john note 日記帳 さん プロフィール

  •  
john note 日記帳さん: john note 日記帳
ハンドル名john note 日記帳 さん
ブログタイトルjohn note 日記帳
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/johntherese7365
サイト紹介文聖テレーズが大好きなカトリック者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 354日(平均6.9回/週) - 参加 2017/07/03 15:19

john note 日記帳 さんのブログ記事

  • ヨハネの詩 42〜思い出してください
  • 最近、電話が来た妹からだ。妹は自分の弱さを私に話してくれた。病気のこと、犬のこと、失敗した事とても短い電話ではあったが、その心は悲しみでいっばいだったのだろう。それに対して自分は、何の慰めの言葉も与えてあげられなかった。自分は後になって気づく。何て言う事だ、心の中を察してやれなかった・・・と。自分もそうだが、一つ一つ神様に取られていく中で、しかし、でも、今までやっていた事、出来ていたことが他人や家 [続きを読む]
  • 地震が心配。
  • 大阪の地震をはじめ、去年の前半は確か天災が多かった。預言的なお話になりますが、ご容赦を。以前、神様は日本の罪のために富士山を爆発させ、何十万という犠牲者を出すことで罪のあがないをさせようと計画されたことがあった。それに値する日本の主な大罪は堕胎の罪だ。もちろん、爆発する前には富士山の山頂に白い十字架が誰の目にも見えるようにするということだった。神様の警告に従わなかった者、つまり非難しなかった者だけ [続きを読む]
  • ヨハネの雑記
  • 今日は、ミサに行って見たものの、聖体拝領をしなかったんです。準備をしていったんですが、体が動きませんで・・・??その場で霊的聖体拝領をしました。それと、心配事が??妹の柴犬、ジャレット君が癌になってしまったそうで。妹は妹で、いろいろな災難が続いているそうで。ジャレット君は妹の心の支えだから、心配です。自分、ジャレット君には会っていないんだよな。エリザベスちゃんにはあったんだけれどね。ジャレット君が [続きを読む]
  • 教訓と思い出 6〜謙遜 その3 〜善意
  • シュラン師の伝記に書いてあることをお読みになりましたか?彼は悪魔払いをしていました。悪魔たちは師にこう言いました。『俺たちは何でもかんでもやっつけてきた。だか善意というあの仔犬(善意)のやつだけには、どうあっても抵抗できないのだ』と。 そう、あなたが徳を持っていらっしゃらないとしても、仔犬は持っていらっしゃいますね。これがすべての危険からあなたを救ってくれるでしょう。ご安心なさい。この仔犬(善意)はあ [続きを読む]
  • このブログについて
  • というよりも、ブログについての考え方についてですかね。前にも書いたけど、内容は覚えてません??なので、今、思っていることを書きます。ブログは自由。自分の思っていること、伝えたいことを書く。他人に何かをいうことや言われることはしないほうがいいかなって思う。なんか、後味が双方にとって良くないものになり得るから。コメントも善意的なコメントならいいかとは思います。ただし、善意的なコメントとして書いたつもり [続きを読む]
  • 教訓と思い出 6〜謙遜 その2
  • 修団で祝いごとがあって、彼女の作った「敬虔な劇」を上演したことがあるが、あまりに長いというので彼女は叱責され、それは中止させられた。舞台裏で彼女が数滴の涙をそっと拭いているところをはからずも見つけた。しかし彼女は再び自分に打ち克って、辱めを受けながらも平静に温和にとどまった。テレーズ童貞は、あらゆる非難を天的な喜びで受けた。長上からばかりでなく、目下の人からも。それで彼女は修練女たちから、いやなこ [続きを読む]
  • 自分の中での3大ギターヒーロー
  • 自分はギターが好きで昔はよくギターを弾いていた。フォークギターからエレキギターに代わり、特にエレキギターのディストーションの効いた音が好きだった。とは言いつつも、ハードロック好きは今でも変わらない。私には大好きな3大ギターリストがいる。ランディローズゲイリームーアマイケルシェンカー3人のうち2人はもうこの世にはいない。生きているのはマイケルシェンカーだけ。最近のやたら速弾きするギターリストたちとはち [続きを読む]
  • ブログ小休止します。
