シニアのコミュニティーサロン「集い」のブログ さん プロフィール

  •  
シニアのコミュニティーサロン「集い」のブログさん: hachioji-tsudoiのブログ
ハンドル名シニアのコミュニティーサロン「集い」のブログ さん
ブログタイトルhachioji-tsudoiのブログ
ブログURLhttps://hachioji-tsudoi.muragon.com/
サイト紹介文シニアのためのコミュニティーサロンです。 ・シニア世代特有の不安を解消する講座・セミナーを定期開催。
自由文健康寿命を延ばして、シニアのQOLを高めることを目標に、新たな事業「集い」の立ち上げ準備中です。開設までは健康寿命を延ばすための情報をご提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 114日(平均7.0回/週) - 参加 2017/06/27 12:26

シニアのコミュニティーサロン「集い」のブログ さんのブログ記事

  • 裏高尾を歩いてQOLの向上を目指す
  • こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 いつも高尾山というと 京王高尾線の高尾山口へ行くというのが普通です。 管理人は昨日ご紹介した 旧甲州街道をJR中央線の高尾駅あたりから 高尾山まで歩くことが多いです。 JRから京王線の高尾駅に行くこと、 たった一駅ということ、 それと細く蛇行する南浅川を 何度も渡り歩くのがなんとなく好きだからです。 9月の中頃にいつもは直進している 西浅川の信号を右に曲がって [続きを読む]
  • 旧甲州街道QOL向上散歩
  • こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 さて今日はクイズとパズルで脳トレの日です。 今日のテーマは算数となぞなぞです。 午後2時開始です。 お待ちしております。 さて、昨日の散歩は多摩御陵でした。 いつもは御陵をでたら交番の手前を右に曲がって 廿里(とどり)を抜け高尾街道へゆきます。 ですが今八王子は市政100年を記念した 緑化フェアを開催中です。 陵南公園も会場になっていますので そちらに足を向け [続きを読む]
  • 散歩の楽しさ再発見してQOL向上
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 天気はすっきりしませんが、 天高く馬肥ゆる秋です。 今まで病気関連の記事ばかりでしたので ちょっと趣を変えて散歩する楽しさに 気づいていただきましょう。 画像は今のものではないものもあるのですが 楽しさは伝わると思います。 管理人の家は八王子でも西の方に位置します。 歩いて10分たらずで 多摩御陵と武蔵野陵があります。 深い木立に囲まれた小道を玉砂利を踏みしめて [続きを読む]
  • お金を節約して健康寿命を伸ばす
  • こんにちは、長房脳トレ塾の管理人です。 私たち長房脳トレ塾は会費をいただいて運営しています。 建前は1回につきお一人様2,000円です。 しかし、実際は1ヶ月分まとめて払っていただきましたら 定価は7,000円ですが、実際は5,000円です。 1回につき1,000円〜1,250円という計算になります。 それでも利用者のお財布の紐はきつく、 参加者はいたりいなかったりです?? 毎日1万歩に相当する運 [続きを読む]
  • 記憶力を理解して認知症予防
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 本当は、このブログでは認知症には触れたくなかったのです。 というのも、認知症という症状はあまりに深くて、 ブラックホールのようにどこまでもこのことについて 書き綴っていかなければならない。 そして、それは介護施設などの領域に入って、 本来目標にしている健康寿命延伸と シニアのQOLの向上について意識がいかなくなると思ったからです。 私たちは認知症にならない努力を [続きを読む]
  • 悲観しないで脳トレに励みましょう
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 今日は長房脳トレ塾・音読コースの日です。 今日のテーマは、加山雄三さんの「君といつまでも」です。 岩谷時子さんの描き出した優しい男性像に触れましょう。 認知症について調べだすと時間が経つのが早く感じられます。 それだけページ数も多いし、 内容も充実しているからです。 読むにつれて認知症ということの重大さに 頭を抱えてしまいます。 なんか血液型占いのようで気がひけ [続きを読む]
  • 時間差で認知症予防
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 もう一度脳の機能の低下を予防するための対策について ご紹介します。 今日注目するのは ワーキングメモリーについてです。 若い時ならすぐに決断できたり、 同時にいろいろなことができていたのに 時間がかかってしまう。 それは脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリーの機能が 低下しているのかもしれません。 ワーキングメモリーとは、 自分の頭の中に複数のことを その [続きを読む]
  • 生活習慣を再認識して認知症を予防
