YUKA さん プロフィール

  •  
YUKAさん: 嫁目線でサマルカンド(ウズベキスタン)
ハンドル名YUKA さん
ブログタイトル嫁目線でサマルカンド(ウズベキスタン)
ブログURLhttp://samarkandlife.com/
サイト紹介文偶然の出会でウズベキスタン人に嫁ぐことに。日本では共働き、UZでは主婦。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/06/25 22:20

YUKA さんのブログ記事

  • ウズベキスタンでも食べる、タタールのお菓子чак-чак(チャクチャク)
  • 昨日は、仕事が早めに終わったので、ロシア人スタッフと身内用にチャクチャクを作りました。スタッフ間の賄いお菓子なので、厳選されたレシピではなく、あった食材で作りました的な簡易バージョン。◆材料◆生地の材料小麦粉 200g卵 2こ牛乳 10?砂糖&塩 少々シロップの材料はちみつ 80g砂糖 50g生地の材料を全部混ぜたら、しっかり練りこんで20分ほど休ませます。生地を薄く伸ばして。重ねて短冊みたく切ります。フライパ [続きを読む]
  • 【メニュー】ALOHIDDIN’s others
  • 昨日は、仕事が早めに終わったので、ロシア人スタッフと身内用にチャクチャクを作りました。スタッフ間の賄いお菓子なので、厳選されたレシピではなく、あった食材で作りました的な簡易バージョン。◆材料◆生地の材料小麦粉 200g卵 2こ牛乳 10?砂糖&塩 少々シロップの材料はちみつ 80g砂糖 50g生地の材料を全部混ぜたら、しっかり練りこんで20分ほど休ませます。生地を薄く伸ばして。重ねて短冊みたく切ります。フライパ [続きを読む]
  • 【メニュー】ALOHIDDIN’s main
  • 昨日は、仕事が早めに終わったので、ロシア人スタッフと身内用にチャクチャクを作りました。スタッフ間の賄いお菓子なので、厳選されたレシピではなく、あった食材で作りました的な簡易バージョン。◆材料◆生地の材料小麦粉 200g卵 2こ牛乳 10?砂糖&塩 少々シロップの材料はちみつ 80g砂糖 50g生地の材料を全部混ぜたら、しっかり練りこんで20分ほど休ませます。生地を薄く伸ばして。重ねて短冊みたく切ります。フライパ [続きを読む]
  • 【メニュー】ALOHIDDIN’s appetizer & soup
  • 昨日は、仕事が早めに終わったので、ロシア人スタッフと身内用にチャクチャクを作りました。スタッフ間の賄いお菓子なので、厳選されたレシピではなく、あった食材で作りました的な簡易バージョン。◆材料◆生地の材料小麦粉 200g卵 2こ牛乳 10?砂糖&塩 少々シロップの材料はちみつ 80g砂糖 50g生地の材料を全部混ぜたら、しっかり練りこんで20分ほど休ませます。生地を薄く伸ばして。重ねて短冊みたく切ります。フライパ [続きを読む]
  • 【メニュー】ALOHIDDIN’s salad
  • 昨日は、仕事が早めに終わったので、ロシア人スタッフと身内用にチャクチャクを作りました。スタッフ間の賄いお菓子なので、厳選されたレシピではなく、あった食材で作りました的な簡易バージョン。◆材料◆生地の材料小麦粉 200g卵 2こ牛乳 10?砂糖&塩 少々シロップの材料はちみつ 80g砂糖 50g生地の材料を全部混ぜたら、しっかり練りこんで20分ほど休ませます。生地を薄く伸ばして。重ねて短冊みたく切ります。フライパ [続きを読む]
  • ロシアの餃子。チュチュワラを作る。
  • チュチュワラという、なんともかわいい名前の水餃子。便利なのが、わざわざ食材を買いに走らなくても、小麦粉、塩、卵、水で作れるところっ!そして、バターで食べても、ヨーグルトソースでも、トマトソースでも、何でも美味しくいただけます。もちろん醤油もっ!家庭料理は、こだわらずに力を抜く(手を抜くとも言えますが)事が多いですが、安くて簡単で美味しければ、いいと思います☆強力粉もブレンドして、もっちりぷっつりした [続きを読む]
  • マニアックすぎる、サマルカンドタジク語。
  • ウズベキスタンの外せない観光地として上がる都市の中に、サマルカンド&ブハラがあると思います。この2都市では、【タジク語】を話す方たちが沢山いらっしゃいます。州範囲でいうと広いので「いや、タジク語話してないしっ!」という方ももちろんおりますが、旅行の際に出会うお土産屋さんや立ち寄るレストラン、バザールの人にタジク語で話しかけてみるとかなりの確率で大変喜んでもらえるんじゃないかと思います。で、タイトル [続きを読む]
  • 【ウズベク語】ちょこっと紹介。
  • オーナーはじめ、当店のウズベク人スタッフはサマルカンド出身。しかし、それぞれホームの言語が違います。オーナはタジク語、U君はウズベク語、Eちゃんはロシア語。3人集まると、8割ロシア語、2割ウズベク語な感じでコミュニケーションをとっている模様。ちなみにオーナーとU君の場合は100%ウズベク語、オーナーとEちゃんはロシア語と日本語が半々。U君とEちゃんは、ほとんど会話をしないのですがロシア語のようです。ややこしい [続きを読む]
  • Plovの隠し味、怪しい液体。
  • はじめて匂いを嗅いだときは(失礼極まりないのですが)、腐った魚の骨を連想させた黒い液体。プロフを作る時に、ほんの少しだけブレンドして使います。正体は何かといいますと、「亜麻仁油」!ちょっと待てよと。日本で健康にいいとされている、オシャレなボトルに入っている亜麻仁オイルと似ても似つかないではないか。色も、香りも、ボトルのグレードも違いますし、半信半疑です。中央アジアのあるある、ペッコペコのペットボトル [続きを読む]
