清濁 思竜 さん プロフィール

  •  
清濁 思竜さん: ざぜんにっき
ハンドル名清濁 思竜 さん
ブログタイトルざぜんにっき
ブログURLhttp://ideadragon.seesaa.net/
サイト紹介文四の五の言わずに、まず坐ってみた。
自由文新米禅者の歩みです。面白いブログになるかどうかは、本人にも分からない!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 242日(平均4.9回/週) - 参加 2017/06/18 21:40

清濁 思竜 さんのブログ記事

  • 八十一歩目
  • 「人みな知らん人になって下さい、花のように知らないって云うんです。そうして初めて人間も地球の仲間入り、いったん人間を卒業するんです。」 by川上雪担老師「自分の世界」を捨てる事で、初めて「あるがまま」が見えて来る。 知識を蓄える事が尊い「自分の世界」から、知識や理解といった自我の手垢で汚す前の「あるがままの世界」を、花の様に「知らない」と言える人になる。人間以外の生き物や物質などは、いつだって「ある [続きを読む]
  • 八十一歩目
  • 「人みな知らん人になって下さい、花のように知らないって云うんです。そうして初めて人間も地球の仲間入り、いったん人間を卒業するんです。」 by川上雪担老師「自分の世界」を捨てる事で、初めて「あるがまま」が見えて来る。 知識を蓄える事が尊い「自分の世界」から、知識や理解といった自我の手垢で汚す前の「あるがままの世界」を、花の様に「知らない」と言える人になる。人間以外の生き物や物質などは、いつだって「ある [続きを読む]
  • 八十歩目
  • 大雪になったので、高尾山に行ってきた。折角の雪を堪能したかったので、選んだコースは沢と寺がある六号路。流石に稲荷山コースは危険だと判断した。私は登山家ではないのだ。高尾山山頂から、雪化粧した都内を望む。ここまで来た人達は皆、素晴らしい景観に声を上げていた。今回の雪中登山の詳細は「修道記」にUPする。https://idea-dragon.com/とは言え、記事を更新する時間的な余裕が無いので、何時になるかは分らないが(汗) [続きを読む]
  • 八十歩目
  • 大雪になったので、高尾山に行ってきた。折角の雪を堪能したかったので、選んだコースは沢と寺がある六号路。流石に稲荷山コースは危険だと判断した。私は登山家ではないのだ。高尾山山頂から、雪化粧した都内を望む。ここまで来た人達は皆、素晴らしい景観に声を上げていた。今回の雪中登山の詳細は「修道記」にUPする。https://idea-dragon.com/とは言え、記事を更新する時間的な余裕が無いので、何時になるかは分らないが(汗) [続きを読む]
  • 七十九歩目
  • 欲望には際限が無いと思い知るまで、とことん欲望を満たす事を追い求めた者は、最終的に自分なりに満足出来る「落とし所」を決める様になる。 人間の欲望は果てしない。だが、行ける所まで行こうとしても、途中で「自分なりの」限界が来る。そして、己自身の限界まで、とことん欲望を追い求めた者だけが、得られる資格というものもある。それは「無窮なるもの」に挑戦する資格だ。行かなくちゃいけない所なんか、ありはしない。辿 [続きを読む]
  • 七十九歩目
  • 欲望には際限が無いと思い知るまで、とことん欲望を満たす事を追い求めた者は、最終的に自分なりに満足出来る「落とし所」を決める様になる。 人間の欲望は果てしない。だが、行ける所まで行こうとしても、途中で「自分なりの」限界が来る。そして、己自身の限界まで、とことん欲望を追い求めた者だけが、得られる資格というものもある。それは「無窮なるもの」に挑戦する資格だ。行かなくちゃいけない所なんか、ありはしない。辿 [続きを読む]
  • 七十八歩目
  • 心の傷の痛みに苦しむ人は、結構いる。パッと見ただけでは分かりにくいが、結構いる。中には、他人に気付かれない様に、独りで苦しみを抱え込んでいる人もいる。精神的に健全で、順風満帆で生きて来れた人達に、それを理解しろと言っても無理だろう。 それに、あまりに多くの理解を社会に求めると、全く以って不自由なガチガチの管理社会になってしまう。だから、求めるべきは住み分けであり、生き方の多様性を許す事だと思う。多 [続きを読む]
