チョコ さん プロフィール

  •  
チョコさん: チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)
ハンドル名チョコ さん
ブログタイトルチョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)
ブログURLhttp://choco0202.work
サイト紹介文米国株中心に投資してます。 Profile:Men's/17歳教/東証1部IT企業社員
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供412回 / 212日(平均13.6回/週) - 参加 2017/06/20 20:08

チョコ さんのブログ記事

  • 仮想通貨とMicrosoft。
  • 仮想通貨やばいですな。大暴落。まあね。どこもかしこも規制したらそりゃ落ちるよね。ボーナスが出て、年末年始に始めた人が多いらしいし、いきなり大暴落の洗礼を受けてかわいそう。Twitter見てると数千万、数億とか損失出してる人もいたね。レバかけて追証食らってる人もいるし、もうね。20代で数百万、数千万の損失を出すのは勉強代になるからまだマシなんだよ。若ければいくらでも取り戻せるし、ある意味勉強できたことが自分 [続きを読む]
  • 投資では盲信が最大のリスクである。
  • 北朝鮮がどうとか、中国がどうとか、トランプがどうとか、世の中には常に様々なリスクがあるわけですが、投資では盲信が最大のリスクであると言われています。盲信とは、言ってしまえば宗教の信仰です。盲信の弊害は大きく、当然良いところばかりにしか目に付かなくなるため、デメリットを感じることに鈍くなります。さて、チョコのブログを見た人の中には「こいつはアメリカを盲信しているヤバイやつ」と思っている方が少なからず [続きを読む]
  • 米企業絶好調!!減税の恩恵はそのまま株主へ(無慈悲)
  • (従業員の最低賃金を引き上げると発表したウォルマート)昨夜のNYダウが2万6,000ドルを突破し、またしても過去最高値を記録してしまいました。WBSの大江麻理子様も思わず「ダウは強いですね(ニコ)」と天使の笑み。一方仮想通貨はお通夜でしたね〜。わずか2週間で1/2になってしまったとか?いやはや、、スイスフランショックでもこんな鬼下げ無いですわ。。仮想通貨民は早いところ米国株に移行してくださいね☆さて、株価が好調なア [続きを読む]
  • 毎日この時間に出すと決めたら、毎日の習慣としてやるだけ。
  • チョコの株式投資Diaryも、気付けば7ヵ月も経過しておりまして、ご贔屓にしていただいている読者様には毎日感謝の気持ちでいっぱいでございます!本当にありがと〜☆ペコリ。さて、そんな当ブログですが基本的には一日2本(時には1本や3本の日もアリ)で更新し続けてきたわけなのですが、最近自分の執筆スピードがめちゃくちゃ速くなったなぁと感じることが多いです。そもそも、普段から資料作ったりメール書いたりすることが多い職 [続きを読む]
  • 世界時価総額ランキングからわかること。
  • アメリカ強すぎますね。ランキングを見て、どう思いますか?これを見ても「俺はアメリカ株に投資しないぜ〜!」って思う人。おそらくいないんじゃないですかね?逆にアメリカ株に投資したくなってきませんかね。ぶっちゃけ、世界の上位20位にランクインできない国に投資しても、長期的なリターンはほぼほぼ期待できないと思います。優良株だけ買って、あとは米国投資でいいんじゃないでしょうか。例えば、以前は日本の奇跡的な躍進 [続きを読む]
  • GoProに見るグロース株の末路。
  • (イッテQの視聴率は絶好調!まさに右肩上がり。)数年前に大フィーバーしていたGoPro。GoProとは、アメリカのビデオや写真をキャプチャするデバイスを販売する会社で、主にアクションカメラを売りにしています。日本でもテレビ番組のイッテQや鉄腕DASHで、芸人が身体を張った撮影をするときに身に着けていることでも有名です。メディアを通じてGoProの製品を見たことある方は多いのではないかと思います。そんなGoProは、2014年には [続きを読む]
  • 仮想通貨民は全員米国株に移行せよ!!