  • Шаурма(ドネルケバブ)
  • 日本でもだいぶ有名な「ドネルケバブ」ロシアはもちろん、ウズベキスタンでも「シャウルマ」の名で超有名! 日本でウズベク風のドネルケバブを食べたい!ちょっと中央アジアテイストが欲しい!ということで、日本橋人形町にOPEN決定☆ページ:https://www.facebook.com/alokebabほぼ業務に携わっていなかったので、私もお客様気分で遊びに行く予定です☆ [続きを読む]
  • トルコの酸っぱいジュース
  • かわいいピンクの、トルコの怪しい飲み物。見た目からの予想通り、駄菓子のスモモの汁みたいっ!ウズベキスタンの生ぶどうジュースは、ショットグラスでチビチビ飲むのがやっとの酸味でしたが、こちらは普通のジュースのペースで飲めました☆最近は店の告知というより、食べたもの紹介ブログになりつつあります。 [続きを読む]
  • pişmaniye&saray helvası
  • 先日お菓子自慢をしたばかりですが、昨日日本橋店にフラっと立ち寄ったところ、エキゾチックなお菓子の箱が!これは・・・。開けてもいいんですか?食べてもいいんですか?箱にはpişmaniye&saray helvasıと書いてある!pişmaniyeは固い綿あめみたいなお菓子ですね!食べたい気持ちが先走ってsaray helvasıに綿がついたまま写真に収めてしまいました。やっぱりトルコのお菓子は最高! 食べているときだけは静かなので、私を黙 [続きを読む]
  • エキゾチックお菓子
  • 仕事柄、色々な国のお土産を頂くことが多く、頂くたびに写真を撮っているのですが、ごく一部を自慢!ロシアチョコ(おじさん誰?)私の中で一番テンション上がるのは、ウイグルお菓子 定番ウズベキスタンのお菓子そして、私を堕落させるトルコのお菓子!あー、甘いもの食べたいっ! [続きを読む]
  • ☆bizning halisa☆
  • ハリサを日本で作るには①ウズベキスタンの麦②大量の羊肉③根気と根性、体力混ぜて、混ぜて、ひたすら混ぜる。肉がトロトロに溶け、形がなくなるまでひたすら、黙々と己との闘い。bizning halisa ☆♪☆♪ウズベキスタンのハリサという料理はご存知でしょうか? pic.twitter.com/Ok8AmlTkoW— wine&beer ALOHIDDIN (@alohiddin) January 15, 2018同時にソースも完成系は、後程・・・。 [続きを読む]
  • 激レア!ウズベキスタンの生ぶどうジュースとブドウのピクルス。
  • 大人になった私の元には、サンタクロースなんぞ来ず、当たり前ですがガッカリしていたところ、ウズベキスタンから荷物が到着!定番の愛息子お気に入りお菓子シリーズのチョコ&セミチカ三昧(笑)ちょっと離れたところにある別宅の庭でとれたコロコロの殻付き胡桃も沢山!そして、激レアアイテム!まるで梅ジュースのような酸っぱい生ぶどうジュース!叔母さんが作ったものだそうで、とってもナチュラル! 昔飲んだ記憶があったら [続きを読む]
  • 今年はNY
  • 今年の冬は、義理母は2月間アメリカで過ごすとのことなので一安心の我ら。冬のウズベキスタンはめちゃくちゃ寒いうえに、いろいろ不便なので、人目の多いところで過ごしてもらうのが一番!NYも負けじと寒いけれど、日本と違っていいところが在米ウズベク人が集まって住んでいる町があるので、道を歩いていても、買い物しようにもレストラン行こうにも、ウズベク語でO.K!いくら家族とはいえ、息抜きのため気軽にふらっと出かけたい [続きを読む]
  • 大掃除が間に合わない予感でいっぱい
  • 2LDKに二人暮らしの我が家。睡眠にしか使わないのにそこそこの広さが必要なのは、飲食店用品がズラリっ!用品っていうより、業務用冷凍庫がズラリっ!製氷機に保温機。ステンレスかなんかの作業台。小さいものではコットン柄の食器、展示用のスザニやアトラス柄カーテンやらなにやら。そして、保管しなければいけない領収書などなど。正直私もめったに立ち入らない、ひんやりとした部屋。(私物なんて、旦那も私もそれぞれ段ボール [続きを読む]
  • TOP
  • ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼偶然の出会でウズベキスタン人に嫁ぐことに。日本では東京にあるウズベキスタンレストランALOHIDDINで共働き、UZでは主婦。 ウズベキスタンのパワーに押され、引きこもり体質は強制的に改善中。現在ウズベキスタンをモチーフにしたハンドメイドにハマり中!姪っ子たちの名前をつかった≪Vazi Fazi≫のページをポチポチ作成中。▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ [続きを読む]
  • 甘すぎる誘惑。ウズベキスタンのお菓子。
  • ウズベキスタンのお菓子の甘さは定評があると思いますが、とにかくガツンと甘い。義理母が日本に滞在中に、「似てるのがウズベキスタンにあるわよ!今度送るわっ!」と色々なものを紹介してくれたのですが、3倍は甘いっ!肥満一直線なので、ウズベキスタンに移住したくないと駄々をこねると、「日本の料理みたく隠し味に砂糖が入ってないから、知らず知らずのうちに糖分をとりすぎないだけウズベキスタンのほうが安全っ!甘いもの [続きを読む]