Hisacchi さん プロフィール

  •  
Hisacchiさん: 誰もがわかりやすく健康予防医療を理解できるブログ
ハンドル名Hisacchi さん
ブログタイトル誰もがわかりやすく健康予防医療を理解できるブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hisayacchi/
サイト紹介文私は医師です。「食事」「睡眠」「運動」を意識して、病気にならない身体作りについてお届けします。
自由文私は医師です。
医療にはどうしても限界があります。そこで大切なのは「予防」です。日頃から「食事」「睡眠」「運動」を特に意識して、出来るだけ病気にならない年齢に応じた身体作りが必要です。
またネットには医師により、多数の嘘記事が発信されています。医師の嘘記事を正す事も医師の役目と考えております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2017/07/03 09:57

Hisacchi さんのブログ記事

  • 丸の内イルミネーション2018:「決意」をもって!!!
  • 今年も丸の内イルミネーションが開催され、街中はもちろんの事、ビル内にもクリスマスツリーを見る事ができる。    ▲出典『丸の内駅舎の見どころ』  東京駅丸の内南口出口を出て、丸の内ドームを見て左側から右回りに進んでいく。  〜KITTE〜   ▲動画:クリスマスツリーをKITTE外から見て、イルミネーションを見る(18秒)▲動画:KITTEの外から中に入り、クリスマスツリーを見る(36秒)   〜丸ビル〜こちらはユ [続きを読む]
  • 乾燥肌にお勧めの保湿剤は?
  • 初めにお断り申し上げますが、このブログは特定の商品を宣伝する目的ではありません。  空気が乾燥する冬の時期になると、皮膚も乾燥し、肌荒れなどが気になる方も多いと思います。そもそもなぜ、加齢と共に乾燥肌になるのでしょうか?その原因物質の1つは「ヒアルロン酸」です。    加齢と共に膝関節が痛くなる人がいますが、あれも関節内のヒアルロン酸が減っているからです。ですから、時々整形外科で関節内にヒアルロン [続きを読む]
  • 都心から近い埼玉県の紅葉人気スポット「平林寺」に行ってきました。
  • 毎年11月〜12月上旬頃となると紅葉の季節である。関東の「紅葉人気ランキング」を調べてみると、行ってみたいスポットはたくさんあったが、都心から遠い所が多い。都心でも人気ランキングに入っているスポットはあるが、どうせなら車がうるさくなく、また都心から遠すぎない場所はないか探してみた。  するとあるサイトで全国で第13位、埼玉県で第2位にランキングしているスポットを見つけた。それが『金鳳山 平林禅寺』である [続きを読む]
  • 「ブルーライトで失明の危機」という論文が発表されましたが・・・
  • 今やパソコン、スマートフォン、テレビ、ゲーム機器などあちこちに存在するブルーライト。  2018年7月5日、業界有名紙「Nature」にブルーライトが網膜を傷つけ、失明を起こすメカニズムが明らかになったとする論文が発表されました。    専門的な話になるので、ここは簡単に説明します。  網膜の視細胞には光に完治して脳に信号を伝達するための「レチナール」という分子が存在しています。このレチナールにブルーライト [続きを読む]
  • 日本一の風俗街「吉原」へ・・・街探検に行ってきました!!
  • 『TABICA』というパワースポット巡りのイベントを企画するページに、「吉原」を探索する企画があり、地元在住の日本唯一の遊郭書店店長が案内人となって街探検してきた。吉原というと日本一の風俗街、昼間とは言え1人で行くのはなんとなく怖いイメージがあった。  ところであなたは「遊女(風俗嬢)」というとどんなイメージがあるだろうか?見知らぬ男と当時の表現で「床入り」するわけである、思うところはあるだろう。それに [続きを読む]
  • FBメッセンジャーで自分自身へ送信!!
  • Facebook登録の方、ご存知でしょうか?Messenger機能において、自分自身にメッセージを送信できる事を。  これはMessengerを開き、「??Messenger」に自分の名前を入れてスレッドを作成すれば、送信可能です。  これ、結構便利ですよ。スマホやiPadで撮った写真や、検索したサイトを保存したい時に、自分自身に送信し、後ほどパソコンで記事やアメブロを作成する時に利用できます。  ご存じない方、よろしければ活用されて [続きを読む]
  • 日本の精神科病床数は世界一多い・・異常でしょうか!?
  • これまで私は、「情報というものは、一方向からとらえないで、様々な方向からもとらえる必要がある」と、度々発信してきました。メディアやネット記事・動画の一方的な情報をそのまま鵜呑みにすると、間違った捉え方をする場合が多々あります。  本題に入る前に、医療関連の発信を1つ取り上げます。    〜静岡県のある病院で、患者(子供)の家族に対し、医師が『死ね!』と発言〜  何年か前に、全国ニュースにもなったの [続きを読む]
  • 賛否両論!?:シャブ山シャブ子
