Narapicchan さん プロフィール

  •  
Narapicchanさん: Narapic 奈良の写真いろいろブログ
ハンドル名Narapicchan さん
ブログタイトルNarapic 奈良の写真いろいろブログ
ブログURLhttps://narapic.com
サイト紹介文奈良の風景、古刹、お花など。
自由文奈良在住。奈良の美しい自然と世界遺産、お寺、お花などの写真を撮ってます。
https://narapic.com
興味のある方、見てくださいね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/06/19 17:27

Narapicchan さんのブログ記事

  • 早春の石光寺
  • 早春の花々が咲き乱れる石光寺例年より暖かいのかもう蝋梅が満開で、梅や寒ぼけ、水仙、寒咲あやめなどがいっぱい咲いていてとても綺麗です。石光寺(染寺)の始まり670年ごろにこの地に光を放つ三大石があり、掘ると弥勒三尊の石像があわられました。天智天皇の勅命により堂宇を建立し「石光寺」の名を賜り弥勒如来を本尊として祀ったのが始まりと言われています。この石仏が発掘によって出土し、展示されています。とても大きく [続きを読む]
  • SECOND HOUSE
  • 明るく落ち着く空間コンセプトは”街中の喧騒を忘れてくつろげる場所”そして京都生まれの気取らないス”パゲティとケーキの店”だそうです。店内は広い窓が明るくとても居心地のいいお店です。パスタとケーキがとても美味しくて人気です。パスタはとても量が多くてお腹がいっぱいになりました。次回はぜひケーキをいただきたいと思います。北山の街に溶け込み地域の人々に愛されるお店です。出町店、東洞院店、草津店、イオンモー [続きを読む]
  • 住吉大社の初詣
  • 新春は住吉さんから「初詣といえばすみよっさん」と大阪では言われています。大晦日の夜には各地から集まり、門前はいっぱいの人になるそうです。零時の太鼓が打ち鳴らされると一斉に参詣の拍手が鳴り一年の幸福を祈願する人で境内が溢れます。住吉大社は大阪をはじめ多くの人々の心のよりどころです。住吉反橋(すみよしそりはし)通称「太鼓橋」とも呼ばれています。橋の長さは約20m、幅は約5.8mの木造桁橋です。橋の中央部の高 [続きを読む]
  • 新春の生駒神社
  • まだ紅葉が残る境内清々しい空気の中、まだ紅葉が残っていてとても綺麗でした。今年もよろしくお願いいたします。往駒大社は大神神社や石上神宮と同じく神奈備(かんなび)である生駒山を御神体として祀られた古社であり、神社の境内を覆う鎮守の杜は奈良県の天然記念物に指定され、太古から変わらぬ自然の森を今に守り伝えています。社そうはツブラジイ(コジイ)を中心とする照葉樹林で、杉、クスノキ、ベニシダなどが3haの境内 [続きを読む]
  • 北山ウエディングストリート
  • 煌びやかなヨーロッパ各国の街並み北山ウエディングストリートには北山ル・アンジェ教会、京都ノーザンチャーチ北山教会など計8つの教会があります。12月1日からは「So Happy」をテーマにヨーロッパ各地の街並みをイメージした装飾とBGMでクリスマスを盛り上げます。美しい街並みがさらにキラキラ輝いていました。 北山ウエディングストリートライトアップ【期間】2018年12月1日〜12月25日【時間】17:00-23:00クリスマスキャンドル [続きを読む]
  • 燦めく奈良公園
  • 今年最後の紅葉奈良公園に今年最後の紅葉を見に行ってきました。もうほとんどが落葉していましたが、所々美しい紅葉が残っていて目を楽しませてくれました。紅葉の名所と言われる手向山八幡宮も残すはこの1本のみでした。最後の紅葉が燦(きらめ)きを放って目を奪われました。春日山に雲が広がりかけましたが手前はまだまだ日差しが強くて不思議なお天気でした。興福寺法相宗 興福寺〒630-8213奈良県登大路町48番地寺務所TEL0742 [続きを読む]
  • IN THE GREEN
  • 緑の中陽射し溢れるダイニング京都府立植物園の隣にあるガーデンダイニング、IN THE GREEN。緑に囲まれた陽光が降り注ぐ気持ちのいいダイニングです。テラスではBBQを楽しむこともできますし、薪窯で焼くPIZZAもとても美味しそうでした。コップに名前が。素敵です。FISH&CHIPS PLATE1,000私はランチのフィッシュ&チップス大葉のタルタルソースをいただきました。とても美味しかったです。目の前でPIZZAの生地をこねこね丸めて [続きを読む]
  • 岸野弦楽器工房
