ぺんね さん プロフィール

  •  
ぺんねさん: 四十路女のぜんぶ吐きます。
ハンドル名ぺんね さん
ブログタイトル四十路女のぜんぶ吐きます。
ブログURLhttp://yosojionna.blogspot.jp/
サイト紹介文浮気症夫とムスコンな姑に挟まれて、元気盛りの二児の男児を育てる専業主婦による、吐き出し系ブログです。
自由文ほぼ毎日更新中!

http://yosojionna.blogspot.jp

家族の紹介

http://yosojionna.blogspot.jp/2017/06/profile.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 172日(平均1.0回/週) - 参加 2017/06/24 00:38

ぺんね さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 生活レベルを上げていった先にある苦労
  • お金をじゃんじゃん使っちゃう人って、癖ですよね。わたしも全然人のこと言えないですが、例えばうちのばーさんだったら、野菜やお肉を買う時は、わざわざそのスーパーやお肉やさんで一番高いやつを選んで買います。高いから品質が良い、品質が良いから美味しい、そういうことなのだそうで、これってまあ間違っちゃあいないかもしれませんが、なんというか思考停止?良いとか悪いとか分からないからとりあえず高いやつ買っとけみた [続きを読む]
  • ばーさんの借金
  • うちにはわりと唸るほどの借金があります。一つに住宅ローン、これがまだまだ先は遠く、ざっと2000万円以上は残っています。しかし、これとは別にもう一つ、頭を抱えたくなる借金がありまして。。。それがタイトルにも書いてある、うちのばーさんの借金なのです。ばーさんは女手ひとつでぺん太を育てるために、水商売をしておりました。しかもキャバ嬢とかホステスとかではなく、スナックの経営者として。その頃の話は飛び飛びで目 [続きを読む]
  • 驚きの結果!「宝くじ6億円当たったら会社辞める?」に半数が「辞めない」
  • 辞めないんですね〜世の中の人って。じゃあうちがもし6億円当たったら、どうしますかね?わたしだったら夫に仕事は。。。って考えた時、とりあえず「辞めて欲しく無い」自分がいます(笑わたし一人で生きてて、わたし一人で稼いでたら、絶対辞めます。でも、子供が二人、お金がかかる!前回の記事にも私立小学校の学費のこと書きましたが、とにかくじゃんじゃんお金が消えていくんですね。わたしも夫もお金があったらあっただけ、長 [続きを読む]
  • 子供に通わせている私立小学校の学費・かかる費用等の詳細
  • (年間一人頭)授業料:約490,000円学校納付金:約350,000円年間合計:約840,000円学校納付金には、修学旅行や遠足の積立、実習材料費や施設費、制服やPTA会費など諸々含みます。うちの場合は同じ学校に二人通わせているので、単純に2倍かかっています。真剣にもう後戻りできないぞという焦燥感にかられるほどの、負担の大きさですので、うちのような中途半端な稼ぎのご家庭は、よくよく考えてお子様の通う先の学校をお考えになら [続きを読む]
  • 子供を手なづけて意気がる姑に腹たつわたし
  • うちの子供二人は、ばーさんの虜です。ひたすら甘やかすスタンスのばーさんに、息子二人ともなつきまくり。ばーさんはばーさんの部屋があって、基本そこで過ごしていて、息子たちもばーさんの部屋でべったり遊んでいることが多いです。それはまあありがたいことで、わたしはわたしで家事に集中できるしいいのです、手がかからなくて。でもばーさんはたまに、わたしに、息子たちが母親であるわたしではなく、自分に懐いてくることへ [続きを読む]
  • お金持ちの子供に出すおやつ
  • 私立小学校に通う子供には、時々とんでもない金銭感覚の子がいて、このまま大人になるのか〜と微妙な気持ちにさせられます。長男の友達・金もっちゃま君(仮名)のことなんですが…親の口癖って子供にうつるんだな〜とぞっとさせられたんですが、話の脈絡はわかりませんが、子供たちが遊んでいる会話から「なんでも好きな物を買えばいいんだよ!」とか無邪気に言っているのが聞こえてきたりして、おいおいやばい感覚をうちの子に仕 [続きを読む]
  • すごくおしゃれでレトロな蓋つきゴミ箱衝動買い
  • ずっと家のキッチンに似合う、なんかおしゃれなゴミ箱ゴミ箱〜と探していたんですが、ついに見つけました!生ゴミなんかも一緒だから、絶対蓋つきが良いと思ってたんですけど、大きなサイズで蓋つきでおしゃれなデザインってなかなか無いんですよね〜でも見てください。タフゴミ箱 ダストボックス ふた付き 60リットル 連結機能 ゴミ袋ストッパー 60L ごみ箱 業務用 家庭用 台所 キッチン スタイリッシュ おしゃれ かわいい 蓋付き [続きを読む]
  • セッ●スできる母どころか、もはや母を望んでいる夫
