SATTVA・SATTVA さん プロフィール

  •  
SATTVA・SATTVAさん: インド・アート日記
ハンドル名SATTVA・SATTVA さん
ブログタイトルインド・アート日記
ブログURLhttp://sattvasattva.blog.fc2.com/
サイト紹介文インド・バンガロールより、日々の暮らし、アートを中心に綴ります。
自由文インド・バンガロールに暮らして12年。
2人の息子はティーンエイジャーとなりました。
ゼンタングルというアートの講師(CZT)をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 150日(平均2.6回/週) - 参加 2017/06/28 22:19

SATTVA・SATTVA さんのブログ記事

  • ホワイトフィールドのマニパル・ホスピタル
  • 数週間前から喉の調子が悪いです。今日やっと時間が取れたので、病院に行く事にしました。朝一番の時間に予約。予約はウェブサイトから、診療を受けたい科とドクター、日時を選ぶだけ。予約を入れるとすぐに携帯にメッセージが届きました。私にも出来る。簡単でした!病院は、家から歩いて行けるところにあるManipal Hospital。昨年、うちのコミュニティーの真向かいにできました。子どもの咳が止まらなくなった時に、エマージェン [続きを読む]
  • 井上涼の仕事
  • 遅ればせながら、井上涼さんを知りました。そして、井上涼さんの大ファンになってしまった。作品を見終わった後、すごくいい気分になるのは何故でしょうね?理由は何だろうなぁと、あれこれ考えています。開放感…かな。何かが解放されるんでしょうね。だから、気分が良くなる。井上さんが好きなものを、楽しんで作っている感じ…この感じがいいのかもしれない。「これでいいのだ!」と、バカボンのパパに言われている気がしてくる [続きを読む]
  • タクシー予約で超ドタバタ
  • 昨日は、久しぶりに英語での「初めてのゼンタングルクラス」でした。英語は何年経っても上達しないので、朝は少々緊張。こういう時は焦らないように、ちょっと早目に着きたいなあ。そう思って、予定より早目にタクシー予約のアプリを立ち上げてみました。しかし…。時間が朝のピークアワーにかかっているせいか、タクシーがなかなかつかまらない。(汗)幾度かトライして、やっと予約が出来ました。しかしこのタクシー、お客さんを載 [続きを読む]
  • 言語の化石化
  • 今日は久しぶりに英語で「はじめてのゼンタングル」のクラスを行います。英語でのクラスはずっとやってきていますし、クラスの基本は描く事。なのでそんなに難しい英語を使う必要はないのです。みんな優しいし。けれども「はじめてのゼンタングル」では、ゼンタングルって何?という説明から、ゼンタングルとの出会いの話まで、全て英語でやらなくてはなりません。久しぶりだし、ちょっと緊張。お話を持ってきてくれた方はドイツ人 [続きを読む]
  • 祭りとテスト疲れ
  • インドのインターナショナル・スクール。夏休みが終わり、新しい学年が始まるのが8月の10日あたり。2ヶ月もの長い夏休みが終了!と思っていると、各種祭りが始まります。ガネーシャ祭に始まり、ムスリムのお祭りラマダン、ダサラ祭、ドゥルガ祭、聖人や神様の誕生日をお祝いする日もあります。ディワリ祭で大きな盛り上がりを見せ、最近ではハロウィンまで頑張ります。途中途中で、テストもありますから、祭り&テスト勉強という [続きを読む]
  • 子どもの頃の絵と記憶
  • 自分の中学生、高校生の頃のこと、よく憶えてません。ましてや幼少期の記憶は霧の彼方。母や姉と昔の話をしていると、いかに私が何にも憶えていないのかに気付かされ、驚きます。姉が昔の記憶を詳細に説明するのを聞きき、「えーっ!」と思う事が色々ありました。私は、かなりの確率で「記憶違い」をしているんですよね。人間は都合の良いように、記憶を書き換えるというけれど、本当だなあと思いました。父親が危篤状態になって、 [続きを読む]
  • カラリングアプリにはまる
  • スマホ用のカラリングアプリにハマってしまった。昨日は仕事に行く道中、車の中で使い続けてしまいました。いつもは長く感じる移動も「もう着いたの!」というくらい、短く感じました。スマホに入っている自分のイラストに、適当に色を付けていく。影をつけてしまったものは、エッジに上手く色がのりません。デジタル着色するなら、やっぱりペンだけのスッキリした線じゃないと駄目だな。当たり前か。この様に画面が汚れているのも [続きを読む]
  • 携帯のアプリ
