gyoudenhoshaのブログ さん プロフィール

  •  
gyoudenhoshaのブログさん: gyoudenhoshaのブログ
ハンドル名gyoudenhoshaのブログ さん
ブログタイトルgyoudenhoshaのブログ
ブログURLhttps://gyoudenhosha.muragon.com/
サイト紹介文別府荘園北町団地の向かいで行政書士事務所を開業しています田邊誓司と申します。どうぞよろしくお願いいた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2017/07/05 09:07

gyoudenhoshaのブログ さんのブログ記事

  • ギター伴奏歌唱経験
  • そんなに多くなく貴重な経験なのでまとめてみました 1 白雲山荘〜歩道全国大会(206人出席)  小生作曲の「歩道の歌」 2 県人会ホール〜イルサ先生送別会(約10人)  「Countryroads」 3 老健施設〜クリスマス会(約150人)  「妹よ」ほか2曲 4 社会福祉会館〜文化祭(約150人)  「妹よ」ほか2曲 5 スナックハーモニーにて余興(渋谷、数人)  「Nowhere man」「L [続きを読む]
  • 事務所の外
  • 事務所の外の風景を見て 俳句を1句作ってみようと思います まず写実ということで目に入るのは 山桜の老木に葉々が色づいて見えます 揺れているので風があるようです 小春日和で別府湾へ降りる坂道が 明るく光って気持ちのよい一日になりそうです そこで1句   老いし木の紅葉がすがし鶴見郷  田辺風信子 [続きを読む]
  • 画人田辺文三
  • わが古里西武蔵村の富永というところに 天保年間(1838-1847)に江戸に上った画人がいたそうです たぶん親戚ではないと思いますが 彼は江戸で谷文晁に師事し人物画の画人として成功したようです 西武蔵村誌ではかの滝沢馬琴と親友の間柄だったと記しています そんなわけでヤフーで文三を検索したところ 「田辺文三の妻おしづ」の美人画を東洲斎写楽が描いたものが出ました 文三の作品はいまだ不詳なので今後調べて [続きを読む]
  • 紅葉
  • モミジは何もカエデに限ったものではありません また紅葉も黄葉もモミジなのでさまざまです 尾瀬ケ原という所があるそうですがそこの 水草モミジや草モミジもきれいで有名だそうです かつてわが友人で俳人・歌人の大熊索峰氏が   草の紅葉水草の紅葉尾瀬ヶ原  と呼んで選者の中村草田男から褒められたそうです 上の句は草田男の手が入っていますがどこか分かりますか? 「の」が追加されたのです 草田男は無理に五七五 [続きを読む]
  • 氏神の歳神社
  • 私の家の氏神である両子の歳神社は 養老2年(718年)の創建で 両子寺と全くの同級生です 一番古いのは両子から下ると糸永という所がありますが そこの瑠璃光寺が養老元年(717年)で最古です 今から1300年前の奈良時代(藤原不比等の時代)なので 最近田舎を見直しました こんなことに感心するのも老化の一過程でしょう(笑)   けんぽ梨拾ひし神社霊ひそむ  田辺風信子 [続きを読む]
  • 立冬過ぎ
  • 昨日が立冬でしたから もうれっきとした冬であり そろそろ年末だと感じ始めました 庭のカボスは30個ほど大きくなって 黄色に色づいています 仕事納めではまた餅を搗いて(というより鍋で作って) カボスの酢餅にしようかなと思っています ああ光陰矢のごとし   ハシブトが袋をつつく小春かな  田辺風信子 [続きを読む]
  • ポール卿公演17首
  • 調弦の音絶え間なく鳴り響きドームの中に音 底ごもる いくたびも日本に来りライブをば見しむる卿 と時を共にす この人の歌をし聴きて音楽にて心を洗ふこと を知りたり ゆく時はとめどもあらず憧れの東京に来てポ ール卿に逢ふ 胸にしむオールマイラビング若き日の迷路に ゐたる頃思ひいづ この人が世界の人を魅了する泉のごとき力を おもふ ベース弾きリードウクレレ生ギターピアノも 自在この天才は HIHIHIB [続きを読む]
  • 団栗拾い
  • 昨日庭で団栗を拾いました 今年2コ目で早速庭に埋めました いつか書きましたがわが家の団栗は 2コどころか10コくらい生っていて 自分の家の庭で(狭いですが)団栗拾いができてハッピーです 今朝はバッタをみかけたし来年は団栗の木に カブトムシやクワガタが来るかも知れません 庭を雑木林のようにした甲斐がありました(笑)   わが庭はさながら山や装へり  田辺風信子 [続きを読む]
  • 湯の町晩秋
  • 別府の町のここかしこ 桜や八重桜などの街路樹が紅葉しつつあり まさに晩秋の風情です 明後日7日が立冬なので 俳句では小春や小春日の季語が詠まれるでしょう 昨日両子に帰って兄と俳句談義をし また俳句を作りたくなりました   桜並木の紅葉第二の故郷とす  田辺風信子 [続きを読む]
  • 遊びの場所
  • 子どもの頃の遊び場としては 友達や自分の家の庭陰平の車の来ない道 またお宮の境内や稲刈りを終えた田んぼなどでした そこにはいろんなドラマが展開しました 空中転回をして頭から落ちそうになったり 上の田んぼから下の(高さのある)田んぼに飛び降りたり ベースボールをしたり棒高跳びをしたり 土の匂いにあふれた遊び場でした 今の子ども達には想像もできない スリルに満ちた遊び場でした今は昔・・・   弾力のあ [続きを読む]
  • 暇人の変なお話
  • 時々思う変なことですが Aさんが携帯でBさんに電話すると Bさんはどこにいても受信できます ということはそのとき発した電波は 球体方向に波動していることになります そして何億何千万の人が発している電波が 私たちの身辺を埋めているということです ほんとに不思議な世界になりました   いつどこも電波の中や秋が行く  田辺風信子 [続きを読む]
