ばんび さん プロフィール

  •  
ばんびさん: ばんびの難関高受験〜2019年受験
ハンドル名ばんび さん
ブログタイトルばんびの難関高受験〜2019年受験
ブログURLhttps://ameblo.jp/banbi8888/
サイト紹介文偏差値35から73へ躍進中、国私立トップと都立トップを目指します。6Kから通う塾のエピソードも。
自由文備忘録ブログなので、文体がかたく、ひとつひとつの記事がやたら長いです。ご了承ください。
早稲田アカデミーに6Kからお世話になり、現在は特訓生。偏差値35→73の軌跡、塾の情報なども書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 304日(平均5.9回/週) - 参加 2017/06/25 12:06

ばんび さんのブログ記事

  • 必勝コース通信
  • 応援してくださった皆様へ たくさんのメッセージをありがとうございました。貴重な情報、アドバイス、もっとひどい体験談、応援メッセージ……お返事もできずにいるのに、毎日たくさんのメッセージに、その日一日を闘うエネルギーと支えになりました。皆様のお優しさに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。お一人お一人にお返事をしたいのですが、まだまだ学校とのやり取りが続きそうです。たいへん失礼なのですが、ここで [続きを読む]
  • 友だちって
  • 今日は友人の命日です。39歳のとき、友人は暴走車に轢かれて亡くなりました。彼女は公立中学の教師をしていましたが、公立中学の現場に絶望し、退職しました。苦労して就職したのに。彼女ならきっと、いっしょに怒って泣いてくれたのだろうなと、7年前を思い出します。ゆかさん、というママ友がいました。子ども同士は仲良しでしたが、親同士はそれほどといった関係でした。娘のイジメが発覚したとき、たまたま学校のPTA活動で [続きを読む]
  • ⑦ 第2ラウンド
  • たくさんのメッセージありがとうございます。ぜんぜん返信できていなくて、本当にごめんなさい。一つ一つ読ませていただき、うんうんと頷きながら、胸にしまっています。ありがとうございます。ーーーーーー今日は、2回目の話し合いでした。校長は、前回の話し合いで「1週間頑張ってみて、それでも怖いならクラス移動させる」と約束しました。レコーダーに録音もされています。娘はその言葉を命綱として、頑張ってきました。わ [続きを読む]
  • ⑥新たないじめ
  • 娘は月曜から、別室登校をしています。 トラウマの扱い方、フラッシュバックの対処の仕方、心のモニタリングをすること、早めに危険を察知すること、助けの求め方、ノーと我儘の違い、人間関係のこと、社会のこと・・・ 時間をかけて、娘とゆっくり話すことで、前向きになり、自分で努力できることはやってみると約束し登校しました。娘は初日から別室ではなく、教室へ登校しました。 問題児Aはかなり厳しく指導されたようで、娘 [続きを読む]
  • ⑤第1ラウンド
  • 朝8時半、校長室で話し合いが始まりました。学年の先生3人と管理職2人。 私たち夫婦は娘を真ん中に挟んで席につきました。 夫は、前以て娘に「しんどいかもしれないが、踏ん張れよ。ごめんな」と声を掛けました。 自分を守ってくれると信じている学校、先生、尊敬する校長が、自分を見放すと発言することに、娘はどれだけ耐えられるのか。強い気持ちで、助けてくれと叫ぶことができるのか。 まず、いじめの認定作業。深夜に急 [続きを読む]
  • ④校長との一騎打ち
  • たくさんの方々から応援のメッセージをいただいているのですが、体調が悪くなってしまい、お返事できていません。ごめんなさい。全て読んでいます。心の支えとなっています。ありがとうございます。今回の記事までは頑張って記録したので、このあとしばらくあくかもしれませんが、先週の土曜日に起きたことまでアップします。ーーーー 夕方、仕事から帰宅した夫は、私の話を聞くと、すぐに校長の携帯電話にかけ、話し合いを始め [続きを読む]
  • ③管理職との交渉
  • 翌日(土曜日)の昼頃、自宅に副校長から電話がありました。 クラス移動か!? と期待していたら、なんと、はじめから全部事情を説明しなおさないといけないことになりました。 いったい現場の教師は、どのように管理職に伝えたのか。ほうれんそう能力を疑います。脳みその中ほうれんそうか? 仕方がないので、副校長に一から説明するも、「へ〜」「ふ〜ん」「そ〜おなんですかあ〜」と気の抜けた返事。 事態の深刻さが全く伝わ [続きを読む]
