JUN さん プロフィール

  •  
JUNさん: ナニ・コレ
ハンドル名JUN さん
ブログタイトルナニ・コレ
ブログURLhttp://nani----kore.blogspot.jp/
サイト紹介文ちょっと変わったアートやファッション、出来事について書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 155日(平均0.6回/週) - 参加 2017/06/28 15:11

JUN さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クリスト/Christo 〜風景を覆い隠すアーチスト
  • 【地球を梱包するクリスト】1985年「梱包されたポン・ヌフ」(フランス)出典:http://theredlist.com/クリスト(Christo/1935年〜)はブルガリア生まれのアメリカ在住のアーチストで建物や海岸、橋、道、島などのさまざまなモノを布で包み込むことで知られますが、初期に比べて作品規模も大きくなりフランス人の妻、ジャンヌ=クロード(1935年〜2009年)と「クリスト&ジャンヌ=クロード」の名前で二人三脚で活動してきました。 [続きを読む]
  • フセイン・チャラヤン/Hussein Chalayan〜レーザードレス
  • 【レーザー光線を発するドレス】出典:http://www.waldemeyer.comレーザー光線の中をモデルさんが登場しました!!!ではなく、なんとモデル自らがレーザー光線を発しています。正しくは、モデルが着てる服が発してるのですが。出典:http://www.waldemeyer.com2007年に15,000個のLEDを使った光る洋服を発表したのに続き、2008年にさらにパワーアップ??してフセイン・チャラヤンが発表したのが、この「leser dress」です。ドレス [続きを読む]
  • フセイン・チャラヤン/Hussein Chalayan〜光る服
  • 【発光する服/フセイン・チャラヤンと田中敦子】出典:http://www.thesalon.jp夜道でこんな洋服を着てる人に出会ったらギョッとしてしまいますが、2007年にフセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan)が発表した15,000個のLEDを使った洋服です。出典:https://msp.c.yimg.jp 彼の経歴は前回のブログで少し触れたので省略しますが、チャラヤンと言えば、レーザー光線を使ったり動いたりする服など現代のテクノロジーを駆使した斬 [続きを読む]
  • フセイン・チャラヤン/Hussein Chalayan〜腐敗したドレス
  • 【フセインチャラヤンの土中に埋められていた服】出典:http://tyo-m.jpこれはボロ雑巾でなければ、泥遊びの後の汚れた服でもなく、れっきとしたフセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan/1970年キプロス生まれ)と言うイギリスのデザイナーの作品です。彼は「肉の切身をプリントした布」を考案したのがきっかけでセントマーチンズ(ロンドン芸術大学の中の1つの学校)に入学後、卒業制作の土中に埋められていた服で一躍注目を浴び [続きを読む]
  • セザール/César〜圧縮した車のアート作品
  • 【圧縮と膨張のアート】セザール(César Baldaccini/1921〜1998)と言うフランスのアーチストの初めて知った作品は車を丸ごとプレス機で圧縮したまるで廃棄工場でよく目にするようなものでした。出典:https://www.ceyssonbenetiere.com/ 車と言う形が消え、単純な直方体に凝縮された塊にはボディの色彩や金属の質感だけ模様のように浮かび上がっていました。地中の化石のようにも見えます。実際、セザールがこの圧縮された作品 [続きを読む]
  • アダム・ベイトマン/Adam Bateman〜本を積み上げたアート
  • 【書籍を積み上げて作った作品】前回は石を積み上げる人のことを書いたのですが、今回は本を積み上げた作品をつくる人の紹介です。カナダのTom Bendtsonなど本を積み上げた作品をつくる人は石積みの同様に結構いるのですが、個人的な好みからアメリカのユタ州のソレクレイトシティ在住のAdam Bateman(アダム・ベイトマン)の作品を紹介します。ただAdam Batemanはずっと本を積み上げた作品を作っている訳ではなく、書籍を使った作 [続きを読む]
  • ロックバランシング
  • 【不思議な石積みアート】出典:http://rock-on-rock-on.com/世間では「ロックバランシング」と言う常識では考えられない程に不安定に石を積み上げられた作品を目にしたのは、10年程前でした。それはサンフランシスコ在住のBill Dan(ビル・ダン)と言う人の石積み作品で「ありえないでしょ?」「接着剤でも使ってるんじゃない?」と思いながらも、自らも河原で石積みについ没頭してしまった記憶があります。結果的には彼みたい [続きを読む]
  • 過去の記事 …