月闇 さん プロフィール

  •  
月闇さん: さとりきねし
ハンドル名月闇 さん
ブログタイトルさとりきねし
ブログURLhttp://satorikinesi.hatenablog.jp/
サイト紹介文当サロンでは悟りに特化したキネシオロジーセラピーを提供します。エゴの消滅から悟りに溶けるまで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 170日(平均2.5回/週) - 参加 2017/06/28 07:43

月闇 さんのブログ記事

  • エゴと自己投影
  •  バーナデット・ロバーツの「自己」のページを読み直し中。エゴの解放について手がかりを探して。・知る自己 心に「自らを投影する」機能がある。この自律的な心の機能のおかげで、初めて心は自らを認識できる。この機能によって心が自らを「対象」として認識し、意識の領域では「主体」が「対象」と一致する。意識の世界では、常に「自ら(主体)」が「対象」になる。つまり、「自己」「主体」の正体とは心が自らを対象として見 [続きを読む]
  • 「飢え、満腹、排泄」という輪廻
  •  宇宙にありとあらゆるものに、以下のプログラムが設定されています。1.空っぽになる、飢えが発生する2.満タンになる3.排泄する 肉体はわかりやすいですね。食事、性欲などなど。エーテル体(気など)やアストラル体(感情、愛情など)もメンタル体(知性、情報など)も飢えたり満腹になったりします。断捨離が流行りましたが、家の中を整理するのはエーテル体の排出にあたります。コーザル体が飢えるということは真実が不足してい [続きを読む]
  • お腹が空いているのに食べるものがありませぬ(´・ω・`)
  •  長岡への強行出張で過度に消耗してしまい疲労困憊中。お腹が空いているのに食べるものがありませぬ(´・ω・`)。冷蔵庫に食べ物がないというわけではなく、エネルギー補充できるものがないのです。 生きとし生けるものには肉体だけでなくエネルギー体があります、植物にも動物にも。命をいただくことによって、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体のエネルギーも同時に消化しています。 肉食に反対する人た [続きを読む]
  • 生き残りたい 生き残りたい まだ生きてたくなる
  •  いわゆる覚者と人間との違いは何か。 行動するのは植物も動物も覚者も、人間も違いはないが、前者は「調和」を意図しており、人間だけは「生存に有利になること。勝つこと、得ること、増やすこと、生き残ること」をいつも意図している。 「生存に有利」という意図は、必ず個や世界のバランスを崩す。無意識に生存に有利になることを行うので、支配的で搾取的で他害的になる。調和が崩れることに対し麻痺し、自分の生存に不利 [続きを読む]
  • 有機フッ素化合物とアストラル体
  •  自分を含め、家族のアレルギーをセッション中。 有機フッ素化合物(PFCs)がアレルゲンチェックリストの最優先なのですけど、セッションで毎回必ず出ます。テフロン加工のフライパンとかだけではなく、産業用途が回り回って人間に来ている模様。・PFCA類(PFPeA、PFHxA、PFHpA、PFOA、PFNA、PFDA、PFUnDA、PFDoDA、PFTrDA、PFTeDA、PFHxDA、PFOcDA)・PFCA類の反応中間物質(6:2FTUCA、8:2FTUCA、10:2FTUCA、6:2FTCA、8:2FTCA、10: [続きを読む]
  • 承認欲求
  • みんなにデクノボーと呼ばれほめられもせず 苦にもされずそういうものに わたしはなりたい 宮沢賢治の雨ニモマケズが心を打つのはなぜだろうか。承認欲求というのは人間の成長の一つであるが、成熟したらそのエゴを殺さなければいけない。そうして、最終的に有能でも無能でもないものになれる。・人、世間から認められる 強い、地位がある、お金がある、能力がある、頭がいい、有能、美しい、勝つ 有名になる、出世する、派 [続きを読む]
  • 電脳を解放する
  •  勢いのままブログを書いてきましたが、ちょっと小休止。 身の回りの整理とセルフセッションでに日々解放をしています。先月から今月にかけて、重たいものがいくつか。家庭(親子問題)とかセッションの障害になるカルマとか。 このタイミングでパソコンが壊れました。一つは親のパソコン。お盆の時期付近に父のパソコンが謎の画面パカパカ(点滅)状態になり霊障ではないかと推測。墓参りに行くタイミングを悩んでおり、それを [続きを読む]
  • 物が多すぎる
