ひもそ日記 さん プロフィール

  •  
ひもそ日記さん: ひもそ日記
ハンドル名ひもそ日記 さん
ブログタイトルひもそ日記
ブログURLhttps://himoso.muragon.com/
サイト紹介文中1長女(ADHDと広汎性発達障害)と小5次男(てんかん)の日常。たまに中2長男の男子校生活など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2017/06/21 09:53

ひもそ日記 さんのブログ記事

  • 長女としゅうとめさんのこと その1
  • 夫が休みの日、しゅうとめさんの様子を見に行くことにしました。 長男は定期テストの勉強の為、お留守番。 次男はお邪魔虫なので、連れていくことにしました。 お婆ちゃんに会いに行こう!とムスメを誘いました。 「お婆ちゃんが元気か見に行くのかぁ。。  正直さ、家でゴロゴロしてたい気分なんですよ。。  そんなワケだから面倒だからいいや。  そのかわり、婆ちゃんの写真撮ってきて。  それを見てあげるから。」 [続きを読む]
  • 違う家に住む家族のこと(ちち)その9
  • いつまでも父のモテ期を見守っていても仕方がないので、 「おぅ!調子はどうだい?」と、父に声を掛けてみました。 父もわたしの顔をみて、おぅ!と右手をゆっくり上げました。 声に反応したばあ様たちがジーっとわたしを見つめてきます。 そして、決して【ムスメ】には言ってはいけない禁句を口にします。 「なんだい。  嫁さんかい?  えらく若い嫁さんだね!」 嫁!!!!!? ばあ様よ! 勘弁してください!! わ [続きを読む]
  • 違う家に住む家族のこと(ちち)その8
  • 母と我が家の次男坊が、叔母さん(母の妹)に会いに、京都へ出かけました。 実家で暮らす弟は、仕事のため帰りが遅く、父はお留守番です。 かと言って一人でお留守番できるほど、オツムがシャキッとしていないので、 ショートステイにお泊りしていました。 母から、父の様子を見てきてくれと頼まれました。 歩いて7,8分のところに施設があるので、ほい来た!そい来た!と 父に会いに出かけました。 父はノンキにテレビを [続きを読む]
  • 違う家に住む家族のこと(しゅうとめ)その6
  • 歩くことが出来ません!と言い張るしゅうとめさん。。 検査結果で異常なしとのことだったので、わたしは甘やかしません。 寝たきりになっちゃったら困ちゃいますからねぇ。 しゅうとめさんは、なんだか悟りを開いたような事を言い始めます。 デイサービスも、行くことは諦めた。 多分このままベットで生活するんだねと。。 おいおい。。 デイサービス行き始めたばかりじゃないか。 楽しそうにキャッキャとしてたのに、何を [続きを読む]
  • 違う家に住む家族のこと(しゅうとめ)その5
  • 騒動後のしゅうとめさん。。 足がやっぱり痛くて歩けないそうです。 ベットの横には、ポータブルトイレが設置されていたりして、 なんだか急に介護色が漂っていました。 久しぶりに顔をみせたら、夫よりわたしが来た事を喜んでくれていました。 「男はつまらんとよ。」がしゅうとめさんの口癖です。 ですよね〜☆ ぴーちくぱーちく話をするには、女同士の方が花が咲きますもんね(笑) 実家ではしゅうとめさんの弟さんから [続きを読む]
  • 違う家に住む家族のこと(しゅうとめ)その4
  • しゅうとめさんは、義兄と義弟と三人暮らしです。 車で1時間弱の所に義姉と義妹も住んでいますが、あまり来ないそうです。 子供さんは居ませんが、お二人とも主婦なので、そこそこ忙しいのかもしれません。 先日、しゅうとめさんがケガをしました。 玄関先でコケてしまったらしく、義弟から電話をもらった夫は、 仕事帰りにそのまま実家に直行しました。 足が痛くて動けない!と言うので、救急車を呼ぶことにしました。 あ [続きを読む]
  • ちがう家に住む家族のこと(ちち)その7
  • わたしの父は、高次脳機能障害です。 今あった出来事を瞬時に忘れてしまいます。 そして、テレビの影響を滅茶苦茶受けます。 基本とんちんかんなコトばかり言う父ですが、 たまに父の鋭いツッコミにドキリとさせられます。 車の中で、父と二人で居た時の出来事です。 いつもボンヤリしている父が、何やら難しい顔をしているので、 何か悩みでもあるのか聞いてみました。 「悩みってほどじゃないけどな。  この頃考えるん [続きを読む]
  • 長女のこと その31
