妥鳥 さん プロフィール

  •  
妥鳥さん: 黄 昏 の 迷 言 (マヨイゴト)
ハンドル名妥鳥 さん
ブログタイトル黄 昏 の 迷 言 (マヨイゴト)
ブログURLhttp://fanblogs.jp/komikomu/
サイト紹介文人生の黄昏と言われても、まだまだ頑張ってますよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 110日(平均1.3回/週) - 参加 2017/07/04 22:32

妥鳥 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中高年卓球クラブ <br />
  • 10月20日(金) ご閲覧いただき、有難うございます。 私達の地域には、「中高年のグループ」があり、その中の一つが「渚会」です。 渚会の会員でなくとも渚会の行事に参加できます。 会費も、会員証もありません、会員でないと行事の連絡がないので、会員の誰かに聞かなくてはなりません。 「地元中高年クラブ」に「卓球クラブ」があります。 「クラブ」と言うと格好がいいですが、 [続きを読む]
  • 超〜若返った中高年
  • 10月18日(水)ご閲覧いただき、有難うございます。煙草を買いに行った帰りに、同期(元・会社)の野田氏にバッタリ会いました。同期入社といっても、彼は高校卒なので4歳年下です。「お元気そうで!」と小型トラックの運転窓から出した顔は笑みで一杯でした。「イヤー!お久し振り。野田さんこそお元気そうで ・ ・ 何か仕事しているの?」私は車を眺めながら聞きました。彼は定年後、奥さんの反対を押切り「便利屋」を開業したとの [続きを読む]
  • 中 高 年 の 飲 紀 行<br />
  • 10月07日(土)ご閲覧いただき、有難うございます。ご無沙汰いたしました。年に一度の渚会の旅行に行ってきました。私が幹事のため、段取り、準備に気を奪われておりました。60歳以上の「オジサン6名(私を含め)」、「オバサン6名」を一泊二日の間、行動を共にするのは骨が折れます。足腰が弱っている方も居り、歩行距離、勾配段差、交通機関の乗換え、等々配慮することが数多くあります。乗換のときには、トイレ・タイムを必ず設定 [続きを読む]
  • テレ・アナは「国語の先生」<br />
  • 09月19日(火)ご閲覧いただき、有難うございます。若い頃は朝が苦手でしたが、定年を過ぎて何年か経つと 5時頃に目が覚めてしまいます。足音を忍ばせて1階に下り、トイレ、手洗い、うがい、テレビ、煙草、換気扇、これが私の朝の行動パターンです。最近、耳が遠くなったかなと気にしつつ、テレビの音量を極力小さく絞ります。今の私にとって、居間が教室、アナウンサーが先生、テレビ画面の中のボードが黒板です。授業は「社会」、 [続きを読む]
  • 「日本語」 を世界遺産に!
  • 09月12日(火)ご閲覧いただき、有難うございます。ご無沙汰いたしました画面の変更、本文の作成、等々に手間取りました。申し訳ございませんでした。何しろ、ブログの扱いにに不慣れで、出てくる言葉はカタカナばかり・・・!PCに関しては、基本ソフトを米国が開発したので止むを得ないとしても、日本国に何故こんなにもカタカナが蔓延しているのだろうか。テレビに出演する政治家の言葉にも頻繫にカタカナが出てきます。私が期待し [続きを読む]
  • 楽しい酒を飲もう!お金を払うのだから<br />
  • 08月31日(木)ご閲覧いただき、有難うございます。これまでは少し変わっているものの、いいお客さんばかりでしたが、ご多分に漏れず、好かれないお客もおります。月に3〜4度位、いらして下さるご夫婦がおります。お子さんはなく、奥さんは規模の大きい居酒屋の厨房で働いているとのことです。ご主人も、奥さんも4時頃には仕事が終わるそうで、何時も開店少し前にご来店してくれます。ただ、素直には店に入りません。(特に奥さんが [続きを読む]
  • 画家になれずガッカリ(2)<br />
  • 08月24日(木)ご閲覧いただき、有難うございます。引き続き「親父ギャグ」の表題でスミマセン。谷本 寅雄さんこと「寅さん」は「出川」と言う仇名があります。俳優の「出川 哲朗さん」の風貌に良く似ているためで、他の客は本人がいない時「出川」と呼捨てにしています。私共、店の者は「寅さん」と呼んでいます、当然です。出川 哲朗さんには申し訳ないのですが、渚の出川さんは女性にモテたそうです。本人がそう言っておりますの [続きを読む]
  • 画家になれずガッカリ(1)
  • 08月17日(木)ご閲覧いただき、有難うございます。タイトルからして、親父ギャグでご免なさい。前回の「孤独生活」で登場しました「谷本さん」について、お話させて頂きます。ある年の8月15日、4時50分頃、「オヤジ〜!いるか〜」と声がした。見ると、入口の引戸にモゾモゾ動く人影が映った。咲ちゃん(今日勤務の美女)が「あ!寅さんだ」と言々ながら戸をあける。寅さんが傘とレジ袋を持ち、両手がふさがっていた。「咲ちゃん、有 [続きを読む]
  • 孤独生活<br />
  • 08月09日(水)ご閲覧いただき、有難うございます。当店「渚」のお客さんは一人暮しの方が多いように思われます。「一人暮し」には、若い人が親元を離れ、新しい生活を始めると言う意味合いも含まれるように感じられます。私が年寄りのせいか、年配者のお客が多いので、これからは「一人暮し」を「孤独生活」と言わせて頂きます。孤独生活の経緯は、離婚、死別、未婚の順に多いです。将来に同棲を希望する方は、たったの2人で、他の [続きを読む]
