どんぐりK さん プロフィール

  •  
どんぐりKさん: どんぐりKの旅
ハンドル名どんぐりK さん
ブログタイトルどんぐりKの旅
ブログURLhttps://dongurik.blogspot.jp/
サイト紹介文年長からの低学年の学習、どんぐり問題の記録。全国統一小学生テストにも通塾なしでチャレンジしています。
自由文5歳からの低学年の学習の記録、どんぐり問題のすべての記録、キャンプ、カヤック、プレーパーク、スキー、スノーボード、キッザニアの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供383回 / 180日(平均14.9回/週) - 参加 2017/06/20 23:15

どんぐりK さんのブログ記事

  • 0MX49 6歳9か月 何かが楽しい絵ですね
  • <0MX49> 20ぽんの はが ある おおきな くちで わらう わにをよくみると、うえのはに 3ぼんの むしばが みえました。またまたみると、 したの はにもおなじかずのむしばが ありました。では、むしばになっていないはは みんなで なんぼんありますか。20本の歯の書き方は、上に10本、下に10本をかくでしょうし、そのうち3本ずつの虫歯は、上下の真ん中に配置するのがお約束って感じがしますよね。絵で、 [続きを読む]
  • なぜ親は子供の教育にこれほど手を抜くんでしょう?
  • なぜ子供の宿題を一カ月だけでもいいので、全部やってみないんでしょう?なぜどんぐり問題を、親は横で6年生の問題を解けって言われているのに解かないんでしょう?なぜ志望校の入試問題の分析を親がやれって言われているのにやらないんでしょう?結局は、子供の教育はどうでもいいことだとおもっているんでしょうね。塾に払うお金は惜しくないけど、自分の手間は惜しいんでしょう。 だから子供がいつまでたっても、そもそも勉強を [続きを読む]
  • 子供に何回言っても、無駄なことがあります
  • 教育アドバイスで子供に1回言ったって無駄です、10回言いましょう。その次は10回言ったって無駄です。100回言いましょう。お笑いなのはその先で100回言ったって無駄です、500回言いましょう。気は確かですか?どうでもいいことを何回も言うから、余計にあなたの言葉の価値自体が落ちているんですよ。大人だったら、もっと顕著だと思います。わけのわからないことを1回でもいう人のそばには二度と近づきません。相手が何回繰り返し [続きを読む]
  • 問題を続きにできる力
  • これはほとんどの子が、持ててない力です。問題にとりくんでいて、この問題は続きにして別の日にやる、と決められる力は何気ないように見えますがかなり根本的に重要な力です。ほとんどの子供は、答えをでっちあげます。今日は全力を使い果たしたので、ここまでしか考えられないけど別の日に改めてこの問題に取り組もうという意思表示が「続き」ですから。大人でさえ、この力を持っていない人はたくさんいます。もちろん問題には軽 [続きを読む]
  • 2017.11.25 どんぐり糸山先生講演会 第二部のもよう まとめ
  • 以前、2017年8月にどんぐり糸山先生講演会の様子をレポートしていますがそちらが基礎編です。今回は内容的には、そこからの続きのイメージです。あくまで聞き取れた範囲内で、質疑応答が多いので、聞き取りが不十分な点が多いことは、ご了承願います。2017.11.25 どんぐり糸山先生講演会 第二部1/19 中学受験 低学年スタートの愚、端的になにがいけないか2/19 中学受験 志望校に合格する最短経路3/19 中学受験より大切なの [続きを読む]
  • 小学生の学習で困っていること、生活で困っていること
  • 学習面で困っていること・宿題をやらない、できない、先延ばしにする・宿題をやらせるのに親子で格闘になる、親子関係も最悪・前にはできていた計算が、新しい計算をやると混乱してできなくなる・小学低学年の学校のテストで、すでに100点じゃない・全国統一小学生テストで、偏差値50を切っている・全国統一小学生テストで、偏差値70にあと一歩届かない・国語の読解が壊滅的、なにも読み取れていない・字が汚い・習い事は何をい [続きを読む]