  • ちょっと小休止します。訪問者が過去最高1300人(週間)をこえるということがあるんですね。訪問していただいた方には感謝しています。体の疲れは体を休めればとれますが、心の疲れは厄介なものです。口を沈黙させる事は簡単ですが、考える事を沈黙させる事はなかなか難しいものです。そうだらだらと考えています。 [続きを読む]
  • 教訓と思い出 5〜謙遜
  • 人々があなたに命じあなたをとがめるのを愛する。 彼女はこう言うのが常だった。「特に心が謙そんでなければなりません。ところが皆から命令されることを望まない限り、あなたは少しも謙そんでないのです。物事がうまくいく時にはあなたはよいごきげんですが、自分の思い通りにならないと、たちまち顔色が変わってしまいます。そんなのは徳ではありません。徳ならば「謙そんして、すべての人の権下に屈服して」(キリストの模倣三 [続きを読む]
  • コメントを発信すること
  • ある時、思った。コメントに対しての返信コメントがブログの記事にしてもいいということに。以前もしていた。やっぱり、こんなブログの記事はないなぁと我ながら感じる。あくまでもその人に対しての返事なのだが・・・。コメントを記事にしているブログなんて見たことがない。私のオリジナルだ。でも、共有できるものだと思ったら記事にしている。先日頂いたコメントは隣人を好きになれない、また、教会に行ってみたら、司祭の対応 [続きを読む]
  • 今日は聖母の御心の記念日です。
  • 聖母にいつも感謝しています。聖母は私の母ですから。この御絵のイエズス様は聖母に見つめられています。聖母に見つめられている霊魂はどんなに幸せなことか。聖母の小指をしっかりと片手で握りながら??聖母よ、あなたの汚れなき御心をいつもたたえます。私は、あなたの導きによりイエズス様にたどり着きました。あなたの導きにより、多くの人を神様の所に導いてください。あなたに愛されることがどんなに幸せなことか、多くの人 [続きを読む]
  • 雅さんへ
  • 訪問ありがとうございました。15年ぶりに教会に・・・ですか?おめでとうございます。主が長い間の期間をおいてお呼びになられたのですね。因みにわたくしも、10年間放蕩息子だった経験があります。神父様の件は残念ですが、そういう小さな器の、または、使命を間違えた神父様もいるということです。雅さんが悪い訳ではありません。私も、ブログに書きましたが所属教会ではない、違う教会に行っておりまして。その教会の神父様には [続きを読む]
  • 59さんへ
  • コメントありがとうございました。59さんと同じような感じで悶々としている信者は結構いると思いますよ。人間ですからね。『神を知れば知るほど好きになる。人間は知れば知るほど嫌いになる』という言葉があるくらいですから。イエズス様は、互いに愛し合いなさい、とおっしゃいましたが、これは互いに認めあいなさい、互いにゆるしあいなさい、と同義語なのではと思います。イエズス様は好きでもないのに、自分を好きだと言われた [続きを読む]
  • 教訓と思い出 4〜 聖女の謙徳
  • 彼女が責任を持っていた修練女たちの指導において際立っていたことは、彼女が人間的賢慮に負けて、彼女らの愛情をかち得ようとしなかったことである。彼女は修練女たちの修道的完徳の利害しか見ず、それを得るためには自分の人気などかまわなかった。私は彼女が自分の良心にしたがって修練女たちを扱うその忠実さを何度も目撃した。 [続きを読む]
  • 至聖なるイエズス様の聖心の祝日にはこの祈りが合います
  • 聖ジェンマが祈っていた祈りです。一時間はかかりますが、実りの多い祈りだと思います。私は、ミサの前にも祈ってもいいと思います。聖木曜日には特に。私達の甘えを一掃してくれるような祈りです。導 入 ああ、敬虔なる霊魂、あなたの最愛の救い主の面前に、あなた自身を置きなさい。そして、イエズスがあなたの食物となすべく御聖体を制定され、使徒たちと共に高間を離れ、オリーブの園に向かわれ、そこで御自身を世界の救いと [続きを読む]
  • 教訓と思い出 3 修練長つづき
  • 彼女が自ら証言しているように、事ひとたび真実を言うということになると、彼女は、いかなるものの前にもしりごみせず、戦闘をいささかも恐れなかった。私どもを叱らなければならない時、自分の体力と相談などしてはいなかった。私は、彼女の死去の数ヵ月前に、熱のため震え、喉を火のようにからしながら、不完全さをやめさせるため、また修練女のひとりを矯正するため、力のありったけをしぼっていたのが、今でも目の前にちらつく [続きを読む]
  • 教訓と思い出 2 修練長