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 認知症になって子供や孫の世代に負担をかける。 こんなことを望んでいる人はいないでしょう。 現在の研究の進歩により 「どうすれば認知症になりにくいか」までは わかってきていることは何度もご紹介しています。 そこで、もう一歩進めて 積極的に予防対策をするのには どうしたら良いかを考えてみましょう。 まず第一は生活習慣の改善です。 ずっと金科玉条のように掲げてきました [続きを読む]
  • 自分と認知症の距離を見つめる
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 今日は脳トレ塾パズルとクイズコースの日です。 今日は地理に関するクイズをやります。 会員登録していない方も 初めてでしたら無料体験もできます。 ぜひ長房市民センターにおいでください。 そもそも健康寿命延伸の活動を始めたのは 認知症の予防はできるということを知ったことからでした。 もちろんまだ未解明のことが多い脳のことですし、 100%ということでは決してありませ [続きを読む]
  • 40歳からの認知症予防で健康寿命を延ばす
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 脳トレ塾を始めて痛感したことですが、 50代、60代の人たちの危機感というのは 本当に低いですね。 まだ日常生活に不自由しないくらい体は動くし、 毎日体も動かしているし… というのがその理由でしょう。 毎度お世話になっている 認知症ねっとで認知症チェックというのが載っています。 私も会員になってやってみました。 その結果が… 平均以上でまずはホッとしました。 で [続きを読む]
  • 身近な脅威MCIを予防して健康寿命を延ばす
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 厚生労働省が発表しているこの数字に 驚かされた方も多いと思います。 ですが、実はこれは甘い数字だという意見があります。 今現在1,500万人の認知症とMCIやMCIの前段階予備軍がいて、 5年後には2,000万人になるというのです。 このような数字を見れば 予防策だけでなく、早期発見についても 知識を集めておきたいものです。 金曜日の記事でご紹介したように 歩き [続きを読む]
  • MCIを理解して認知症予防
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 MCIについて調べていたら 以前にもご紹介した「認知症ねっと」に良い記事がありました。 MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち 1つの機能に問題が生じてはいますが、 日常生活には支障がない状態のことだそうです。 何より理解しておきたいことは MCIを早期に発見してただし処置をすれば 回復も望めるということです。 外出するのが面倒 外出時の服 [続きを読む]
  • 歩き方から認知症発見!
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 今日は金曜日 長房脳トレ塾「音読コース」の日です。 黙読より音読、 それもできるだけ早く読むことが 脳に良い刺激を与えることがわかっています。 一緒に元気よく声を出してストレスも一緒に発散しましょう。 さて、昨日は加齢によって歩幅が狭まるということに注目しました。 今日はもう一歩進んで歩行と認知症についての報告をご紹介します。 認知症予防研究の最前線では、 MC [続きを読む]
  • 秋はやっぱりスポーツで健康寿命延伸
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 秋本番の10月です。 そこで健康寿命延伸に欠くことのできない スポーツについて。 管理人は若い頃からゴルフに夢中になっていました。 大学時代は練習場の練習生でプロを目指し、 50歳でバンコクに住んでいた頃は スクラッチプレーヤーでした。 なので、歩幅は常に一定というのが当たり前でした。 生意気なようですが、 ゴルフの上級者というのはそういうものです。 冗談抜きで [続きを読む]
  • もうご存知ですね右脳と左脳の違い
  • こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 昨日の脳トレ塾にご参加いただいた方 ありがとうございました。 来られなかった方 次は金曜日の音読コースです。 よろしくお願い致します。 さて、ここまで脳について書き綴ってきましたので 右脳と左脳についても触れておかないわけにはゆかないでしょう。 ご存知だと思いますが 腕組みをして左腕が上なら右脳派 逆なら左脳派なんていわれますよね。 もっと細かい分析(?)によ [続きを読む]
  • 脳の司令塔を鍛えて健康寿命延伸
  • こんにちは長房脳トレ塾の管理人です。 長房脳トレ塾 いよいよ今日からスタートします。 今日はマッチ棒と漢字のパズルをご用意しています。 このブログを見たといっていただきましたら 特別料金として10月1ヶ月分を5,000円にします。 ぜひご参加くださいね。 さて、昨日に続いて脳のお話です。 大脳は機能別に、前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉の4つに分けられる というのはご存知の方も多いと思います。 中で [続きを読む]
