ogurady さん プロフィール

  •  
oguradyさん: 晴れた日にはオグラディが見える!
ハンドル名ogurady さん
ブログタイトル晴れた日にはオグラディが見える!
ブログURLhttps://ameblo.jp/ogurady/
サイト紹介文万年中級シニアアスリート徒然記。たまにしか更新しないけど見たって下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/07/06 09:54

ogurady さんのブログ記事

  • 木曽三川トライアスロン2018
  • 大会は6月3日に行われた。またまた今更ながら簡単にまとめ。スタンダードなオリンピックディスタンスのこの大会は季節的にいつも記録が出やすい大会。r自己記録の更新目指して臨んだものの、スイムは、安定の劇遅タイム。巻き返しを図ってバイクに臨むも、思った以上に速度は上がらない。で、課題のランは、もう前半の1周回(2.5km)で撃沈。残りの3周回は、今にも歩きだしそうな速度でなんとか終了!記録更新どころかワーストを叩 [続きを読む]
  • 長良川ミドル 2018
  • なんだかんだと俺の立ち上げる記事は冗長すぎて、どうしても長くなってしまい、書いていてやんなっちゃう。宮古島2018もまだ途中だし…。 そうか。上手く書こうとするから、余計に重くなるのだ。特に紀行文の如く書きあげようとするから、骨が折れる。だからこれからは口語調で気楽に参戦記等を上げて行こうと思う。 さて長良川ミドルだ。大会自体は5月の下旬に行われたので何を今更感満載だが備忘録として書いておこう。 今年参 [続きを読む]
  • 皆生トライアスロン2018 備忘録
  •   記録的な連日の猛暑の中、なんとか完走したので簡単に報告を。 7月14日(土)(前日)午前3時40分 家を出発。深夜割引時間帯に高速に入り一路、米子を目指す。 米子には午前9時ごろ到着。皆生温泉に向かいコンビニでコーヒータイムしてから、バイクコースを試走してくるれる観光バスに乗り込む。 12時半、バイクコースツアー(途中まで) 終了。米子市内のベビーフェイスで昼食。レギュラーサイズのぺペロンチ [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末2018 その8
  • バイクは東急リゾートの入り口のゲートを抜けて、突き当りの道を右に進み、直ぐ現れる交差点を左に曲って、本コースへと入ってゆく。ここからは丁度、宮古島を南から北へと北進する形となる。まぁ簡単に言えば朝、宿からココまで来た道を往き返しているわけだ。昨日も一昨日も何回も車やP5で通った道だ。つまり平良の街へと戻っていっているということ。 本コースに入ると、俺の周りはもう既にスタートしたバイクが何台も平行 [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末2018 その7
  • 今年からスイムのコースは1.5kmの周回コースを2周回、都合3km泳ぐ方式へと変更された。以前は遠い沖まで行って還ってくる、1周回のワンウェイコースであったが、安全面と完走率の向上を考慮してそうなったとのこと。まぁ距離的には同じ3kmなので、どちらでもいいのだが、以前のコースどりのほうが、深い海底まで見える沖にいけることが出来るので良かったという意見もあった。俺にとってはスイムに関しては景色を楽 [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末2018 その6
  • 3時に目覚ましをセットしたのに、目が覚めたのは1時。いかにも早すぎる。確か眠りに就いたのが午後9時だったから、4時間しか眠れていない。正直、宮古に着いてから、ずっとぐっすり眠れていない。 いろいろあったからな・・。眠ろう眠ろうとすると、余計に眠れなくなる悪循環に陥りそうだから、何も考えずにとりあえず横になって過ごす。 そうすると意識が遠のいてウトウトなってきたタイミングで、アラームが鳴った。これ [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末その5
