jockrock さん プロフィール

  •  
jockrockさん: プロの英語
ハンドル名jockrock さん
ブログタイトルプロの英語
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/singlishlah
サイト紹介文在米の英文ジャーナリストです。最新ニュースを題材に、英語を磨くためのヒントをお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2017/06/25 12:34

jockrock さんのブログ記事

  • 絶対的権力は絶対に腐敗する
  • Absolute power corrupts absolutely.同じ言葉の重ね形をもう少し。これは英国の歴史家ジョン・アクトン
    の有名な文句。形容詞と副詞の違いはあるが、同じ言葉を重ねている。参考までに、元の文章の
    前後関係も記しておこう。“Power tends to corrupt and absolute power corrupts absolutely. Great men are almost always b
    ad men."Photo: Acton Institute (Lord Acton pictured circa 1904)にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情 [続きを読む]
  • ブレグジットはブレグジット
  • Brexit is Brexit.「ブレグジットはブレグジットだ」。昨日のEnough is enough.で思い出したのがこれ。同じ単語を重ねて強調している点が共通している。今日のは2016年の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まった後にメイ首相が述べた言葉だ。国民投票の結果を尊重してEUを離脱する、との決意をこのように表明した。Photo: CNN Internationalにほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ(文字を )にほんブログ村 英 [続きを読む]
  • もうたくさんだ
  • Brexit : ? Enough is enough ?Editorial. Avec le rejet, mardi, de l’accord négocié par Theresa May avec l’Union européenne, le Royaume-Uni est pratiquement revenu à la case départ.「もうたくさんだ」。フランス紙ルモンドが英下院が欧州連合(EU)離脱案を否決したことについて社説を掲載したが、その見出しがこれ。サッチャー元英首相がよく使った言葉で英国を批判していて面白い(私が理解できたのはEnough [続きを読む]
  • 発音のヒント(3)
  • 以前、ニューヨークで発音矯正のレッスンを行っている米国人の先生のことを紹介したことがある。その際、先生がオンラインコースを開発中と記したのだが、このほどコースが完成した。通常のスタジオレッスンだと、週1回、4カ月かけて学ぶ。これを完全にオンライン上で再現したのがオンラインコースだ。私はこのコースの広報活動に関わっていることもあって、今だけ無料で視聴できるのだが、ビデオレッスンならではの良さを実感し [続きを読む]
  • 今日の画像(1・11)
  • 今日のNew York Post紙の1面は、このほど離婚を発表したアマゾンCEOのベゾス氏について。見たら何となくわかると思うので、解説は一点だけにとどめる。最後のprenupというのはprenuptial agreement(婚前契約)のことで、日本人には理解しがたいが、夫婦共有財産の範囲をあらかじめ定めておく取り決めだ。ベゾス夫妻はこうした契約書を交わしていなかったため、ベゾス氏の1370憶ドル(約15兆円)に上る資産の大部分は半々に [続きを読む]
  • イエスかノーか
  • You cannot come to a conclusion if the president of the United States says "my way or the highway, there's nothing to ne
    gotiate, either agree with me or it's over."「イエスかノーか」。メキシコ国境の壁建設にこだわる
    トランプ米大統領の姿勢を批判したペロシ下院議長の発言から。my way or the highwayは used to say that so
    mebody else has either to agree with your opinion or to leave (The Free Dictionary)。 [続きを読む]
  • トップ(2)
  • Its stewardship is seen as being dominated by the US... (The Financial Times)「(世界銀行の)トップ」。世銀のキム総裁が突然辞任を表明した、との記事から。stewardはa person who is responsible for an event or for the management of a place (Cambridge Dictionary)で、stewardshipはその地位。世銀のトップは常に米国人なので、組織が米国に牛耳られているのではないか、とする識者のコメントだ。国際通貨基金(IMF) [続きを読む]
  • 相性
  • I feel this team needed me the most and I feel chemistry between us.「相性(の良さ)を感じる」。米大リーグ、マリナーズへの移籍を決めた菊池雄星投手の記者会見から。ここでのchemistryは相性のこと。 if there is chemistry between two people, they like each other and find each other attractive (Longman Dictionary of Contemporary English)。菊池は冒頭発言はもとより、英語での質問にはほとんど英語で答えた(日 [続きを読む]
  • 裏側
  • China reached a milestone in space exploration on Thursday, landing a vehicle on the far side of the moon for the first time in hi
    story, state media announced. (The New York Times)「月の裏側に」。中国の無人探査機が月の裏側への着陸に
    世界で初めて成功した、との記事から。地球から見て遠いのが裏側。表側はnear [front] side。それぞ
    れ、向こう側、手前などと言う時にも使える。milestone=一里塚、space explorat [続きを読む]
  • 扱い
  • But can anyone reading those opening two sentences wonder why millions of Americans believe Donald Trump when he tells them that he can’t get a fair shake from the press? (The Wall Street Journal)「メディアから公平な扱いを受けることができない」。ワシントン・ポスト紙のトランプ米大統領に関する記事を批判する社説から。shakeは取り扱い、待遇のこと。get a fair shakeで公平な扱いを受ける。この社説は、ワシ [続きを読む]
  • Happy New Year!