  • さて、まずは仮想通貨民の地獄の声をお聞きください。ワイモナコイン2800円購入民、もう報われないと知り咽び泣く震えてネムれビットコインだーモナコインだーリップルだー全部高値で掴んだやつ\   ヽ   |    /    /  \  ヽ  |   /  /\              /_  わ た し で す  _      / ̄\--      | ^ o ^ |     --      \_/ ̄               ̄ [続きを読む]
  • 億り人のインタビューはエンターテインメントと思うべき。
  • (照らす光が強いほど、その影も濃くなる)億り人とは、投資により円換算で1億円の資産を突破した投資家を指します。大抵の投資家は1億円を一つの節目・目標としている人が多いです。また、億り人と言えば最近では仮想通貨がアホ相場と言われていまして、もはや何を買っても億り人になれるとSNSで話題となっており、投資も知らないような人たちがこぞって参戦しているのはよく目にする光景となりました。さて、何の取引でもそうです [続きを読む]
  • ビルゲイツは1秒55,000円を稼ぐ倹約家である。
  • (NOTEに書かれた名前、気になります☆)ビルゲイツはMicrosoftの創業者です。その金持ちぶりは世界随一であり、世界長者番付では1994年から2006年まで13年も首位に君臨していました。どれだけゲイツは稼ぐことができるのか?なんと、ゲイツは秒速で55,000円をも稼ぐことができます。人が一回呼吸するだけで5万円ものカネを生み出せるのです。・ビルゲイツの年収:1兆6,635億円・ビルゲイツの月給:1386億円・ビルゲイツの日給:約46 [続きを読む]
  • 大炎上中のYouTuberローガン・ポールと産業オワコン化。
  • YouTuberであるローガン・ポール。チャンネル登録者数はなんと1,500万人を超えています。現在、彼は大炎上の渦中にいます。その理由は悪ふざけ。看過できないレベルの悪ふざけ動画をアップし続けていることが問題視され、炎上に至ったのです。しかし、彼は悪ふざけ動画以外にも著名人とのコラボレーション動画など、所謂まともな動画も多数アップしていたことも、また事実です。大炎上の引き金を引いたのは日本で起こした悪行の数 [続きを読む]
  • 好きなエコノミストと個人投資家。
  • 好きなエコノミスト。投資をするのであれば、よく参考にしたり、好きなエコノミストというのがいるものです。しかし、チョコはよくよく考えると、不思議なことに全くいないことに気づきました。もちろんテレビやネットでプロの分析を参考程度に聞くことはありますが、あくまで参考というか、ふ〜ん。という感じに近いのです。では、なぜ今まで好きなエコノミストがいなかったのか?と聞かれると、おそらく彼らが生粋のビジネスマン [続きを読む]
  • 小さい成功を積み重ねていく=配当と同じ!
  • 成功する上で、ひとつ大事なもの。これは非常に大事だ!というものをあげるとするならどんなものですか?小さい成功を積み重ねていくことなんじゃないですかね?人間っていきなりこうね、大きな成功を得ようとするものなんですけど。人間って長い間集中なんて出来っこないんですよね。いきなりフルマラソンを走るんじゃなくて、100m走を積み上げていこうっていう。だったら誰しも全力疾走できると思うんですよ。そういうことですよ [続きを読む]
  • 米国株投資で、ドル資産を保有しておくことはかなり有効。
  • 米国株に投資するメリット。それは「ドル建て資産を持てる」ということも大きいです。なぜなら、将来的に日本は円安の道を突き進むことになるからです。自国通貨の価格が安くなるということは、相対的に見て貧乏になっていくということ。そのため、世界の基軸通貨であるドルを持っている意味は大きいのです。また、米国株を買っていれば配当もドルで受け取ることが出来るため、米国株投資は様々なメリットに繋がります。では、なぜ [続きを読む]
  • 長期金利上昇でディフェンシブ株がボコボコに売られる!!
  • (どんな結果であれ、めちゃくちゃ喜ぶ!ポジティブ思考ちょー大事!!)10日のアメリカ市場は"金利"が材料視されました。アメリカの長期金利が一時2.6%に迫る場面があり、株価の逆風となったのです。金利が上昇した背景には、中国の存在があります。中国はアメリカ国債の最大の買い手として知られています。その中国が、アメリカ国債の投資に消極的な姿勢を見せていると報じられたのです。この報道の後、アメリカ10年国債の利回りが [続きを読む]
  • IT銘柄に集中投資したいと考えている場合。
  • (Huluで配信されている米ドラマ「シリコンバレー」超オススメ!!)2017年に特許を最も多く取得したアメリカの企業はIBMでした。これで、IBMは25年連続での最多特許獲得企業となり、2016年の特許数記録を塗り替えたことになります。IBMがここ最近で重要視している特許は、仮想通貨の根幹といえるブロックチェーン技術と人工知能技術です。この2大技術はインターネット革命以来の大発明といわれており、人間の生活を根底から変えてしま [続きを読む]
  • 地政学リスクは、間違いなく買いのサイン。
  • (トランプの暴露本を読んで喜ぶキムちゃん。英語読めたっけ?)去年に引き続き、今年も世界的な株高傾向は継続しており、世界経済の中心であるアメリカの株価も絶好調です。さて、そんな中世界的リスク分析を専門とするコンサルティング会社のユーラシア・グループが出した最新のレポートによると、2018年は地政学リスクを特に気にしなければならないとしています。端的に言うと、世界中の政治が不安定であるにも関わらず、そのリス [続きを読む]
  • 個別株とETFの違いを世界一わかりやすく説明する!!
