TOMO さん プロフィール

  •  
TOMOさん: アイルランド旅行ブログ
ハンドル名TOMO さん
ブログタイトルアイルランド旅行ブログ
ブログURLhttp://japanirelandtravel.blog46.fc2.com/
サイト紹介文アイルランドにいらっしゃる日本人のお客様のために現地ダブリンよりアイルランド情報を発信しています。
自由文アイルランド、ダブリンにある日本人のための旅行会社です。日帰りツアー、ゴルフツアー、留学などのサポートをさせていただいております。
スタッフ全員日本語で対応なので安心
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/07/03 23:44

TOMO さんのブログ記事

  • オカラハン・ホテル リニューアルパーティー
  • 弊社でもよく利用させていただきますオカラハングループの一つダベンポートホテルが改装工事を終えリニューアルしました。(O`Callagahn Davenport…オカラハン・ダヴェンポートと呼びます。ちょっと読みづらいですけど)ホテルよりご招待を受けまして、オープンパーティに参加させていただきましたのでご報告致します。地下にありますミーティングルームにてパーティー地上階にありますバーもいい雰囲気随時カジノスタイルのわけ [続きを読む]
  • アイルランド対USA
  • ラグビー観戦での醍醐味って何だろう?もちろん勝敗を決するトライやキックなど重要な部分ではありますが・・・。今週も熱冷めやらぬダブリンはアビバ・スタジアムよりお届けしております(笑)見事なオールブラックスとの勝利から1週間は24日(土)はアメリカ代表を迎えてのテストマッチ。主力組は温存?したこのマッチは、それでも選手たちにとっては自分をアピールし、ワールドカップ本番のメンバー入り、そしてレギュラーポ [続きを読む]
  • アイルランド対オールブラックス
  • 来年2019年に開催されるラグビーワールドカップや2020年東京オリンピックなどスポーツイベントでまた日本が熱くなる日が刻一刻と近づいてきていますが、ラグビー人気の高いアイルランドも負けてはいません。世界ランクはニュージーランド(通称:オールブラックス)に次ぐ2位を誇り、近年の対戦では勝利を収めている優勝候補の一つにも挙げられる強国です。予選グループでは、日本とも同組にはいっており、静岡エコパスタ [続きを読む]
  • 浦島太郎とオシーン
  • あるテレビ番組で、おとぎ話や童話などは実際にあった話が語り継がれて形やストーリーなども少しづつ変わって現在に至っていると取り上げられていました。日本のおとぎ話でも誰もが知っている「浦島太郎」の物語も実際の浦島子(うら しまこ)さんという男性の方のお話が日本書記に記されており、そこから少し変化が加わったそうです。アイルランドには、ケルトの神話がありまして、その中に浦島太郎に似たお話があります。フィア [続きを読む]
  • ドラキュラ
  • ドラキュラは映画や舞台などでも多く知れ渡っているのでご存知だとは思いますが、ドラキュラの作者は誰かご存知ですか?アイルランドはダブリン、トリニティ大学の卒業生でもありますブラム・ストーカーさん(1847−1912)が原作者です。ダブリン・シティーセンターから少し離れたフェアビューというエリアに生誕地跡が今でも残っております。作品の中で出てくるドラキュラ伯爵のモデルにもなったのが、15世紀ルーマニア [続きを読む]
  • アイルランドのパブから 第6回ゲーギャンズ
  • あるアイリッシュのガイドさんが言っていました。「アイルランドの街や村で大切なものは何かわかりますか?」教会?答えはパブ!!西海岸のある村では村内に教会が1つ、パブが5軒。ある街では教会が2つにパブが24軒。なるほどと感心してしまうのも無理はありません。そんな各村や街に数多くあるパブ。ただ一口にパブと言ってもいろんなパブがあります。音楽が聴けるパブ、伝統的な雰囲気のパブ、料理のおいしいパブ、ギネスビ [続きを読む]
  • バリーブニオン・ゴルフクラブ
  • アイルランドの西海岸線。言わずと知れた大西洋に面したこのエリアにはアイルランドの誇る名門ゴルフコースが点在しており、世界各地からゴルファーが訪れています。時には真っ青な雲一つない晴天の中で・・・時には強風に飛ばされそうになりながら・・・時には雨にさらされながら・・・それぞれが楽しみ、耐え、挑戦し・・・まさに世界レベルをここでは体験、味わう。お邪魔させていただいたのはバリーブニオン・ゴルフクラブアイ [続きを読む]
  • 世界遺産ブルー・ナ・ボーニャより