  • May 2019 be a joyful ride for you. Here's wishing you the best year ahead. Happy New Year!明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ(文字を )にほんブログ村 英語ブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 大きい
  • President Donald Trump set off a Christmas social media storm when he questioned whether a seven-year-old was too long in the toot
    h to believe in Santa Claus. (Reuters)「サンタを信じるにはもう大きい」。トランプ米大統領がクリスマ
    スのイベントで7歳の少女に「まだサンタを信じているの?」と尋ねたことについての記事から
    。long in the toothだが、If you describe someone as long in the tooth, you are saying [続きを読む]
  • スーパーにて(2)
  • dish drying rackか。簡にして要を得た言い方だ。普通はdish rackやrack to dry dishesと言う。これも日本語で何と言うか、すぐには出てこない。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ(文字を )にほんブログ村 英語ブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • スーパーにて
  • スーパーなどの店内を見て回るのが好き。日用品の名前は知らないものが多いので、いつも発見がある。pot holderとoven mittのセットというのがあったが、どちらも熱いお鍋などの食器類をつかんで他の場所に持っていく時に使うアレだ。英語ではこう言うのか。ところで、日本語では何と言うんだろう。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ(文字を )にほんブログ村 英語ブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 今日の画像(12・21)
  • 今日のDaily News1面は、ニューヨーク市のデブラシオ市長が前向きな大麻の合法化について。解禁する場合、大企業の好きにはさせず、消費者の立場を優先するというのが市長の主張だが、これを"WEED MY LIPS"とまとめている。もちろん、前に紹介したRead my lips.(米元大統領のジョージ・H・W・ブッシュ氏が述べた言葉)をもじったものだ。weedは雑草で覚えている人が多いかもしれないが、ここでは大麻の意味。potも大麻。関連記 [続きを読む]
  • 賞味期限
  • Not every date you see on your food is an expiration date. (Reader's Digest)「賞味期限とは限らない」。"13 Foods You Should Never, Ever Eat Past the Expiration Date"という記事から。expirationは終了、満期、満了。expiration dateは食品の賞味期限のこと。記事では、以下は賞味期限ではないので注意するように促している。Sell-by date: How long the store has to display the productUse-by date: When manufacturer [続きを読む]
  • 不幸な
  • Drink aficionados can now sip on champagne that is close to what was served aboard the ill-fated Titanic. (The Straits Times, Singapore)「不幸なタイタニック号」。タイタニック号で出されていたのと酷似しているシャンパンについての記事から。ill-fated=unlucky and leading to serious problems or death (Longman Dictionary of Contemporary English)。fateは運命。fatedで運命づけられた。aficionado [?fì?i?n [続きを読む]
  • 老兵は死なず
  • 前回、マッカーサー元帥の話を取り上げたので、その続きを。マッカーサー氏は朝鮮戦争で国連軍司令官を務めていたが、戦局を巡って米政権と対立し、解任された。"Old soldiers never die, they just fade away.” (老兵は死なず、ただ消え去るのみ)は米議会での退任演説で述べられたものだ。この名文句はマッカーサー氏のオリジナルではない。氏も演説の中で述べているのだが、兵士の間で当時流行していた風刺歌のフレーズを引用 [続きを読む]
  • まったくの見当違い
  • In reality, nothing could be further from the truth, according to Psychology Today. (Reader's Digest)「まったくの見当違いだ」。サイコパスの見分け方についての記事から。サイコパスと言うと、ハリウッド映画に出てくるように、見るからに凶暴な悪役を連想する人が多いが、まったく事実とかけ離れていると述べている。nothing could be further from the truthはused to say that something is definitely not true (Longm [続きを読む]
  • しなやかな
  • While not commercial heavyweights, they did produce a handful of Takeuchi’s most memorable songs, including the loose-limbed funk pop of “September.” (The Japan Times)「しなやかなファンク・ポップソングの"September"」。歌手の竹内まりやさんのインタビュー記事から。loose-limbedはhaving flexible and limber arms and legs (Webster's New World College Dictionary)で、文字通りlimb(手足)がloose(自由に [続きを読む]
  • 議論の応酬
  • “If we don’t have border security, we’ll shut down the government ― this country needs border security,” Mr. Trump decla
    red in the Oval Office, engaging in a testy back-and-forth with Senator Chuck Schumer of New York and Representative Nancy Pelosi
    of California. (The New York Times)「激しい議論の応酬となった際に」。トランプ米大統領が民主党の議
    員と会談した際、国境警備問題で必要な予算措置が講 [続きを読む]
  • 今日の画像(12・11)
  • ”スタッフ求む決断力がなく、無能な腰ぎんちゃくを大統領首席補佐官として”トランプ米大統領は8日、ケリー大統領首席補佐官の年末辞任を発表したが、後任選びが遅れている。Daily Newsがこれを茶化して、1面全部を求人広告風にしていた。大統領首席補佐官は大統領の最側近ポスト。大統領を除けば、ホワイトハウスで最も権力を持つ人物だ。にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ(文字を )にほんブログ村 英語ブログ [続きを読む]