障がい児トレーニング さん プロフィール

  •  
障がい児トレーニングさん: 障がい児教育の効果
ハンドル名障がい児トレーニング さん
ブログタイトル障がい児教育の効果
ブログURLhttp://ebi353.blog48.fc2.com/
サイト紹介文言葉の遅れ、知的障害、発達障害、ダウン症、自閉症等の障害を軽くする為のトレーニングをしています。
自由文諦めないで、お父さん、お母さん!一人一人に適した教育を受ける事によって、障害は軽減されます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 302日(平均3.3回/週) - 参加 2017/06/23 23:34

障がい児トレーニング さんのブログ記事

  • 知性が向上して、言葉が出てきました。知的障害10歳
  •  幼児期に知的障害と診断されました。当所に来られた初めの頃は、それまでご両親がいろんな療育を受けさせ、家庭でも沢山のカードを使って最大限の努力をしていたにも関わらず、言葉は、全く理解できず、勿論、発語も言葉の模倣も全くない状態でした。ご両親が何を話しかけても、全く聞こえていない様な様子でした。 そんな状態から、運動と知性を高める為のトレーニングを始めました。最初は、進歩が見えにくかったのですが、少 [続きを読む]
  • 言葉の理解が良くなってきました。発達障害5歳
  •  言葉の理解が良くなってきました。以前は、知っている物でも、「〇〇持ってきて。」と、言葉だけで言っても、全く反応ありませんでした。それが、言葉の理解を促すトレーニングを続ける内に、「〇〇持ってきて。」と、言うと、知っている物は、言葉だけで持ってくる様になりました。発語は、まだですが、一歩ずつ確実に能力は、向上しています。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • ことばの模倣が上手になってきました。発達障害6歳
  • 以前は、ようやく音声が出ていましたが、言葉の模倣は出来ませんでした。言葉を発達させるためのトレーニングを続ける内に、言葉の模倣もできる様になってきました。パン、ママ、ミカン、パイ(ナップル)、ワンワン、うしなどを直ぐに模倣できます。 今後、ますます言葉の模倣が増え、一人で言葉を話せる様になるのが楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 言葉が発達しています(発達障害5歳)
  •  最初の頃は、言葉の理解も低く、言葉の模倣も発語も全くない状態でした。音声は出ていましたが、音声の真似もできませんでした。そんな状態から、言葉の発達を促すためのトレーニングを続けるうちに、言葉の理解が向上してきました。以前は、「お手手どこ?お目目どこ?口は?」などと尋ねても、ボ〜ッとしていました。 トレーニングを数ヶ月続ける内に、これらを尋ねると、手を差し出したり、目のそばを指で抑えたり、口を指で [続きを読む]
  • 立ち上がりました。ダウン症6歳
  • 当所に来られた最初の頃は、生まれてからいろんな療育を受けてきましたが、お座りまでしかできませんでした。足は、ぴーんと伸びたままで、足が伸びたままで尻餅をつくような格好で座っていました。 そんな状態から、運動と知性を向上させるトレーニングを続けるうちに、少しずつ膝を自分で曲げて座るようになっていました。そして、遂に座った状態から、一人で立ち上がりました。ヤッタ〜!!ヤッタ〜!!!脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 言葉が発達してきました。発達障害症4歳
  •  最初の頃は、言葉の理解は、ある程度発達しており、「バイバイは?」というと、バイバイの手を振り、「こんにちわして。」というと、膝を曲げて頭を下げることができました。しかし、発語は、全くありませんでした。 そんな状態から、言葉を発達させるためのトレーニングを続けるうちに、最近、言葉の模倣をするようになってきました。パン、ごはん、バイバイ、はい、いや等の言葉を話すことができるようになりました。 これか [続きを読む]
  • ミュージアムに行けました。ダウン症3年生
  • 以前は、多動で癇癪持ちでした。最近、多動がかなり軽減し、癇癪も軽減し、落ち着いてお母さんと一緒に歩くこともできる様になってきました。そして、少しだけですが、待つこともできる様になり、お母さんの指示も通りやすくなってきました。以前は全く考えられなかったのですが、試しに、お母さんと二人で電車に乗ってみると、おとなしく電車に乗って来れました。最近では、お母さんと二人でアンパンマンミュージアムに行って、と [続きを読む]
  • 情緒が安定してきて、言葉の理解が良くなりました。自閉症4歳