  •  物が多すぎて、生きにくいと思う今日此の頃。「便利になったから幸福で暮らしやすい」という錯覚と妄想には困ったものだ。さらには、そういう便利なものを作り出した人間の脳を称賛する風潮にも実に困ったものだ。脳、特に記憶と思考がやらかした主なことは、不便さを補うために秩序によって解決するのではなく、道具を作り出したことだ。何かを作る、加工する、量産する、こういうことは必ず中毒し、エスカレートする。EO [続きを読む]
  • 求聞持法をヒーリングで利用する
  •  祈りがコーザル体に働くのに対し、右と正中線にのみ働きかける変わった祈りがある。求聞持聡明法秘伝 空海は19歳から修業に入り、求聞持法を修めた。これを成就すれば一度見聞きしたものは忘れず、無尽蔵の知恵を授かるというというもので、平ったく言うと恐ろしく頭が良くなるマントラである。真言「ノウボ・アキャシャ・キャラバヤ・オン・アリ・キャマリ・ボウリ・ソワカ」 これを真剣に百万遍唱える。実践 虚空 [続きを読む]
  • 依存症、恐怖症-中毒-強迫観念
  •  一つの問題に対し、通常は1〜2体でセッションが終了するのだが、例外が存在する。 「恐怖症-中毒-強迫観念」は、肉体・エーテル体・アストラル体・メンタル体の4体にまたがっている。依存症(中毒)もこれで解放できる。 宇宙創造病はこの世界(宇宙)で生きる全ての人間を快楽と苦痛の間に彷徨わせる。苦痛に対する恐怖症を生み出し、それを避けるために快楽に対する中毒を起こす。それが肉体・エーテル体・アストラル体・メ [続きを読む]
  • 正中線体・元ダマ・集合魂の修正
  •  今までの修正が5つのいずれかの身体にはたらきかけているのに対し、変わった修正がある。 スリーインワンのデジタル表の一番最初に「身体の極性(ボディポラリティ)」がある。これだけは右と左の体の中心を整えるために行われている。「正中線体の統合」とでも言えばより正確かもしれない。・小ダマ(個人)-元ダマ-集合魂 今までは小ダマの5体左右を対象にしていたが、ドンファンで言うところのイーグルである元ダマを修正 [続きを読む]
  • 嘘つきは不幸の始まり - コーザル体の修正
  •  その個人の本質体で元ダマから分離した魂にあたるもの。 コザール体の修正にもいろいろな方法が使える。まずは「光」。太陽光や電球などを当てるのだが、第三の目だけでなく体のどこでもよい。ちなみに、健康や目に悪いのではないかと噂されているLEDはコザール体を傷つける性質を持っている。定本「老子道徳経」の読み方 意外なもので「正確な情報」というのがある。精度は99.9%以上のもの。覚者の発する情報は正確さがほぼ [続きを読む]
  • メンタル体の修正
  •  思考を修正するものは多種多様さがある。代表的なものは音叉や色、電波、電磁波、磁石などの周波数を持つもの。同じ意図で、石、塩もメンタル体に働きかけることができる。それと、呼吸も調整に使える。不安は感情(アストラル体)でなく思考の問題なので、呼吸で暴走した思考を落ち着かせると考えると面白い。意識の10の階梯―意識進化の羅針盤「エニアグラム」と「十牛図」 ちょっと変わったところでは、十牛図。禅の世界は [続きを読む]
  • アストラル体の修正
  •  キネシオロジーで学ぶいわゆる"感情系"の修正の殆どが使える。代表は「水」。 これからキネシを学ぼうと思っている人に是非オススメなのは、スリーインワン最初のコースで習える「振る舞いのバロメーター」。感情のマッピングとして非常に優秀。意識・潜在意識・身体レベルでどうのような感情が多層的に働いているかよく理解できる。 IHでは、インナーチャイルドや扁桃体、不要な誓いがアストラル体に関係している。デ [続きを読む]
  • エーテル体の修正
  •  いわゆる、チャクラや経絡が代表格。お香やアロマやエッセンスなど匂いは直接エーテルに働きかける。当然、花なども使える。IHでのサバイバル、エネルギーコード、ユニバーサルエネルギー、記憶の部屋などもここに該当する。ホメオパシーin Japan―基本36レメディー (由井寅子のホメオパシーガイドブック1) 明確に述べられたのを見たことはないが、ホメオパシーはエーテル体に働きかけている。エーテル自体がギリギリ「物質 [続きを読む]
  • 肉体の修正
  •  タッチフォーヘルスでの筋肉の修正や、スリーインワンでの電気系等、ブレインジムの7つの次元など、動きや肉体に直接アプローチをかけているものは概ね該当。IHではアッセンブリッジポイントやDLS(ディープレベルスイッチング)、自己破壊のプログラムあたりだが、何故か魂の統合やブループリントも肉体に関係している模様。製作者の意図せぬ意図? 少し面白いところだと、辻麻里子さんの宇宙時計―図形が語る宇宙創造の物語― [続きを読む]
  • セラピーを行うにあたって、人間をどう捉えるか