  • おっけーおっけー!!チョコがいるからもう大丈夫!!!!紀元前から続く個別株とETFの違いがわからないという国際問題を今この場で全て片付ける!!もう大丈夫だから!安心してほしい!!!!世界の平和はチョコが守る。はんっ!!グンマ!グンマ!グンマのまいやーーーん!!まいやーーーん!!まいやーーーん!!グンマー出身!!日本の魔境グンマぁぁああーまいやーーーん!!ヤマダ電機もビックカメラも群馬発!!グ、グンマ [続きを読む]
  • お金をポケットから奪っていくものは負債。
  • ロバート・キヨサキ氏の著名書「金持ち父さん 貧乏父さん」によれば、お金をポケットに入れてくれるものを資産と呼び、お金をポケットから奪っていくものを負債と定義しました。つまり、ガチホしてるだけで配当がチャリンチャリン入る株などを資産と呼び、ガチホしてるだけでお金がかかるものは負債と呼びます。改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) [単行本(ソフトカバー)]ロバー [続きを読む]
  • 【2018年1月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング。
  • (トランプはハッピーホリデーではなく、メリークリスマスを強調)何かと話題が尽きないトランプ大統領。そんなトランプ大統領が「フェイクニュース賞」を発表するとアナウンスしました。発表は今月17日。この賞は、「最も間違いが多く、偏った主要メディア」に贈るとしています。当該ツイートは以下です。「最も間違いが多く、偏った主要メディアに向けたフェイクニュース賞はこの月曜日ではなくて、1月17日の水曜日、敗者に贈られ [続きを読む]
  • ナンピン資金を確保せよ!
  • 繰り返しになりますが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。また、おしりに7の付く年は株価が暴落するというアノマリーは免れたものの、投資界隈では依然として株価暴落論が蔓延っています。しかし、米国経済は堅調そのもので、暴落の予兆すら感じさせません。さらにトランプ大幅減税で企業収益が大幅に底上げされ、割 [続きを読む]
  • 桃太郎電鉄で投資と資本主義社会を学ぼう!!
  • 夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫!夜叉姫ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!夜叉姫夜叉姫夜叉姫ぅううぁわぁああああ!!!あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん。。んはぁっ!夜叉姫たんのエメラルドブルーの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!間違えた!モ [続きを読む]
  • ボラティリティが高く精神病になってしまう。
  • 先ほどの記事「2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。」にも書きましたが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。実際、ボラティリティが高いと、一日中チャートが気になる症候群に陥ります。仕事の隙を見てはトイレに駆け込み、チャート確認に余念が無い。そして、強烈に上がり下がりするチャートを目の [続きを読む]
  • 2018年はボラティリティに注意しなければならない理由。
  • (2015年 中国ショックでは、投機に浮かれていた投資家が無事死亡・・・)マネックス証券の広木氏が「2018年は価格変動に注意しなければならない年」だと指摘していました。これはどういうことかというと、株価そのものがリスクになるということです。通常、株価下落に陥る場合、景気悪化や企業業績不振などのなにかしらの理由があります。しかし、それらの因果関係が一切なく、勝手に株価が動いて、負のループに陥るということがあ [続きを読む]
  • 無知な投資家は詐欺に遭う。
  • 仮想通貨が大変盛り上がっています。日本でも学生で億り人が続出したり、仮想通貨リップル創業者の資産が4.2兆円で米国15位の富豪に躍り出るなど、その勢いは留まることを知りません。著名ブロガーたちも仮想通貨ブロガーに変貌し、その熱は沸騰し続けています。その仮想通貨ブロガーの第一人者であるイケダハヤト氏。彼は1000万を仮想通貨に投じ、1億円の含み益になったといいます。しかし、彼は仮想通貨における可能性や、リスク [続きを読む]