かよ先生 さん プロフィール

  •  
かよ先生さん: 過食嘔吐の原因は、孤独という「たましいの傷」だった
ハンドル名かよ先生 さん
ブログタイトル過食嘔吐の原因は、孤独という「たましいの傷」だった
ブログURLhttps://ameblo.jp/hosokawakayo2/
サイト紹介文病院でも治らなかった方へ お一人で抱えずにどのようなお話でもお聴かせください
自由文病院でも治らなかった方へ
お一人で抱えずにどのようなお話でもお聴かせください
私が日々「取次師」として深い苦しみを抱える方に寄り添い
どこまでも親身に話を聴かせて頂いているのは
私自身が「絶対的な味方」によって20年続いた摂食障害を克服したからであります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/06/24 22:32

かよ先生 さんのブログ記事

  • 新刊『命、受けとめられて』について
  • ◆著者よりご挨拶◆「摂食障害と親子関係〜ありのままの気持ちを言葉にできなかった〜」私は金光教の取次師として日々お教会で、深い悲しみや苦しみを抱える参拝者のお話を聴かせていただいております。摂食障害の原因について、幼少期の親子関係が大きく影響しているということをよく耳にします。そしてそれは本当のことだと思います。私が日ごろ、摂食障害を抱える方のお取次をさせていただく中で感じていることは、親子関係に問 [続きを読む]
  • 摂食障害と親子関係「ありのままの気持ちを言葉にできなかった」
  • 摂食障害の原因について、幼少期の親子関係が大きく影響しているということをよく耳にします。 そしてそれは本当のことだと思います。 私が日ごろ、摂食障害を抱える方のお取次をさせていただく中で感じていることは、親子関係に問題があるといっても、親との仲が悪いというばかりではなく、むしろ親のことが好きで、愛されたくて、自分の気持ちを抑え込んできたという方が非常に多いということです。 例えば、家の中の緊張した空 [続きを読む]
  • 「愛されること」を知らないと、孤独は癒やされません
  • 孤独は、何かで紛らわせるものではありません。見ないふりをすればするほど、火山のマグマのように怒りとなって蓄積されていきます。そしていつか、目に見える難儀となって現れてきます。私の場合は「過食嘔吐」でした。 「愛されること」を知らないと、孤独は癒やされません。 こちらは「参拝は、孤独にならない稽古」と言われるひろのぶ先生のブログのご紹介です??↓↓****************************************************** [続きを読む]
  • たった一人でも、自分のことをわかってくれる人がいれば・・・
  • 取次師ひろのぶ先生のブログのご紹介です?? 「あなたが今辛いのは、「性格」の問題ではありません。あなたの性格を、ダメだと言う人がいるから、あなたの性格を、間違っていると言う人がいるから、あなたをわかってくれる人がいないからあなたをあなたがわかっていないから辛いのです」 *********************************************************■メールアドレスおひとりで悩まずにあなたの思いをぜひお聴かせください。ka [続きを読む]
  • 「悔しかったんじゃない、あなたは寂しかったんです」
  • こちらは美絵先生のブログです??本当の心の奥 親に味方をしてもらえず悔しかったという美絵先生に対し、お取次の先生が「悔しかったんじゃない、あなたは寂しかったんです」と言われるシーンが印象的です。 思えば、私にとっても「寂しさ」という感覚に気づくまでに何年もかかりました。感じることがこわかったのです。でも無かったわけではなかったのです。「寂しさ」はそれほど根深いものなのです。しかしその「寂しさ」をお取 [続きを読む]
  • 信じる怖さ 信じる強さ
  • 取次師美絵先生のブログです↓↓ パートナーに裏切られて、切って切って、血だらけになった腕。死にたい。もう誰も信じられない。それでも・・・ 「先生は決してあなたを傷付けない」という言葉を、疑いながらも信じていかれるシーンが、とても胸をしめつけられます。「変わりたい」「助かりたい」という強い気持ちがあれば、こわくても、立ち向かっていかざるを得ないことを思います。信じる怖さ 信じる強さ ****************** [続きを読む]
  • ブログのご紹介「心に傷を抱えて生きる人たちへ」
  • ブログのご紹介です??筆者のみえ先生(金光教杭瀬教会在籍)は過去、摂食障害や、身体中の自傷行為、リストカットをして救急車で運ばれたこともあるほど生きる事に苦しみ抜かれました。 そこから一人の取次師の先生と出会い、九死に一生を得、今度は自分が人の助かりのために生きたいと願うようなられました。ブログには、ご自身の助かりから、現在人助けのご用の中で思うことなどをつづられています(^_^)いま、苦しくて、死にたく [続きを読む]