  • 世界遺産ブルー・ナ・ボーニャにある「ニューグレンジ」小高い丘の上に佇むその風貌は偉大でもあり、エメラルドに輝くアイルランドの大地の象徴のような何とも表現しがたいもの。何度もここに足を運んでいるが、季節によって、時間によって、天気によって・・・その景色は全く違う。夏はその快適な気候が故に、青空に映えるその新鮮な緑が生き生きとし、冬はどんよりとした曇天の中に神々しく神秘的に存在する。そのモニュメント自 [続きを読む]
  • ウォルトンズ楽器店移転のお知らせ
  • と言いましてもすでに2018年1月に移転しているのですが、念のためにお知らせです。ダブリン市内にありました「ウォルトンズ楽器店/Waltons」がブランチャーズタウン・ショッピングセンターの一角に移転しています。この楽器店はアイルランドの映画「Once ダブリンの街角で」の中で出会った男女が初めて「フォーリン・スローリー」という曲のセッションをしたお店。ギターを始め楽器の品揃えもよい人気の楽器店です。日本食 [続きを読む]
  • オクトバーフェスト・ダブリン
  • 今年もオクトバーフェスト・ダブリン2018がリフィー川沿いカスタム・キーのGeorge’s Dockで開催中。お祭りやビール好きな方にはたまらないイベントがここでも行われています。本場はもちろんドイツですが、日本でも開催されているイベントですし、折角ダブリンにいるならちょっと足を運んでみるのも良いと思います。普段はギネスビール大好きな私も、今日ばかりはドイツのビールErdingerをいただきました。素直に美味しか [続きを読む]
  • カルチャーナイト2018
  • 今年で13回目を迎えるカルチャーナイト!!アイルランド中で行われるこのイベントは文化・遺産や芸術をお祝いするエンターテイメントで夜遅くまでたくさんのプログラムが街中で開催されたり、普段は観光地として日中しかオープンしていない場所も無料で遅くまでオープンしているなんとも素晴らしいイベントです。9月21日(金)の夜にダブリンの街に行ってきました。やっぱりモリーマローンさんには挨拶しないと・・・いつもた [続きを読む]
  • テンプルバーパブ
  • ダブリンいやアイルランドの中でも1,2を争う人気のパブがテンプルバー通り(ダブリン)にあります、その名も「テンプルバー・パブ Temple Bar」です。赤い壁のお店が目印のパブなのですが、毎晩多くの観光客で賑わっています。店内は奥に入ると見た目以上に広く、ウィスキーの品揃えも豊富で渋い内装になっています。先日もアイリッシュ・パブツアーにて立ち寄りました。土曜の夜ということもあり、通りはとても賑わっており、 [続きを読む]
  • 台風による被害と北海道地震のお見舞い
  • 夏の間もたくさんのお客様にアイルランドへ足を運んでいただけました。ツアーなどでお会いした皆様には、日本のことなどもたくさんお聞きしたりお話もしております。今年の夏も異常に暑くて・・・外に出るのが危険な暑さ。プールも入ることができない。夜もクーラーをきることができない。9月に入ってもまだまだ暑い。そして、近畿地方を襲った台風、北海道の地震・・・日本各地で起こっている災害と異常気象。自然災害のほとんど [続きを読む]
  • ゴールウェイ街歩き
  • 首都ダブリン(アイルランド)、首都ベルファスト(北アイルランド)に負けじと人気の高い街アイルランド第4の都市ゴールウェイ。モハーの断崖やアラン諸島、コネマラ地方の観光への拠点とするのにも最高の街です。人口は約7万5千人。そのうちの3分の1は学生という学生の街でもあります。元々は古代アイルランドの時代にコリブ川河口に作られた小さな漁村で、ゴールウェイという名前は外国人の街という所以があります。そして、 [続きを読む]
  • ティーリング・ウィスキー蒸留所
  • 2015年ダブリンの街にティーリング・ウィスキー蒸留所ができて3年になろうとしています。正確にいうと1782年創業の蒸留所ですので、復活したのが2015年と言えます。19世紀にはダブリンのみで37の蒸留所がありましたが、全てなくなってしまいました・・・。そんなダブリンに蒸留所が125年ぶりにオープンしたのが、復活のシンボルでもあるフェニックスのロゴもかっこいいティーリング・ウィスキーです!!蒸留所 [続きを読む]
  • クロウ・パトリックへのハイキング
  • みなさんはどんな時に山に登りますか?すいません。みなさん、山を登ることを前提で話始めてしまいました。自分は、何か自分を見つめ直したいときに登っているような気がします。ハイキング初心者の私は、登りたい気持ちとは裏腹に、過酷さがあるということも噛みしめていて。ただ、それを乗り越えたなら少し成長できるのでは?という気持ちを山登りに含めています。ここクロウ・パトリックは聖パトリックが山頂で40日間断食をし [続きを読む]
