どろしぃ さん プロフィール

  •  
どろしぃさん: 虹の彼方に
ハンドル名どろしぃ さん
ブログタイトル虹の彼方に
ブログURLhttp://dorothy.blog.jp/
サイト紹介文飲酒歴30年。引きこもりの日中飲酒から、やっと断酒生活スタート。心のことや、夫婦間の問題等々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 226日(平均3.1回/週) - 参加 2017/07/01 19:16

どろしぃ さんのブログ記事

  • ◆ お正月ダイキライ
  • だんだんとブログから遠くなりこのまま消滅してしまいそう。バタバタ毎日過ごしているうえ年末何かと押し迫りさらに時間が少なくなってその中でわたしにとってのブログの優先順位がうんと下がってきているのは事実。今年はお酒をしっかり止める方向に進めた。でも昨日も、冷蔵庫を開けたとき、あぁ、ビール飲みたい、と思って、やっぱり、その時は本当に1本だけ飲んでしまおうかと揺れた。朝から1日中、飲んで酔っ払って、毎日が [続きを読む]
  • ◆ 爺さんのイベント
  •  私の長女は、私の実家、夫の実家、どちらにとっても初孫だった。舅姑はそれはそれはかわいがってくれた。でも、長女が4歳の時に二人とも亡くなった。そのあとは、私の父の出番だった。ことあるごとに、いちいち理由を付けて、呼びつける。誘う。弟夫婦の子もふくめ、各孫の誕生日会はもとより、極めつけは、「おじいちゃんの誕生日会」も自ら催した。私も弟も母も、そのようなお祝いをしてもらったことはない。毎年、父の誕生日 [続きを読む]
  • ◆ トイレ事情
  •  トイレのウォシュレットが使えなくなった。20年前に取り付けたトイレ、一体型で、修理はできず、丸ごと買い替えるしかないと言われた。水は流せるし、便座の暖房はきいてるし、まぁ、お尻洗えないくらい、大丈夫なんじゃないの?と思ったが洗わないことによるトイレットペーパーの大量使用。夫が「助けてー!」と叫ぶので見に行くと「トイレが溢れた・・・」やめてよ。私が嫌な顔をすると、夫は「大丈夫。ウ〇チは流した後やっ [続きを読む]
  • ◆ 笑顔は3度まで
  •  外面の良い私です。でも、キレやすいです。若いころは特にすぐ何にでも怒っていたような気がします。でも、基本外面はいいので、ましてやそれが仕事ならなおさら、相手にキレることはまずありません。しかし、こちらが客の場合は話が別です。私は、基本、「3回までは許す」と決めています。もし、4回目に同じ過ちを犯されたらその時は絶対に許しません。責めて攻めまくります。ファストフードの店員さん、仏頂面でも、大概その [続きを読む]
  • ◆ ケンカを売るジジイ
  • 今朝、長女を送って行ったとき、駅で父に会った。先週、母に対する父の態度に私がキレて、父とはケンカ状態のようなままだった。私の車に気づいて、父が近づいてきた。お互いバツが悪い、いやーな顔。私「お母さん、どうしてる?」父「そんなもん、元気にぴんぴんしとるがな。」元気?手術後の人間に使う言葉か?すると父は「アンタなぁ!」と私に向かってキレた口調で言い始めた。「ワシに、『お母さんに優しくしてあげて』とか言 [続きを読む]
  • ◆ 中年女の外面
  •  あれこれ悩んで、ネガティブな私です。ブログでは、たぶん、好んで「不幸話」をさらに盛って悲劇化しています。実際の私は、人前ではいつもニコニコしています。楽しそうにしています。子どものころから「いつ見ても笑顔だね。」とよく言われました。先生や上司から、注意や叱責を受けているとき笑いながら謝ってしまう、あのパターンの人間に限りなく近いと思います。単純にヘラヘラしているんじゃなくて、相手を傷つけないでお [続きを読む]
  • ◆ 父のモラハラ
  •  母が退院しました。相変わらず、私には1日12時間くらいしかないようで毎日があっという間に終わってしまいます。もっと時間が欲しいです。忙しいんだか、自分の段取りが悪いんだか、トロくさいんだか、とにかくやることと考えることが多くて正直しんどいです。母は退院しましたが、手術の病理検査の結果はまだ出ていません。来週あたりに、結果を聞きに行きます。不安に思っても、結果は変わらないのですが、早く落ち着けると [続きを読む]
  • ◆ 弘法さんの日
  •  京都駅へ向かう一つ手前の駅名にもなっている東寺。弘法大師空海ゆかりの東寺で毎月21日に開かれる「弘法市」へ行ってきた。色々なお店がたくさん、外国人観光客もたくさん、紅葉とイチョウの景色も楽しめて良い1日だった。買ったものどら焼きたこ焼き漬け物 [続きを読む]
