Niche & No other バーグのこだわり雑貨 さん プロフィール

  •  
Niche & No other バーグのこだわり雑貨 さん: Niche & No other バーグのこだわり雑貨
ハンドル名Niche & No other バーグのこだわり雑貨 さん
ブログタイトルNiche & No other バーグのこだわり雑貨
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kernel74
サイト紹介文人とは違う選択肢があってもいいじゃないか。ありきたりの裏側にあるニッチでツウなアイテムとの出会いがこ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/06/21 16:40

Niche & No other バーグのこだわり雑貨 さんのブログ記事

  • ネットショップなんかやめなさい!たった一度のコンサルタント業
  • 今から6,7年ほど前ある会社からネットショップの新規制作と定期的なコンサルティングの依頼を受けて2年半ほど担ったことがある。WEBの方はごく一般的な更新業務だったけれど一番先方にとってメリットがあったのが僕の成功体験のみを踏襲して、失敗を避けたこと。お金をかけずにネットショップを動かすことに専念したのだ。そのため広告費用などほとんど皆無で3年目には億に近い年間売上をいとも簡単に達成した。その頃の僕の年商は [続きを読む]
  • 川崎発 若きクラフトマン 防水ピルケース
  • 川崎で親子3代、55年の歴史を刻むタッピングや旋盤加工の老舗 渡辺製作所、通称NABESEI渡辺さん(写真左)はテレビ東京の人気情報番組ワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」に出演、大豆選別機 YOJINBOの企画製造に取り組む新進気鋭の職人さん。今回NABESEIをささえる若きクラフトマン片山さん(写真右)と渡辺さんに企画を持ち込んで1年がかりで完成させたアイテムがこちら渡辺製作所 ピルケース 防水 密閉型 ステンレス製 [続きを読む]
  • ネットショップなんかやめなさい ! 拾う神編
  • ある時期都内でメーカーの立場にいるイギリス人と大阪人と中国人に出会った三人とも僕のネットショップに興味を持ったそして取引が始まった三人の予想に反して僕からのオーダーが定期的に入るので三人は笑みを浮かべながらありがとうと言ったある時ネットショップを作りたいと相談を受けたお人好しの僕はタダかタダ同然のギャラでノウハウを教えた気がつくと僕のお店に卸すより自分で売る方が儲かると考えた三人はなにかと理由をつ [続きを読む]
  • 徳島脇町発 えっ、耳かきが4320円
  • 当ブログでは3回目の登場です。時代屋さんの本煤竹で作った耳かき金4320円也が売れ続けている。ブログのおかげ?→いや、違うな。今日もお母さん(竹海先生の奥様)に電話して100本のバックオーダーをいれました。今、師匠は数百万円もする阿波踊り人形300体贈答品の制作に没頭しているので、納期は未定。僕の知らないうちにAmazon Choiceのマークが商品ページに出現★いったいどのような基準でえらばれたのだろうか?まぁ、いいや [続きを読む]
  • 脳梗塞から1年が経ち、元気にしています。
  • 忘れもしない去年の7月8日自分の意志とは関係なく右へ右へと、クルクルと回り立ち上がることさえできないというまさか、まさかの急性の脳梗塞にかかってからちょうど1年が経ちました。2週間程で退院後遺症も残らず今では普通の暮らしに戻り、仕事に励んでいます。再発したら「みんなにまた迷惑かけるかも」と言った不安も時間とともに解消。1日5~6缶も飲んでいた缶コーヒーさえ、今では砂糖水にしか思えないほどに。体重も82kgから [続きを読む]
  • 英カンフォース発 ピザのように作る 世界にひとつだけの靴べら
  • リッチボーイは「ニッチな商品」にお客さんが集う雑貨店。そんな中から英国のカンフォースという街で熟練の職人が丹精込めて1749年からコツコツと作り続けている「アビホーン」の靴べらをご紹介。高温の窯で焼き上げて作られる工程はまるでピザ作りを彷彿させてくれる。ピザの焦げ目が均一じゃないようにこのシューホーン(靴べらのこと)も1点1点表情が異なるのだ。たまにこだわりが強いお客さんから1:白色でお願いします2:できる [続きを読む]
