どんぐりK さん プロフィール

  •  
どんぐりKさん: どんぐりKの旅
ハンドル名どんぐりK さん
ブログタイトルどんぐりKの旅
ブログURLhttps://dongurik.blogspot.jp/
サイト紹介文年長からの低学年の学習、どんぐり問題の記録。全国統一小学生テストにも通塾なしでチャレンジしています。
自由文5歳からの低学年の学習の記録、どんぐり問題のすべての記録、キャンプ、カヤック、プレーパーク、スキー、スノーボード、キッザニアの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供723回 / 305日(平均16.6回/週) - 参加 2017/06/20 23:15

どんぐりK さんのブログ記事

  • 漫画もテレビも程度問題です、電子ゲームは全く事情が異なります
  • 子供によって、メディアへの耐性が違うことはもちろん承知しています。ただ、それでもメディア自体の危険度をよく認識しましょう。漫画は、家にたくさん漫画を置いて無制限に読ませなければほとんど問題はありません。テレビも週に二時間程度なら、これまた大丈夫です。ただ電子ゲームだけは、小学生のあいだは厳禁です。電子ゲームはもちろん子供にもよりますが、中毒性が一番高いものだからです。電子ゲームをやる時間を限定して [続きを読む]
  • 塾に学習法なんてものはないんですよ
  • この塾は優れているから、有名中学への合格者がたくさん出ているなんてこれ見よがしに言う人がいますが、勘違いです。残念ながら、自分の子供をそこにいれても有名中学に合格はしません。しなかったでしょう?広告宣伝と優秀な生徒を集めて、合格実績を一度上げることに成功すればあとはまた優秀な生徒が集まって、合格者が増えてを繰り返してるだけです。塾はたまに光る講師がいますが、中学受験のいい講師は、すぐにどっかに行っ [続きを読む]
  • どんぐり問題をみるのに、親の算数の力は、そりゃいりますよ
  • 子供のどんぐり問題を見るのに、算数の力がいらないなんて思っている親御さんがいらっしゃって、びっくりします。算数の問題を解いているんですから、とうぜん算数の力は親にも必要です。親に算数の力がない場合は、添削などで他から力をかりるか、どんぐりの塾に行かせるか、本当にどうしようもない場合は、親は放置で、本人の力に任せるしかないんでしょうね。もちろん親が、教えたり、ヒントを出したりするのは論外ですよ。ただ [続きを読む]
  • あと伸びなんてしませんよ
  • 子供が小学生なら、何年生でも構いません。いいから子供に全国統一小学生テストのような大規模なテストを受けさせてごらんなさい。もちろん事前対策なんて論外ですよ、事前対策の効果を測定してどうしようっていうんですか?そのテストの内容は、先々までのテスト結果を暗示します。国語の読解問題を解く力がない子は、急に読解力がついたりしないのでいつまでもとんちんかんな解答を続けます。そりゃそうですね。日本語が読めて、 [続きを読む]
  • 遅すぎるし、これほどみっともない辞任をみたことがありません
  • だから最初から、辞任しなさいって言ったでしょ。セクハラ親父が官僚のトップですかそんなことはいいとしても、裁判は続けるけど、辞任するんですか?つまり本人の理屈で言えば、冤罪だけど、辞任するんですか?全く意味がわかりません。しかもセクハラされたって、相手まで実際に出てきましたよ。そりゃあれだけ煽れば、相手もケンカ腰になります。どれだけの覚悟で自社での報道をあきらめて、新潮に記事を持ち込んだのか、あなた [続きを読む]
  • 小2、週一回の習い事を変えようかと
  • ならいごとは、自分でお小遣いをはらってでもやりたい一つだけです。どんぐりKは工作大好きっ子なので、工作の習い事をやっています。最近は、絵にはまっていますね。小学2年生にもなると、かなり細かいところに着目した絵がかけて感心します。これは学校の先生の影響もあります。専科の工作の先生に影響されたみたいです。学校の先生の影響はとても大きいので、こういう影響は本当に大歓迎ですね。そして、習い事を「工作」から「 [続きを読む]
  • ブログで人気のある記事の内容は? そしてベストな学習方法
  • 無料のメディアで人気のある記事は、どの分野でさえはっきりしています。はっきりいって不安、不満、不平、不幸といった不の字のついた気持ちをあおる記事です。人間なかなかリアルではそういうものに触れる機会は少ないので、無料のメディアでは特にこういった記事に人気が集まるんですよ。他人の不幸は、蜜の味ともいいますし、相対比較で自分の不幸が薄まりますからね。だから人気のブログは不幸自慢になります。その実、みんな [続きを読む]
  • どんぐり問題での、子供の解答への親の疑問をどうするか?