  • いつも愛情を感じていたい
  • 去年、私自身のこれまでの体験を綴らせていただいた書籍「神さまのお広前で」が刊行されました。その後、嬉しい感想が続々届いています(^^)??  長崎県の男性の方から「この本をお守りにしてるんです」と言って、外出先から送ってくださったお写真なのです?  その他にも、中部地方の女性の方から「かよ先生のご本をお守りにしています。私も救いを求めています」という方や、  先日、東北地方の男性から「二冊買いました! [続きを読む]
  • 取次師 細川ひろのぶ先生のブログのご紹介です
  • 取次師 細川ひろのぶ先生のブログのご紹介です。ひろのぶ先生自身が、信仰によって暴力のない世界へ助けられた経験から、金光教教師(取次師)を目指し、金光教学院へ入学。現在は平戸教会で、悩み苦しむ方のお取次に専念されておられます(*˘?˘*)ブログのアドレスです↓↓↓↓↓↓ ?????????????????????????????? https://ameblo.jp/hiradokonko/entry-12372041783.html〜「暴力がない世界で」〜 [続きを読む]
  • 過去のブログのご紹介です「温かい光に導かれ(心の病からの助かり)」
  • 過去のブログのご紹介です。こちらには、私が心の病から救われ、そして取次師を志すまでの気持ちをつづっています? 温かい光に導かれ(心の病からの助かり)https://kamisamatosensei.blogspot.jp/ はじめまして(*^^*)私が摂食障害(過食嘔吐)・うつなどの心の病になったのは14歳。原因は寂しさでした(;_:)しかし19歳の時に私の親となって、話を聴いてくれ、愛情を注いでくれる取次師の先生と出会い、心が救われていきました。そし [続きを読む]
  • 【お問い合わせ】アクセス&相談窓口
  • お問い合わせは以下のリンクを ください(*^^*) 01.私が聴かせていただきます取次師のご紹介です。 02.平戸教会へようこそ参拝のご案内をいたします。 03.教会への交通アクセス住所、地図、宿泊予約についてご案内いたします。 04.お問い合わせ・相談窓口メールや電話でのお問い合わせ・相談窓口(無料)です。まずはご連絡ください。*********************************************************■メールアドレスおひとりで [続きを読む]
  • 01.私が聴かせていただきます
  • 私が聴かせていただきます取次師:細川かよ こちらはお教会にある「お結界」という場所で、日々参拝者の「お取次(金光教式カウンセリング)」が行われています。 私たち取次師はあなたの「たましいの親」となり、ありのままの気持ちを大切に聴かせていただき、深い愛情をもって受け止め、神さまに祈らせていただきます。 そして神さまが教えてくださる「無条件の愛情」をお伝えさせていただきます。これを金光教では「お取次 [続きを読む]
  • 02.平戸教会へようこそ
  • ①参拝のご案内についてお教会の玄関を開けると「お広前」があります。お願い事や日々のお礼の気持ちを神さまに祈らせて頂く場所です。 宗旨、宗派、国籍など一切問いません。また、服装や予約や受付などの決まりごとも一切ございません。どうぞありのままでいつでもご参拝ください。※参拝についての詳しいご案内です→https://goo.gl/xtbLS1 ②お供えについて 神様にお供えをなされる方は、机の上の封筒に、氏名と年齡を [続きを読む]
  • 03.教会への交通アクセス
  • 全国各地からご参拝、お問い合わせいただいております。遠方の方は、宿泊のお部屋もご用意させていただいております。お早めにご予約ください。平戸教会までの詳しい道順のご案内です→https://goo.gl/xtbLS1 〒859-5152長崎県平戸市鏡川町281番地7電話:0950-22-2789時間:開門午前6時〜閉門午後9時金光教平戸教会公式ホームページhttps://hiradokonko.themedia.jp/ ************************************* [続きを読む]
  • 04.お問い合わせ・相談窓口
  • 今月も多くの方からお問い合わせ頂いております(*^^*) ①メール相談窓口(金光教のお取次)kamisamatosensei@gmail.com※強引な勧誘やお布施強要等はございません※個人情報・お問い合わせ内容等を外部に洩らすことは絶対にありませんのでご安心ください※パソコンメールの受信拒否設定をされてる方は、返信が出来ませんのでご解除ください※氏名・年齢 ・お住いの地域・メールアドレス ・電話番号 (メールが送れなかった場合にショ [続きを読む]