  • おしゃれで居心地のいい空間岸野弦楽器工房は富雄駅から歩いてすぐのところにあり、とてもおしゃれで美しい空間です。楽器のメンテナンスでお世話になっているのですが、とても素敵なので撮影させていただきました。どこを撮っても絵になる素晴らしい空間で、いつまでも撮っていたいと思うほどでした。斜めに横切った階段と梁、焦げ茶色でとても雰囲気があります。代表の岸野大さん1980年生まれ。大阪市市立大学在学中大学のオーケ [続きを読む]
  • HAPPYKITCHEN金の鹿
  • 大仏殿や若草山を眺めながら「東大寺門前夢風ひろば」にあるバーガー専門店、HappyKitchen金の鹿。テラスからは東大寺大仏殿や若草山を見渡すことができとても気持ちがいいです。店名にもなっている「金の鹿」。中国では「鹿」と「給料」の発音が同じだということでとても縁起がいいそうです。また風水のおいても財運を招く動物だとされています。「金色」も風水では金運や財運おをアップさせてくれるとか!テラスには金色の鹿が輝 [続きを読む]
  • 刺激的唐招提寺
  • 大木が輝く唐招提寺唐招提寺の紅葉がとても迫力があってとても綺麗でした。蓮や萩が有名ですが、紅葉も素晴らしかったです。落ち葉が一面に広がって真っ赤でした。金堂(国宝・奈良時代)南大門をくぐった正面に荘厳な姿を見せる金堂は奈良時代の創建当時のままの姿を残しており、代表的な建築物です。唐招提寺は鑑真ゆかりのお寺です。「招堤」とはサンスクリット由来の中国語で「広い」「四方」という意味で仏教寺院を指す一般名 [続きを読む]
  • 生駒聖天厄除大根炊き
  • 聖天様のご紋に使われる大根大根は聖天様の大好物だそうで、紋にも使われています。その大根を神酒で炊き上げ特別に調合したタレでいただく「聖天厄除大根炊き」。大根は体内の毒を消すと古くから言われており、また体内のみならず精神的にも解毒する行事です。大根は毎年12月1日の0時から炊き始め、13時ごろまで振る舞われます。来年の来場者数は約1万1000人だそうです。商売繁盛にご利益宝山寺は商売繁盛の神様として全国から参 [続きを読む]
  • 秋色京都府立植物園
  • 比叡山を望む景勝京都府立植物園は1917年に着工し、1924年に「大典記念京都記念植物んえ」として開園しました。第二次世界大戦中派菜園が設けられ食糧増産の場として、戦後は1946年から12年間連合軍に接収されたそうです。この時に多くの木々が伐採されるなど苦難の時代が続きました。そして1961年に憩いの場、教養の場として一新し公開されました。園内唯一の自然林「なからぎの森」では美しい紅葉を見ることができます。園の北半 [続きを読む]
  • 晩秋の一休寺
  • JR「そうだ京都へいこう」で大人気2018年のJR東海「そうだ京都へいこう」のキャンペーン地になっているので観光客が一気に増えて賑わっていました。一休寺はアニメ一休さんのゆかりのお寺です。一休寺の元の名は妙勝寺といい、鎌倉時代、臨済宗の僧が中国で学び帰国後に禅の道場をここに建てたのが始まりです。その後戦火で失い、復興も進まなかったところ、六代の法孫に当たる一休禅師が1455年〜6年、宗祖をしたって堂を再建し、 [続きを読む]
  • 極彩色正暦寺
  • 聖地菩提山に静かに佇む古刹正暦寺は992年に一条天皇の勅命により創建されました。菩提寺山は古来より「悟りの山」と呼ばれたそうです。奈良の中心地から8kmとは思えない静かで落ち着いたお寺です。紅葉が素晴らしく3000本を超える楓が色づき、また赤や黄色の紅葉が輝き素晴らしいです。創建当初は堂塔・伽藍中心に86坊の塔頭が渓流を挟んで建ち並び勅願寺としての威容壮麗を誇っていましたが、1180年の平重衡の南都焼討ちの際に全 [続きを読む]
  • 世界遺産東寺
  • 平安時代の遺構東寺は平安京鎮護のために立てられました。創建は796年とされ、嵯峨天皇から弘法大師空海に任せられました。毎月21日の御影供の日には東寺境内に骨董市が立ち、「弘法市」として親しまれています。東寺の執行は代々空海の母方の叔父の子孫が823年から1871年まで務めていたそうです。東寺は1994年に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されました。金堂(国宝)境内はとても広々して、建物がとても大きくて素晴 [続きを読む]
  • 迫力の南禅寺
  • 紅葉が素晴らしい南禅寺後嵯峨天皇が1264年に造営した離宮の禅林寺殿。この禅林寺殿は南禅寺の北にある禅林寺永観堂に由来しています。この離宮は「上の御所」と「下の御所」に分かれ、そのうち「上の御所」に建設された持仏堂を「南禅院」と称し、現在も南禅寺別院南禅院として残っています。南禅寺は1299年に伽藍が整い南禅寺と名乗ることになりました。永観堂ととても近く同じく紅葉が美しいなと思っていましたが、関わりがある [続きを読む]
  • 紅葉美し永観堂