  • ネットショップなんかやめなさい!こんなことがありました編
  • ネットショップを運営している諸氏にあえて伝えたいことがある。 「ネットショップなんかやめなさい!」こう言われて、ドキッとしませんか・・・顧客へのサービスやモールへの忠誠にばかり気を取られて、赤字で販売していませんか?〜最近あるモールでこんなことがありました〜夏になるとよく売れ、この時期以外でも普通に売れ続けている〇〇〇があります。5月のある日、競合他社が現れ、価格を数時間ごとに10円ずつ下げ続け気が [続きを読む]
  • ネットショップ 2018年は波乱の年
  • オンラインショップを始めて早いもので16年。予想通り、ネットショップ同士の潰し合いはもちろんメーカーが運営するネットショップと専業との陣地の奪い合いが激しさを増してきた。さらには、これまで高見の見物をしていた胴元のショッピングモール間の激突も始まった。激安、送料無料、ポイント10倍、あす楽を代表とする翌日配送など店舗に大きな負荷をかけ続けけてきたモール企業が今度は自らポイントを負担するイベント合戦を多 [続きを読む]
  • 続 時代屋さんの耳かき
  • 以前プログでも紹介した時代屋さんの耳かきがコンスタントに売れ続けている。アマゾン耳かきランキング1位の商品が匠の技 煤竹 耳かき2本セット 380円対して我が方の耳かきは?? 阿波の名工 時代屋 本煤竹 耳かき 4320円 ??1本あたり20倍の価格差があるにもかかわらず掲載から半年で80本ほど売れています。一時、ランキングが36位まで上がったもののまさかここまで受注が伸びるとは想定外だったため僕らの商いではよくある一 [続きを読む]
  • 脳梗塞はコワイのだ その3
  • 生まれて初めての入院、そして点滴。お見舞いに行くたびに大変そうだな、と思っていた点滴に全く違和感もなく、逆に心地良ささえ覚えてしまったのは血管のドロドロが徐々に洗浄されていったからなのだろう。年末急にお風呂の浴槽が流れなくなってTOTOのホームページを見ながら深夜まで悪戦苦闘の末、結局直すことができなかった後ふと、点滴のことが頭をよぎって「やっぱり専門家に頼もう」ダメ元でサービスセンターに電話したとこ [続きを読む]
  • 脳梗塞はコワイのだ その2
  • なぜ脳梗塞になったのか僕の実体験をお話しします。あの頃を振り返ってみると、会社の業績のことが頭から離れなくて数ヶ月の間、深夜2時から7時頃まで毎日のようにパソコンの前で2部の時間帯でも仕事と時間に追われていた。昼夜逆転生活ながら12時まで寝ていたので睡眠時間は5時間取っているから大丈夫とタカをくくっていたのだと思う。それだけならまだよかったのだけれど、深夜に起きていると無性にお腹がすくので、ベッドの中で [続きを読む]
  • 脳梗塞はコワイのだ その1
  • ブログを始める時、心に決めたのが定期的に綴ること。7月のある日、その掟を破ることになる出来事があった。まさか急性の脳梗塞になるとは僕自身、思いもよらなかった。あの日から半年が過ぎようとしている今年のお正月。幸いにも発症してから3、4時間で病院に運ばれて、応急処置をしていただいたので12日間だけの入院で無事帰還。後遺症が残ることなく、今は仕事にも復帰できました。日本人は救急車を呼ぶ時、躊躇してしまう人が [続きを読む]
  • 阿波の名工 藤澤竹海の耳かきで、うだつをあげる
  • 徳島県・脇町のうだつの街に竹細工の工房兼お店を構える時代屋さん。店主の藤澤竹海さんは阿波の名工に認定された知る人ぞ知る職人さんなのです。多忙のなか、オリジナル企画を快く引き受けていただいた「謹製 耳かき」がアマゾンの耳かきランキングでも100位以内と大健闘。※今日は84位昨日増産のお願いをした 最高級 耳かき 本煤竹 匠の技 藤澤英文(号 竹海)謹製 刻印入り 18cm 下記店舗でご覧いただけます。リッチボーイAmaz [続きを読む]
  • 小京都 岡山県真庭市勝山探訪、本物の暖簾は割れている!
