どんぐりK さん プロフィール

  •  
どんぐりKさん: どんぐりKの旅
ハンドル名どんぐりK さん
ブログタイトルどんぐりKの旅
ブログURLhttps://dongurik.blogspot.jp/
サイト紹介文年長からの低学年の学習、どんぐり問題の記録。全国統一小学生テストにも通塾なしでチャレンジしています。
自由文5歳からの低学年の学習の記録、どんぐり問題のすべての記録、キャンプ、カヤック、プレーパーク、スキー、スノーボード、キッザニアの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供898回 / 365日(平均17.2回/週) - 参加 2017/06/20 23:15

どんぐりK さんのブログ記事

  • 教育っていうのは、やっただけの悪影響もあるんですよ
  • なんでしょう、このやればやるほどなんでも効果があると考える向きは。5歳以前の子供に机に向かっての学習を強制したり、低学年で一日何時間も強制的に机に向かわせたり。はっきりいって、悪影響の方が大きいといっていいんじゃないでしょうか。やる意味がないことを一生懸命時間をかけて、やっても意味がないんですよ。どんな子供に育ってほしいのかをよく考えながら、やる意味のあることを最小限、やるべきです。それ以外の時間 [続きを読む]
  • 子供の意思を常にちゃんと確認する
  • どんぐりや国語の学習はさすがに毎日のことなので、声掛けはしますが、ある程度習慣になっているところはあります。ただそのほかに、例えば学校で九九がはじまったのでトライアングルナンバーズを教えようかなんてときは、まず、どんぐりKの意思を確認します。本人がまた今度でいいやといったら、また今度にします。時間は、いくらでもありますからね。親の都合じゃなく子供の都合を優先して、親はねばりづよく声をかけ続けるだけ [続きを読む]
  • 2018年11月 全国統一小学生テスト 2年生の結果
  • 四谷大塚は、やけに返却も早く、スムースになりましたね。結果は、二科目合計の270点ほどで、偏差値65ですかね。今回は答案のコピーが返ってきましたが、なかなか楽しめる内容で、二年生の答案でも結構厳しく採点してるんですね。答案をていねいに書くことを、これで意識するとも思えないですけどね。相変わらずの、通塾せずに、学習系の習い事はなし。一日の勉強時間は、宿題込みで2年生で20分ほど。毎日の学習は、どんぐりと国語 [続きを読む]
  • 未就学から低学年の学習
  • 未就学児や低学年で学習するのに、親が無理やり命令、強制、指示で勉強させている家庭は少なくないと思います。「どうしてこんなこともわからないの」「いいからさっさとやりなさい」「はやくとりかかりなさい」なんて親のいらいらするような言葉が飛び交いながらですね。ただ残念ながら、いくらこんな学習を学校の宿題をふくめて大量にやっても一番ありそうな結果は、勉強が嫌いになって、おまけにたいして結果も出たりしませんっ [続きを読む]
  • 中学生にもなって、テレビやゲームや勉強のことでとやかく言っているなんて
  • 小学生で、十分にテレビやゲームや学習については親が保護します。中学生は、自分で何とかしはじめる時期です。べつに高校に行かないなら行かないで、自分の人生を切り開いてもらいましょう。高校に行くなら、志望校については親ときちんと話し合いましょう。高校にいくのなら、しかるべき勉強をしなくちゃいけないのは明らかですし、勉強の仕方をふくめて、子供にはまず自分でよく考えてもらう必要があるのは明らかなことです。中 [続きを読む]
  • 九九 小学校二年生の算数
  • 学校では、九九か始まったみたいですね。九九自体は、歌みたいに少し節をつけて覚えれば、すぐに覚えられます。幼稚園生だって覚えるだけなら、九九をすぐ覚えられます。ただ覚えたってどうしようもありません。一番肝心なのは、九九をどう使うかがよくわかっているかどうかですね。どんぐり問題で、年長から、延々とかけざんが役に立つシチュエーションを経験してきて、そのたびに大量の絵を描いたり、足し算のひっ算を何回もして [続きを読む]
  • 久々の休み