  • 2018年11月7日の放送「相棒season17」で、これまでの「相棒」にはない場面が登場してきた。人気番組なのでご覧になった人も多いだろう・・・『シャブ山シャブ子』⇒ 『シャブ山シャブ子の衝撃シーン 相棒season17 #4』    2分程度のシーンだったが、これが大きな話題となっている。ネットのコメントを拾い上げてみた。  『貞子みたいだった』『ホラー映画みたいだった』『素晴らしい演技力だった』⇒ 『相棒season17第4話の [続きを読む]
  • 元横綱曙と若乃花の面会場面を見て思う。
  • テレビ番組で、心臓病で心停止し、回復後、後遺症で記憶障害や全身筋力低下を起こした元横綱曙が取り上げられていた。    かつてのライバルだった元横綱若乃花(花田満氏)がお見舞いにやってきた。彼らは現役時代、ほとんど話をした事がなかったらしい。  若乃花に対する曙の反応は・・・    国内外問わず、トップアスリートの病気や若くして死亡のニュースを聞くと、何とも言えない気持ちになってしまう。  彼らは [続きを読む]
  • 2018皇室ゆかりの新宿御苑「菊花壇展」開催
  • 関東の人たちにとって、いつでも行けるようでなかなか行かない「新宿御苑」に行ってきました。  2018年の「菊花壇展」の開催は、11月1日〜15日です。尚、ブログ内に動画をいくつか並べています。長くても1分以内なので、よろしければご覧ください。あなたも行った気分になれると思います。    #アクセス最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅ですが、駅から300m歩きます。これに対して、JR新宿駅からは南口を出て左 [続きを読む]
  • 「上尾」地名の由来となった『氷川鍬神社』
  • JR高崎線上尾駅から徒歩2分のところに、『氷川鍬神社』があります。ここは「上尾」地名由来となった神社なのです。  <br>  所説はあるのですが、その中の1つをご紹介します。  江戸時代の大晦日に近いある日、3人の童子が鍬(クワ)を持ち、踊りながら荷車を引いてゆくという変った一行が上尾宿を通り過ぎて江戸に向かっていきましたが、荷車の荷物の届ける先が見つからなかったため、大晦日の日に再 [続きを読む]
  • どこよりも早いアリオ上尾のイルミネーション、「上尾」地名の由来
  • JR高崎線上尾駅からバスで10分ほどの所に、アリオ上尾(埼玉)という大型ショッピングセンターであります。ここは、行きつけのジムから比較的近い事もあり、ジムに行く前にイルミネーションを見に行ってきました。    今年(2018年)で5年目を迎えるアリオ上尾のイルミネーションですが、何と9月中旬から翌年の2月終わりまでの5か月半も、40万球のLEDによって平成最後の秋冬を照らし出します。    埼玉県では人気ランキン [続きを読む]
  • 「高島彩さん、インスタグラムを閉鎖」に思う。
  • 元フジテレビ女子アナウンサーの高島彩さんが、インスタグラムを閉鎖すると発表した。誹謗中傷のコメントを入れまくる者がいた事で、コメント者同士が言い争いになり、いい加減疲れてしまったようだ。    高島彩さんは、皆さんもご存知のように、フジテレビ女子アナ全盛時代において、めざましテレビや人気バラエティー番組の司会を務めるなど、人気と実力があったアナウンサー。容姿も申し分なく、人気歌手と結婚し充実した [続きを読む]
  • 忘備録:皇后さま84歳、現在の立場での最後の誕生日のお言葉
  • 2018年10月20日、皇后さまは84歳の誕生日を迎えられました。以下、現在の立場での最後の誕生日のお言葉を載せました。    皇后さまは84歳の誕生日にあたり、宮内記者会の質問に文書で回答された。(全文掲載)   【質問】 この一年も、西日本豪雨や北海道の地震をはじめとする自然災害など様々な出来事がありました。今のお立場で誕生日を迎えられるのは今年限りとなりますが、天皇陛下の退位まで半年余りとなったご心 [続きを読む]
  • 経鼻胃内視鏡検査を受けてきました
  • 職員検診の一環として、今年も経鼻胃内視鏡検査を受けてきました。検査中にピースしてみました(#^.^#)    幼い頃に井戸水からピロリ菌感染した私は30年以上、時々起こる激しい胃痛に悩まされてきました。ピロリ菌感染は、鉄欠乏性貧血も合併する事があります。  そのため学生時代の私は、体力もない!、集中力もなく落ちこぼれ!・・・こんなんでしたので、ついでに女の子にもモテませんでした!(^^)!    30台後半にピロ [続きを読む]
  • 「余命告知なく死亡 賠償求め病院を提訴」:医師として思う。
  • 残念なニュースが入ってきた。  乳がんで亡くなった57歳女性の遺族が、医師から余命1ヶ月の告知がなかったために、「家族の大切な時間を奪われた」と、病院・市医師会・主治医を訴えたのだ。    医師にとってがんの余命判断は難しい。個人的にはがんの余命告知はすべきではないと思っている。がんの種類・Stageによって5年生存率の統計的なものはあるのが、余命は個人差が非常に大きい。また今回とは逆に余命を短く告知した [続きを読む]