  • どんぐり問題の解答をみていると、一緒に解いているときはその書いている順番などでほぼその思考ルートはつかめますが、母親が対応して、解答のみをみるときもあります。どんぐりKの解答は、きわめてシンプルなことが多く、それほど見て不思議に思うことはないので、ほとんど内容について聞くことはありません。ただほんのたまに、どうしてか分からないところがあったりします。もちろん子供の答案を、とくに絵を十分に吟味したう [続きを読む]
  • さてセクハラ裁判でいろいろ学びましょう
  • 徹底的に戦う男の姿は、かっこいいものですが、こればっかりはかっこよさのかけらもありませんね。具体的に書くと、これも名誉棄損の裁判で訴えられそうなので、具体的に何の話かは書きません。これがスラップ訴訟効果です。別のところでもふれましょう。さてセクハラ官僚ですが、名誉棄損で週刊誌を訴えて裁判するということですばらしい英断です。徹底的に争いましょう。あの音声は、もちろん偽造かもしれませんし、相手も女性記 [続きを読む]
  • 学校についていけるように、家庭学習するって考え方が終わっています
  • 家庭で計算をやっておかないと子供が学校で困るでしょうとか、学校の授業についていけるように家庭学習をやっていますってレベルが違いすぎるな、と常々思っていました。学校の勉強は、ついていくようなレベルのものじゃないし、計算は先取りでもそうですし、学年相当ならなおのことそんなに力をいれて、とやかくするようなものじゃないからです。ポイントは、やはり読解力と思考力にあるんですね。根本からそれらがかけているから [続きを読む]
  • 小学校での学習の不安を取り除くたった2つの方法
  • 誰の不安かって、もちろん親の不安です。子供は小学校を、少なくとも最初はすごく楽しみにしているんですから。さてもったいぶってもしょうがないので、2つの方法を書いていきましょう。①どんぐりを5,6歳からはじめましょう②算数、国語の6年生までの教科書を買いましょうの2つだけで、親の不安は解消されます。①だけでもいいんですが、効果がでるまで不安でしょうから、②で裏付けを取っておく感じですかね。①どんぐりを [続きを読む]
  • 1MX48 7歳1か月 数字信者からの転向
  • <1MX48>ハムハム小学校[しょうがっこう]では、今日[きょう]みんなで宝探[たからさが]しをします。宝箱[たからばこ]には必[かなら]ず3個[こ]の向日葵[ひまわり]の種[たね]が入[はい]っています。宝箱の数[かず]はトンガリ君[くん]がネテル君よりも2箱多[おお]く、チビ丸[まる]ちゃんはネテル君の半分[はんぶん]でした。チビ丸ちゃんが宝箱を2箱見[み]つけたとすると、3人[にん]では、何個[なんこ]の向日葵の種を手[て]に入[い [続きを読む]
  • どんぐりKと入るお風呂
  • どんぐりKは一人でもお風呂を楽しむタイプですが、一緒に入っていると、かなり話が長くなってのぼせるくらいです。うちのお風呂には水で消せるクレヨンがおいてあるので、これで壁に絵や文字や数字を書きながら、話をすることが多いですね。 どんぐり問題みたいな問題を出し合うこともありますし、漢字のクイズの時もありますし、本当にいろいろです。そのあいだにもお風呂に沈めてみたり、水鉄砲でお互いにみずをかけあったり、子 [続きを読む]
  • 子供の字が汚いことを怒ったところで
  • 小学校低学年の、特に男の子でしょうね。字が汚いのは、あるあるですね。ほとんどは、親のせいです。親のせい? 子供が汚い字を書いているんだから子供のせいでしょう?書こうと思えば、子供はきれいな字をかけるわけだし。では、なぜ子供はきれいな字を書かないんでしょうか?子供がきれいな字をかける環境を整えることは、親にしかできないことですよ。まずはかんたんなところで、量を書かせるのをやめましょう。同じ漢字を100 [続きを読む]
  • やったって無駄なことはたくさんあります