  • 平日にひさびさに休みが取れたので、子供やその友達と外遊びをしてきました。秋で天気も良くて、空も高くて気持ちがいい日でした。夕焼けもきれいでしたね。子供たちは約束をしてきて、学校が終わって、遊び場所に集合なんですが、早くも一人の子は親を説得できずに、3人男の子が集まって、虫取りのはじまりです。秋も更けてきましたが、まだまだバッタとか、いろんな虫がいるものですね。そのうち鬼ごっこがはじまって、だんだん [続きを読む]
  • クロッキー帳を勧めているわけ
  • どんぐり問題を絵でとくには、ある程度の大きさが必要です。まとまっていて、あとから見返せることも大事ですね。どんぐりKなんかは、新しい問題のページに行く途中でぱらぱらと過去の問題を見返したりして、ページをめくる手がとまることもよくあることです。普通に算数の文章題を解きましょうというと、学校のサイズのノートを出してきたりしますからね。別にチラシの裏に解いてもいいですが、過去の解いた問題が散在したり、捨 [続きを読む]
  • 3MX69 7歳8か月 あまりのある割り算
  • 〈3MX69〉35枚の色紙を 4人に同じ数ずつ分けます。1人分は何枚になって何枚あまりますか。 こういった問題を絵を描いて着実にやれるのも、この年代っていうところはありますよね。35枚を4?5と3?5に分解して書いているのもいいですね。8枚ずつも掛け算を使って、絵で確認している感じですね。絵はわかりやすく書けていると思いますし、余りも、絵を見るとはっきりわかります。こうやって掛け算を習うと、今度は割り算の [続きを読む]
  • 友達と十分外遊びした後のどんぐり
  • 公園なり、校庭なり、プレーパークなり、友達とおもいっきり外遊びした後のどんぐりへの取り組みは明らかに違います。その違いを体感したことのないお父さん、お母さんはいいから、子供をおもいっきり友達と外遊びさせてごらんなさい。もちろん体力的に疲れてしまってなんてこともあるかもしれませんが、小学生くらいになれば、子供もお風呂に入ったりすると気分転換して食事もたべればすっかり回復なんてこともありますよ。幼稚園 [続きを読む]
  • ひさびさのキッザニア
  • キッザニアが本当に楽しめるのは、未就学から低学年だっていうのにすっかりごぶさたしていました。三ツ星をとって甲子園までいったので、やり切った感があったんですよね。キッザニア甲子園 東京の三ツ星経験者が行ってきましたキャンプに、すっかり心を奪われてたなんてのもありますけどね。とにかくひさびさに、キッザニアに行くことにしました。ひさしぶりなので、子供はあれもやりたい、これもやりたいなんて言ってますね。楽 [続きを読む]
  • 全国統一小学生テスト 2018年11月
  • 半年がたつのはあっという間ですね。こうやって子供もあっという間に大きくなるわけですね。このあいだテストを受けたと思ったら、もう半年後なんですから。子供にはテストのことをとやかくいったりしません。テスト後の結果が返ってきた時もできててても、できてなくてもとやかくいいません。ただできなかった問題をわからん帳に貼っておくだけです。できなかった問題のことは、子供もよく覚えてますけどね。事前には、問題用紙に [続きを読む]
  • 早くにできることに意味はない
  • 小さいころに何ができたって、特に意味はありません。早くにできたって何の意味もないんですよ。未就学で、計算ができようが、字がかけようが、そんなことは小学校に入ったら嫌というほどやるんですからね。それよりも、先生の言っていることがきちんと理解できるのか、自分で興味を覚えてそれを突き詰めていけるのか、粘り強く物事に取り組めるかなんてことを気にした方がずっといいですね。どうしてそういう肝心なことを一切気に [続きを読む]
  • 子供の睡眠時間を、適当に設定するのはやめましょう
  • 大人は自分が好きな時間、寝ればいいですよ。別に短い睡眠時間だって、頭を休ませるには4〜5時間で十分でしょう。子供には、きちんとした睡眠時間が必要です。だらだらと勉強にもなっていないような作業をやらせたり、電子ゲームをしたり、テレビをみせたり、Youtubeを見せたりしていて、夜の10時、11時に寝かせた挙句、学校があるからと朝に、親が強制的に起こしていたりしていたら本末転倒です。余った時間が、睡眠時間じ [続きを読む]
  • 大人受けする作文を書けですって?
