海援隊 さん プロフィール

  •  
海援隊さん: 2017新卒即社長のアメブロ
ハンドル名海援隊 さん
ブログタイトル2017新卒即社長のアメブロ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bad6614kaientai/
サイト紹介文在学中に起業し、卒業2ヶ月で創業10年の(株)ちかなりの執行役員も務める
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2017/06/28 15:29

海援隊 さんのブログ記事

  • 企業の利益とは信用をとるということ
  • エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(2) (モーニングコミックス)Amazon転職代理人に限らず全てのビジネスは利益ありきだ。じゃぁその利益ってなんなのか?が大事なところ。この本の答えは、信用、だ。伊野は初めての求人者に対して転職しないことを勧めた。求人者が在籍している企業が隠れた超優良企業だったからだ。求人者はそのアドバイスを受け、止まることを決める。その結果、転職が決まった時に発生する成果報酬を得ることの [続きを読む]
  • ドラゴン桜の続編!
  • みんな大好きドラゴン桜の続編です!舞台は転職市場から始まります。エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニングコミックス)Amazon英語教師だった伊野先生は教師の仕事にやりがいを見出せなくなり、転職をしたいと考え出す。そこでふと、桜木が経営者向けのセミナーをしていることを小耳に挟む。まぁ、癪に触るけど。。。っていつものノリで顔を出してみる伊野。そこで待ってたのは新たな出会いでした。セミナーで桜木に紹 [続きを読む]
  • 問題提起の重要性
  • 経営者、従業員、株主。資本主義においていろいろな立場をもてる我々だが、いろいろな角度から個人の幸福とそれから導き出される幸福論を論じている。と思う。 幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える1,620円Amazon 正直、最初の方で読むのをやめてしまった。ぼくのイメージと乖離していたためだ。自己啓発本になっていて、ぼくの想像していた学問を絡めたようなものではなかった。 幸福の定義など [続きを読む]
  • もうさすがに。。。。
  • 「日本一労働時間が短い“超ホワイト企業”は利益率業界一!」 山田昭男のリーダー学 (人間性経営...1,512円Amazon さすがにね4冊目はきつい。笑 どこぞの就活生以上に企業研究してる気分だ。絶対、未来工業に受かる自信があるわ。笑 この本はある講演を文字起こししている本のため、読みづらい。そして、ごめんなさい。途中でギブアップしてしまった。 ただ、この経営のやり方はやはり山田さん独特の感性によるも [続きを読む]
  • カレーのような
  • 山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル1,296円Amazon 3冊目ともなると、さすがにわかってくるというか、見えてきます。 カレーってありますよね。だいたい具材は人参、じゃがいも、牛肉です。この食材たちってなんも変哲のない、というかいたって普通の食材たち。それをカレーのルーをいれるだけであっという間に美味くなる。そんな感じに近いかなぁと思いました。 山田さんがやっていることはいたって普 [続きを読む]
  • 動画2.0 VISUAL STORYTELLING (NewsPicks Book)1,620円Amazon 粋だよ。その一言に尽きる。 動画の可能性と歴史、今すでにおこっている未来のこと。そしてこれから来るであろう未来。その全てを余すところなく綴られている。 ていうか、動画の本だけどことばが面白い。文書くのもすごく上手い人なんだなと思ったけどね。最初の方なんて村上龍みたいな感じで楽しかった。 この本は動画の本ではなく、明石ガクト [続きを読む]
  • ぼくはシンプルにしたい
  • また山田さんの本かと思ったそこのあなた。もう立派な私のファンでございます。ありがとうございます。めちゃくちゃなつきます。 日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”1,296円Amazon まぁ、決まりというか。だいたい3冊も読めばわかってきますよね。どんなもんかっていうのは。話の内容も重複するし。まぁ僕のブログも盛大に重複しているわけでして。 決まりというかね。やっぱり根源にあるのは「常に考 [続きを読む]
  • 人件費削減で派遣やアルバイトを雇うという発想が間違っている
  • ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる1,610円Amazon これはね、最近常日頃考えていることです。「性弱説を根底に持ち、性善説に立つ」すなわち、ぼくのことばに変換してしまうと、こうなる。 「高度な信頼経済を築くと管理というコストが必要ないことに気づく」 この間、銀座のある大型ショッピングモールの下を通り過ぎた時のこと。ふと見てみると警備員さんが車の誘導をしている。厳格に [続きを読む]
  • 安易に真似だけに走ってはいけない
  • 稼ぎたければ、働くな。1,404円Amazon ご存知の方も多いのかな?岐阜県にある超優良企業「未来工業」その独特な施策となによりも従業員を大切にする姿勢。そして姿勢だけに終わらせず、年間休日140日、残業禁止、育児休暇3年など、数々の施策を実行に移してきたこの会社。その全貌に迫ります。 一言目に出てくることばは「すげえなぁ」二言目に出てくることばは「安直に真似しても同じようにはならないな」でし [続きを読む]
  • 阿吽8
  • 阿・吽 (8) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazon最澄は思慮聡明、公明正大、人として優れた人物だった。が、あまりにも運がない。。。そして、彼が優先するものはつねに他人。じぶんではない。そういう意味では起業家のような人ではなく、公務員に近い。そのトップで治外法権を持ってるような。けど、権力には縛られているような。ぼくだったら、じぶんの人生だ。思った道をいけばいいのにと、思ってしまう。そうじゃないん [続きを読む]
  • 阿吽7
  • 阿・吽 7 (7) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazon度重なる理不尽を描くこの巻。社会とはこういうもの?トップからの理不尽。耐えに耐えて公明正大、広い心でみなと接している人でもこころは傷ついている。その人の背中は傷ついている。生は苦だそういった心中はさしずめ、こんなところに真意があるのだろうな。 [続きを読む]
  • なんだかね。笑 阿吽6
  • 阿・吽 6 (6) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazonすげぇ苦痛だ。。。。すごく共感できるなぁって思う部分がありました。「じぶんで気づかないじぶんの良さや強さ、乗り越えたときの充実はあとからきづく」みたいな描写がありまして。これはそうだなぁと。挑んでるときってきついんですよね。基本。だけど、それ乗り越えて、少ししたらあぁ、やったなぁってなる。乗り越えたなぁと。それが嬉しいんだよね。まぁ仕事=好きな [続きを読む]
  • 阿吽5
  • 阿・吽 5 (5) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazonふぅ、憂鬱になる。笑アウトプットできねぇよ、このマンガ。笑表現が不思議なタッチだから、気づきにくいけど、よくよく見ると人間心理をついた深い洞察、気づきをくれているような気がする。文字が美しいのではなく、見た人の心が美しい。じぶんを大きく見せる相手に小さくみせる。大きくなったじぶんはひとりだった。などなど。謎かけに近いかもしれないが、哲学的な何か [続きを読む]
  • 阿吽4
  • 阿・吽 4 (4) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazonそろそろお気づきかもしれませんが、タイトルの付け用がなくて困ってます。笑なんだろうな。人の影の部分ていうのかな?バカボンドと似てるところある。影の部分をかなりえぐく描かれている。じぶんが痛ましいことされたらやり返す。前言撤回、朝令暮改は当たり前。暗殺、刺客をおくる。プライドを傷つけられたら逃げる。などなど。あぁ、人の醜い部分が誠実に描かれてるな [続きを読む]
  • 阿吽3巻
  • 阿・吽 3 (3) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)700円Amazon難しいんす。この本のアウトプット。ストーリー?教訓?なにをアウトプットすればいいかイマイチ掴めん。なので、感じたことを書いてみます。印象に残るのは、人は多くを持ちたがるというところ。多い方が安定する。だから、人は多くを持つ。仕事、金、地位、名誉、恋人、愛人、友人、趣味などなど。それを極限までシンプルにするのが修行であると。これはなんか心に残りま [続きを読む]
  • 組織はもはや権威によって成立しない。信頼によって成立しない。
  • まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論 [ nev ]1,080円楽天 本質的なことばをシンプルに表現されていて、本当に大切なことはなにか?を改めて確認させてくれる。そんな本です。 ある旅行代理店を辞職した主人公。辞職理由は大規模プロジェクトを部下がいたのにも関わらず、なんでも1人でやろうとしてけっきょくイベント当日に大失態をしたのが原因。そこから彼女は生まれ故郷に呼び戻され、村長に任命される [続きを読む]
  • まさに教科書のような