  • ビール紹介 〜Rockshore〜
  • アイルランドのお酒と言えば、ギネスビールが世界的にも有名ではありますが、その他にもルビー色のエールビールや日本でも定番のラガービール、アップルサイダー(注:れっきとしたアルコールです)、そしてウィスキーなども豊富に揃えており、お酒好きな方にはたまらない国であります。そんなたくさんある選択肢の中からお勧めのドリンクを紹介していくこのコーナー「お酒とパブ」今回はRockshore ロックショアをご紹介致します。 [続きを読む]
  • ギネス湖
  • 映画なんかを見ていると、あれ?この風景・・・もしやってことありません?映画の中のふとしたワンシーンに自分の行ったことがある場所なんかが出ていると、妙にその映画に親近感が湧くものです。そういった意味で、非常に大きなインパクトを私に与えた映画は女優エヴァ・グリーンさん主演のThe Cracksです。2014年にあるきっかけをスタートに彼女の演技にはまってしまった私。友達を巻き込んで、その映画のワンシーンを練習し [続きを読む]
  • 世界遺産ニューグレンジ&タラの丘ツアー S口様ご友人様
  • 今回ご案内させていただいたのはS口様とご友人様。世界遺産ニューグレンジ&タラの丘ツアーとレンタカーの貸し出しのサポートをさせていただきました。ニューグレンジにてS口様とは2015年にお会いしてから4年ぶりの再会。私の出身の茨城県のお隣の県からということもあり、地元の話にも花が咲き、多趣味で活動的なお人柄にすぐに魅了されてしまいました。私の地元のお煎餅のことまで知ってらっしゃったのには嬉しさと共に驚 [続きを読む]
  • ベルファスト 街歩き2日目(郊外編)
  • さて、2日目は車にてベルファスト郊外の散策です。初めに向かったのは、小説「ナルニア国物語」の作者C.S.ルイスのワードローブ。市内から車で20分くらいと近くにありました。モデルの男性は1919年当時の作者自身だそうです。周辺には他にも作品の中に出てくるキャラクターたちがいっぱい。すぐ近くにあるEast Side Visitor Centerはカフェにもなっているので一休みにも最高だし、中にはC.S.ルイスを始めベルファストの著名 [続きを読む]
  • ベルファスト 街歩き1日目
  • 北アイルランドの首都ベルファストをぶらぶらと街歩きしてきました。まずは、金土日と週末しかやっていないセント・ジョージズ・マーケットへと急ぎました。訪れた日は日曜日だったので曜日が合わないとオープンしていないここを訪れるのが今日の最大の目的です。1896年完成の見事なビクトリア調の建物。肉・魚・野菜などの生鮮食品や衣料品やアンティークなど、クラフト製品などが並んで何とも楽しくなる空間。敷地内の中央に [続きを読む]
  • ブレイの水族館
  • ダブリンの南20kmに位置するブレイはアイリッシュ海に面した綺麗な海岸線の街。ブレイヘッドと呼ばれる美しい丘は標高241mで週末はハイキングに訪れる方も多く、海岸線をお散歩する方にも人気のスポットです。今日行ってきたのは、その海岸線にあり、ブレイ駅からも徒歩約5分にある水族館 「National Sea Life Bray」です。大きな水族館ではありませんが、低く設定してある水槽には、魚たちが気持 [続きを読む]
  • アイルランドのパブから 第5回マット・モロイズ
  • あるアイリッシュのガイドさんが言っていました。「アイルランドの街や村で大切なものは何かわかりますか?」教会?答えはパブ!!西海岸のある村では村内に教会が1つ、パブが5軒。ある街では教会が2つにパブが24軒。なるほどと感心してしまうのも無理はありません。そんな各村や街に数多くあるパブ。ただ一口にパブと言ってもいろんなパブがあります。音楽が聴けるパブ、伝統的な雰囲気のパブ、料理のおいしいパブ、ギネスビ [続きを読む]
  • ロック・オブ・キャシェル
  • いよいよロック・オブ・キャシェルが見えてきました。高台の上に作られた圧倒的な存在感を放つキャシェルの岩。その昔、この岩を口に加えながら空を飛んでいた悪魔が地上を見ると、ここに教会を作ろとしている聖パトリックを見つけました。びっくりして思わず加えていた大きな岩を落としてしまった場所という伝説が残っています。1101年に教会としての役割になるまで、ここはマンスター王の居城があった場所でした。歴史を振り [続きを読む]