  • あきれた親もいるものです。子供に向けて、「いいかげん大人受けする作文を書いて」なんて言うんですから。小学生の子供の作文を、とやかく言うだけでも意味があるとは思えませんが、どうして小学生の作文が、大人受けしなきゃいけないのかさっぱりわかりません。親が心の中でどう思うかは勝手ですが、子供に向かってそんなことを言ってなにか意味があるのか、親は本当によく考えた方がいいです。そして子供の作文は、大人受けする [続きを読む]
  • 3MX75 7歳7か月 これがどんぐりっ子です
  • <3MX75> 1mのロープ3本を使って15cmのロープをできるだけ多く作るとすると何本の15cmのロープが出来ますか。ひさびさの5枚ものですね(2枚目と3枚目の写真は一部重複しています)その経緯がいかにもどんぐりっ子らしいもので、楽しめます。わりざんはまだ習っていないので、さっそうとかけざんを使い始め15の段を構成していきます。15?1、15?2、15?3、15?4、15?5、そして答えの直前で、もちろん絵に移るんですね。 [続きを読む]
  • 読み聞かせの、読むペースが速すぎます
  • 2歳から7歳くらいまでは、まさしく読み聞かせの本番ですね。どんぐりKもさすがに7歳後半になってくると、なかなか読み聞かせを聞いてくれる機会は減ってきました。最近では、ちょっと具合が悪かった時に「日本の歴史」のまんがを延々と読み聞かせしました。歴史ものなんかは、解説しながら読み聞かせができたりして、少し学年があがっても、漫画ですけど、読み聞かせに向いていますね。そのほかの本でも、親は読もうか?ってあ [続きを読む]
  • 普段の生活が命令、指示、小言、注意に満ちていると
  • どんぐりを週に二問やるとして、どれくらいの時間をやっているかもありますが、どんぐりをはじめた5歳くらいなら、週にトータルで1時間くらいでしょう。いくらどんぐりをやっている時間だけ、親がヒントや口を出さずにあたたかく見守る姿勢で接しても、それ以外の時間を命令、指示、小言、注意に満ちている生活を送っていたら、子供の基本的な学習姿勢がどうなるかは明白です。言われたことを言われただけやればいいってことにな [続きを読む]
  • 絵が描けない
  • どんぐりをはじめたところでありがちなのが、子供が絵が描けない、と言って描かないケースですね。そのまま親がなんの工夫もできずに、どんぐりをやめてしまうケースも多々あるようです。絵を描かないとどんぐりは、始まらないわけですから、根競べの要素は多少ありますが、そこにもいろんな工夫はできますね。親が横で楽しそうに少し下手な絵を描いて、高学年の問題をやるなんていうのもその一つですし、クロッキー帳や色鉛筆なん [続きを読む]
  • テスト対策 全国統一小学生テスト
  • 塾のテストについて、テスト対策をしなきゃなんてブログの記事を見かけるとほほえましい気持ちになります。究極のテスト対策は、本番と同じ予想問題を解くことで、塾のテストぐらいだったら過去問をある程度分析すれば、それはまったく不可能なことじゃないからです。とくに低学年は、出せる問題が限られているわけですからね。ただそうしたところで、なにか意味があるんですかね?子供はテストを、事前にやり方を覚えたものをその [続きを読む]
  • 子供はだんだん手を離れていきます
  • 2年生は、とくに成長を感じましたね。学習面でみても、すでにあまりフォローするところは少なくなっています。どんぐり問題の正誤を伝えて、間違った部分は把握します。本当に何かの機会があれば具体物で説明したりしますが、かならずそういった機会を持つわけでもないですね。トライアングルナンバーズあたりは説明しましたが、すぐに飲み込んでいました。頭の中に三角のイメージが入っていることをまた確認しましょう。国語もわ [続きを読む]
  • 毎日筋トレしても、筋トレにはなりません
  • 筋トレの話です。筋トレをここ半年くらいしっかりやって、体脂肪率も正確にはわかりませんがだいたい15%くらいで、スポーツのパフォーマンスも上がってきています。ちなみにこれは大人にあてはまる話で、子供には一切当てはまりません。筋トレに励むのは、高校生くらいからでしょうかね。筋トレの目的が大きい筋肉を見せたい筋力をつけたい持久力をつけたいのいずれかでも、毎日筋トレすることは勧められません。そりゃそうです [続きを読む]
  • 壮大な育児実験をしている家族
  • 壮大な育児上の実験をしている家族は自分たちでそれをやっていることに気付いているのかどうか本当に果敢な取り組みです。それは、友達との外遊びをさせないで、あるいはほとんどなしで子供を育てようという試みです。学校はどんどん管理をつよめて、友達と気楽に遊べる場所じゃありません。放課後の遊びにもいろんな制約がついて、しかも時間もかなり限られてしまっているようです。そして学校から帰ってきたら、習い事の嵐です。 [続きを読む]
  • どんぐりの答えの判定
  • どんぐりで答えを判定するときは、センシティブな瞬間です。まずは答えを正しく判定しましょう。あとでやっぱり合ってたとか、やっぱり間違っていたからわからん帳へなんてのは、子供の混乱のもとですから。答の通り判定するのが一番いいと思いますが、厳しく判定するにも、おまけで判定するにもきちんと根拠をもって判定しましょう。基準がはっきりしていないと、子供は混乱します。そして以前はどんぐりKは、ノシシもびっくり、 [続きを読む]