  • 七十八歩目
  • 心の傷の痛みに苦しむ人は、結構いる。パッと見ただけでは分かりにくいが、結構いる。中には、他人に気付かれない様に、独りで苦しみを抱え込んでいる人もいる。精神的に健全で、順風満帆で生きて来れた人達に、それを理解しろと言っても無理だろう。 それに、あまりに多くの理解を社会に求めると、全く以って不自由なガチガチの管理社会になってしまう。だから、求めるべきは住み分けであり、生き方の多様性を許す事だと思う。多 [続きを読む]
  • 七十七歩目
  • 仏教は「一切皆苦」であると説く。この「苦」とは、単に苦しいと言う意味では無く、思い通りにならない苦しさの事を言う。物事は、なる様にしかならず、なかなか自分の思い通りにはなってはくれない。しかし、一切皆苦であるからこそ、我々人間は今を一生懸命に生きなければならないのである。未来はまだ存在せず、過去は記憶の中にしか無い。だからこそ「今、ここ」を全力で生きるしか無いのだ。そして、今を全力で生きるのは、人 [続きを読む]
  • 七十七歩目
  • 仏教は「一切皆苦」であると説く。この「苦」とは、単に苦しいと言う意味では無く、思い通りにならない苦しさの事を言う。物事は、なる様にしかならず、なかなか自分の思い通りにはなってはくれない。しかし、一切皆苦であるからこそ、我々人間は今を一生懸命に生きなければならないのである。未来はまだ存在せず、過去は記憶の中にしか無い。だからこそ「今、ここ」を全力で生きるしか無いのだ。そして、今を全力で生きるのは、人 [続きを読む]
  • 七十六歩目
  • 「結」去年の私を一文字で表すと、こうなる。約十年間、ブロガーとして取り組んで来たことが、それなりに納得の行く形になった。「まさかこうなるとは!」という驚きもあるが、振り返ってみれば至極当然の成り行きかと納得する所もある。ちなみに、今年の抱負を一文字で表すと「捨」となる。個人的な執着や思慮分別を捨て去る為に、会社員という立場や肩書きを、まず捨て去ろうと思う。当たり前だが、不安はある。退職を決めた時は [続きを読む]
  • 七十六歩目
  • 「結」去年の私を一文字で表すと、こうなる。約十年間、ブロガーとして取り組んで来たことが、それなりに納得の行く形になった。「まさかこうなるとは!」という驚きもあるが、振り返ってみれば至極当然の成り行きかと納得する所もある。ちなみに、今年の抱負を一文字で表すと「捨」となる。個人的な執着や思慮分別を捨て去る為に、会社員という立場や肩書きを、まず捨て去ろうと思う。当たり前だが、不安はある。退職を決めた時は [続きを読む]
  • 七十六歩目
  • アメリカのあるチェスのコーチが普通の公立高校を全国レベルの強豪にしたらしいワンけど、激励やモチベーションを高めるようなスピーチもほとんどせず、「自制心」のような言葉も使わなかったらしいワン。したのはチェスの話だけ。ひたすらプレーを注意深く見て生徒と共にミスに向き合っただけ。— gon (@oyasumigongon) 2017年12月25日 指導の究極は、これだ。既にやって、結果を出している奴が居たか。くそう。 [続きを読む]
  • 七十六歩目
  • アメリカのあるチェスのコーチが普通の公立高校を全国レベルの強豪にしたらしいワンけど、激励やモチベーションを高めるようなスピーチもほとんどせず、「自制心」のような言葉も使わなかったらしいワン。したのはチェスの話だけ。ひたすらプレーを注意深く見て生徒と共にミスに向き合っただけ。— gon (@oyasumigongon) 2017年12月25日 指導の究極は、これだ。既にやって、結果を出している奴が居たか。くそう。 [続きを読む]
  • 七十五歩目
  • ふと、言葉使いを改めようと思った。荒れた職場で働くうちに、自衛手段の一つとして、悪い口調を用いる様になってしまった。だが、あまり良い変化では無いし、ふとした時にチンピラみたいな事を言っている自分にも、違和感を覚える。悪い言葉は、心が荒む。使う言葉に、心が引っ張られる。そしてそれは、正すべきものだと思った。 [続きを読む]
  • 七十五歩目
  • ふと、言葉使いを改めようと思った。荒れた職場で働くうちに、自衛手段の一つとして、悪い口調を用いる様になってしまった。だが、あまり良い変化では無いし、ふとした時にチンピラみたいな事を言っている自分にも、違和感を覚える。悪い言葉は、心が荒む。使う言葉に、心が引っ張られる。そしてそれは、正すべきものだと思った。 [続きを読む]