  • 【ごあいさつ】もう、ひとりで悩まないで
  • もう、ひとりで悩まないで 摂食障害の原因について、幼少期の親子関係が大きく影響しているということをよく耳にします。そしてそれは本当のことだと思うのです。 といっても親との関係が悪いというばかりではなく、むしろ親のことが大好きで、親に愛されたくて、本当の気持ちを押さえ込んでしまっていることが多いように思います。 例えば、親に喜んでもらいたい、褒めてもらいたい、と思って勉強や習い事を頑張ったり、親を困 [続きを読む]
  • 【体験談】「安心して生活が出来ます」 Yさん 女性 30代 佐賀県
  • 「安心して生活が出来ます」 Yさん 女性 30代 佐賀県心が軽くなりました、肩の荷が下りた気分です? かよ先生話しやすいし、最高です。かよ先生と、出会えてから、安心して生活が出来ます??? 車の運転している時も、神さまが、かよ先生が、守って下さっていると、感じることができます。かれとの愛もビシバシ感じます。これも、目に見えないおかげだと思います。 **************************皆様 [続きを読む]
  • 【体験談】「今では何でも話すことができます」 Nさん 男性 30代 長崎県
  • 「今では何でも話すことができます」 Nさん 男性 30代 長崎県優しい笑顔で「よく来られましたね」と迎えてくださいました。 両親が嫌いだといった時に、怒られるかな、嫌な顔をされるかなと思ったら「聴かせてくれてありがとう」と優しく微笑んでくださり、私のこころに寄り添ってくださいました。 今では何でも話すことができます。私みたいに悩んでいる人におすすめしたいです。 ********************** [続きを読む]
  • 【体験談】「寝込むことが減りました」 Kさん 女性 70代 長崎県
  • 「寝込むことが減りました」 Kさん 女性 70代 長崎県 私は摂食障害ではないのですが、お参りさせていただきました。 一日中寝込んでいましたが、かよ先生に出会ってお取次をいただくようになってからは、寝込むことが減りました。 料理することがしんどくて毎食宅配弁当でしたが、今では自炊させていただいております。かよ先生のおかげで元気になりました。かよ先生ありがとう! ********************** [続きを読む]
  • 摂食障害の原因「両親に仲よくしてほしい」
  • 両親の仲が良くない場合、子どもはそのただならぬ雰囲気に、恐怖と緊張を感じます。そして「自分は捨てられてしまうのかもしれない」という不安にさらされ続けてしまうのです。 なぜかというと、子どもは「私が悪い子だから、私のせいでお父さんとお母さんは仲が悪いんだ」と感じるからなのです。つまり子どもは、夫婦仲が悪いことそのものが「自分に責任がある」と感じてしまうのです。 そんな子どもは、自分が愛されていると [続きを読む]
  • もう、ひとりで悩まないで
  • 摂食障害の原因について、幼少期の親子関係が大きく影響しているということをよく耳にします。そしてそれは本当のことだと思うのです。 といっても親との関係が悪いというばかりではなく、むしろ親のことが大好きで、親に愛されたくて、本当の気持ちを押さえ込んでしまっていることが多いように思います。 例えば、親に喜んでもらいたい、褒めてもらいたい、と思って勉強や習い事を頑張ったり、親を困らせてはいけない、迷惑かけ [続きを読む]
  • 摂食障害の原因「私の場合」
  • 親子関係において「ありのままで愛されている」という実感がもてない寂しさや虚しさによる「たましいの傷」が目に見える形となってあらわれたのが摂食障害だと思います。 私が摂食障害になったのは14歳(中学3年生)の時でした。最初は食べられなくなる拒食症から始まり、次第に食べては吐くという過食嘔吐を繰り返すようになり、それは33歳まで約20年続きました。私が「ありのままで愛されている」という実感がもてなかった原 [続きを読む]
  • 摂食障害からの回復「ありのままで愛されている」
  • 前回書かせていただいたように、親子関係において「ありのままで愛されている」という実感がもてない寂しさや虚しさによる「たましいの傷」が目に見える形となってあらわれたのが摂食障害だと思うのです。 ではどうすれば、寂しさが安心に変わり「たましいの傷」が癒やされるのかといいますと、その逆である「ありのままの自分が愛された」と感じられると、寂しさが安心に変わり「たましいの傷」が癒やされてくることになるので [続きを読む]