  • 同級生のハイカラなお子さんたちの間では、よくケンカが勃発します。 そこに、何故だか親御さんまで参戦して「えらいこっちゃ」になることもあります。 ある時、「幸せケーキ」なるものを原宿に食べに行こう!と女子二人が約束したとか。 そこに、うちらも交ぜて!と別の女子が入ってきた。 二人で行きたかった女子は、なんかゴチャゴチャ言い始め、あとから入ってきた 女子と険悪に。。 そして知らぬ間にコトは大きくなり、 [続きを読む]
  • 長女のこと その30
  • ムスメの同級生の女の子たちは、ハイカラな服装を好むお子さんが多い様で、 お休みの日には、原宿まで友達同士で買い物に行ったりしているそうです。 親の付き添いナシで、行けるなんて大したもんだなぁと思います。 人気のお店なんかにも足繫く通っているそうで、中でも「にこるん」の お店が人気だとムスメから聞きました。 おぉ、、にこるんってモデルさんの子だね? へぇ〜にこるんのお店があるんだねぇ。 そこに行くの [続きを読む]
  • 長女のこと その29
  • ムスメの通う学校では、本日ミニ文化祭があります。 文化祭では各々好きなことをして、楽しむ感じなので の〜んびりしていて、実にアットホームです。 毎年ステージでの催し物もありますが、今年はムスメも友達と参加します。 アニメに出てくる女のコのコスプレをして、何やら歌うそうです。 今日を迎えるにあたって、お友達とゴチャゴチャあったので、 毎日何かしらのグチをきく羽目になっていました(笑) ムスメは勿論、 [続きを読む]
  • 長女のこと(日常)その18
  • たまたま眼科で読んだ雑誌に、ADHDチェックが載っていました。 どんな内容かと言うと。。 1 一人でいることが好き 2 冗談や比喩がわからない 3 劣等感を覚えやすい  4 好きな事には集中する 5 髪型や服装に無頓着 6 音や光に敏感 7 (女子の場合)中学生になっても子供っぽい 8 (女子の場合)女の子同士の会話についていけない 4つ以上当てはまるとADHDの可能性が高いそうです。 へぇ〜。 [続きを読む]
  • 次男のこと(日常)その14
  • デモデモさんとは、何でも「でも〜」と否定してくる人のこと。 この手の方とは、なかなか会話が成り立たず、距離を置きたくなります。 さて、デモデモさん。近くにいました。 同じ小学校の同学年、ダウン症の男の子のお母様です。 仮に〇君ママとします。 ダウン症は見た目でわかる障害かなと思います。 わたしの小学校の支援級の中でも、〇君は一番大変だと思います。 知的な部分の遅れがあるので、そこが大変だと〇君ママ [続きを読む]
  • 次男のこと(日常)その13
  • なんだかモヤモヤした支援学級の見学。。 家に戻ってから、「あの支援学級の感じでは次男に合わないのでは?」 という気持ちがムクムクと湧いてきました。 考えだしたらグルグル頭になってしてしまうのが、わたし。。 とりあえず、他の支援学級も見に行けないか聞いてみよう! そう思って、市役所の学校教育課に電話をしました。 学校教育課には、次男のコトを理解して下さっている先生がいます。 次男の為に病弱級を作るの [続きを読む]
  • 怒りに震えた日
  • 東海道新幹線内で乗客の男女3人が男に刃物で殺傷された事件。 犯人の母親のコメントに呆れてしまいました。。 要約すると、 『自分は発達障害の息子に愛情をかけて、育ててきた。  でも色々あって、にっちもさっちもいかなくてなって、祖母に預けてそのまま養子に。  正義感のある優しい子だったのに、信じられない。  現実を受け入れるのには時間がかかる。   こんなこと言っていい立場かわからないけど、、  しば [続きを読む]
  • 次男のこと(日常)その12
  • 支援学級の見学会が終わり、廊下で支援級の先生とお話をしました。 わたしがお話をしたのは、年配の女性の先生と、30代前半の男の先生でした。 女性の先生は、とにかく頼りない印象でした。 何を聞いても、「わたしにはチョットわかりません〜」ばかりで、 えっ?介助の先生じゃなくて、担任ですよね?って感じでした。 男性の先生は、す〜ごく上から目線の先生でした。 こちらとしては、事前に確認した項目(以前、学校に [続きを読む]
  • 次男のこと(日常)その11
  • 公立中学支援学級の見学日のお話です。 最初から全く乗り気ではなかった次男坊。。 支援学級のクラスに入った途端、「帰りたい」と言い出しました。 新しい場所をとにかく嫌がる次男。 まぁ、想定範囲内かなぁ。。 クラスでは、次男の苦手な「カウントダウンタイマー」が プロジェクターを使って黒板に映し出されていました。 そしてみんなで、百マス計算を解いていました。 へっ〜。支援級で百マス計算するのか。。 わた [続きを読む]
  • 次男のこと(日常)その10