  • 僕のお店で「暖簾(のれん)」はよく動くアイテムのひとつです。年間平均で1000枚位は売れています。発売当初、周りの人に「家にのれん掛けてる?」と聞いても、カーテンならあるけど、のれんって何・・・という返事がほとんど。いったい誰がどんな風に使っているのか、販売している当事者にもかかわらず疑問は膨らむばかり。そこで、暖簾(のれん)の用途を調べてみると、インテリアのアクセントなど装飾以外に間仕切りや目隠し用 [続きを読む]
  • 愛犬 愛猫の小さなお墓 クリメイション アクセサリー
  • クリメイション・アクセサリーという言葉を聞いたことがありますか日本では馴染みが少ないのですがアメリカでは多くの人に愛用されている遺骨・遺灰を収納するアクセサリーなのです。1961年生まれの僕の世代は家族の誰かが「お墓を守る、維持していくのは当たり前」のように育てられてきましたが、最近は葬祭の簡素化が進んでいて、同世代でもお墓を作らない人が年々増えています。ちなみに僕の知人でも何人かが仏壇の横に骨つぼを [続きを読む]
  • アマゾンの大きな壁を見上げながら思うこと
  • アマゾンが宇宙戦艦ヤマトなら僕の会社は小さなイカ釣り漁船のようなもの。ここ数年間相性の良かったアマゾンでの販売も厳しい局面を迎えている。その大きな理由はメーカーや輸入代理店からの仕入れ商品で、良く売れている、あるいは今後売れそうな新しいものは大半がアマゾン直販部隊が最安値で陣取っているからである。何度もチャレンジしたものの同じ商品を扱うとどこをどうやっても売れば売るほど赤字になってしまう。顧客満足 [続きを読む]
  • 喫煙マナーの最適化 おしゃれな携帯灰皿
  • 今から10年程前、JTが喫煙マナーを守るために携帯灰皿の一大キャンペーンを仕掛けたときのお話です。僕のお店でもCMに登場した商品からオロビアンコ、グレンロイヤル、ブッテーロなどのブランドまで相当なアイテムを販売、月の売り上げの30%程度のシェアを1年近く占めた時期があります。おそらく携帯灰皿売り上げでも全国のオンラインショップでベスト10に入っていたのではないてしょうか。しかしながら携帯灰皿ブームの衰退は早い [続きを読む]
  • 旅行の裏技 おしゃれな使い捨てスリッパでプチ贅沢気分
  • 僕は体が大きいほうなので旅行や出張の際、飛行機の狭いシートに閉じ込められるは大きなストレスを伴います。ましてや海外への長旅になると足腰の負担は半端ありません。仕事上、朝一の便で羽田~徳島空港で拾ってもらって瀬戸大橋を渡って明石工房入り、その後徳島に戻って夜間ミーティング開催・・・といった慌ただしいメニューを年に5回ほど強行するのですが、翌日のたった1時間弱の帰りのフライトでもシートに腰を掛けるだけで [続きを読む]
  • ブログはビジネスの羅針盤
  • SNSをどちらかというと避けてきた僕がシコシコとブログを書いている姿を周囲の誰もが想像できないと思う。最初の3話までは何を書いていいのか全くわからず2時間以上書いたり書き直したり悪戦苦闘して、10数年前にやめた楽天市場のメルマガ、当時義務感で出していた頃の嫌な感覚が頭を過ってしまった。じゃぁ、なぜ今ブログを書く、あるいは書けるのかというと、今僕が扱っているおよそ3000品目の商品たちを思い浮かべながら1点を選 [続きを読む]
  • ごろ寝の達人 イグサ枕 涼感 籐枕 幅約30cm×奥行約18cm×高さ約12cm
  • 本日現在51位、ジワジワとアマゾン・枕ランキング上昇中のこのイグサ枕は、バリ島でお馴染み、インドネシアからやって来ました。今年で発売4年目ですが、6月半ばから動きが加速。通気性が高いメッシュ構造と適度な高さと硬さを備えていて、しかも蒸れにくいのが特徴です。僕自身もそうなんですが、枕選びは本当に難しいものです。余談ですがサラリーマン時代の約20年程前、15000円もするにもかかわらず大ヒットしたドイツ製のブロ [続きを読む]
  • 徳島の竹職人 士心庵のバンブー ウォッチスタンドが渋すぎる
  • 僕のお店では腕時計はほとんど扱っていないのですが、プラスチック製のウォッチスタンド3個セットは毎年500セットほど売れた人気商品でした。(現在は生産中止)安価な中国製で商売としては良かったのですが手に取るたびに「こんなチープなウォッチスタンドだと、ディスプレイされる高級時計が可哀そう」そんな勝手な想いをずっと抱いていたところ、海外進出プロジェクトに参加いただいている士心庵さんなら作ってくれるかも・・・ [続きを読む]
  • 夏の寝苦しさから解放! 涼感 VS 接触冷感 あなたならどっち?
  • 蒸し暑い夏を快適に・・・こんなキャッチフレーズで夏の寝具をおすすめしてきました。ニトリさんの店頭では今年は接触冷感の売り場が主役の模様です。僕はこれまで通りソフトな涼感寝具で攻めたかったのですが、多くのメーカーさんが接触冷感を押すため涼感タイプが入手しにくく接触冷感も取り扱うことになりました。何が違うのかというと、ネーミングのとおり、肌に触れた瞬間から冷んやり感じるのが接触冷感タイプ。Q-max0.287( [続きを読む]