  • ◆ 悲観的な私 vs. 楽観的な娘
  • 先週、次女がブチ切れて、夫を責める事件があり私は、夫の醜態を許してきた自分を悔いていました。その翌日、思い出すと涙が出る状態でブログを書きました。悔やんでも時間は戻せない、どうにもならない情けなさ、娘たちを傷つけてきたことを悔いて、嘆いて、自分を責めて、心がつぶれそうに苦しくて、夫の数々の暴挙と醜態は私の責任であることをやっぱり次女に謝りたくて、学校へ行っている次女に、LINEで「ごめん」と送りま [続きを読む]
  • ◆ 母の内臓 
  •  16日、母の大腸切除手術は無事終わった。手術後、父と私は先生に呼ばれ、腹腔鏡での切除がうまくいったと知らされた。先生がプラスチックの箱を指さして「きれいに取れました。見ますか?」と言われ、父「イヤ、そんなもん見ません!」私「見ます!見ます!」と同時に発した。見るべきでしょう。そんなレアなもの、おそらくもう見る機会はない。パカっと開けられた箱の中に、母の大腸15センチくらい?が標本のように針で留めら [続きを読む]
  • ◆ 私が次女に嫌われる理由
  • 毎晩酔っ払ってリビングで大いびきで寝る夫に昨夜は次女がブチ切れて、泣いて怒った。私はもちろん次女に加担する。夫は酔っ払ってるから怪訝な顔をしてるだけ。怒鳴り返すでもなく、謝るでもなく、金切り声をあげる娘の言葉も理解できていなかっただろう。次女は就職が決まらないまま、とりあえずは国家試験を受けるため毎晩リビング横の自分の部屋で勉強している。夫は毎日ダラダラと晩ご飯を食べながら飲んでテレビは大音量で、 [続きを読む]
  • ◆ 2度とレンジでチンしません。
  • 道の駅で安納芋を買った。仕事の合間におやつにしようと楽しみにしていた。買ってから3日ほどすぎた。ついに食べようと思って、ググると、「低温で加温するとあの甘味が出る」らしきことを知った。ラップしてレンジ200wで10分。さらにひっくり返してまた10分。そこそこ柔らかくなったが、一部まだ固い気がした。すでに20分以上かけていたので、面倒になって、ここにきて「あたため(自動)」ボタンを押した。焦げる臭い [続きを読む]
  • ◆ 爆発的に怒る女
  • ちょっと不便で本数の少ない、JRのA駅まで、歩いて15分弱。徒歩圏内。比較的便利な私鉄のB駅まで、車で6、7分。距離にして約5?。徒歩不可。夫も娘たちも私鉄利用なので、私はほぼ毎日、B駅へ娘の送り迎えをする。娘二人とも免許を持っているが、車を買い与える余裕などない。駐車場を借りる余裕もない。夫の車と私の車と2台あるが、夫は通勤には車は使わない。夫は自転車で私鉄の駅まで行く。これは、褒めるべきとこ [続きを読む]
  • ◆ めんどくさい女
  • 情けないので原因の詳細は今は書きたくないのだが次女に「ママってめんどくさいな。」と言われた。そうだと思う。私は、昔から重い女だった。長女には時々「ママ、そういうのメンヘラ。」といわれる。メンヘラってなんだ?ネットで調べて、「メンヘラ女の特徴」を見ると、症例はいっぱいあって、まとめると「メンタル弱くて面倒な奴」的な感じ。まさしく私のことだ。察してほしい、分かってほしい、黙っててもやってほしい、気づい [続きを読む]
  • ◆ イチゴのおもちゃ
  •  私は、今、2匹の犬を飼っています。18才のお婆ちゃんMダックスと16才のTプードル♂です。Mダックスは、家に来た頃から、マイペースで過去にいた他の犬たちのようには甘えず、賢くて、たいして遊びたがらず、いつも女王様気取りでした。猫のように、一人で黙々と過ごしています。一番お姉さんだったから、仕方がなかったのかもしれません。Tプードルは、いちばん最後に飼った犬です。ずっと私のストーカーです。16年前 [続きを読む]
  • ◆ やっぱり一人ぼっち
  • 私は断酒会やAAに参加していないので、他の断酒経験者さんの様子は、ネット上で知る(読む)のみです。私は、正直、いまでも、飲んで酔っ払いたい、と思います。とくに、ちょっと心に引っかかるようなことがあったりするとお酒に逃げてしまいそうになります。寂しいとか、理解できないこととか、腹立ちとか、そういう場面にぶつかると、酔って逃げたい、と思います。でも、「飲んで酔っ払っていた日々」がどれだけ真っ黒けだった [続きを読む]
  • ◆ 母娘関係最悪な最近