  • なんですかね、このなんでもやれば、やっただけは意味があって、少なくとも悪影響はないでしょう、みたいな風潮は?低学年で、英語も漢字の書き取りも、計算練習もやれば、もちろん悪影響がありますよ。だからそんなことはいっさいせずに、算数の文章題に力を注ぎ、国語のむずかしい問題集をやろうとしているどんぐりKが、全国統一小学生テストで、偏差値70オーバーになるんですよ。だいたいが英語をやってどうするんですか?日 [続きを読む]
  • だいたいが親が手をぬきすぎの低学年の学習
  • 低学年で塾に通わせているなんて親の手抜きもほどがあります。塾に送ったり、お弁当をつくったり、ならいごととの時間を調整したり、そんなことはなんら学習に寄与しないどうでもいいことなんですよ。なにか子供の学習に関係ありますか?塾が何かやってくれるなんて思ったら大間違いですよ。塾は低学年では託児所を経営している気分なんですから。読み書き計算を、しっかり基礎としてやらせるなんてのは、親の手抜きの最たるもので [続きを読む]
  • セクハラ親父が官僚のトップですか
  • みなさんの大好きな高学歴、官僚のトップ人材がまたまたやらかしてくれました。女性の東京有名私立中高一貫→東大→ハーバード→政治家もパワハラがすごかったですけど、男性の神奈川有名県立高校→東大→財務省→事務次官のセクハラも負けていません。書いてて、悲しい気持ちになってきましたけど。こういう官僚でもトップ中のトップの人が、問題を起こすってことは組織に構造的な問題があります。だって周りの人は、みんなそんな [続きを読む]
  • ダメな作文の例
  • まぁ本人が楽しく書いているのにダメも何もないんですけど、評価する大人としては、きちんとその目線をもっていないと子供が作文で伸び悩むなんてことですかね。そもそもどんな作文がいい作文で、どんな作文がよくないのかなんて基準がないからわからないなんて人が多数でしょうから、いくつか例を挙げてみましょう。①いろいろなことをして楽しかった。この文章がでてきたら、最悪の作文のひとつですね。何も説明していないし何も [続きを読む]
  • どんな子が外遊びができなくて、そして学習もたぶん・・・
  • 子供は誰でも遊べるでしょう、なんて思っていたら大間違いです。子供は、すでに遊べなくなっています。子供同士で外で遊ぶにはかなりの力が必要で、その力を養うことは、学習にもつながっていきます。だから、ここでは何回も「友達と外遊び」と繰り返しているわけです。遊べない子にどんな力が欠けているのか、いくつか例を挙げておきましょう。①他人へ頼むことのできない子むかしは初顔の子には、気軽に上級生が声をかけてくれま [続きを読む]
  • どんぐりで伸び悩むだって、笑わせないでください
  • 1年生の11月の全国統一小学生テストで偏差値70オーバーで伸び悩んでいるんですって? ちなみに、あなたの子供は何年生で、偏差値はいくつなんですか?伸び悩んでいるって、いくつまで伸ばすつもりなのかさっぱりわからない印象批評ですね。全くどんぐりKが伸び悩んでいるなんて、思わないですけどね。週に二問なのは、量より質を重視するからですよ。学校の宿題をやらないんじゃないですよ、厳選するんです。それも量をやることに [続きを読む]
  • 今は時代が違うので・・・
  • もちろん時代が違えば、変わることはたくさんあります。受験勉強なんかはどうなんですかね。昔に比べて、かなり楽になっているんじゃないでしょうか?なんせベースの人口が減ってるんですから。200万人で競争するのと、100万人で競争するのとどちらが厳しい競争になるかを考えたら明らかです。そりゃ、これだけ人口が減れば、塾も低学年から通塾してもらわなきゃいけないわけです。昔とはちがって、受験は今後ますます簡単に [続きを読む]
  • 子供は親の背中を見て育ちます PTA役員について
  • よくPTAの役員はやりたくないということを、家で子供の前でどうどうと語る方がいらっしゃいます。その同じ方が、子供には学校の係を責任感をもってしっかりやりなさいと話しています。子供はもちろん、親の背中をみて育ちます。子供は親を見習って、学校の係を最大限、手を尽くしてのがれて、なかでも一番楽な係をさがして、適当にやりすごしたりするんでしょうね。なんなら係決めの時にわざと休んで、自分の同意のない係決めは無 [続きを読む]