  • 火星人の来客(2)<br />
  • 08月02日(水)ご閲覧いただき、有難うございます。火星人「三田 光雄」さんは独身で、母親と2人家族でした。ミッちゃんが定年退職して間もなく、母上は体調を崩し、ほぼ寝たきりになられたそうです。母上の症状が落着き、ミッちゃんはハローワークに通いだし、私と家が近くもあり、緊急連絡先をお願いされました。ミッちゃんは飲みに出かけるのは、母上の夕飯を作ってからだそうです。そんな事情を知っており、火星人に変身すこと [続きを読む]
  • 火星人の来客(1)<br />
  • 07月26日(水)ご閲覧いただき、有難うございます。暑くて、今日も早くに目が覚めてしまいました。妻が目を覚まさないよう、階下に下り、テレビリモコンを握り、映像が出る瞬間に音量を連射で下げるのです。自慢じゃないですけど、慣れたもんですよ!目を背けたくなるような事故、事件が多い中、思わず微笑んでしまうニュースに遭いました。単なる観光でなく、日本伝統の文化、技術、慣習に感動を受け、敬意をはらい来日する外国人が [続きを読む]
  • 渚の美女たち(3)<br />
  • 07月19日(水)ご閲覧いただき、有難うございます。こうして、居酒屋「渚」は新たな一歩を踏み出しました。暫くは平穏無事な日が続いておりましたが、荒波が又、打寄せてきました。渚の最寄駅から三つ向うの駅(三向町とします)に知合いがおり、馴染みの飲屋さんも何軒かありました。新規開店に備え、三向町からスカウトした和美さんに辞めてもらうことになったのです。和美さんはスタイルが良く、美人で、人当りも良くて人気も上々 [続きを読む]
  • 渚の美女たち(2)<br />
  • ご閲覧いただき、有難うございます。こうして、当店も女性 3人体制になり、突発時にも対応ができるようになりました。次に懸念していたのは、「おつまみ」です。私が料理を作り、女性従業員が接客とアルコールを造るのが常識と考えておりました。私は料理づくりが好きとは言え、ド素人ですから、気の利いた物を豊富に、手早く作れる訳がありません。料理は女性にお願いするようにしました。接客は私(親父)になります、2人しかい [続きを読む]
  • 渚の美女たち(1)<br />
  • ご閲覧いただき、有難うございます。「渚の美女」というと、水着姿を思い浮かべるでしょう、でも居酒屋の「渚」ですからね、残念でした!居酒屋「渚」は去年に、今で言う卒店(閉店)をしました。卒店するまで、10人を超える女性が携わりましたが、お客たちは口を揃えて最後の女性3人が最高だったと言って下さった。私も大勢を見てきてそう思うので、お世辞ではないと思います。3人とは、入店順に「朋美」、「直子」、「咲子」さん [続きを読む]
  • 父を恨んだスネ男さん (2)<br />
  • ご閲覧いただき、有難うございます。 ・・・ ある日の16時20分 ・・・    開店の準備をしていると、入口の引戸から顔だけが現れた、杉山さんだ。 「入ってもいいかな?」 「どうぞ、掃除中ですけど」 そんな時間かなと思い時計を見ると、まだ4時20分だ。 掃除を中断し、焼酎のウーロン茶割と柿ピーを出しながら 「どうしたの、随分 早いね」 「パチンコをやっていたんだけど、出だしたら店員が俺のとこ [続きを読む]
  • 父を恨んだスネ男さん(1)<br />
  • ご閲覧いただき、有難うございます。 前回、「貴子さん」 と 「杉山さん」 に登場して頂きましたので、もう少し紹介させて頂きます。 酔って、眠った後の貴子さんは「バックの中に財布があるから、払っておいて」と言うことが度々ある。 私は従業員に、「お客の財布には絶対に触れないように!トラブルの素だからね!」と強く言っています。 貴子さんは隣に居る馴染みのお客にも同じように言うことがあま [続きを読む]
  • 元お嬢様(2)
  • ご閲覧いただき、有難うございます。 ・・・ 雨降る、ある夜の「渚」 ・・・ 開店時間(5時)前にご来店の貴子さんは、2次会の四川飯店からのお土産を朋ちゃんに渡した。 「貴子さん、いつもすいませんね。」といいながらカウンター内側の台に置き、タッパーの蓋を開けると案の定、唐揚げ・レタス・辛子・マヨネーズのミックスになっていた。 お嬢さん育ちで、基礎体力が全くなく、すぐつまずいたり、転んだりするのだ。 [続きを読む]
  • はじめに
  • ご閲覧いただき、有難うございます。「ちょっと!見てごらん」 妻の声に、テレビの「朝のワイドショー」を見てた私が振り向くと、陽射しが大分強くなっていた。 濡れ縁に出ると、 「つばめ水仙が咲いたわよ」 サンダルを履き、指差す方を見て、 「水仙というより、彼岸花のようだけど、色が違うな」 「ヒガンバナ科だけど日本の種類ではないらしいわ」 少し離れた [続きを読む]
  • 元お嬢様(1)
  • ご閲覧いただき、有難うございます。 今日は朝から弱い雨が降っている。 (庭木にとっては丁度良いお湿りになるかな) (雨と言えば、貴子《仮名》さんを想い出すな〜) 貴子さんは、ほぼ毎日のように来て下さるお客さんです。 貴子さんの邸宅と当店は歩いて 4〜5分位の距離だが、雨が降るとタクシーで乗付けてくれる有難いお客さんです。 ここまでの話だと、貴子さんは最高のお客さんと思うでしょう。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …