閑 甚太朗 さん プロフィール

  •  
閑 甚太朗さん: リトルカブ珍道中記
ハンドル名閑 甚太朗 さん
ブログタイトルリトルカブ珍道中記
ブログURLhttps://littlecub.himajintaro.info/
サイト紹介文ブログ「バングラデシュ珍道中記」の管理者がリトルカブに乗って遊びまわる旅行記録
自由文息子が2サイクルの原付バイクをお釈迦にしたことがきっかけで、「水曜どうでしょう」の影響を受けてホンダ・リトルカブを買い、単独行のツーリングに出かけるようになって今年で6年。今では、同じ山仲間の「遅山仙人(おくれやま せんにん)」とカブツーリングに出かけるようになりました。基本、ツーリングスタイルは登山がベースになっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/06/25 19:59

閑 甚太朗 さんのブログ記事

  • 浮島・大杉ツーリング 喫茶店編
  • 2018.10.8ツーリング親戚の墓参りをした後、遅山仙人が喫茶店に行こうと言い出したので、彼の案内で馬見ヶ崎川沿いの喫茶店に入りました。遅山仙人が仕事の帰りに度々立ち寄っていた店のようでした。窓の下には、ちょっと不揃いなゴールドクレスト、寄せ植えの鉢、紅葉した箒草、足元にはハーブがたくさん植えられており、良い感じです。店の奥にギャラリーがあり、展示販売をしています。吊るし雛や手芸小物、衣類などがあり、女 [続きを読む]
  • 浮島・大杉ツーリング 親戚の墓参り編
  • 2018.10.8ツーリングお腹も一杯になったし、今度こそ、大江町貫見に抜けるぞという思いで、西川町間沢で寒河江川を渡り、県道26号(寒河江西川線)から県道54号に入りました。今年5月4日の岩根沢ツーリングの時に積雪のため、貫見に抜けるのを断念しているので、リベンジと言うことになりました。芦沼田という集落の交差点で、道路状態の良い左側の道路に入ってしまいました。ところが、予定していたルートと違うルートを走 [続きを読む]
  • 浮島・大杉ツーリング 山菜そば編
  • 2018.10.8ツーリングJR左沢駅前で昼食はどこにしようか思案していると、遅山仙人が山菜そばを食べに行こうと言い出したので西川町間沢まで走ることにしました。最初、国道112号沿いにある六十里越ドライブインに行ったのです。祝日のためか、駐車場にたくさんの車が入っていました。そうしたところ、遅山仙人はちょっと不満気味に、もう少し先にも山菜そばを食べさせるところがあるというので、同じ国道沿いにある山六食堂へと [続きを読む]
  • 浮島・大杉ツーリング クラッシックカー&古い街並編
  • 2018.10.8ツーリング松保の大杉から大江町貫見に抜けるべきかどうか、時計とにらめっこした結果、同じ道を戻り、大江町の中心部、左沢(あてらざわ)に向かうことにしました。ツーリング前日、左沢でクラッシッカーの展示会があるという情報が入り、案内チラシのPDFデーターがバイク仲間から発信されていました。このため、最初から貫見に抜けて左沢に行くつもりでした。しかし、遅山仙人は、山道で砂利道になると極端にスピードが [続きを読む]
  • 浮島・大杉ツーリング 松保の大杉編
  • 2018.10.8ツーリングツーリング前日、大沼の浮島から大江町貫見に抜けるためにGoogleマップで道路を検索していたら、「松保の大杉」という観光名所を見つけました。そこを通って貫見に抜ける計画をしていました。浮島を発ち、大沼の集落でGoogleマップで大杉に行く道を探したら、携帯の圏外で、Googleが表示しません。止む無くツーリングマップルで県道から大暮山集落へ行く道を探し出しました。上の地図で見ると大分遠回りをして [続きを読む]
  • 浮島・大杉ツーリング 浮島編
  • 2018.10.8ツーリング9月19日の阿武隈川ライン下り以来、俗世を離れて仙人暮らしを続けていた遅山仙人を誘い出して、朝日町、大江町、西川町を走り回ってきました。まず最初に向かったのは、朝日町の国指定名勝地・大沼の浮島に向かいました。仙人の隠れ家から山辺町玉虫沼、大蕨(おおわらび)の棚田を走り、朝日町大沼までリトルカブを走らせました。途中、面白い看板を見つけました。「まむしが出る 入るな!!」ここはワラビ園 [続きを読む]
  • オープンガーデンそらの帰り道 その2
  • 6月の第一日曜日から毎月、オープンガーデンそらにリトルカブで出かけ、たくさんの花々に出会えることを楽しみにしてきました。この10月で今年の公開は終わりました。オープンガーデンそらの帰り道、必ず立ち寄ってきたところがあります。それは、私の先祖や親類縁者の墓地です。6月から毎月、欠かさず、お墓参りを続けてきました。私の父は55歳で他界し、菩提寺は山形市緑町、通称寺町(てらまち)にある浄土真宗大谷派の寺 [続きを読む]