  • 前頭葉を刺激して健康寿命を延ばす
  • こんにちは長房脳トレ塾管理人です。 もう動画はご覧いただけましたか? せっかく作りましたので よろしければご覧ください。 集いの活動がご理解いただけると思います。 20170930長房脳トレ塾 さて、前頭葉というのは、意欲や創造性、感情のコントロール、そして思考のスイッチなどの機能を果たしているのではないかと考えられているそうです。 前頭葉が老化すると、意欲が衰えるし、創造性も落ちてくる [続きを読む]
  • 健康寿命延伸の活動いよいよです
  • こんにちは、「集い」管理人です。 今日から準備室を取ることにしました。 それというのも 今週火曜日からスタートします。 お近くの方、興味をお持ちの方 ぜひご参加ください。 その際受付で「ネットで見たよ」といってくださいね。 お待ちしております。 それから集いの活動を動画風にまとめました。 2分半くらいのものですので ちょっとご覧ください。 20170930長房脳トレ塾 動画というにはお粗末ですが [続きを読む]
  • 脳トレ塾に参加して認知症予防
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 6月の末から毎日健康寿命延伸についての情報を ご紹介してまいりました。 いよいよ 来月10月の3日より脳トレ塾を定期開催いたします。 当初の予定のように自社の教室を持って…とはいきませんが とにかくスタートします。 火曜日は、 みんなでパズルやクイズをしながら脳をリフレッシュ。 柔軟な発想ができるよう、 楽しみながら進めていきます。 金曜日は、 若い頃に流行 [続きを読む]
  • 「脳と感情の老化は40代から」というレポート
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 9月18日に脳トレの無料体験会を開催しました。 参加車の中には80代の方もいらっしゃいました。 想定はしていたものの、 「脳トレ」という言葉が正しく、 必要な人たちに伝わっていないことがわかりました。 80歳の参加者は 今も元気に生活されていて、 十分に日常生活で体を動かしているし、 脳も活性化しているから 今更無理して脳トレは必要ないと感じられました。 「 [続きを読む]
  • 気づいていながら知らないそぶりが危ない
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 みなさんの周りに 自分は病気だとわかっているのに 気がつかないふりをしている人っていませんか。 例えば足腰がだるいとか膝が痛いとかを 単に老化現象として納得していたりする人。 人間の移動機能はしっかりと着実に衰えていっています。 その現実から目を外らせ、 放置することがどれほど危険かを知るべきです。 女性ならば骨粗鬆症、 関節症や脊椎に障害が出ているかもしれ [続きを読む]
  • ロコモから身を守りましょう
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 ロコモーティブシンドロームは 骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉といった運動器に障害が起こり、 「立つ」、「歩く」といった機能が低下し ている状態をいいます。 進行すると日常生活にも支障が生じてきます。 いつまでも自分の足で歩き続けていくために運動器を長持ちさせ、 ロコモを予防し 、健康寿命を延ばしていくことが求められます。 日本整形外科学会のサイトでロコモに関す [続きを読む]
  • 危険世代と理解してよ50代の人たち
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 50代〜60代の人たちの危機感のなさについて 警鐘を鳴らしています。 サルコペニアは筋肉量の減少を見るものなので 当然欧米人と日本人では基準が違います。 そこで、公益財団法人長寿科学振興財団が 日本人に合った基準を提唱しています。 https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/sarcopenia/shindan.html ここでは [続きを読む]
  • 熟年に警鐘!サルコペニアにご用心
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 普段あまり運動をしない人の筋肉量は、 加齢とともに減少していきます。 そして、 筋肉量が減りすぎると、 日常生活に支障をきたす様になります。 筋肉減少が顕著に現れるのが下肢の筋肉量です。 30歳代から減少をはじめて、 年間で0.5〜1%も減少するといわれています。 筋肉量が減少すると、血流が悪化することから、 冷え性や疲れ易いなどの症状が現れます。 これを [続きを読む]
  • 50歳代の危機感を煽って健康寿命を延ばす
  • こんにちは、「集い」準備室管理人です。 シニアのためのコミュニティーサロンとして 健康寿命延伸を謳い 高齢者のQOLの向上を目指す 「集い」の顧客対象の中心世代は 55歳〜65歳と考えています。 ところがこの世代に危機感が全く感じられません。 中高年層といわれる40歳〜64歳の世代が 全年齢の平均とほぼ同じ数値です。 自分でもそうでしたが、 いつまでも若いつもりでいるのです。 ところが、 老いはじ [続きを読む]