  • 新しいテクノロジーに対して、いつも及び腰の私。インスタグラムをやり始め、分からないなあと思いながら使っています。インスタはどんどん画像が入ってくるので、処理しきれない戸惑いがあるのですが、これはこれで違った脳の使い方をしなきゃいけないという事を学んでいます。思いがけず、面白いアーティストを見つけたりするのは楽しいなあ。カナダ人のGosiaさんという素晴らしい彫刻家を見つけました。こいうのはインスタの凄 [続きを読む]
  • デリーの大気汚染
  • 昨日はビックリニュースがもう一つ!デリーの学校が12日まで休校になったというニュースです。驚きました。CNNニュースの記事 ↓ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーがあるデリー州政府は8日、深刻な大気汚染が続いている事態を受け、全学校を12日まで休校とする異例の措置を発表した。全市に衛生非常事態を宣言するよう求める声も強まっている。ニューデリーでは7日以来、微小粒子状物質PM2.5の濃度 [続きを読む]
  • ショッキングなニュース
  • 昨年の11月9日は、突然のMonetization(高額紙幣の刷新)によって、インドは大混乱の日となりました。8日の夜に突然夫が「あと4時間後に500ルピーと1000ルピーが使えなくなる。」と言った時には、何を言ってるのか?意味がよく分からなかった。次の日になって、にわかに事態が把握できてきて、こんな事をやるインドという国に対して驚きや不安を感じた記憶があります。年末までは、現金が不足した状態でしたし、この煽りを受けて仕事 [続きを読む]
  • ドクラ (Dhokra) の象さん
  • 昨日、子どもの歯医者さんの予約が突然キャンセルになってしまいました。でも息子は学校に行っちゃったし、学校に連絡しても上手く彼にメッセージが伝わるかどうか分からないなあ。なので.........歯医者は行かないけど、仕方なく歯医者近くの道路脇で息子をピックアップする事にしました。しかし、ピックアップポイントに着いて、はたと、時間を間違えている事に気がつきました! 私、こういう間違えが実に多いのです…。仕方ない [続きを読む]
  • 雨、雨、雨
  • 今年は、記録的な降雨量らしいですね。ディワリ祭の後、青空が見え、やっとモンスーンも終わったかあ!と思っていたのに。昨日は午前中から雨が降り出して、降ったりやんだり。お陰で洗濯物がぜんぜん乾きません。昨日の物も乾かないので、ユーティリティルームが洗濯物でいっぱいです。そして昨日は何度も停電。夜、二男が電子ピアノの練習をしている時、突然真っ暗に。窓から外を見ると、どうも全てのタワーの電気がついていない [続きを読む]
  • 学年末考査の時間割
  • この間やっとテストが終わリ、ホッとしたのも束の間…。学校から学年末考査の時間割が送られてきました!10年生(高校1年生)の長男のテストは、時間割を見るだけで倒れてしまいそう。子ども達の学校はインターナショナル・スクール(IGCSE)ですから、インドのカリキュラムを採用する学校よりも楽なはずなんです。教科によっては、3つのペーパーを書かなくていけません。しかも1つのペーパーが、1時間半から2時間です。例えば、ジオグ [続きを読む]
  • 南方熊楠と野生について
  • 中沢新一が展覧会のディレクターをつとめる「野生展」が、六本木の2121デザインサイトで始まりました。http://http://www.2121designsight.jp/documents/2017/10/wild-open.htmlこれは和歌山県が生んだ天才、南方熊楠をフィーチャーした展覧会でもあります。まずは、この展覧会の主旨を中沢新一の言葉でご理解下さい。ディレクターズ・メッセージ人間みんなが同じ世界に生き、同じような体験をして、夜見る夢も同じようになってい [続きを読む]
  • 南インド料理
  • 子ども達は食べ盛り。毎日学校からお腹を空かせて帰ってきます。ですから、子ども達が帰宅する時間に、おやつではなく、しっかりとした食事を食べさせる事にしております。4時にガッツリと食べ、夜の8時頃にも軽く食事!うーん、育ち盛りの男子の食欲には驚くばかり。帰宅時間に合わせ、毎日3時頃に食事を作り始めます。1時間で作り終わる事が出来る、簡単でヘルシーでボリュームのあるメニューをいつも必死で考えるんです。インド [続きを読む]
  • ゼンタングルクラスとインドの国境線
  • 11月1日はカルナタ州の日でした。昨日、ゼンタングルクラスのためにうかがったお宅では、アパートメントの入り口に、州の日を祝う床絵がまだ残っておりました。カルナタカ州の色は黄と赤。州を象徴する絵柄が様々に描かれており、色粉もふんだんに使いなかなかの力作です。黄と赤の州旗も風に舞っておりました。昨日は、州旗をたなびかせて走るバイクやオートも結構走っていましたね。さて、昨日のクラスは「インドの地図を描く」 [続きを読む]
