、音楽などは一つ一つの音符から成り立っていますが、一連の音符を塊ととらえて「音楽」と認識します。人にももちろんあてはまって「自分」という「集合体」がいて「男」「身長」「職業」などの部分があります。ゴールの達成という意味では、こ [続きを読む]
  • 与えた10分の1が返ってくる
  • スポンサーリンク「あなたが世の中に対して提供した価値の10分の1のものが自分に返ってくる。」松下幸之助ビジネスには「与えることこそが重要」という人も多いです。その「与える」経営者の第一人者ともいえる松下さんの言葉です。単に「与えたものは返ってくる」と言われても「本当かな」と思ってしまうのですが、与え続けた松下さんだからこそ、この言葉には説得力があります。このブログも「与える」ことをテーマにやっていこ [続きを読む]
  • なぜセルフイメージを上げなければいけないのか
  • スポンサーリンクこのブログでは「セルフイメージ」つまり「自分に対する評価」ですが、なぜ、それを上げなければいけないのか。潜在意識は「セルフイメージに沿って実現する」と言われています。つまり、高いセルフイメージならそのような現実を低いセルフイメージならそのような現実になっていきます。低いセルフイメージのほうが想像しやすいと思いますが、たとえば、自己評価が低いとそれを周りのせいにしてしまい「こんな世の [続きを読む]
  • 夢中になるもの
  • スポンサーリンク『貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから。』 エマーソン。よく成功者は「やりたいことをやりなさい」と言います。私もそのようなものを探しているのですが、「これなのかな?」という疑いはあります。このブログも興味のあることを書いているので、「そうだ」と言えばそうなのですが、それが「真に求めているものか」と言われれば「そうなんだろうか?」と思っ [続きを読む]
  • インプットとアウトプット
  • スポンサーリンクこのところ「アウトプット」に力を入れていましたが、そうなるとバランスが悪くなり、「結局、インプットとアウトプットのバランスが大切だな」と思うようになりました。良質なインプットがないと単調な作業に思えてきて、モチベーションもさがってしまいますが、そこに自分の関係することの教材などでインプットすることにより自分の行動も洗練されていくような感じがするからです。今後はインプットのほうにも気 [続きを読む]
  • 今日、何を考えたか
  • スポンサーリンク人生は、その日一日 何を考えたかで決まる。 エマーソン本当に人というのは「何を考えてるか」そのものだと思います。お金持ちはお金のことを考えるし、仕事が生きがいの人は仕事のことを考えるし、その人が考えていることがそのこと自身とも言えます。もし、そうであるなら自分にとってふさわしくない考え、ネガティブな思い、またはそういった自分とはあまり関係ない情報はあまり見ないほうがいいと思います。 [続きを読む]
  • 広告っぽくない広告
  • スポンサーリンク広告の本を読んでいると「広告っぽくない広告」のような話をしていて私たちが見ている広告はいかにも「広告」ですが、たまにコンテンツだったり読み物の中で自然と売り込みをしているものがあります。広告だと読まないものでもコンテンツの中に自然と入っていれば「そうだよな」「そうだよな」と思いながら、最後に営業をかけられる。場合によっては最後まで営業とは気づかない。好きなドラマを見ていて、そこでお [続きを読む]
  • 世界を映すもの
  • スポンサーリンクいつも自分を磨いておけ。あなたは世界を見るための窓なのだ。 (ジョージ・バーナード・ショー)「心を磨きなさい」というのは自己啓発の世界ではよく言われています。「鏡の法則」というものもあって、自分にあるものが外側に投影されてそれが自分が「見るもの」になる。心に曇りがなければ、世界は晴れやかに見えるし心に曇りがあれば、世界はよどんど見える。だからこそ、自分をいつも磨いている必要があります [続きを読む]
  • 好きなことをする
  • 将来に対して新しいイメージを持つと、ゴール達成に必要なすべてが「したい」「選ぶ」「好む」というセルフトークに変わってきます。(苫米地英人)成功者の人はよく「楽しいこと」「やりたいことをやりなさい」というふうに言います。これは潜在意識的にはわかるんです。脳は楽しいことは続けられますから、「継続」という意味ではとても意味がある。でも、それが自分にとって「有益」かどうかということはわからない。でも、成功 [続きを読む]
  • お金も好かれたい
  • 嫌いな人に会いたいとは誰も思いません。相手も自分が嫌われていいると知れば、わざわざあなたに会いにくることはないでしょう。お金もまったく同じです。富を手にする法則の第一条は、とにかく、お金を好きになることです。(マーフィー)マーフィーさんの名言というのは割と深みのある感じのものが多いのですが、名言集を見ていると、この名言を見つけました。なんとなく、「占い」のようでふわふわした感じなので目立っていまし [続きを読む]
  • 価値の提供
  • 価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく。(ジェイ・エイブラハム)私たちは結果を気にしてしまいますが、サービスの価値という視点も大切だと思います。スポンサーリンクお客さんに価値を提供することを心がければ結果的に数字にも反映されると世界の巨匠が言ってくれるので「何が価値か」という意識を常に持つことが重要なんですね。応援よろしくお願いします!↓⇒苫米地英人集大成メソッ [続きを読む]
  • 大量行動
  • 成功は「大量行動」から生まれる。(ダン・ケネディ)「大量行動」は私も大切だと思います。特に何かを始めた初期というのは、まったく何もないわけですよね。知識も経験も何もない。そういった中でやるとしたら「大量行動」しかないわけですよね。確かに学びながら行動するというのも大切ですが、初期というのは何もわからないわけだから大量にやるしかないのですよね。物理法則でも慣性の法則がありますが、動き始めたら余裕も出 [続きを読む]
  • 何回も繰り返すことで意識に落とし込む
  • 人を説得するときは何度も同じことをくり返しなさい。これが暗示をかける最良の方法です。(マーフィー)なんだかこの言葉だけ聞くと「暗示」というより「洗脳」という感じですが、「セルフイメージ」を上げるアファメーションも言ってみれば「自己暗示」です。スポンサーリンクその暗示には「何回も繰り返す」ことで潜在意識に落とし込む作用があるようです。これはゴールを目指すためにも重要なことだと思います。ただ、「絶対に [続きを読む]