桑野繁樹 さん プロフィール

  •  
桑野繁樹さん: 日本未来の会 桑野繁樹
ハンドル名桑野繁樹 さん
ブログタイトル日本未来の会 桑野繁樹
ブログURLhttp://kuwano-channel.blog.jp/
サイト紹介文強い日本豊かな社会生活優しく誇りある日本を取り戻す為、日本主権者たる国民と政界の間にある壁をぶち破る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 289日(平均1.4回/週) - 参加 2017/07/04 00:42

桑野繁樹 さんのブログ記事

  • 新年のご挨拶
  • 謹賀新年明けましておめでとうございます。昨年も多くの方々からご支援御指導賜り、心より御礼申し上げます。今年も皆様にとって、素晴らしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。今年は時世問題に加え、地域社会に対する訴えとして・受動喫煙防止社会樹立・NHK問題解... [続きを読む]
  • 足立議員の言動について
  • この足立議員、以前の私に負けず劣らずの暴言王じゃん笑言い過ぎやりすぎ多いけどこの人の国会内の暴言はその中にユーモアがあって聞いている人間を和ませるところがあって暴言という自分と共通するとこもあって何か嫌いになれない笑私は最近、暴言・批判・糾弾を抑えおとな... [続きを読む]
  • 第4次安倍内閣の発足を受けての声明【日本未来の会】
  • 第4次安倍内閣が発足しました。 「この国を守り抜く」と訴えながら、憲法9条保護、領土問題黙殺、公約詐欺に加え北朝鮮のミサイル攻撃に対し一切有効防衛策を行わず、国民の生命、財産、安全の生活を守る戦いを放棄し、自分の身の安全の身を守り抜いた安倍晋三首相に対しこれほどの勝利がもたらされたのは野党各党の醜い内輪争いだと強く感じます。選挙結果http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/kaihyou/?from=ycnav2 [続きを読む]
  • 蕎麦と温泉を求めて三千里(嘘笑)長野日帰り滞在記
  • 10月11日(水曜日)世間では衆議院議員総選挙が始まり騒がしい日。私はそのような社会の流れに逆行するように選挙から離れ、何の目的もなくいきなり長野県に向かいました。高速バスに乗るために池袋駅から出たらfacebook友達でもある幸福実現党 七海ひろこ比例候補が駅前挨拶をしていました。朝早くからお疲れ様です。ななみん、fight!前回は新幹線で佐久平に行きましたが今回は新たな冒険?として、高速バスに乗ってみました。 [続きを読む]
  • 希望の党関係者にとって小池ゆり子は沈みゆく泥船の船頭か?
  • 希望の党が民進党と合併という報道がされたとき、ネトウヨ陣営がいきり立って批判していましたが、結局左翼色の強い人間を締め出しました。その前に希望の党代表小池ゆり子はテレビ番組に出演した時、10月の衆院選後に国会で行われる首相指名について「公明党の山口那津男さんがいいと思う」と述べ、これまたネトウヨ陣営を発狂させましたが、相変わらずその背景を精査せずに推測で発言するネトウヨ陣営の単純さを改めて再確認で [続きを読む]
  • 桜井誠なき行動保守陣営の重鎮、有門ブログを拝読した読後感
  • 現在、主権回復を目指す会が一水会、対米自立実行委員会と共闘して「日米安保条約」を抜本的に見直し、屈辱の「日米地位協定」を全面改定して日本の空を米軍から取り戻そうという街宣活動をしていますが、それが気に食わないのか?桜井誠なき行動保守陣営の重鎮である?ベテラン活動家、有門大輔氏(やたら肩書が多すぎるので省略) が寝食も忘れネット(のみで)粘着批判を行っている。そのことに対して主権回復を目指す会 西村修平 [続きを読む]
  • 衆議院解散、希望の党立ち上げ報道を目にした所感
  • 本日、安倍総理大臣が会見で28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散すると正式に表明しました。さらには都民ファーストの会系列の組織が国政政党「希望の党」の立ち上げを発表しました。同党の代表には小池ゆり子都知事が就任、都知事と掛け持ちすることになります。この「希望の党」誕生を巡って各党所属議員の動きが活発になっています。小池ゆり子都知事の衆議院議員辞職に伴う補欠選挙に自民党公認で出馬、党の名や金、党員支持 [続きを読む]
  • 朝鮮学校無償化訴訟の判決を受けての所感【日本未来の会】
  • 高校授業料の実質無償化の対象外とされた朝鮮学校の元生徒たちが国に賠償を求めた訴訟が行われました。東京地方裁判所は「国の判断は不合理ではない」として、訴えを退ける判決を言い渡しました。全国5か所で起こされている同様の裁判では判断が分かれていて、3件目の東京は原告側の敗訴となりました。朝鮮学校無償化訴訟で原告敗訴となり、怒りの声を上げる原告関係者平成22年に始まった高校授業料を実質無償化する制度では、 [続きを読む]
  • 軍事同盟の理念と日米同盟
  • ヴァンデンバーグ決議と言うものがあります。1948年アメリカ合衆国の上院における決議、合衆国上院決議第239号。要約として米国は「継続的で効果的な自助および相互援助」を米国に与える国とのみ集団的な安全保障条約取り決めを結ぶことができるとあります。つまりアメリカには、自分の国は自分で守り、アメリカと相互に助け合える国とだけ相互平等の防衛条約を結べるという軍事同盟の原則があるということです。しかし、当時GHQの [続きを読む]