jun-sandyのブログ さん プロフィール

  •  
jun-sandyのブログさん: jun-sandyのブログ
ハンドル名jun-sandyのブログ さん
ブログタイトルjun-sandyのブログ
ブログURLhttps://jun-sandy.muragon.com/
サイト紹介文サーフTのデザイン・販売始めました。サーフィンや自然のこと、日々思っていることを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 168日(平均7.8回/週) - 参加 2017/06/29 21:21

jun-sandyのブログ さんのブログ記事

  • まだそれ言っちゃう?
  • 今やっているバイトが12月いっぱいで終了。 来年1月からのバイトを探していてふと思ったこと。 バイト情報サイトを見ていると、 「大手で安定した仕事」、「一部上場企業で働きませんか」かって。 これ今でも通用するのかいな?って思ってしまいます。 大手=安定 なのかなぁ〜?? 一部上場だから、大手だから、安定しているの? 世の中、まだまだこういった思考をしているのかぁ〜 もう、そういう時代じゃないとは思 [続きを読む]
  • とぉ〜い昔。(Once upon a time)
  • 家の近くに小学校があります。 校庭は広くそれはそれで良いのですが、こういう風の強い日(10日)には、 砂が巻き上げられ、家の中が砂だらけぇ〜になるので、 窓は開けていられないのです。 これで思い出しのが、僕が通っていた日吉にある「下田小学校」のこと。 風の強い日など、スプリンクラーで水撒きをするのです。 これ、子ども心に面白くて、面白くて、休み時間にこれで遊んで、 ずぶ濡れになり、先生にこっぴどく [続きを読む]
  • これが「僕」です。
  • これまでも、これからも本音でいきます。 このブログに関しても・・・。 営業をしていた時も、駆け引きは一切しませんでした。 直球勝負のみ。 変化球を使ったところで、打たれる時は打たれるし・・・。 全身全霊をを込めた直球を打たれたのなら、簡単に諦めもつきます。 「あ〜しょうがないや」あちらの方が一枚上手だったのかと・・・。 お客相手でも間違っている時は間違っているとはっきり言います。 どちらかがうわべ [続きを読む]
  • これ日本だけじゃないかなぁ〜。
  • 真っ先に頭に浮かぶのは、「なんとかローン」=「マチキン」。 日本って簡単にお金を借りられちゃうんですよね。 その昔は、この「お金貸します」って言うのがあまりイメージが良くなくて、 銀行が子会社みたいなものを作って、お金を貸していたけど、 最近では堂々と銀行名でお金を簡単に貸しちゃってますよね。 これ、海外ではあまり見ない、あまりと言うか全く見ないです。 最も英語圏しかわからないけど、ドイツとかイタ [続きを読む]
  • 選択の連続ですねぇ。
  • 当たり前の話ですけれど、「生きる」ってことは ある意味、「選択の連続」ってことなんですよね。 生まれてくるのも選択? って話もありますが、こればっかりは・・・ ただ考えてみると、今ある自分の境遇だったり環境と言うのは、 それまでの自分が行った選択の結果。 恨んでみたり、喜んでみたり・・・。 ただ、ただ思い返してみてください。 今ある自分は自分が選んだ結果です。 これからもそのような選択を続けるのか [続きを読む]
  • どこか違和感。
  • ワーホリの時、1年ぶりに日本へ帰国した時の印象。 やはり広大な国土を持つオーストラリア、人口も少なく自然だらけの国で たった一年過ごしただけなのに、 成田に到着後、友達が迎えに来てくれてたので、 その車に乗って、高速湾岸線を走る。 ご存知川崎の工業地帯、空気が淀んでいる、 そして空は青空だけど、どことなくグレー色、オーストラリアのそれと比べて。 え〜日本てこんなに空気が・・・って言うのが第一印象。 [続きを読む]
  • 神奈川は田舎です!
  • つい最近バイト先を変え、電車で通勤しています。 ただそれが問題で、茅ヶ崎初の相模線。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、 「単線」なのです。 そして、ドアは自分で開けないと乗れない・・・降りるときもしかり。 単線だから、駅での他方向の電車の待ち合わせ時間の長いこと、長いこと。 イラっとします、長い時で5分〜7分くらい。 全てのドアを開けっ放しだと、冬とか夏の間の冷暖房の効率が悪くなるので、 ド [続きを読む]
  • 体力の低下?