  • 個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書1,944円Amazon 王道。この一言に尽きるかな。 冒頭に、目標管理と人事制度をごっちゃにしないことを強調されています。いままさに僕が考えていることで、人事制度とマネジメントをごっちゃに考える人が多いのが現状かなと。これは相反するほどではないけど分離すべきことだと思いました。まだ理由ははっきりいえないんだけどね。 そしてこの本、なんとなくだけどリク [続きを読む]
  • 日常のささいなことからアイデアを
  • 考具 ―考えるための道具、持っていますか?1,620円Amazon けんすうさんがオススメしていた本で、気になってしまったので買ってしまった。 日常のささいなことをアイデアのネタにする手法がいくつも書いてあります。そもそも、企画とはアイデアから形にしたもので、アイデアとは「既存のものの組み合わせ」でしか生まれない。という定義のもと話が進みます。 この「既存のものの組み合わせ」からできるっていうのが [続きを読む]
  • 行動分析学をマネジメントに落とし込める素晴らしい本だ
  • 行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書)713円Amazon 行動分析学とは文字どおり、人の行動を分析する学問のことだ。分析とはその原因の究明にある。つまり、人が行動した時に、なぜその行動をするのか?に焦点をあてて分析をしてくのが行動分析学だ。 この行動分析学はスポーツなどにも用いられるものだが、企業のマネジメントにもうってつけと言える。今回、ぼくはマネジメントする立場にいる関係 [続きを読む]
  • 本の読み方
  • 会社が生まれ変わる「全体最適」マネジメント1,728円Amazon 今日は国際レディースバドミントン親善試合にきております。理事をされている方からのご招待で、少し顔を出すことに。 いまはなんばのマックで休憩中。 なんだか、本を読む気分ではないことに気づく私。その理由はマックという環境にもあるかもしれません。 マックはファミリー層や若年層がよく使うところ。その客層はおしゃべりが主流です。スタバみたい [続きを読む]
  • 中国だけじゃない、日本の姿もみえてくる
  • スッキリ中国論 スジの日本、量の中国1,620円Amazon 歴史的名著ではなかろうか?そう思えるほどに痛快、かつ簡明で明確、なにより実用的だ。 サブタイトルにもあるように日本はスジを中国は量を意識することが根底にあるという。そこから両者が結論づけることや結論までの思考過程の違い、そもそもの歴史観の違いなどが書かれている。最も端的に示しているなぁと思うことがこの一文。 「日本はスジ論社会でどんなに [続きを読む]
  • 人生のビジョンはあるか?
  • 会社経営をしていると「ビジョン」「ミッション」「バリュー」、これらのことばに頭を悩ませることはないでしょうか?世界的名著「ビジョナリーカンパニー」に「製品サービスではなく会社自体が一つの素晴らしい資産にすること」がありますが、まさしく、「会社」を永続させるためにはどんなに素晴らしいビジネスモデルだけではダメで「ビジョン」「ミッション」「バリュー」が必須になります。 ザ・ビジョン 進むべき道は見 [続きを読む]
  • 入り口から出口までフォローしてくれる教科書的存在。
  • マネジメントの教科書のような存在。非常に優しい印象を持ちます。きっと穏やかな人なんだろうなぁって。はい、どうでもいいことですね。 指示待ち部下が自ら考え動き出す!1,512円Amazon きっと狙っている層はふだんなんとなく「マネジメントの壁」にぶつかっているがそこまで本気で改革する気もないし。。。っていう層なんだろうなぁ。そこが一番大きいし。 あ、なんでそう思うか?っていうと、タッチが優しいからです。 [続きを読む]
  • 売れている理由がよくわかる
  • Amazonビジネス書ランキングで1位を何周か取っている本です。 学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)1,566円Amazon よくわかりました。この本がなんで1位をとり続けられるのか? シンプルに「わかりやすい」の一言。そう、めっちゃわかりやすいんです。この本。 図とシンプルな文の構成なので、わかりやすい。 ただ、本の内容的にはそんな突飛なことはないです。基本的に基本のことをま [続きを読む]
  • 人を信頼するのが手っ取り早い。性弱説にたつべきだ。
  • ご存知の方も多いのではないでしょうか?映画界、動画界、インターネットストリーミング界にありとあらゆる旋風を巻き起こしている巨大企業、Netflix。 又吉さんの「火花」でも話題になりましたよね。 その超急成長にして巨大企業のナンバー2が明かす全貌が綴られています。 NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く1,728円Amazon まず、ぼくのフィルターとして人事や文化の作り方の最適解はその企業に合ってい [続きを読む]