  • 週に二問、それだけしかやらないんじゃ話にならないでしょう
  • どんぐりKに、学習のアドバイスをもらえることもあります。もちろん、ありがたく聞きます。どんぐり? 知らないわね。ただそもそも週に二問、それしかやらないんじゃ、勉強にもなにもなってないしもっとちゃんとやらないと、落ちこぼれるから気をつけた方が・・・なるほど、一般論として言いそうなことですね。ただ残念ながら、 このアドバイスをした人は、そもそも学習が何かもわかってないことだけはよくわかります。いくら量を [続きを読む]
  • 0MX47 6歳9か月 ここらへんの二段階問題を軽々とこなしますが
  • <0mx47>  のうさぎさんの れいぞうこの なかに きのうのよるまで にんじんが17ほん ありました。ところが、きょうは 8ほん しか ありません。 だれかがよるのうちに たべてしまったようです。 では、にんじんを たべた うさぎが 3びきで、3びきとも おなじかずのにんじんを たべたとすると、1ぴきにつき なんぼんの にんじんをたべたことになるでしょうか。いろいろ省略されすぎの絵ですが、楽しんで [続きを読む]
  • TVさん、さようなら、プロジェクターさん、こんにちは
  • 以前にHDDが壊れて、録画ができなくなったテレビの話を書きました。テレビをみる時間は激減して、また、Huluはやめたんですけど、ふたたびAmazonプライムに入ったこともあって、親子共々みたいものだけをみる習慣になりました。すると疑問がわいてきました。テレビっているのかなと。そしてなくしてみてわかりましたが、テレビっていらないものでした。なくなっても、何一つ支障はありません。パソコンから壁にプロジェクターで投 [続きを読む]
  • 2017.11.25 どんぐり糸山先生講演会 第二部 第18回 質疑応答 その9(18/19)
  • Q:小1、年少兄弟2人でうまくどんぐりができないどうしたらいいか?A:ついたてなどを作って、時空間を分けることを考えましょう。うまくできる兄弟は、やってもらっていいし、やってみて不都合がある場合はわけましょう。問題は選んで、その中から選んでもらってもいい。選んでもらう時に問題をよんでもかまわない。どんぐりをやるときには、どんぐりをやる異空間を作らないとダメ。どんぐりタイムが異空間になるようにする。ふだ [続きを読む]
  • じゃんけんでさえ、楽しくなります
  • 一緒の時間を過ごすということは、相手の考え方をより深く知るということです。どんぐりKといっしょにじゃんけんをしていると、複雑なことになります。まずはどんぐりKはふだんのじゃんけんでは負け続けの父親が肝心な時の、実際に何かがかかったときのじゃんけんでは勝率が高いことに気づきました。まず、ここに気づかないことが多いんですけどね。簡単なことです。ふだんのなにもかからないようなじゃんけんのときは、基本的にグ [続きを読む]
  • 家で遊ぶ時も遊びの幅が広がってきました
  • なにより外遊び推奨で、ちょっとの時間でも家の前で、なわとびしたり、サッカーボールをけったり、道路にチョークでらくがきしたり、バトミントンしたり、秋のものを探そうだったり、空の雲を眺めようだったり、 近所の友達も合流したりするので、ちょっとの外遊びができるのはいいですね。家で遊ぶのは推奨されませんが、夜の寝るまでの時間こんなことで遊んだりします。定番のクアドリラこれは本当に楽しいおもちゃです。なによ [続きを読む]
  • 終わり方がなにより大事
  • どんぐりをやって、もちろんノーアドバイスで問題に取り組むわけですが、親が回答の正誤を判定したら、クロッキー帳をとじて、それでおしまいです。正解だったら、すっきりそれができるけど不正解だったら、それはできないなんてのはルールになっていません。試合に勝とうが負けようが、終わったら礼をして終わるんですよ。勝ったら、礼をして終わるけど、負けたら、終わらないなんて、ありえないでしょう。正解でも、不正解でも同 [続きを読む]