  • タブラ奏者・ユザーン
  • ラジオを聞くのが好きです。ラジオなら、聞きながら仕事が出来ますもんね。日本のラジオもポッドキャストで聞けるんですよ。先々週、バイオリン奏者の葉加瀬太郎さんのラジオ番組にユザーンが出ていました!ユザーンは、日本人のタブラ奏者です。インド人ではありません!(笑)日本一のタブラ奏者ですが、飄々としていて、力が抜けた感じがとても好きなんです。葉加瀬太郎も好きなんだけど、この二人のトーク、良かったなあ。二人と [続きを読む]
  • ハロウィン
  • 昨日はハロウィンでした。ここバンガロールでもハロウィンの日は盛り上がります。バンガロールは、インドのシリコンバレーと呼ばれています。アメリカとインドを行き来するエンジニアが多いので、アメリカの文化が入って来やすい土地柄です。ただ、ここではアメリカ並みの気合いの入った変装は見られません。子ども達はハロウィンが好きですが、大人はハロウィンに対して思い入れがありませんから、コスチュームも買ってすませるっ [続きを読む]
  • インスタグラムについて
  • 子ども達がインスタグラムという新しいSNSを使っているらしいのですが、そこにポストした写真を見せてくれない。そこで、子ども達のポストした写真見たさに、私もインスタグラムというものを使ってみることにしました。姉からは、その行為はストーカー!!と、怖がられました。若者の間ではインスタグラムが大流行りらしいですね。使い方が良く分からないので、結局は子ども達が色々やってくれました。様々なメディアやSNSが登場し [続きを読む]
  • ランゴリ/デザインブック
  • インドの伝統的な床絵やメヘンディーで描かれるのは、吉祥文様。それぞれの文様には意味があって、母から娘へと伝承されていきます。 最近ではランゴリも意味を離れ、より美しく見栄えのするものが好まれる傾向があります。ですから積極的に新しいデザインを取り入れて描こうという人達もいます。 インドの新聞(地元紙)には、ランゴリのデザインが毎日掲載されているので、気に入ったデザインがあれば、切り抜いてとっておきます。 [続きを読む]
  • 歯科矯正
  • 二男の前歯、永久歯に生え変わった時、上手くスペースが確保できなかったのか?2本のうち1本だけ前に飛び出してしまいました。そんなに目立ちはしないのだけれど、昨年頃から歯科矯正に行きたいと言いはじめた二男。彼は現在13歳。歯科矯正をしている友達が何人もいるようで、友達の歯並びが矯正によっていかに直ったかを語ってくれます。私達が子どもの頃は、歯科矯正はお金持ちのシンボルでした。今でも保険がきかない歯科矯正は [続きを読む]
  • インド・大地の民俗画
  • ランゴリの事を考えていたら、久しぶりにむかーし買った本を読みたくなった。この本はあのマザーテレサに撮影を許された、 写真家の沖 守弘さんと、南アジアの考古学・民俗学の研究者である、小西正捷さんの共著です。私は2000年にインドで初めて床絵を見て、えらく心動かされ、虜になった。床絵について書かれた、いい本はないかなあと、探していたところ この本を見つけた。沖さんは、100回以上のインド取材で、自ら車を運転して [続きを読む]
  • フラワー・ランゴリ
  • インドでは、花で床に絵を描く伝統もあります。これは「フラワー・ランゴリ」と呼ばれます。ケララ州のヒンドゥー教のお祭り「オーナム」でのフラワー・ランゴリが有名です。インドでは、路上に花売りがいて、安い価格でマリーゴールドや薔薇の花びらなど、色とりどりの花が手に入ります。特にお祭りの前になると、黄色やオレンジ、白や赤の花びらが山盛りで売られています。さて私も昨日、花が手に入りました。なので、今朝はフラ [続きを読む]
  • 床絵(ランゴリ)を描く
  • 昨日はお義母さんの五回忌でした。お義母さんは、徐々に身体が動かせなくなるという難病にかかり、五年前に亡くなりました。日本でも様々な病院で診てもらいましたが、原因はつきとめられず。神経の伝達に問題があるらしい事までは分かったのですが、残念ながら治療法が見つかりませんでした。私たちがインドに住むようになった頃には、ベッドから起き上がる事も難しい状態で、最後の数年間は自力で動く事は全く出来ませんでした。 [続きを読む]
  • 父と祖父の事
  • 9月5日(火)の午後、携帯に電話がかかってきた。それは母だった。お父さんの意識が戻らない。大学病院に搬送された…という。母の声は平静を装ってはいるが、明らかに動揺していて、その声のトーンに私も動揺した。私の父は82歳。昭和10年生まれ。大阪の裕福な履物問屋の二男坊として生まれ、子どもの頃は贅沢な暮らしをしていたらしい。父の思い出話の中には、この頃の豊かな暮らしぶりをうかがわせるエピソードがいくつか出てくる [続きを読む]