Kインタ−ナショナル さん プロフィール

  •  
Kインタ−ナショナルさん: タイガーchargeブログ
ハンドル名Kインタ−ナショナル さん
ブログタイトルタイガーchargeブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/motooka1841-755/
サイト紹介文評論、スピリチュアル、政治・経済、お笑い、資産運用などに関して独自の切り口でブログを書いています。
自由文2010年12月に自費出版で本を出しました。仕事の合間に膨大な資料から抽出したもので、政治・経済・流行・占いをミックスして書いたものです。

元号論 GENGOURON(文芸社)

➡日本は元号に支配されているのか?

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供986回 / 365日(平均18.9回/週) - 参加 2017/06/27 08:24

Kインタ−ナショナル さんのブログ記事

  • 人生に力まないには、頑張らないのがいいのか!?
  • 苦しかったらやめればいい、無理をしてはならない。無理をしないといけないのはレベルが低い証拠。真剣に生きる人ほど無理はしない。無理をしないというのは消極的な意味ではない。願いはするが無理はしない。努力はしても天命に従う。これが疲れないこつである。松下幸之助https://market.android.com/details?id=com.megmilk.mapp??がんばれ というのは、使いふるされた言葉です。しかしながら、頑張らないという人生の選択 [続きを読む]
  • ジンマシンとソロモンの環
  • 最近、私の右目を中心にジンマシンができています。これは、ネットで調べると先祖の戒告らしいです。遠い遠い先祖が、私の身にずっと訴えかけているとのことらしいです。ソロモンの環についての資料として、実は障害線が影響していてそれを抹消する運命にある。そして、抹消され出すと、右目にジンマシンができてお知らせををする(...)ということを伝えたかったわけです。 [続きを読む]
  • ソロモンの環と障害線について
  • ソロモンの環と迎合するようにして、私の手相には深い障害線がずいぶん前から太陽線にできていました。障害線ではなく八方塞がり線であり、それが緩和されて障害線に最近成りだし、ソロモンの環が出始めたというのが正しい順序です。何が言いたいかと申しますと、私の前世は何か支配者的な人生を送ったことがあったようです。そのときの深い罪のためソロモンの環を出すぐらい今の時代で頑張らないとならないと障害線が消えてゆか [続きを読む]
  • 休日は、もっぱら自室で研鑽に努める私!?
  • 友人が多い人は、人付き合いで世渡りをするべきだと私は思います。 逆に私のように友人が少ない人は、休日の過ごし方は自室にこもって研鑽に努めるのが良いと思います。いや、友人が少ないからこそ研鑽に努めることができるのだと思います。 脱線していやらしい動画を見て●●することも多々あります。 それは、あくまで脱線して息抜きでやっているのです。 [続きを読む]
  • 再び肌荒れ!?
  • 世の中には、いろいろな人がいますが、私の場合は前々から述べている因縁の毒出しが続いております。右手の甲の写メですが、焼けただれたようになります。突然、肌荒れが生じます。因縁、とか業という言葉自体知りませんでした。要は、心身の汚れが肌に出ている状態です。仏教用語です。創価学会の人が詳しいはずです。私は、創価学会の人間ではないですが、いろいろと調べたわけです。 [続きを読む]
  • 親と不仲な人は自分に要した養育費を考える!?
  • 自分の両親とどうしてもうまくいかない人は、自分が独り立ちするまでに要した養育費をまず考えてみたら良いと思います。 親というよりは、自分に投資した人、出資した人。それが自分の親である。 野球なんかで高額な年俸とりが成績不振なため、球団オーナーから叱責を受ける…それが親子関係と酷似していると私は思う。 さらに、前世での腐れ縁だった場合はなおさらでしょう。 経済的視点で親子関係を考える必要があると私は思い [続きを読む]
  • 感謝するのはなぜか?⇒人は言われわれている内が花だからだ!?
  • よく「感謝しなさい」という言葉を耳にするが、その理由についてわかる人いますか? 最近、私はその理由を悟るようになりました。それは、人について「売り時」というものがあるはずだ。 人気を博しているとき、弾き手にあまたのとき、モテモテのとき… こうした好調期に感謝する習慣を持っていると、いざ自分が売れなくなったときを見逃さなくなる。人から言われているときまでが花。全然相手にされなくなった人は、それこそどう [続きを読む]
  • 自費出版は厳しい!?
  • 「自費出版、オレもやってみようかな?」と思っている人が、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれないです。しかしながら、この自費出版は余程 やる気や自信がない限りはやめた方が良いでしょう。費用は、一回150万円ほどかかります。Kindleで冊子を作るぐらいからはじめた方が良いはずです。 最近のKindleなんかの印刷サービスは、面白いと思います。 [続きを読む]
  • ハゲたら開き直るしかない!?〜育毛プログラム〜
  • もしも、自分がハゲたらどうするか? これは、男女を問わず死活問題だと言えます。 ある朝起きたら、生え際がドンドン後退してきた! これは、地味にコワい現実なはずです。 ハゲたらうまく開き直る…自分をダマしダマして開き直る…もう、これしかない。 さらに、余力で育毛に専念する。それも農家が苗をチビチビ手で植えるようにして… [続きを読む]
  • フリーター上等理論!?
  • 今の世の中ではフリーターという言葉は恥ずかしい言葉である。 しかしながら、今の時代、戦時中の非国民に匹敵するほどの揶揄はされない。 フリーターはひとつの準備期間として公言しても良いはずだ。 逃げ逃げ家康天下とる ということわざもあるくらいだ。 [続きを読む]