  • 2017.11.25 どんぐり糸山先生講演会 第二部 第16回 質疑応答 その7(16/19)
  • Q:小2女の子 小4男の子絵がかけない。どうしたらいいか?A:絵を書く意味を理論的に説明してわかるなら、説明する。考えるとはどういうことかも、納得がいくまで説明する。男の子は小4、女の子なら小3でもいい。それぐらいの年代になると、自分で納得して理論がないものにはやりたがらない。Q:小6女の子テストで、計算・基本問題と応用問題があると応用問題はできるが、計算・基本問題が平均以下。どうしたらいいか?A:逆なら [続きを読む]
  • 宿題を親がどうやるべきか
  • 子供の宿題を一か月やってみましょう。心の底からうんざりします。子供がどれほど宿題でうんざりするか、どれほどストレスをためるか、はっきりとわかります。こんなことをいくらやっても学習にはなりません。一番難しい一問を子供にやってもらい、残りは親がやりましょう。 そして親がうんざりしながら、子供の宿題をやっている姿を子供に見せることは厳禁です。子供が寝てからやりましょう。 家で子供に学習のお手本として見せる [続きを読む]
  • 週末の相談
  • 週末の学習相談は、盛況におわりました。相談が盛況に終わるってのもなんですが、3時間くらいがあっという間です。今後もひきつづき、相談に乗っていきましょうってことになりました。もちろん、相談内容は書けませんが、学校の宿題は悩みの一つでありますね。宿題くらいは、ちゃんとやらなきゃいけないんじゃないか、宿題くらいは、ちゃんとできなきゃいけないんじゃないか、決められたことができない子に育つんじゃないか?学習 [続きを読む]
  • 1MX15 6歳9か月 ここがわかっていない人が多すぎます
  • <1MX16> ウンコが 20こ やまに なっています。そこへ フンコロガシが 3びきやってきて、それぞれ 3こずつ ウンコを もっていきます。フンコロガシが 3びきぜんいん 2かい やってきて ウンコをもっていくとすると、なんこの ウンコが のこりますか。このふんころがしの回答は、どんぐりの進化のわかりやすい例だと思います。左側に楽しんでいる絵を書いています。フンコロガシがウインクしているのも、なかな [続きを読む]
  • 問題の数字を足し引きすることの何が末期的か
  • 文章題で、まったく文章の意味を把握できず、文章に出てくる数字を足し引きして答えを出す子がいます。末期的な症状で、これがでたら、もう危機的だと思った方がいいです。 一番大きな要素は、答えのでっち上げです。自分がやっていることがなにかが全く分かっておらず、また何をやっているかが全く理解できなくても、とにかく答えらしき数字が出ればいいと思っています。強く答えを強制されている状況ですね。 あるいは、100点主 [続きを読む]
  • どこで差がつくのか?
  • 今、ここで差がついているんです。 今週末はさっそく、どんぐりのやり方をある親御さんに教えます。2時間くらいでしょうか。結局は、相談の結果の一つの帰結は、どんぐりのやり方を、対面で教えることになるんでしょうね。これは基本的に、まず親に考え方とセットで具体的なやり方を教えます。その後もっとフォローをするなら、子供にやるときにも実際にやってみて、ということになりますかね。たしかに対面でやると、情報量がまっ [続きを読む]
  • せっかく間違って覚えている言葉をなおすなんて
  • 間違って覚えている言葉は、大事にそのままにしておきます。どんぐりKは、「ただいま」と「おかえりなさい」「行ってきます」と「いってらっしゃい」を小さいころに逆に覚えました。どういうことかというと、家をでるときに本人は真面目な顔で「いってらっしゃい」見送る親も「いってらっしゃい」帰ってきても本人は真面目な顔で「おかえりなさい」迎える親も「おかえりなさい」帰ってきた親を迎えるときにはどんぐりKは「ただい [続きを読む]