  • オープンガーデンそらの帰り道
  • オープンガーデンそらの帰り道。西蔵王のテレビ塔とテレビ塔の間を抜けて横根の集落を下りた所の道端に白花のシュウメイギクがたくさん咲いていたので、リトルカブを降りて一枚。右側に少しだけ見える小さな頂きは戸神山(とがみやま)。西の富神山(とがみやま)と共に山形市の東西「とがみやま」の一つです。左側の頂きのすぐ左側脇に三角の富神山が小さく写っています。東の戸神山も三角でピラミダルな山です。山あいに市街地の眺望 [続きを読む]
  • オープン ガーデン そら 2018.10.7
  • 今年の公開が最後となったオープンガーデンそらに行ってきました。6月から5ヵ月間、毎月第一日曜の午後は、毎回、オープンガーデンそらにお邪魔してきました。自宅の庭をリニュアルしたいので、今年一年、オープンガーデンそらで勉強させていただきました。このところの24、25号の連続台風の影響は少なかったのですが、21号の時はアーチや棚が倒れて大変だったそうです。来年もオープンガーデンをするために、これから、来年に向 [続きを読む]
  • 福島市信夫山と阿武隈川ライン下り 黒いスープのラーメン編
  • 2018.9.17ツーリング阿武隈川右岸から橋を渡り国道349号に右折します。途中で国道349号は終わり、国道113号に入ります。角田の市街地の入り口から、国道を別れて昼食を取る店を目指しました。信夫山で遅山仙人が行きたいと言った黒いスープのラーメン店は、Googleで検索すると角田駅のすぐ近くにある光華飯店でした。いろいろ検索すると、有名店らしく、休日ということもあり、時間を外して午後1時20分ごろ到着しました。時間を [続きを読む]
  • 福島市信夫山と阿武隈川ライン下り 阿武隈川編
  • 2018.9.17ツーリング伊達市梁川から、いつものように国道349号を阿武隈川沿いに下ります。過去に何度か集中豪雨で通行止めになったことがあり、山道を走る県道を迂回して、丸森町に出たことがあります。遅山仙人が右岸にも道路があるのではないかと言うので、阿武隈急行の兜駅に渡る橋から右岸に入りました。列車が走ってくれば絵になるのですが、上下合わせて1時間に2本程度なので、なかなか、列車が来るタイミングが合いません [続きを読む]
  • 福島市信夫山と阿武隈川ライン下り 青トウガラシ編
  • 2018.9.17ツーリング信夫山を下りて、阿武隈川を下るために伊達市保原に向かいました。国道4号に入らず、ちょっとだけ国道115号・中村街道を走り、県道に入りました。今回のツーリングは信夫山に行ったら、後は風の吹くまま、気の向くまま走ろうと決めていたのですが、もしかしたらと思い、密かに保原に住むベンガル人のお土産をカブのBOXに隠し持っていきました。お土産とは、下の写真にある青トウガラシのパウダーです。この [続きを読む]
  • 福島市信夫山と阿武隈川ライン下り 信夫山編
  • 2018.9.17ツーリング前々日の9/15、9/16に泊りがけでバイクの師匠の5周忌をしました。9/16は福島市飯坂温泉上流の摺上川ダム梨平公園でバイクミーティングがあったようですが酒気帯び運転になってはまずいので参加しませんでした。そして、翌日の9/17にツーリングすることにしました。以前から行ってみたかった福島市信夫山(しのぶやま)を第一目標地点として朝7時に山形を出発しました。昨夜の雨が少し残っていましたが、南は [続きを読む]
  • バイクの師匠の5周忌を偲ぶ会
  • 私のバイクの師匠であり、山仲間であった友人が他界し、早5年が過ぎました。一周忌には、彼の行きつけだった宮城県名取市のサッポロビール園で仲間とともに偲ぶ会をしました。久しぶりに、5周忌に偲ぶ会をしました。故人から伝授してもらった、豚バラ肉と玉ねぎとキャベツのトマト重ね焼きを作りました。この料理は、彼が三沢の米軍基地祭りの屋台で作り方を覚えて、村山葉山の山頂奥の院で、初めて私たちに料理してくれたもので [続きを読む]
  • ブログ「遊育のとびら」の紹介
  • 新しく追加したブックマーク「遊育のとびら」を紹介します。ブログの開設者は小学校の校長で退職し、しばらくの間、生徒の学校での悩みなどの相談を受ける山形市教育員会の相談員をされていましたが、ご自身で不登校などの生徒たちをサポートするNPOを設立されました。校長現職時代に生徒全員にヘルメットを着用させ、保護者の承諾を得て、学校にある高い木に登らせて、遊びの面白さを教えた先生として有名な方です。上の写真の [続きを読む]
  • オープン ガーデン そら 2018.8.5
  • 雨がちょっとだけ降りましたがすぐに止みました。雨が降る前に、西蔵王神尾のガーデンそらに行ってきました。先月から1か月たって、猛暑で管理が大変だろうと思って行ってみましたが、予想よりきれいに花が咲いていました。先月、オーナーの女性から管理の大変さを伺ってきたので、この1か月の苦労は尋常ではなかったのだろうと思います。今回は、お客さんが入れ代わり立ち代わり来ていたので、オーナーさんとは話ができませんで [続きを読む]
  • オープン ガーデン そら 2018.9.2
  • 第一日曜日の今日、毎月お邪魔している西蔵王神尾のオープンガーデンそらに行ってきました。ここしばらくの雨で道路側の敷地に水が沸いていました。この場所は、以前、キャベツ畑にしていたそうです。今年の猛暑でも水は全く掛ける必要が無かったそうです。オナーの女性と、しばらくの間、話をしてきました。私の大学の先輩の奥さんということもあり、毎月顔を出すので馴染みになってしまいました。ご苦労話は大変参考になりました [続きを読む]
  • バイクの師匠の一周忌
  • 昨日投稿した8月30日命日の友人の一周忌に山仲間4人で宮城県名取市にあるサッポロビール園で偲ぶ会をした時の写真です。ここは、故人が良く通っていた場所です。カヌーで貞山堀を遊んだ帰りとか、名取駅の隣なのでロードバイクでツーリングして輪行バッグに入れて列車で帰るまえに立ち寄っていました。彼は、毎年このビール園にお世話になった気持ちとしてサクランボとラフランスを贈っていました。そんなことをしてくれる客は [続きを読む]
  • バイクの師匠の五周忌
  • 友人で山仲間でバイクの師匠が膵臓がんでこの世を去ったのが5年前の今日8月30日でした。彼はモトクロスの山形県チャンピオンであり、県警機動隊のインストラクターやスポーツランド菅生の大会役員、猿倉モトクロス場の代表などを歴任し、飯豊本山を日帰りするという強者でした。ジェット戦闘機とロードバイク(自転車)とカヌーと釣りをこよなく愛し、浜松、三沢はもちろん、度々、ロードバイクを持ってアメリカまで航空ショー [続きを読む]
  • 今年前半のエンジンオイル交換
  • 今年前半のツーリングは回数が多かったので走行距離が例年の倍以上となったため、エンジンオイルを交換しました。オイルの在庫として、広島高潤の飛竜とホンダのG2があったので、ブレンドすることにしました。今年の猛暑を飛竜でしのいだので、涼しくなるこれからは粘性度の低いオイルでも大丈夫であろうという見込みでブレンドしました。今年前半は主に県北部を走行しました。以前から、最上町赤倉温泉から宮城県加美町宮崎に抜け [続きを読む]
  • 鶴子林道と御所山荘 鶴子そば編
  • 2018.8.3ツーリングコーヒータイム終え、管理人さんに挨拶をして山荘を後にしました。今年は暑い日が続き、どこの湖水も水量が少ないという話題がニュースになっていました。鶴子ダムも発電以外には放水していませんでした。現在の鶴子ダムは堤体(ダム本体)の中心に粘土を入れて漏水を防ぐロックフィル式のダムですが、以前は、上流に重力式か何かの小さなコンクリートダムがあったことを覚えています。最近は狭い渓谷でない限り [続きを読む]
  • 鶴子林道と御所山荘 御所山荘編
  • 2018.8.3ツーリング御所山荘を過ぎて、登山道入り口の駐車場までたどり着きました。ここからは、車を置いて、歩いて御所山に向かいます。尾花沢からの御所山への登山コースは尾根沿いに登るクラビ沢コースと層雲峡を渡渉しながら御宝前を登る層雲峡コースが一般的です。御所山は火山です。御宝前から南、稜線までの間は巨大な爆裂火口です。駐車場から先はしばらく林道を歩きます。途中、大きな崩落地点があり、その先にトンネルが [続きを読む]
  • 鶴子林道と御所山荘 楯岡〜御所山荘編
  • 2018.8.3ツーリング久しぶりに御所山(宮城県側では船形山)の尾花沢登山口である御所山荘までツーリングに出かけました。村山市楯岡から背あぶり峠を越えて、尾花沢市延沢に抜けました。背あぶり峠の上り口、今年の棚田カードの一つ、中沢の棚田で休憩し、延沢の入り口で蓮の花を見つけて写真に収めてきました。延沢の常盤トンネルをくぐり、銀山に向かう道の途中から鶴子へと入ります。鶴子ダムから上流は鶴子林道となり、砂利道 [続きを読む]
  • 投稿の削除について
  • 7月29日投稿の日記の表現について、読者の方からご指摘がありました。笹谷峠に除草剤を散布したことに関して、「少量の化学物質でさえも人体に影響があるという研究結果があるのに無知だなあ」という表現について、自分が出している排気ガスをどう考えているのかという、ご指摘でした。確かに、ご指摘の通りで、無知なのは自分であり、軽々しく非難することの愚かさを反省させていただきました。以後、二度とこのような、ご指摘を [続きを読む]