  • 小さいころは、次女は本当にかわいかった。やりやすい子。聞き分けよく、いつもニコニコしていてだから、実は心の中でストレス貯めているんじゃないだろうか、とか本当はうんと我慢しているんじゃないだろうか、とか思ったりもした。それでも、結構大きくなるまで、比較的おおらかで誰もが「いい子」と言ってくれていた。でもなんか、気づくと、ここ数年、この次女が非常に扱いにくい。最近では 私は心底ブチ切れるほどのケンカを [続きを読む]
  • ◆ 全身麻酔・輸血・手術同意書
  •  母の、手術の日が決まり、今日は手術の説明を受けるというので同行した。範囲が広いので、腹腔鏡手術の予定だけれど、場合によっては急遽開腹の可能性もあるとのこと。怖い怖い。聞いてるだけで、気が遠くなりそうだ。右耳の遠い母は、幸いなことに、半分くらいしか聞き取れていないんじゃないだろうか。本人は「聞こえてる!」と言うけれど聞こえてないことはわかってないから、そりゃぁ母にとってはすべて聞こえていることに [続きを読む]
  • ◆ アルコール依存症者の独り言
  • 断酒を考えるたび、一人では自信がなくてかといって病院へ行くのも嫌で断酒会への電話は何度もかけようとしてはやめ、結局頼ったのはブログや掲示板。そしてスリップするたび、それらを放置して逃げ出した。あの時お世話になった掲示板を久しぶりに見に行くと今もちゃんとある。今回、6月にお酒を止められたとき、私は、お酒を止められたことを、掲示板に書き残した。返事も求めない、助言もしない、というたてまえのスレッドだが [続きを読む]
  • ◆ 一人になれる場所
  • 私が今居る2階の一部屋はもともとは結婚前の夫の部屋だった。舅姑の急逝後、この夫の実家に戻って住むようになったとき、この夫の部屋に、嫁入り家具やらベッドを入れて、夫婦の部屋(寝室)にした。が夫はそれ以前から、不倫で、ほとんど帰ってこなかったので、この部屋で一緒に寝たことはあっただろうか?記憶にない。10年ほど前に、夫が不倫相手に追い出されて、ここへ帰って来てからも夫とは一緒に寝ていない。この部屋では [続きを読む]
  • ◆ トイレで思い出す
  • ずいぶんブログをさぼってしまった。なぜかいつも、トイレに入ろうとするときにブログのことを思い出す。で、トイレから出たら忘れている。あと、洗濯物を干しているときも、決まってブログのことを考える。洗濯ものを干していて、空を見上げたら、真っ青なきれいな青空に雲一つなくて、空の様子というのは、幼いころにどこかの公園で寝ころんだとき、吸い込まれそうな感覚になったあの時の空と今も一緒で。私にとって、とてつも [続きを読む]
  • ◆「好き」の証明ができない
  • 久しぶりに、青空の広がる、良いお天気だった。洗濯ものをこれまた久々に外に干すことができた。肌寒かったこの数日から比べて、今日は初夏のように暖かくて物干しざおにタオルを掛けると、カメムシ野郎が、白いタオルにばかり集中してとまりに来た。どっさりとまりに来た。奴ら、色の見分けがつくとは、なかなかの知能じゃないか。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:* [続きを読む]
  • ◆ 隠れ飲酒の思い出
  • このカップには350?の缶ビール1本全部がスレスレの表面張力状態で入ります。焼酎だと、3分の1程度入れて、何かで割って、この、カップで、日に何杯も、飲んできました。料理をしながら、流し台の前で飲んでいるとき、この中身はほぼ酒でした。思い出深い、カップです。朝から、焼酎を入れて、シリコンのキャップを乗せておくと中身はカフェオレだと思われていたのでしょう。隠れて、というよりも、中身の正体を?隠して?飲 [続きを読む]
  • ◆ 姉弟
  • 検査で大腸がんが見つかった母はあと2週間ほどかけてあちこち検査をして、11月に入院、手術になるようです。久しく(お正月以来)会っていない弟と、母のことがあったので、LINEで連絡を取りました。子どものころ私は父と母が怖くてキライで、弟のこともダイキライでした。弟は物心ついた時から、よくキレて暴れて母の手を焼かせていました。「お姉ちゃんなんだから!」と何かにつけて犠牲を要求される私は弟なんかいらん、 [続きを読む]
  • ◆ 医者もいろいろ
  •  実家の母が、検査の結果、大腸がんがあることがわかりました。今日、父と母と、私と娘、4人で、検査結果を聞きに行きました。家の近くだからといって、何もこんな品のない医者のところで検査しなくてもよかったのに、と、話を聞く間に何度も思うような、医者全体のイメージの底辺にいるような風貌と物言い。医者の話を聞いて、医院を出たとたん、長女が「めっちゃ態度の悪い人やったな!感じワル??!」と大声で一言。社会人に [続きを読む]