  • 遅れるものを待つ思いやり深い阿弥陀様1082年阿弥陀堂で夜を徹して念佛業に励む僧侶。緊張がふっととけた一瞬自分の前に誰がいる、そう気が付き見つめる先に振り返りざまに「永観、遅し」とまっすぐ永観の目を見つめる姿が。永観堂禅林寺の御本尊は左に首をかしげふりむいていらっしゃいます。遅れるも者を待つ姿、思いやり深く周りを見つめる姿勢、そしれ自分自身をかえりみ。人々ともに正しく前へ進む姿勢を導いてくれています。 [続きを読む]
  • 錦州の奈良公園
  • 晩秋の奈良公園奈良公園では紅葉が進み色とりどり鮮やかな姿見せています。大仏池の横の銀杏の木が黄金に輝いて落ち葉がまた素晴らしい美しさです。鹿がのんびり横切る姿はとても優雅で、この周りでは多くの方がカメラを構えています。奈良公園の広さは約502ヘクタール。東大寺や興福寺、春日大社、正倉院など多くの寺社が集まっています。広い公園内の紅葉はひときわ素晴らしく、見どころがいっぱいです。秋の早いうちには桜の木 [続きを読む]
  • 銀杏並木輝く天理
  • 天理市の銀杏並木天理市の銀杏並木が黄金に輝いています。天理市役所から天理大学までの間約1kmに大きな銀杏並木がずらりと並び、黄金に輝く姿は本当に綺麗です。銀杏の絨毯がとても綺麗でした。天理教教会本部天理市の名前も天理教に由来しています。元は天理教の本部が丹波市町にあり、市政施行時に天理教が一帯に普及してし、全国の隅々に天理の町として知れ渡っていたので「天理市」を選定したそうです。2017年現在日本で市名 [続きを読む]
  • 色めく信貴山朝護孫子寺
  • 紅葉が素晴らしい信貴山朝護孫子寺信貴山朝護孫子寺では紅葉祭りが開催されています。今年はまだまだ暖かいのか紅葉の進み具合はゆっくりですがとても綺麗です。今から1400年余前、聖徳太子は物部守屋を討伐せんと河内稲村城へ向かう途中、この山に至りました。聖徳太子が船長の祈願をし、必勝の秘宝を授かったと言われています。その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻でした。聖徳太子はそのご加護で勝利し、その後伽藍を建設し信ず [続きを読む]
  • 秋の女神龍田大社
  • 秋の女神龍田大社秋の日差しを浴びて一層境内全体の美しさが際立ってました。龍田大社の駐車場や周辺にも桜の木が多く美しい紅葉を見せています。また龍田大社は「風の神様」と呼ばれ航海安全や五穀豊穣を叶える神様として深い信仰を集めています。歴代の朝廷にも信仰された由緒あるお寺です龍田大社は風の神様、始まりの神様をお祀りしています。龍田の風神と呼ばれ、広瀬神社の水神、往駒大社の火神と共に並び称されました。龍田 [続きを読む]
  • 浄瑠璃寺の紅葉
  • 阿弥陀如来公開中浄瑠璃寺の紅葉が始まっています。三重塔周辺の紅葉が美しく夕陽に照らされる姿がとても美しく人気です。三重塔は東にあり、薬師如来を安置しています。現在この阿弥陀如来が公開中です。薬師如来は東方浄瑠璃世界に住み、現世の苦しみを除く仏です。薬師如来を東に、阿弥陀如来(本堂)を西に安置することによって三重塔のある東側は「此岸」(現世)、池を挟んだ西側は阿弥陀如来のいる「彼岸」ということを表し [続きを読む]
  • 円成寺の絢爛
  • 素晴らしい紅葉円成寺の紅葉が見頃を迎えています。円成寺の紅葉は豪華絢爛という表現がぴったりで、赤く色付く境内は見事です。楼門1468年に再建されました。池の向こうから眺める姿はとても雰囲気があります。本堂(阿弥陀堂)(重文)室町時代(1466年)に栄弘阿闍梨が旧本堂と同じ規模と様式で再建しました。円成寺庭園平安末期に寛遍僧正が築いたと伝えられ、浄土式と舟遊式と兼備した神殿造り形庭園です。CMなどにもよく登場 [続きを読む]
  • 新進東吉野村
  • 美しい清流と深い山々に囲まれた東吉野村東吉野村は美しい自然と歴史ある雰囲気のある町並みが魅力です。丹生川上神社の前には四郷川が流れています。もう少しすると美しい紅葉が始まります。とても透明度の高く綺麗でした。「鮎」という漢字の発祥の地だそうです。神武天皇が戦勝祈願をした際浮かびあがってきた魚を「鮎」と名付けたそうです。丹生川上神社は吉野離宮跡とも言われ、675年に天武天皇によって創建されました。水の [続きを読む]
  • 霊山寺の秋薔薇
  • 見頃を迎える霊山寺の薔薇庭園霊山寺のバラが見頃を迎えています。霊山寺では春と秋にバラを見ることができますが、春は大ぶりの華やかなバラが数多くとても華やかですが、秋のバラは小さめの花が多く、数も少なめです。それでも薔薇は明るく華やかです。今年は昨年よりも少なく感じましたが、台風の影響かも知れません。バラ園は昭和32年に当時の住職の戦争体験から世界平和を願って開園された1200坪の近代庭園です。第二次世界大 [続きを読む]