  • ②学級担任と学年主任との話し合い
  • 実は、問題児二人とは、中2の時点で大きなトラブルになっていたのです。 問題児Aは、クラスが違いますが、問題行動ゆえに保育園時代から親子そろって周囲に距離を置かれているため、Aは友人がいない。特に小学校高学年のころは、追い回し行動でクラスメイトたちを何人か抑うつ状態にし、緊急保護者会を開いたりなど、手の付けようのない子でした。ただこの時点では、わがままが過ぎるという程度のことだったので、娘は拒否する [続きを読む]
  • ①事の発端
  • 問題のはじめから、綴っていこうと思います。長い物語になります。問題行動を起こし続ける子を「問題児」とあえて表現します。ご了承ください。 新中3の始業式の日。娘は帰宅するなり、泣きだしました。 理由を聞くと、新クラスに、地元では有名な問題児が二人もいること、いじめ首謀者が二人もいること、自分の仲良しは一人もいないこと、でした。 私は名簿を見て、まあ確かにそうかもしれないが、さほど深刻になるようなこと [続きを読む]
  • お礼とお知らせ
  • 娘のことで、多くの方々にご心配いただき、励ましや経験談などのメッセージ、コメントの数々、本当に本当にありがとうございました。 学校のミスで起きてしまった悲劇なのに、態勢優先、娘を切り捨てようとする学校長に激しく失望しました。 でも、娘は自分の人生をあきらめたくないと言ったので、夫婦で闘う日々。逃げずに踏ん張れたのは、皆様からの温かいコメントでした。お守りのように、何度も読み返していました。ありがと [続きを読む]
  • だめかもしれない
  • メッセージ、コメント、本当にたくさんありがとうございます。余裕のあるときは読ませていただき、励まされています。涙が止まらないです。お返事をする元気がまだなくて。ふだんはコメントやメッセージのお返事は楽しいのですが…病んでますね(^^;;失礼を承知ながら、途中経過を報告させてください。(長文です。書かないと、潰れそうで)昨日、娘は担任の先生と学年主任の先生に、つらい状況を話しました。三時間も泣きながら。 [続きを読む]
  • ごめんなさい&ありがとうございます
  • コメント、メッセージ、アメンバー申請をたくさん頂いています。ごめんなさい、もう少し待っていてください。本当にごめんなさい。心労なのか高熱が出てしんどく、その状態であちこちに相談や話し合いに。それと、ご飯、掃除、洗濯…そんな感じなので頂いたコメントやメッセージなども目を通すことができなくて。アメンバー申請してくださってる方々、塾情報は早くほしいと思いますが、少々お待ちくださいm(_ _)m必勝とかあります [続きを読む]
  • 4科必勝 スタート
  • 始まりました、前期必勝。前夜に持ち物準備していて、「あれ?なんにも連絡されてないよね??」ほんとに、必勝模試にしろ、クラス分けにしろ、持ち物にしろ、肝心なことはなーんも教えない早稲アカ昨日は「早く明日にならないかなー」とウキウキの娘。「なんで?学校じゃないわよ?」と聞くと、必勝クラスが楽しみとかなんとか。珍しいこれ、たぶん、現実逃避です 実は、クラス替えと担任のことで不安になり、丸々2日、泣いてい [続きを読む]
  • いろいろ考えさせられた始業式
  • ※ごめんなさい、長文です。今日は始業式でした。いろいろとショックなことが重なり、落ち込んで帰宅した娘。担任の先生もクラスメイトの顔ぶれも、昨年までがとても恵まれていたので、余計にショック。特に今年は修学旅行があるしね…早くも修学旅行に行きたくないと言い出してますわたしがいちばんびっくりしたのは、私立一貫校に進学した子が転校してきたこと。我が家の二軒隣の幼馴染の子です。そこのお宅は、二人のお子さん [続きを読む]
  • 好きなことには真摯に向き合って
  •  受験とは関係のない、子育ての話です。 今日は春休み最後の日。 春休みの宿題が丸々残っているので、朝から片付けています。 とはいっても、午後は生徒会、夕方からアトリエ。時間がなーい。 宿題は、明日の始業式に提出なので、ワタワタしています。 宿題の中に、美術のスケッチがあります。娘の中学では、小さなスケッチブックを入学時に渡され、休みのたびに、二枚ほどスケッチ(またはデッサン、イラスト等)が宿題にな [続きを読む]
  • 頭が良い子はイジメをしない?
