decora さん プロフィール

  •  
decoraさん: 洋書のインテリア
ハンドル名decora さん
ブログタイトル洋書のインテリア
ブログURLhttps://www.decorative-books.com/
サイト紹介文古い洋書や海外の写真集をコーディネートしたブックディスプレイをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2017/06/21 23:14

decora さんのブログ記事

  • ワイヤーバスケットに本を入れたディスプレイ
  • 100均で購入できるワイヤーバスケットと色焼けした古書で作る「モダンアンティーク」な本のディスプレイをご紹介します。写真のワイヤーバスケットは、エスニックスタイルのエレメントに用いられることが多いラタンやウォーターヒヤシンス、アタなどの原料で作られた暖かみのあるバスケットとは違い、金属製でモダンなイメージですが本との相性は抜群で、ワイヤーバスケットに本を詰め込むだけで簡単にお洒落なブックディスプレイ [続きを読む]
  • クリアケースを使った本のディスプレイ
  • 100均で手に入るクリアケースを使った本のディスプレイをご紹介します。古い本の上に透明なアクリルケースをかぶせるだけの簡単な方法で、色々な小物をデコレーションしやすくなり、高級感のあるブックディスプレイにスタイリングすることができます。透明なアクリルケース今回のブックディスプレイで本以外に必要な物は、透明なアクリルケース。100均で手に入るもので十分ですが、本の大きさなどによっては100均の商品にない物も [続きを読む]
  • 失敗しないギャラリーウォールの作り方
  • 失敗しないギャラリーウォールの作り方をご紹介します。シンプルなアートを1枚飾るにしても、なんとなく飾るのではなく、簡単なポイントを意識してスタイリングすることで生活感のないスタイリッシュな壁のインテリアに仕上げることができます。高さギャラリーウォールを作るのに重要なポイントは「高さ(飾る位置)」を意識することです。基本的にはアートの中心部が床から142〜152cmの位置にあたる高さがベストですが、天井が低 [続きを読む]
  • 羊皮紙装のアンティーク洋書
  • ヨーロッパの古書店で仕入れた珍しい羊皮紙装のアンティーク洋書をご紹介します。羊皮紙装の古書を現地では「ペルガミーノ」と呼びます。発刊年が古い本が多く、大変希少で海外でもなかなか手に入り難いアンティーク洋書です。羊の皮で作られた表紙の色味や独特のフォルムは背表紙に凹凸のあるアンティーク洋書とも違っていてオシャレ。表紙の質感は乾燥した豚の皮のような肌触りでしっかりとした作りになっています。このペルガミ [続きを読む]
  • ダミー本と本物のアンティーク洋書の違い
  • 高層書架などを飾る際に重宝されるオシャレなダミーブック(ダミー本)と本物のアンティーク洋書の違いを写真で詳しくご紹介します。今回ご紹介するのは100均のブックボックスやネット通販で買える箱型のダミーブックではなく、Replica Booksのブックカバーデザインを上質紙にプリントしたダミーブックペーパーです。部屋のインテリア写真やDIYの実例写真が投稿できるアプリでも人気の白黒(モノトーン)ダミーブックではなく、今 [続きを読む]
  • 本物のアンティーク洋書が1冊50円からレンタルできる
  • 装飾品におしゃれな本物のヨーロッパ古書が【1泊1冊50円〜】で借りられるデコラティブブックス専門店「Gossa Books」の洋書レンタル。オンラインショップでは普通に購入することもできるディスプレイ洋書ですが、用途や予算などによっては買うよりも借りた方がいい場合もあります。洋書レンタルのメリット一定の期間だけディスプレイ洋書が必要な人には特に便利な洋書レンタルのメリットをご紹介します。1冊の値段が安い基本料が1 [続きを読む]
  • 簡単なDIYで作る洋書の本棚セットがある撮影スタジオ
  • ヨーロッパの古い洋書がびっしりと詰め込まれた本棚セットのあるアンティークスタジオをローコストで再現するDIYアイデアをご紹介します。ヨーロッパのアンティーク家具や豪華なモールディングなどの装建材で仕上げられた洋館・迎賓館・城・屋敷の書斎や書棚、雰囲気の良い古書堂や書庫、豪華な本棚がセットされた社長室や応接室など、シチュエーション重視系の撮影スタジオには古い洋書の書棚やアンティーク洋書の撮影小物が欠か [続きを読む]
  • 100均の本型小物入れ(ブックボックス)と洋書の違い
  • お部屋のインテリアとしてもオシャレで人気がある本型収納。「飾るだけなら安い方が断然いい!」とお思いの方にも是非見てもらいたい100均の本型小物入れとヨーロッパから仕入れた本物のアンティーク洋書の違いを写真で詳しくご紹介します。本型小物入れとは?本型小物入れとは、ブックボックスと言われる本型の箱(ケース)のことで、多くの場合、欧米の本(古い洋書)をイメージしたデザインで作られています。形状フタを開くと [続きを読む]
  • 洋書の装幀(装丁)
  • デコラティブブックスとして使う古い洋書の装幀(装丁)の種類と基本的な知識について詳しくご紹介します。書物の歴史は古く、本が巻物から冊子に変わったのは4世紀後半と言われています。インテリア本として活用する古い洋書に関しても装丁によって材質感(テクスチャー)に違いがありますので、こちらではGossa Booksで取り扱いのある本を中心とした装幀(装丁)について詳しくご紹介します。革の表紙海外の映画などで目にする西 [続きを読む]
  • インテリアスタイルの種類と知識
  • トレンドに左右されない基本的なインテリアスタイルの種類と知識について詳しくご紹介します。ナチュラルスタイルとは?モダンスタイルとは?ヨーロッパ・アンティークスタイルとは?北欧スタイルとは?カフェスタイルとは?カントリースタイルとは?エスニックスタイルとは?ナチュラルスタイルとは自然素材のエレメントをプラスした内装のことです。ナチュラルスタイルのインテリアというと古民家など、木造住宅の内装をイメージ [続きを読む]
  • カラーコーディネートの知識
  • 本を飾る時にも役に立つカラーコーディネートの基本的な知識について詳しくご紹介します。色相環とは?カラースキームとは?色の組み合わせとは?基本的な色の知識色は、光の波長の違いによって赤・橙・黄・緑・青・紫というように知覚されます。 赤 → 橙 → 黄 → 緑 → 青 → 紫 波長が長いほど、目から脳へ信号が伝わるのにエネルギーが必要になり、一番エネルギーが必要とされる赤は興奮や警戒を感じ、波長が短い青や紫は落 [続きを読む]