  • 音楽のコード
  • 昨日どなたかの音楽論を読んで サブドミナントマイナーや ダイアトニックコードという語が出ていたので 何だろうと思って調べました 結論は何のことはない下属和音のマイナーコードと 三和音のコードという意味でした 懐かしく中学時代の音楽の時間を思い出しました   談志ロボドリアンを出せとは言はず  田辺風信子 [続きを読む]
  • 椎茸農家出身者として
  • 最近驚いたことがあります 最近驚いたことがあります それは椎茸生産量の日本一が徳島県だと知ったことです しかも原木栽培でなく菌床栽培とのこと 菌床では肉厚のドンコや大型肉厚の天恵菇(テンケイコ)など 銘柄化され人気の出ている産品もあって 大分も負けていられないなと感じました また最近(徳島ではないですが)菌床で松茸味の 「バカマツタケ」や「松きのこ」が開発されたとの情報もあり 大分の椎茸農家の奮起 [続きを読む]
  • 認知症患者の法律行為
  • このごろよく問題になるこのテーマを検討し短歌風にまとめてみたのでご披露します   認知症患者の取引 認知症患者の不動産取引に意思能力は要件をなす 契約の趣旨目的を理解して委任をなせば契約生くる 土地家のすべて譲るを認識し遺言になせば効の有るべし 役場にて公証人証人とも疑義のなく述べし遺言は成り立つならん 日常の判断及び名前生日見当識のおほむねを見よ 意思能力の有無は財産七歳を身分十五歳を標準といふ [続きを読む]
  • 朝のコーヒー
  • 朝のコーヒーはうまいです やっと「うまい」と言えるようになりました 最初は単に 糖尿病にいいというから始めただけだったので ココアは甘だらしく口がべちゃべちゃしますが ブラックコーヒーはきりっとして 口の中を消毒してくれたような気分なので また頑張れます   コーヒーを飲んで愁思をリセツトす  田辺風信子 [続きを読む]
  • 複視眼か
  • 数日前テレビを見ていたら 突如画像が二重になって驚きました 左右の目が別の所に焦点をおいているようでした いろいろ調べたら複視眼という症状があると知り きっとそれだろうと思いました 幸いなことに数分間目を閉じて安静にしていたら 元に戻りました 今度ホームドクターに報告はしようとは思いますが こんなかたちで私の老化が一歩前進したのでしょう   複視眼俺つてトンボになつたのか  田辺風信子 [続きを読む]
  • 心のままに
  • 災害でみまかられた人々のご冥福をお祈りし 損害を被った多くの人々をお見舞いしつつ 心のままに ブログを再会させていただきます みんなで心を合わせ 一歩踏み出すことにします   いつしらに秋深し人歩むべし  田辺風信子 [続きを読む]
  • 俳人林一郎氏を悼む!
  •  俳人林一郎氏(沖同人)は、つい先日の9月30日頃に亡く なったとのこと。心よりご冥福をお祈り申し上げます。  兄田辺博充ともども俳句を論じ、一緒に旅をしたこともあ ります。  一郎氏は、両子でれんけい俳句会に励んでいましたが、沖に入会してからめきめき腕を上げたように思います。  私にとっても、同志のような存在でしたので、寂しくてな りません。ここに心より敬意と哀悼の意を表し、一首を捧げ ます。 [続きを読む]
  • お金にまつわる話
  • 私はもともとお金をもつのが苦手です 財布の中にはせいぜい3千円が許容限度で それを超えると放出したくなって使ってしまいます 幼稚園の時は学費のおつりを3百数十円持ち帰る途中 数十円は友達とパンなど買って食べお札の3百円は 使い方を知らなかったので道端に捨てました (友達が拾って私の親に直接渡してくれましたが) そんなわけでお金への無頓着は相当な筋金入りです   秋ふかし生来金に無頓着  田辺風信子 [続きを読む]
  • 朝から食うことを
  • 今日早出で在留事案の対策を練っていますが その合間合間に晩酌の肴のことを考えています もう相当に老人化したのかもしれません 食べることが楽しみの一つなのです 今日の肴はアメリカ牛の細切れのすき焼き風煮付けにします 単なるすき焼きになってしまわないように 必ず出しに牛蒡を入れるのが秘訣です ああ仕事をやめて一杯飲みたくなってしまった(笑)   楽しみがあればの仕事秋しぐれ  田辺風信子 [続きを読む]
  • 体調そこそこ
  • 巻爪も右肩の痛みもほぼ回復し ほっと安心の日々が続いています 10月31日にポール卿公演に行くので それまでに特に巻爪には引き続き要注意です 秋も少しずつは深まってきているようですね 店頭には早生の柿なども並ぶようになったし 早く秋らしくなってくれればいいが・・・   コンクリートの街に住んでかなかな聞かず                  田辺風信子 [続きを読む]
  • 13分走満2年終了
  • 重要ノルマの13分走ですが 今日で満2年を終了しました 何がよかったか??? テレビで陸上を見て選手のすごさが分かりました また非常時なら1000メーターは走れるなと 自信もつきました そんなわけで明日からまた3年目が始まります   むくげ咲いて悲歓離合も一つ積む  田辺風信子 [続きを読む]
  • 1度下げただけで
  • 頭がぼーっとしてたので熱中症寸前かと思い エアコンの温度を27度から26度に1度下げました するといま頭がすっきりしてきました 人間は気温1度で天地の境を歩むようです 今日一日も猛残暑(笑)のようです みなさんご自愛くださいね   いたづらにあふぐも秋の団扇かな  田辺風信子 [続きを読む]