komadakoma さん プロフィール

  •  
komadakomaさん: こまだこまのロバの耳ブログ
ハンドル名komadakoma さん
ブログタイトルこまだこまのロバの耳ブログ
ブログURLhttp://komadakoma.hatenablog.com/
サイト紹介文日々の生活で感じたこと。旅行のこと。お酒のこと。35歳独身女が書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 129日(平均7.7回/週) - 参加 2017/06/18 23:19

komadakoma さんのブログ記事

  • 人はなぜ検索するのか?もうひとつの答え。
  • 検索していて気がついた「人はなぜ検索するのか?」知らない何かについての情報がほしいから、というのが一番多い答えだと思う。あとは、そのときに見たい何か(超絶かわいい猫動画とか)を探すためとか、暇すぎて適当な言葉を入れてみるとか。でもこのあいだ、ある事について何度か検索をかけていて気がつきました。途中からわたしは、「自分と同じ意見の人を探して」検索をしていることに。最初の何件かでヒットした記事を [続きを読む]
  • 電車内でゲロを吐く人が多すぎる件について
  • 電車内で吐くということに抵抗感はないのか?先週から今週にかけて、深夜0時台の電車に何回か乗ったのだが、車内で嘔吐している人を3回連続で見た。1回目は、電車がとまり扉があくと、座っているわたしの目の前に立った人だった。わたしがスマホに目を落としたままでいると、突然足元になにかの液体がピュッとわずかにとんできた。びくっとしてよけると、さいわいわたしにはかからなかったのでほっとする。何事かと思って [続きを読む]
  • 未来食堂でごはんを食べてみた率直な感想。
  • 神保町にある噂の食堂へたびたびメディアでとりあげられて話題の『未来食堂』にごはんを食べに行ってきました。お店は神保町駅から徒歩3分、日本教育会館の地下1階にあります。階段を降りたすぐのところに、黒板がおでむかえ。この日は水曜日だったので、メインはさんま!ですご存知の方も多いと思いますが、『未来食堂』はさまざまなおもしろいシステムで話題のお店です。miraishokudo.comたとえば、まかない 50分お店 [続きを読む]
  • 女性のおっぱいを触らせてもらっているおなべはそれでいいのか
  • おなべの人に聞きたいまず一応、わたしがここで言う「おなべ」とは、女性同性愛者のうち男性的な出で立ちで男性的に振る舞う人に対する呼称。_Wikipediaより。という意味で使わせてもらいます。侮蔑的なニュアンスを持つことがある、とも書かれていますが、わたしにはいっさいそのような意図はありませんので先に断っておきます。で、ですね。先日、タイトルのまんまの疑問をいだいた出来事がありまして。***** [続きを読む]
  • 「何をやるか」より「何をやらないか」でその人がわかる
  • その人が「何をやらないか」に気づくことは大事だと気づいた酒飲みわたしは長いこと飲食店で働いていたし飲みに行くのも大好きなので、お酒の席でのいろんな人の、いろんなふるまいをたくさん見ました。他のお客さんに迷惑になるくらい大声で話す知らない人に空気を読まずからみまくる一気飲みする。お酒のウンチクばっかたれる説教がとまらない自慢話がとまらないお会計が終わってもなかなか帰らない閉店時間が過ぎてもなかなか [続きを読む]
  • 新橋のホームレスとリヴァプールのホームレス
  • いろいろとあって、また新橋に通うことになった。そしてわたしが新橋駅から出てすぐに確認したのは、SL口の出口のところに居をかまえているホームレスの人の姿だった。新橋のホームレス、ユパ様新橋駅周辺にはホームレスの人が何人かいるが、わたしが確認したその人は、よくSL口のところに座っていること、そしてその風体も印象的なことから、これを読んでいる人のなかにも知っている人は多いんじゃないかと思う。見た目は『風 [続きを読む]
  • 焼き納豆丼をつくってみた。発酵学者・小泉武夫先生のレシピ
  • 焼き納豆丼のつくりかたまたまた小泉武夫先生の本からの紹介です。www.komadakoma.com以前紹介した『絶倫食』のなかでは、江戸時代の庶民のスタミナ食のひとつとして、納豆がとりあげられていました。江戸時代、男性が「今夜はがんばるぞ」ってときには納豆汁を食べていたんだとか。そして今回読んだ本では、「これほどうまいものはこの世の中にないだろう」と小泉先生絶賛の「焼き納豆丼」が紹介されていたので、つくっ [続きを読む]
  • 結婚は修行か?将棋の感想戦のように話し合いたい。
  • しばらくインドに住んでいた女友達がインドでの仕事を辞め、帰国したのでひさしぶりに会った。彼女は登山が好きで、仕事を辞めたあと「キリマンジャロが呼んでる」といつものアレな発言を残して、キリマンジャロへ旅立った。そして彼女は無事登頂し、わたしは目黒駅前のカフェでおみやげのキリマンジャロ(コーヒー豆)を受け取ったのだった。結婚は修行か?彼女とは数か月ぶりに会ったのでいろいろと話すことはあったが、メ [続きを読む]
  • 『ダンケルク』のジャック・ロウデンがやばい
  • 「ダンケルク」を観た2017年9月9日公開の映画、『ダンケルク』を観てきました。いままでに観たことのないタイプの戦争映画で、CGを使わず撮影された映像、少ないからこそなおさら印象に残るいくつかのセリフ、俳優たちのとてもこまやかな演技、淡々とした描き方など、すみからすみまですばらしい映画でした。で。これ以上の映画評はとてもわたしには書けないので他のひとにお任せするとして。ジャック・ロウデンですよ! [続きを読む]
  • 世界の『絶倫食』あなたはいくつ食べられる?
  • 最近、というかちょっと前から、発酵とか菌とかに興味をもっています。お酒好きですし。おいしいものも好きですし。www.komadakoma.comそして、エロにも興味をもっています。www.komadakoma.comこの記事、読まれすぎてビビりました。みんな好きですねセックス。てことで今回は、わたしのこのふたつの興味をあわせもった、発酵学者の小泉武夫先生の『絶倫食』という本を読んだので、紹介したいと思います。 絶倫食と [続きを読む]
  • 喫煙所がもっとあればいいのにと思う非喫煙者のわたし
  • わたしはタバコを吸いません。でも、喫煙所はもっと増えたらいいのにと思ってます。そんな非喫煙者の人はいないんでしょうか?非喫煙者のわたしが感じるわずらわしさわたしの彼氏は喫煙者で、友人にも喫煙者は何人かいます。彼らと一日外に出て行動をともにすると、非喫煙者のわたしには、何をするでもなくただ待たされるだけの時間、というものが必然的に発生します。彼らが喫煙所に、タバコを吸いに行くからです。わたしは [続きを読む]