  • 七十四歩目
  • ちょっと見ないうちに、それまでと全然違う事や、全く逆の事をしだす人が居る。昔は「なんだコイツ、不安定だな」とか思ってたけど、今なら分かる。生きる事とは変わる事であり、変化は努力の証なのだと。逆に、昔から全く変わらない人も居る。そういう人と会うと、ホッとするのは事実なのだが、心の隅で「大丈夫かコイツ」と思う様になってしまった。まあ、変わろうが変わるまいが、幸せならば、それで良いのだがね。 [続きを読む]
  • 七十四歩目
  • ちょっと見ないうちに、それまでと全然違う事や、全く逆の事をしだす人が居る。昔は「なんだコイツ、不安定だな」とか思ってたけど、今なら分かる。生きる事とは変わる事であり、変化は努力の証なのだと。逆に、昔から全く変わらない人も居る。そういう人と会うと、ホッとするのは事実なのだが、心の隅で「大丈夫かコイツ」と思う様になってしまった。まあ、変わろうが変わるまいが、幸せならば、それで良いのだがね。 [続きを読む]
  • 七十三歩目
  • この「ざぜんにっき」での管理者名を「清思(きよし)」と改める事にした。理由は色々とあるのだけれど、管理者名がどう変わろうが、閲覧者には何ら影響は無いだろうと思う。だが、坐禅の方は、全く進展が無い。面白いくらいに変化が無いので、内心では焦りを感じ始めている。ただ、坐禅を始める前よりも、少しだけ図太くなった様な気はする。職場のチンピラどもが好き勝手に暴れ回っているのを見ても、あまり動じなくなった。とは [続きを読む]
  • 七十三歩目
  • この「ざぜんにっき」での管理者名を「清思(きよし)」と改める事にした。理由は色々とあるのだけれど、管理者名がどう変わろうが、閲覧者には何ら影響は無いだろうと思う。だが、坐禅の方は、全く進展が無い。面白いくらいに変化が無いので、内心では焦りを感じ始めている。ただ、坐禅を始める前よりも、少しだけ図太くなった様な気はする。職場のチンピラどもが好き勝手に暴れ回っているのを見ても、あまり動じなくなった。とは [続きを読む]
  • 七十二歩目
  • 敵を知ると言う意味で、チンピラや犯罪者の心理を理解しようとした時期がある。でも、その人格の殆どが反動形成で出来ていると分かって、興味を失った。連中は、自分が無いんだよ。全てに反発するのも、自己確認でしかない。泡沫に等しい、迷惑なだけの人生だ。— 清濁思龍 (@seidaku2) 2017年12月10日 負けてたまるかと思って頑張るのは、あまり良い事では無い。人生は勝ち負けが本質では無い。それとも、敵が居ないと頑張 [続きを読む]
  • 七十二歩目
  • 敵を知ると言う意味で、チンピラや犯罪者の心理を理解しようとした時期がある。でも、その人格の殆どが反動形成で出来ていると分かって、興味を失った。連中は、自分が無いんだよ。全てに反発するのも、自己確認でしかない。泡沫に等しい、迷惑なだけの人生だ。— 清濁思龍 (@seidaku2) 2017年12月10日 負けてたまるかと思って頑張るのは、あまり良い事では無い。人生は勝ち負けが本質では無い。それとも、敵が居ないと頑張 [続きを読む]
  • 七十一歩目
  • しばらくの間、ツイッターとの連携を図ってみようと思う。色々やってみて、自分なりの上手い使い方を模索していきたい。以前から気になっていた、タイ上座部仏教のアーチャン・チャー長老。その著書のBOTアカウントのツイッターを、いくつか埋め込んでみる。あなたの生活を簡素で清浄なものとするために、戒を活用しなさい。すべての行動の土台として戒を用いれば、あなたの性格はやさしく、明晰で、穏やかなものになるでしょう。 [続きを読む]
  • 七十一歩目
  • しばらくの間、ツイッターとの連携を図ってみようと思う。色々やってみて、自分なりの上手い使い方を模索していきたい。以前から気になっていた、タイ上座部仏教のアーチャン・チャー長老。その著書のBOTアカウントのツイッターを、いくつか埋め込んでみる。あなたの生活を簡素で清浄なものとするために、戒を活用しなさい。すべての行動の土台として戒を用いれば、あなたの性格はやさしく、明晰で、穏やかなものになるでしょう。 [続きを読む]