  • 最初の頃は、言葉が全く分からず、情緒不安定でしょっちゅう泣いていました。特に理由もなく泣き出したり起こり出したりするのですが、ご機嫌の良い時に、なるべく本児の好む絵を見せたり写真を見せたりしながら言葉を教えていくと、少しずつ言葉を理解できる様になってきました。同時に、回を重ねるごとに泣くことが減ってきて、笑顔も見られる様になってきました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 一人で立てる様になりました。ダウン症6歳
  • お母さんは、これまで、療育にも熱心に通っておりましたが、一人で立つことができませんでした。物に捕まった状態から座るときも、膝が曲がらず、膝を伸ばしたままで腰を下ろしていました。言葉もほとんど喋れませんでした。 そんな状態から、当初のトレーニングを始めました。運動と知性を向上させる為のトレーニングを続ける内に、運動能力も少しずつ向上してきて、つかまり立ちができる様になり、最近は、一人で立てる様になっ [続きを読む]
  • 言葉の模倣ができる様になりました。ダウン症4才
  •  お母さんは、これまで言葉が出る様に精一杯の努力をして来られました。いくつかの療育を受けさせたり、お母さん自身も沢山のカードを見せたりして大変な努力をして来られました。 しかし、当所に来られた最初の頃は、言葉はほとんど理解できず、パパパの他は、はっきりしない音声がようやく出る程度でした。まだ、言葉に目覚めていない様子でした。 そんな状態から、言葉を理解できる様にトレーニングを始めました。2ヶ月もす [続きを読む]
  • 普通学級でついていっています。ADHD5年生
  • 3年生の時に、学校の勉強についていけなくなっており、普通学級と支援級と両方に在籍していました。特に算数は、全く解らないので、大変に負けず嫌いの本児は、算数の授業が全く解らないというストレスもあって、算数の授業は、支援級に駆け込んでいました。他の教科もついていけず、国語のテストでも、質問を読まず、質問とは全く違う事を書いたり、「わかりません」と、大きく書いて出していました。 当所に来られる様になって [続きを読む]
  • 言葉の理解が発達してきました。発達障害4歳
  • 最初の頃は、言葉が全くわからず、言葉の無い世界で生きていました。名前を読んでも知らん顔。知っているはずの物を、「持ってきて。」と言っても、知らん顔でした。 そんな状態から、言葉を理解出来る為のトレーニングを続ける内に、少しづつ言葉を理解出来る様になってきました。名前を呼ぶと、「は〜い」と手を上げる様になりました。少し離れた所にある電車のおもちゃを「電車、持ってきて。」と言うと、言葉だけで持ってくる [続きを読む]
  • 多動が軽減しています。発達障害4歳
  •  以前は、多動があり、どこにも行ってもじっとしているのが苦手で、教室でも椅子に座ることもできませんでした。強制することは全く無く、少しずつ集中する時間が多くなってくると、次第に多動も軽減してきました。教室で多動が軽減してくると、他のところでも、多動が軽減してきました。療育施設でも、落ち着きが出てきたと褒められる事が多くなり、風邪をひいて医院に行っても、以前は、ちっともじっとして待てないので、待合室 [続きを読む]
  • 言葉が出てきました。ダウン症6才
  •  言葉が、ほとんど出ていなかったのですが、言葉の理解と発語を促すトレーニングを続ける内に、言葉の理解が随分と良くなり、そして、いろいろな言葉を真似して言える様になってきました。りんご、パン、みかん、いちご、(スイ)カなどを言える様になっています。 同時に、言葉による話しかけに対して、言葉かけだけで行動できる事が多くなっています。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 抑圧されると癇癪が酷くなります。自閉症6歳
  •  3月に入ってから、落ち着きがなく癇癪が酷くなっています。支援施設の卒業式のリハーサルがありました。リハーサルがあった日に、当所のレッスンがありましたが、今回特に癇癪が酷く、部屋に入るや否や奇声を上げて怒って走り回っています。 お母さんに尋ねると、卒業式のリハーサルの間、じっと座らせなければならず、じっと座っている事が苦手な本児は、施設の保育士さんに、ずっと長時間動けない様に羽交い締めの様な格好で [続きを読む]
  • 言葉が出てきました。自閉症6才
  •  最近まで、全く言葉が出ませんでした。4才までは、音声も、泣き声しか出ませんでした。そんな状態から、解りやすい絵も使って、沢山の言葉を、遊び感覚で教えてきました。 そうする内に、言葉の理解が深まり、さらに、言葉の発音を真似するようになり、発語も出てきました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 酷い癇癪が軽減しました。自閉症4歳
  • 最初に来られた頃は、癇癪が酷くて、家でも、療育センターでも、外出しても、しょっちゅう癇癪を起こしていました。お母さんは、本児をつれて買い物に行くことなど考えられない状態ですでした。 当初でも、初回は、何とか部屋に入ったものの、部屋の隅で特にさしたる理由も無いのに怒り泣きしている時間が長かったです。しかし、2回目からは、部屋の隅で怒り泣きするのはなくなり、いろいろな運動や知性を育てるプログラムを少し [続きを読む]
  • 多動が軽減してきました。発達障害4歳
  • 最初の頃は、注意散漫で多動でした。カードを見ても1分か2分も見たら、もう、その場から動き出していました。かといって、他に自分がやりたいことがあるのでは無く、只只しょっちゅう動き回っていないと気がすまないのです。 落ち着いて座っていないとできないパズル等は、全く出来ない状態でした。 そんな状態から、トレーニングを始めました。最初は、超多動で、動き回らないと気がすまないので、ウロウロ動いているのを止める [続きを読む]
  • 言葉が増えてきました。ダウン症6歳
  • 最初の頃は、言葉が全く出ていなかったのですが、言葉の理解と発語を促すようにトレーニングを続ける内に、少しずつ言葉の理解も良くなり、発語も出てきました。(み)かん、ごはん、バイバイ等はいつでも言えるようになりました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 3月は、情緒不安定になり易いです。
  •  3月になると、支援学校では、卒業式のリハーサルや本番の卒業式が、知的障害、情緒障害、肢体不自由、それぞれ別の日に卒業式があります。 そうすると、それまで大体決まっていた一日のスケジュールが変わってしまい、体育館が使えなくなり、学校の先生の様子や服装が変わったりします。 そうなると、一日のスケジュールをある程度覚えていて適応していた自閉症児などは、大変混乱します。スケジュールを覚えていない子どもに [続きを読む]
  • 言葉の理解が発達してきました。発達障害5歳
  •  発語も無く、言葉の理解もあまり発達していなかったので、言葉で指示してもそれに合う行動をする事ができませんでした。言葉の発達を促すトレーニングを続ける内に、少しずつ言葉を理解し始めました。 以前は、名前を呼んでも知らん顔でしたが、数ヶ月後には、名前を呼ぶと振り返るようになり、「こっちにおいで」というと、呼ばれた方に向かって来るようになりました。また、色々な絵の中で、「ごはんはどれ?」と尋ねると、茶 [続きを読む]
  • 癇癪が軽減しています。自閉症6歳
  • 最初の頃は、家でも療育センターでも癇癪が酷くて、周りの大人は、本児の癇癪が起こらない様に最大限の注意を払って、御機嫌を損ねない様に腫れ物に触るような接し方をしていました。 何も無くてもそれでも、1日に何回も癇癪を起して怒り泣きし、怒りだしたら1時間でも平気で泣き続けていました。さしたる原因が無くてもなくので、親御さんも療育の先生もどうしようもなく、医師からは薬を勧められて飲ませていました。それでも、 [続きを読む]
  • 知性が発達しています。発達障害5歳
  •  以前は、お話の筋を理解することが出来なかったので、絵本を読んでも、1〜2歳の子どもが読むような簡単な絵本しか見ませんでした。簡単な物語になっている絵本は、見せようとしても、振り払って拒否していました。 ところが、数ヶ月後に同じ絵本を見せると、以前のように振り払う事はしないので、お話を読んでいくと、絵を見ながら絵本の筋も少し理解できるようで、とうとう絵本の最後まで楽しそうにお話を聞きながら見ていまし [続きを読む]
  • 言葉が出てきました。ダウン症5歳
  • これまで、ほとんど言葉が出なかったのですが、言葉を発達させるように遊び感覚でトレーニングを続ける内に、言葉の真似をよくするようになり、発語も急に出てきました。ごはん、パン、うどん、バナナ、バイバイ、ピ(ーマン)、パ(イナップル)他にも沢山の言葉を話せるようになってきました。お母さんもとっても嬉しそうです。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 知性が随分成長しました。遺伝子障害1年生
  • 身体も小さいし、知性も情緒も、平均的な普通児に追いついてなかったのですが、小学校は普通学級で勉強させてもらいました。普通児の優しいお友達も何人もできて、みんなと遊ぶ時間が一番楽しいそうです。 1年生の学習内容は、普通児にとっては、簡単な内容だと思いますが、本児にとっては、とっても大変でした。それでも、学校の進度に合わせて、遅ればせながらも頑張りました。 結果的に、1年前よりも随分と知性は伸びています [続きを読む]