  • 誰もが口にする、「年をとると体力が落ちる」と。 果たしてそうなのかなぁ〜と。 そりゃ確かにそうかもと思いもしますが、ちょっと待って下さいよ、 10代、20代、30代の頃を振り返ってみて下さい。 それなりに「運動」してましたよね。 では今は?  「全く」・・・と言うのが聞こえてきそうな。 それじゃ体力落ちてきますわな。 日頃歩いてますか? 適度な運動してますか? 筋肉は幾つになっても作れるものです、 [続きを読む]
  • 冬だけは・・・。
  • 会社員の頃、ネクタイだけには凝っていました。 特に冬になると、上から下まで色的に地味〜そのものですから・・・。 基本スーツは、紺かグレー、たまに茶とかありますけど、 靴も黒か茶・・・ですよね。 なので余り違いが出せないと思い、ネクタイだけはと思った次第。 ただ巷では、余りいいもの(カラー的に)売っていない。 仕事途中で、新宿・伊勢丹のメンズ館とか方々探しても余りいいものはない。 僕に美的センスがな [続きを読む]
  • そろそろ
  • 僕はクリスチャンでもなんでもありませんが、 ラジオで聞いたいい曲だったので、アップします。 そろそろそんな季節なんですね、「クリスマス」 ちょこっと幸せになれる、曲の一つになりました。 よかったら聴いてください。 Chris Rea ~ Driving Home For Christmas (1986) [続きを読む]
  • あ〜まただ。
  • つい先日ブログで「匂い」について掲載させて頂きました。 あまり強烈な香りもある意味、香害に近い・・・と。 また、出会っちゃいました。 先日寒かったので、 「よっしゃ、今日もチゲ豚鍋で温まろうっと」。 そして着席・・・その時は気づかなかったけど、 2〜3分過ぎてから、甘〜い香り・・・それも強烈に・・・・。 え〜〜〜〜〜〜〜〜やめてヨォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。 チゲ鍋到着・・・・チゲの香りと甘い香りが混ち [続きを読む]
  • 大切な忘れ物。
  • 自分で書いた「南の島のこと」で思い出した本が一冊。 今日仕事の休憩中に、それの一節を読み返して見て、ハタと思い出したことが・・・。 「素の自分」になれているのだろうか、「素」という言葉がこの際適当かどうか? であれば、「本当の自分」に置き換えても。 これだけでは、あまりにも抽象的・・・ですよね。 僕もそうなのですが、どうも他人の考えに依存しすぎているような気がするのです。 例えば、「他人に迷惑をか [続きを読む]
  • 南の島のこと・2
  • 昨日の続き。 この島の人口は2千人程度、周囲は車で20分程度で回れてしまうので、 大きさはラロトンガ島の半分程度かな?。 島にはグローサリーストアー(雑貨や食品も売っている)も一軒ほどしかなく、 宿も一軒程度、ホテルと呼ぶにはほど遠い。 当然レンタカーなどなく、そのへんのおじさんに交渉して一日幾らかで借りた。 ま、不便な島だけれど、なぁ〜んかいい感じ。 少し散策でもと、フラフラしていると、木陰で [続きを読む]
  • 南の島のこと・1
  • 今回は少し長くなるので、2日程度に分けます。 じーちゃん先生のブログに「星空」のことが記事になっていて、 思い出したのが、クック諸島のメインランド「ラロトンガ島」と、 (戦場のメリークリスマスのロケ地だそうです) そこからセスナで40分程度の小さな「マンガイア島」のこと。 以前ブログで書いたような、そうでないような・・・ま、いいか。 場所は、日本からの直行便はなく一旦ニュージーランドのオークランド [続きを読む]
  • 最高の「笑顔」
  • 「最高の笑顔」最近見てないなぁ〜・・・・ と思うと、サーフィンサボっていたっけ。 年に1回あるかないかの、パーフェクトな波。 空にはキラキラの太陽、海の青と空の青。 風もなく、穏やかな海面、突如として波が盛り上がってくる。 「キタっ!」、一気にパドルを始める。 波待ちしている連中もまばら。 いい波、乗り放題! 神様がくれた至福の時間。 「師匠」が僕の少し前でボードに座ってこちらを振り返る。 こんな [続きを読む]
  • ないかなぁ〜んなお店
  • だいぶ以前から考えていたこと。 美味しいお店はごまんとあることはあるとは思うのですが、 「ご飯」「味噌汁」「漬物」にこだわっているお店ってあるのかな? と。 御飯、別にブランドにこだわる必要もないかとも思うのですが、 やはり電気釜とかじゃなかくて、「はじめチョロチョロ・なかぱっぱ」でしたっけ? 一人分の厚釜、薪で炊いてくれたら、そりゃもう最高。 味噌汁も鰹節に拘って、何とか産と何とか産のミックスと [続きを読む]
  • 感謝!