  •  呪術師は集合点を移動して見た人間を「光の繊維に包まれたタマゴ」と表現している。神智学ではその光の繭を内側から肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体と分けている。・肉体 因果律によって物質化した体。・エーテル体 その人の気、雰囲気、ペルソナ、名前などで構成されている。・アストラル体 いわゆる感情体。・メンタル体 いわゆる思考体。自我は肉体〜メンタル体にまでまたがり「自分(エゴ)」を [続きを読む]
  • お盆なので、霊の苦を減らす方向で
  •  親族や子孫であったり思考や感情など波長が一致すると、磁石で吸い寄せられるように霊はその人に憑く。憑依が長いと性格の一部になったりする。肉体を持っているが故、我々は非常にゆっくりではあっても進歩や悟りに近づくのだが、死んだ時に集合魂に吸収されなかった霊魂(残念?)は成長が止まってしまい、執着が多く重く暗い世界の中をたださまようことに成る。 なので、セッションの対象・主役が「あなた」ではなく「霊」に [続きを読む]
  • 言霊による解放
  •  「あ」から始まった宇宙が「わ」で終わるという音による祝詞が五十音図。日本のことを「倭国」「大和」和の国と呼ぶのは、この世界の終焉の役割を果たす国だから。「あ」はあなた=youで、「わ」はわたし=Iと二元性に対応している。数秘的には「あ」が始まりの1(行目)にあたり、「わ」が1〜9を全部くくる10(行目)(=0)になる。アラビア数字の0が輪(和)なのは出来過ぎにすら見える。五十音図の話 五十音図は悉曇学(サンスク [続きを読む]
  • あなたの家が流木に流されないように
  •  21世紀に入り各地で災害が多発するようになった。地球の意図による浄化なのだが、何を浄化しているかというと地球上に積もり積もったエゴであり、不自然な生命を消すためでもある。日本の森林面積http://www.shinrin-ringyou.com/forest_japan/menseki_tikuseki.php 日本は国土の2/3が森林で覆われており非常に自然豊かである、と思われている。内訳は天然林が1500万haで人工林が1000万haで、この人工林が曲者である。ク [続きを読む]
  • ウリとナムの間
  •  嫌韓が人口に膾炙してきている今日此の頃、韓国人&朝鮮人の魂を解放するプロトコルをまとめた。 まず、この独特な民族性はエル・ランティ支配下のイルプロラシオンから来ており、思想的均一性や物質への執着、技術に暗く政治に人材が多い、嘘に対する許容などに特徴が見て取れる。それに加えて、黄色人種特有「自尊心、愛国&売国」の課題が組み合わさって、韓国&北朝鮮という強烈なアイデンティティが暴走している。  [続きを読む]
  • 任天堂の倒し方、知らないでしょ?オレらはもう知ってますよ
  • って、言ってた企業がいたが、「明晰性」という第二の敵に打ち負かされた。> そういうふうに負けた奴は、ただ知者になることを冷たく止めるだけさ。そのかわり、そいつは楽天的な戦士とか道化になるだろう。しかし彼がそれだけ深く払った明晰さが暗闇とか恐怖にまたかわることは絶対にない。一生明晰だろう、だが二度と学んだり何かを望むことはあるまい。諸行無常、アーメン、とある一企業の天命が完うされますように(-人-)ナム [続きを読む]
  • ドン・ファンの教え「知者」
  •  ドン・ファン系列の魔導士(呪術師)は、地球史上でも稀に見る覚醒を果たした。 カルマも理解もすっ飛ばして、とにかくエネルギーをため込んで別の世界に脱出。現実世界に隠されている秘密のエネルギーを見つけ、現象界において生身のままで自由と叡智と力を獲得し、さらに力を蓄えたものはこの地上界からさらなる自由を求めて旅立った。 呪術師と私―ドン・ファンの教え 知者は学ぶという辛苦に真に従ってきた者。あせ [続きを読む]
  • アレルギーがどうして起こるのか
  •  アレルギーがどうして起こるのか、というのは生命の仕組みを知る必要がある。1.身体にとって必要なものは、吸収され利用される。2.身体にとって不要なものは、スルー、もしくは、吸収されても排出される。 これは細胞・DNAが物質の要不要の情報を持っており、これに従って分別される。では、このリストにない新しい物質が入ってきた場合はどうなるか?3.身体にとって必要か不要かわからないものは、吸収された後、保持さ [続きを読む]
  • 人種差別DNA
  •  エホバが人間のDNAに仕掛けたトラップ。他人の生体能力を脅威に思い、敗北感を感じた弱いものが自ら離れていく。ハッキリした自他の区別化。根源と自分の隔離。 黒人→褐色→黄色→白人と人種差別の傾向が強くなる。黒人より白人の方が人間的に弱いが、その分、頭脳などを使っている。歴史上の妖怪の迫害もこの一環。プロトコル「格差意識遺伝子を初期化する」意図「人種差別のカルマを解消する」 [続きを読む]