  • この春卒業した塾の先輩たち。訳あって、凱旋講演はしてくれなさそうだと娘から聞きました。理由は、イジメだそうです。実は、上の学年の最上位クラスではイジメがあったそうです。卒業するまで先生方も気が付かず、凱旋講演を依頼したときに、はじめて知ったとかなんとか。詳しくはわかりませんが、そんなワケで、クラス仲はあまり良好ではなく、とても母校に戻る気分ではないのでしょう。ストレス過多な受験学年。ストレスの捌 [続きを読む]
  • 必勝の宿題に慄く
  • 必勝のことです。後期から受講される方や、後輩学年の方々の参考になれば幸いです。↑ 昔、インコアイスってありましたね必勝クラスのテキストが配られ、宿題が出ました。今のところ数学だけですが、かなり重い。ページ数にして8頁なのですが、一問につき最低20分考えろと。難しくて、はじめの一問目からサジを投げてる娘。終わんのかーい 春期講習会の数学ではあまり宿題が出されず、必勝の宿題をやれと言われたそうです。必 [続きを読む]
  • 夜桜
  • 2018年3月31日。我が家の地域は、桜の名所が多い。川沿いの桜並木は観光客で賑わうし、路地を入ったところにある大きな枝垂れ桜は遠くから観にくる人もいる。でもわたしがいちばん愛しているのは、我が家から最寄りのバス停までにある、大きな桜の木。あるお宅のお庭に植えられた一本のソメイヨシノだが、10年ほどで、幅員6メートルの道路を覆い尽くしてしまった。3月下旬、それはもう立派な立派な桜のトンネルができ [続きを読む]
  • 嬉しかったこと
  • ガス式乾燥機が壊れた。花粉症患者がいる我が家は、乾燥機が壊れるとたいへん困る。ドラム式洗濯機の乾燥機能を使うと、5時間もかかって、不便で仕方ない!夫に相談すると、すぐに新しい乾燥機の手配をしてくれた。ガスなので、工事が必要。家電苦手なわたしのために、会社から一時帰宅して、業者さん対応をしてくれた。感謝。工事が終わると「ばんびちゃーん、ちょっと来てー」と夫の声。嬉しそうに新しい乾燥機の使い方をレク [続きを読む]
  • 祖母からの電話
  • 今朝早く、娘のキッズケータイが鳴った。だれ?と聞くと、「京都のバーバ」夫の母である。娘、電話に出ない。母「ちょっと、出なさいよ」娘「え〜 」母「出なさいってば。出ないと後でまた、うるさいから 」しぶしぶ電話に出る娘。夫の母は、とってもテンションの高いお方。朝からそのテンションに付き合うのは、嫌だよね〜 そして、朝早くから何の要件かと思いきや…高校受験おわったん?と、開口一番、おっしゃったお姑さん つ [続きを読む]
  • 食欲減退の春期講習会
  • 春期講習会が始まってから、娘の食欲がありません。とってもとっても大食いな子なので、食欲は、健康状態の大きな指標です。以前、深刻な拒食症になったことがあるので少し心配です。新中3の担当講師はツワモノ揃い。指導実績はもちろん、とにかく厳しい。怒鳴る、暴言などは慣れている子たちですが、迫力がすごい。怒鳴らなくても怖いのだそうです。以前は、先生が怒鳴っている最中に、シャープペンを解体していたり、突然、怒 [続きを読む]
  • 初心にかえる、無心になる
  • ※ただの親バカな独り言です。ご容赦くださいませ。昨晩、娘がはじめて素直にごめんなさいと言いました。ごめんなさいをぜったいに言わない子なのです。だから娘を謝らせるには、幼い頃からかなり手こずり、怒られて大泣きした上で、仕方なく、ごめんなさいと言う、とても頑固な子でした。些細なことです。洗濯に出したチノパンのポケットにメモ用紙か何か入れっぱなしだったようで、洗濯物がたいへんなことに。娘を呼び付けて注 [続きを読む]
  • 塾の勉強プラスアルファに思う
  • 娘の塾のクラスは、遠くから通う子もいたり、互いに仲良しという関係にはありませんでした。娘も、同じ中学の友だちはレギュラーにはいますが、Tにはいません。ただ、中3ともなると、塾のクラスメイトたちと話すようになってきて、情報も多く入ってくるようになりました。先日の保護者会では、資料にこうありました。「この校舎では授業と宿題だけで済むようになっている。自学などやる暇はないはず。自学をやるなら、宿題の完 [続きを読む]
  • 2学年 学年評定
  • 終業式でした。学年評定は、今年もオールA&オール5&皆勤娘の学校では、学年トップは44という不思議な慣例がありますが、それを破ることができたのには先生方もびっくりしているようです。学年主任の先生に「ばんびさんは、何を食べてるんだろうね?」と言われ、リアクションに困ります。主に肉ですが頭がいいわけではなく、バリバリ派でもなく、ただひたむきに取り組む娘です。なので偏差値は高くはない…そしてI.Qは低いは [続きを読む]
  • 卒業式
  • あいにくの雨の卒業式でした。が、花粉症の娘には、天からの恵みの雨。今年の花粉量には、治療中の娘も症状が出てしまい、送辞を読み終わるまで、鼻をかまずにいけるか!? の賭け。指揮者の子はさすがに鼻をかめないので、予行練習のときに、必死で我慢していましたが、途中から片手で鼻をつまみ、片手でふり、最後は鼻水が止められず、指揮を止めてうずくまってしまいました。か、かわいそうすぎる…娘は予行練習では送辞は全文 [続きを読む]