  • 僕は今までに何人の人に出会ってきたんだろうか? ふと考えることがあります。 その中でも、今思うと可愛がってくれた先輩・上司。 本当に恵まれていたと思います。 特に印象に残っているのが 渡豪前、お金を貯めるためにバイトした時の先輩と言うか上司ですかね。 僕はまだ19才くらいですから、社会も、仕事の右も左も分からない・・・。 「お前はなんでそんな馬鹿なの?」といつも言われていましたっけ。 ここをこ [続きを読む]
  • やはり「Blue」
  • Tシャツのデザインを始めて約半年。 綺麗な色をと思って色々と試行錯誤。 ただ、やはり僕は「Blue」が好きなんだなぁ〜と思った次第。 デザインが決まると、最初の色はどうしても「Blue」で始まってしまう。 飽きられるかな?と思って、色々な色を使うけれども、 結局は「Blue」に戻ってしまう。 もういいやぁ〜、この際「Blue」を基本に行くことに決めました・・・笑い 今後はこの「Blue」を基本に、 [続きを読む]
  • The 6th 「ティシャツ・プレゼント」
  • え〜、今月もやって参りました、「ティシャツ・プレゼント」 しつこいようですが、企画意図を少々。 僕がデザインし販売している「京都イージー」ティシャツは、値段が「高い」です。 それに僕がデザイン・プリントし、もっと高くなります・・・笑。 でも、品質がいい・・・いい? だからどういいの?  「着て頂いて初めてわかるこの品質の良さ」、そんなこともあって始めた企画です。 (デザインはともかく・・・です) [続きを読む]
  • ダイエットのこつ。
  • 会社にいた頃、仕事の合間、合間にお菓子を食べているそんな女性がいました。 でもその女性は太ってはいなくて、どちらかと言うと痩せ気味なんです。 聞いてみると朝・昼・晩もきちんと食べている。 なぜ太らないかお分かりになりますか? これ理にかなっていることなんですよね。 三食きちんと食べていても、ど〜しても小腹は空きます。 その空腹を満たすためにお菓子をなんて言うのは非常に合理的だそうなんです。 空腹に [続きを読む]
  • 本当に「辛い」
  • いつの頃からか、 世の中ではどこかしら甘く味付けされた食べ物が主流になっている気がしませんか? まず食べて腹がたつのは、「生姜焼き」。 生姜焼きがなぜ甘い? 辛いもの好きな僕にとっては・・・ラー油、唐辛子をかけて食べる始末。 親子丼とか、最初から甘いとわかっているものはしょうがない・・・。 そんな中で先日食べた吉野家の関東限定の「鬼辛チゲ鍋」 「鬼辛」とうたっているのと、 注文時に店員さんから「本 [続きを読む]
  • 「硬直化」
  • 会社員を辞めてから色々な企業で仕事をしています。 やはりある程度、社会や会社での経験を積んでいるせいか、 その企業の問題点や改善点が目について仕方がないのです・・・笑い。 バイトの身分、そんなこと恐れ多くて指摘なんぞはしませんがね。 ただ共通して言えることは、組織が「硬直化」しているのです。 組織=働く人達の頭が凝り固まっている。 僕は怠惰な性格ゆえ、色々なことを単純化し簡単にしていく、 いかに楽 [続きを読む]
  • 笑ってしまった犬の事。
  • 僕はラブラドールを飼っています。 もう14才くらいのおばぁちゃん犬なんですが、 子犬の頃のおもしろエピソード。 ある夏の夜の散歩、 とある工事中のコンビニ、窓ガラスには「ガラスあり」とのシールが貼ってある。 もうご想像が付くと思うのですが、犬はそんな張り紙なんて関係ない。 ガラスに映った自分の顔、多分他の犬がいると思ったのでしょう。 ガラスに体当たり、当たり前ガラスに阻まれます。 犬は「何が起こっ [続きを読む]
  • 「失敗」は失敗じゃない!
  • 先日「じーちゃん先生」のブログに貴重な記事が掲載されていて、 (毎回貴重でためになるんですけど) 共感したと共に、それを「次に生かす」ことが大切なんだと改めて考えさせられました。 僕もビジネスにおいて、プライベートにおいても沢山の「失敗?」 なるものを経験してきました。 ただでも思うのは、失敗したとか、しないとか、それ自体は問題ではないと思うのです。 結果はあくまで結果であって、それ自体には意味は [続きを読む]
  • 捨てたもんじゃない!
  • 「今の若いやつは」なんてことを言うつもりはさらさらありません。 って言うか、自分の若い時に比べれば、 今時の若い人の方が・・・・と逆に思ってしまいます。 昨晩、仕事帰りにセブンイレブンで買い物をした時のこと。 レジ対応をしてくれたのが、まだ10代後半くらいの感じのいい青年。 隣のレジが詰まっていることにすぐに気づき、僕のレジ対応。 「隣のレジをチラッと見て」次に僕が列に並んでいるのをチラッと見て、 [続きを読む]