  • わたしとばーさんの間で何かこじらせて衝突があった時、夫はやんわりばーさん側に付きます。みなさんはどうでしょう?姑と嫁なら旦那さんは嫁の味方をしますか?それともマミーが一番大事なんでしょうか?この間ばーさんに、子供達に出す料理の、野菜の品数が少ないわよ〜ってな風に言われ、そうですかね〜なんて言ってたんですが、今度は冷蔵庫を見て、庫内にこんなギチギチに食材を入れてると電気代の無駄よ〜とか言い出すので、 [続きを読む]
  • 松居一代さんはどうなりたいのか?ノートとバイ●グラとわたし
  • 私も浮気された人間です。(船越英一郎さんが理由はどうあれ別の女性と関係があったという前提で話しますが、事実無根だったらすいません)それも妊娠中とその後もう一回。だから、そういう事実を発見した時の、怒髪天を突くような怒りと、どうしようもない絶望感は、共感するところです。わたしと松井一代さんの状況や境遇はあまりに違うので、他の部分で照らし合わせて考えることはできませんが、とにかく悔しくてたまらないとい [続きを読む]
  • 金持ちママ友のランチ会、持ち寄り料理の失敗例
  • ママ友ランチ会の続きです。ランチ会の持ち寄り料理は気が抜けない儀式。一品用意してきてねと言われて一品だけ持っていくと皆もっと多く持って来ている場合があったり、カジュアルにと言われても全然ラグジュアリーだったり、安っぽい物見栄えの悪い物は恥ずかしいし、手の込んだものお金のかかりすぎている物は見栄を張っていると悪目立ちします。バランス感覚の試される場面で、ようはママさんたちの感覚の真ん中あたりを狙う、 [続きを読む]
  • お金持ちのボスママの豪邸で七夕ママ友パーティー会
  • 私立小学校に子供を通わせるママたちというのは、やっぱりちょっとくせ者が多いように感じます。といってるわたし自身も子供を私立小学校に通わせる母親の一人ですが・・・ママ友のランチ会がありました。結構あるんですよね、ハロウィンパーティーが〜とか、お誕生日会が〜とか、私立の学校って結構、その学校の関係者間の連帯感が強い傾向があるみたいで、下手すれば小中高と付き合いが続くということもあって、この付き合いをう [続きを読む]
  • 夫が浮気した時の姑の反応が最低だった件
  • わたしは息子が二人居ます。この息子が大きくなって、お嫁さんをもらって、そのお嫁さんが妊娠中という一番大事で、そしてパートナーの支えが必要な時期に、不倫をしたら、なんと息子とそのお嫁さん二人に声をかけるでしょうね。想像を絶することですが、少なくとも、姑のばーさんのようには、ありたくないと願います。ぺん太が一度目の浮気をした時、わたしは妊娠中でした。という話は詳しくはこちらをご覧ください。その頃は今の [続きを読む]
  • 不倫相手の実家で慰謝料をチラつかせて表情を凍りつかせてみた話
  • 一回目の浮気相手、麻里恵との対面を終えた一週間後くらいに、麻里恵の実家に夫を連れて訪れました。もちろん麻里恵も同席してもらって、ぺんね、ぺん太、麻里恵、麻里恵父、麻里恵母、という、最悪のペンタゴンを形成してちゃぶ台を囲み、異家族間会議が始まりました。麻里恵母がお茶を用意している間、麻里恵父からは開口一番丁寧に謝罪されました。「この度はうちの娘が大変なご迷惑をおかけして、誠に申し訳有りませんでした。 [続きを読む]
  • 夫の浮気相手と会って話し合うという、最高に楽しくないお茶でもする?
  • 妊娠中に夫の浮気発覚その後。浮気を夫のスマホを盗み見して発見したのは、出産後です。天使のような赤ちゃんに癒され、また世話にドタバタと格闘する日々に、疲労と充足を感じ、夫やその家族に色々と悩まされ、苛立たされたりもしながら、ストレスの高まる中にも、ふとした時に湧く幸福感を感じ、これが幸せな生活というものなのかな?と、不安の中にもそういう希望を感じていた矢先の出来事でした。夫を一通り攻め立てた次にわた [続きを読む]
  • 「このハゲーーーーーっ!」の豊田真由子元議員の語録がヤバすぎ
  • いや〜、凄い人も居たもんです。豊田真由子元議員。テレビやネットで公開されている彼女の発言内容、拾い集めてみるとこんな感じです。「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか?お前の娘にも危害が及ぶ」「タヒねば?生きてる価値ないだろ、もうお前とか」「このハゲーーーーーっ!違うだろーーー!」「お前の受けてる痛みがなんだ?!アタシの受けてる痛みが分かるか馬鹿野郎!!お前は…」「お前は私の心を叩いてる!お前は私の心を [続きを読む]
  • 四十路オンナの吐き出し系ブログ
  • このブログは、わたし”ぺんね”が日々思うことを書き付けるだけ書き付ける、本音吐き出し系日記ブログでござい。タイトル通り四十路のわたし、結婚して干支一周りを超えた辺りの、二児の男児の母親であり、一夫の男の妻である一人のオンナが、夫にも子供にも両親にも兄弟にもママ友にも知人にも、とても全部正直に吐き出しきれないようなアレやコレやを、匿名性を利用してこのネット上に、ブログという形でくそ正直に、本音のみで [続きを読む]
  • 過去の記事 …