  • 我が家の次男坊は、小学6年生です。 生まれつき脳に腫瘍があるため、てんかん発作があります。 彼の場合少し特殊で、痛みからの入眠、幻覚などの症状があります。 上の子二人が受験をしたので、次男坊の進路は、中学受験を考えていました。 だけど、サクッと諦めることにしました。 理由として二つ大きな問題が出てきました。 一つ目は、てんかんの発作が頻繁に出てくるようになったこと。 幻覚の症状が激しくて、彼にしか [続きを読む]
  • 空気わる子さんと、デモデモさん。
  • お母さん方と話していて、たまに居るタイプの親御さん。 「空気わる子」さん。 誰かが投げかけた質問に、「知らな〜い」とか「興味な〜い」で片づけるひと。 あなたのその一言で、明らかにその場の空気が悪くなるんですけどねぇ。 たとえ知らなくても、もう少しオブラートに包めば良いのにと思う。 「えっ。知らないや。どうなんだろう。」って言えば、 知っている人が話しをしやすいのに。 そして、もう一方は、「デモデモ [続きを読む]
  • キャッキャウフフについて。
  • コミュニケーション能力の高さを測れるとしたのなら、 自分は、かな〜り低い方な気がします。 ADHDのムスメと同等くらいかな〜と思うこともあります。 興味のない話題が続くと、すぐに帰りたくなってしまうトコロなど似ています。 たとえば、息子の同級生のお母さん達で集まった時などの会話で、 「○○くんは赤が似合うよね〜」 「○○くんはイケメンだよね〜」 などの、他所のお子さんの品定め的なお話は、特に苦手で [続きを読む]
  • わりと意識しています。
  • 青森の神様で有名な「木村藤子」さんをご存知でしょうか。。 その方が毎年「今年はこんな年になりそうですよ〜」という感じの本を出されています。 わたしが毎年楽しみに、必ず購入している本の一つです。 その年の運気が載っているので、結構意識しながらその年を送っています。 生まれた季節によって運気が違うそうです。 因みにわたしは、秋生まれです。 秋生まれにも、前半の人と後半の人って感じで分かれています。 前 [続きを読む]
  • PTAっていう名のお仕事 その7
  • さて、清水さん。 上の子が小学校4年生の時に、校外委員の委員長をやっていたそうです。 中丸さんのお話、一応PTA役員繋がりになっていたんですね♪ 清水さんと、モチロン出産応援団の皆さん一緒に校外委員をやっていたみたいです。 ところが清水さん、半年くらい経ったら突如音信不通になってしまいました。 応援団の皆さんもビックリの、夜逃げをしてしまったそうです。 同じマンションに住んでいた秋ちゃんの話による [続きを読む]
  • PTAっていう名のお仕事 その6
  • さて、ドン清水さんのその後についてのお話です。 清水さんが犬を飼いはじめ、取り巻きさん達も飼いだしたとのお話でしたが、 飼いだしてから清水さんのお子さんは、動物アレルギーと分かり、倒れてしまったそう。 ICUに入るくらい重度の症状だったので、お子さん大変だったみたいです。 わたしも、ワンコが大好きなので、飼いたいなぁと思っていますが、 ムスメがアレルギーがあるので、残念ながら飼えません。 清水さん [続きを読む]
  • PTAっていう名のお仕事 その5
  • さてさて、昨日の続きのお話です。 清水さんは、肝っ玉母さんだったそうで、お子さんは四人居るそうです。 全員自宅で出産されたそうなので、確かに肝っ玉が据わっていますね。 そんな清水さんの出産、ビックリなことに、応援に多数の方が参加されたそう。 取り巻きさん達が「頑張れ〜!」と近くで見守ってくれた中、出産したそう。 ……。 出産にまで立ち会ってくれるなんて、「清水組」は熱い関係なんですね。。 結果的に [続きを読む]
  • PTAっていう名のお仕事 その4
  • またまたご無沙汰のブログになります。 前回お話した、中丸さんから聞いたヘンテコ話。。 次男の小学校で、「ドン清水」と呼ばれている有名ママさんのお話でした。 ドンと言えば「小西」くらいしか思い浮かばないわたしは、 その方を存じ上げておりませんでしたが、その事実を二人に驚かれてしまったので、 私の地域では、どうやら小西よりも清水の方がポピュラーなドンな様です。 そんな清水さんですが、お子さんの幼稚園で [続きを読む]
  • PTAっていう名のお仕事 その3
  • さて、第一回の指名委員の作戦会議。 近場のコメダ珈琲で、開かれました。 女も三人集まると、ただの姦しムスメ。。 おっと、ムスメじゃないか。失礼。。 姦しおばちゃん。。 ぜ〜んぜん関係ない話で花が咲きます。 委員長は心強いことに、中丸さん。 ↓中丸さんの詳細はこちら 「わたしが全部やったるでぇ!  アンタら安心してついて来んしゃい!!」」 ……。 とは特に言われていませんが、そんな感じでグイグイ引っ [続きを読む]