  • 「すべての霊魂には大体同じような戦いがあることがわかりました。また一面、彼女たちの間に非常な相違があります。この相違のために、どうしても人をみな、同じ方法で誘導することはできないのです。自分の趣味、個人的概念は全然忘れて自分独特の道でなく、イエズス様が彼女たちにお示しになる特定の道によって、霊魂を導かねばならないことを感じます・・・。 ・・・もしも下手な園芸家が接木をよくせず、それぞれに樹木の性 [続きを読む]
  • 告解したら〜告解室の不思議
  • ブログに疲れてしまいました。が、これが私の使命ですから書き続けないと、と思っています。良い時も、悪い時も、体の調子が悪い時も良いときも。イエズス様とマリア様のために、聖霊なる神と使徒聖ヨハネと聖テレーズの協力のもとに。幼稚なブログですがよろしくお願いいたします???????????????????????????????????????? 前置きはここまでにしまして。先日告解に行ってびっくり?した [続きを読む]
  • 疲れてしまいました。
  • ブログに疲れてしまいました。が、これが私の使命ですから書き続けないと、と思っています。良い時も、悪い時も、体の調子が悪い時も良いときも。イエズス様とマリア様のために、聖霊なる神と使徒聖ヨハネと聖テレーズの協力のもとに。幼稚なブログですがよろしくお願いいたします???????????????????????????????????????? 前置きはここまでにしまして。先日告解に行ってびっくり?した [続きを読む]
  • 3:46の内緒さんへ
  • コメントありがとうございました。世の中には、自分が知らない苦しみを与えられて苦しみのうちに生きている事は知っております。内緒さんも苦しみのうちに生きてこられたんですね。主は、自分の十字架を背負って私についてきなさい、とおっしゃいます。内緒さんやお友だちのように強くはなくて、神様に反抗する人、反抗する時期もあるということです。呪ってもいいとは誤解のあることばだったのかもしれません。それほど苦しい時を [続きを読む]
  • 聖体の祝日、告解してきました(今年初)
  • 実は、今年なかなか告解する気になれなくって?罪を犯す自分<イエズス様への愛というなんともおかしな気持ちになってました!罪は犯すつもりはないのに何かしてしまうので、この際イエズス様に全てを委ねて、告解しようという気持ちになるまで我慢しようと待ちました。んで、やっぱり自分の中にわだかまりがあるときは、聖体拝領をせず、じーっと聖体拝領を見ています。なので、久しぶりの聖体拝領でした。こういう日は、9時の [続きを読む]
  • 3:46の内緒さんへ
  • 映画のほうはよく、わかりませんが機会があれば見て見たいと思います。内緒さんは私のことを心配して下さったのですか。ありがとうございました。私は病気の先が見えなかった時、はじめて怒りました。しかし、暴言を吐いたことはありません。私は、神様を愛するがゆえのものであれば聖体拝領に関しては多少は言ってもいいと思います。かつて、JGさんという人は聖体拝領に関して疑問に思い、司教やバチカンに手紙などを送り、ひざま [続きを読む]
  • 主よ、掟の中で最も重要な掟は何ですか?
  • 簡単に言うと神様を愛すること。そして、隣人を、愛すること。この隣人を愛すること、と言うのが厄介な掟なんだよね?隣人を愛する?あの大嫌いなアイツを愛せといわれるんですか?主よ。あの、口も聞きたくないアイツを愛せといわれるんですか?主よ。自分に対していつも嫌みばかり言うアイツを愛せといわれるんですか?主よ。あの上司を愛せといわれるんですか?主よ。といろいろと十人十色でてきますなぁ。反りの合わない人がい [続きを読む]
  • 病気によって学んだ〜聖体拝領のこと
  • ブロ友と言わせてもらっていいのだろうか?その人のブログで口で聖体拝領をさせてもらいたいがために信者に晒し者にされた人がいる。今、現在は口での聖体拝領を臨んでいるものの晒し者にした司祭?かどうかはわからないが司祭の前にいくと足がすくみ手で拝領をしているという。心の傷が深すぎて、そうなっちゃうんだよね。きっと。私にはその気持ちがわかるし、理解したいと思う。私も初聖体でつまずいた一人だから。私は初聖体で [続きを読む]
  • 凡人でも天才を越えると信じている
  • 弱虫ペダルの新キャプテン手嶋が言った言葉なんか自分も同じかなって。カトリックのブログの良く読まれているブログの管理人さんたち、また、継続的に書いている方たちは凄いと思う。自分の記事が子供が書いた記事のよう??でも、ひとつだけ負けたくないものがある。それは、イエズス様とマリア様を愛する気持ち。一歩一歩積み上げてそれが力となるように。カトリック教会は若い信者が教会に来なくなり、信者数も減少しているよう [続きを読む]