みかわ工房の制作日記 さん プロフィール

  •  
みかわ工房の制作日記さん: お雛様工房から雛人形や羽子板貝合わせ制作を発信
ハンドル名みかわ工房の制作日記 さん
ブログタイトルお雛様工房から雛人形や羽子板貝合わせ制作を発信
ブログURLhttp://hujikumi.com/koubou
サイト紹介文お雛様を創る工房から、雛人形や羽子板、貝合わせを作る様子を発信しています。
自由文みかわ工房は、由布院での雛人形展示から始まり、三段飾りセット、手描きの羽子板、金箔の貝合わせなどを1人の作家が手作りで制作しています。また、アンティーク家具とお雛様を組合わせた「小さき物の世界」も必見です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/06/27 14:43

みかわ工房の制作日記 さんのブログ記事

  • 江戸の小箱に、小さな「枕草子」の貝合わせ
  • 以前私が手に入れていました、江戸の小箱に三組の貝合わせを入れてみようと思いました。白地のハマグリに「枕草子絵詞」に登場する雅なシーンを三組選び出して見ました。 小箱には初めから梅に鶯のような蒔絵が施されていましたが、少し […] [続きを読む]
  • 明治の花嫁衣装
  • 私の母は、大正生まれで部屋にはこれと同じ形式の箪笥がありました。木材は桐という軟らかい木で表面が湿気を吸う為に中の着物や衣類が傷まないといった特徴が有ります。母は、私が幼い頃この箪笥の上にある引き出しから何か出し入れして […] [続きを読む]
  • 昭和の雛道具職人の技
  • この雛道具、大きさが縦15cm×横6cm、高さが16cmの小さい物ですが、しっかりとした作りで今でもちゃんと道具をしまうことが出来る箪笥になっています。これが作られたのは今から80〜90年ほど前の昭和初期で、当時はまだ全 […] [続きを読む]
  • 大正の雛道具で雛祭り。
  • 雛祭りをする方の中には、それほど大きくないお雛様であって手作りにこだわった物に重きを置いている方も多いかと思います。この小さき物の世界24番は、その両方を叶える為に作られたお雛様セットでもあります。まず、お雛様の周りの雛 […] [続きを読む]
  • 羽子板の歴史
  • 羽子板は女の子の節句には欠かせない縁起物の一つになっていますが、元々は江戸時代以前から子供の厄をはらう道具で、正月の儀式をする縁起物の一つだったようです。下の写真は京都にある藤原定家の子孫冷泉家に伝わる羽子板で、羽子板の […] [続きを読む]