  • 1日目の夜より2日目の夜は、P5の変速不調もなくなったことで、安心して眠ることができた。(バイクに関しては本当心配性なのだ。)3日目の朝は、明るくなったと同時に起きて、昨日宿の近くのスーパー(サンエー)で買っておいた、レトルトのカレーを電子レンジでチンして食した。ご飯は5食分、パックご飯をこちらに来る前に購入して持ってきている。食事をするところは宿の1階のダイニングキッチンを宿泊者は自由に使うこ [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末2018 その4
  • すっかりいつもの調子を取り戻したP5で、東急リゾートを後に再び、空港側へと折り返し、レースのバイクコースを進み、イオンの通りを抜けて伊良部大橋へと試走に行った。 天気は曇りがちであったが、それでも伊良部大橋から見る海は絶景。風もなく、橋の中間地点で、バイクを停めて記念撮影しているトライアスリートもちらほら。 橋を渡りきってから、定番のヤマトブー大岩に行ってワンショット。折り返して、再び伊良部大橋 [続きを読む]
  • 長良川ミドルトライアスロン(^^)
  • 宮古島トライアスロンが終わってから、丁度四週間。長良川ミドルトライアスロンに今年も参加してきた。天気は快晴!しかしながら、爽やかすぎて寒かった。 風も強くて、川の流れも早かったので、過去最悪のスイムタイムバイクもディスクホイールを投入して臨んだものの、Aveも35に届かず。どころか33だとぉでもってランは、まぁいつも通りの平凡なタイムもう歳的に去年のタイムを維持するのも難しくなってきてる。まっそれでも、 [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末2018 その3
  • 自分で深追いして最悪の事態を招いてしまったことに、不安を覚えながら迎えた2日目は、若干、寝不足気味に・・。 軽い朝食を宿のそばのファミマで買った調理パンで済ませ、バイクのメカ二ックの開始時間を待つ。  なんとなくテレビを見たり、スマホを観たりして、時間稼ぎをするも一向に時間は過ぎてゆかないので、すぐ近くにあるパイナガマのビーチに行って泳ぐことにした。 実は持ってきたウェットスーツは試着以外はこの [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末 2018 その2
  • 夕食を終えてから、外に出ると、辺りはすっかり日が沈み、賑やかになってきた繁華街を抜けて宿へと戻った。自分の部屋は宿の二階にあって、東向きに窓がしつらえてある、六畳一間。 中には扇風機とエアコンが備え付けてある。確かに、四月の半ばなのに、ここ宮古島は、暑い。夜も部屋の中はちょっと蒸し蒸しする。 窓を開けてもいいのだが、すぐに虫が入ってくるので、快適とはとてもいかない。迷わず扇風機をつけた。しばらくし [続きを読む]
  • 宮古島トライアスロン顛末 2018 その1
  • とうとう待ちに待った宮古島ウィークの日をなんとか無事に迎えることが出来た。 トレーニング的には、宮古島ウィークの二週間前に、インフルエンザにかかり、ほぼその週は仕事も休み、家でずっと臥せっていたので、実質通常通り、体が動くようになったのは、一週間前。 まぁそれまでには、12月に末に宮古島トライアスロン出場が決まってから、ほぼ計画どおりに、トレーニングは積んできたので、その点に関しての不安はなかったの [続きを読む]
  • 断酒
  • そこに行くのに、たくさん準備をしなくてはいけない。毎年そうしている。 そして、今年そこに行くのは、4回目となる。 段々と、旅慣れてきたもので、最初のウチは、ツアーパックにして、そこそこのホテルで宿泊していたが、二度目からは、飛行機と宿は、ネットで別々の手配して相当安上がりに済ませている。 ただ3度目の時はあらかじめ予約した飛行機会社が民事再生を申請して、そこへ行く便は廃止となってしまうという思いも [続きを読む]
  • 宮古島
  • 来年、また宮古島に行くことができる。三年ぶり。ここでトライアスロンをするということは特別だ。何もかもが非日常。そこに向けてこれから濃厚な4ヶ月間を過ごすことになる。そして、その時間の種は4月22日にハイビスカスのごとく咲き乱れ、俺の中で終焉を迎える。あの満ち足りたゴールゲートにまた迎える幸せ。たまんないね。 [続きを読む]
  • シクロな冬
  • とりあえず今冬第1戦に参加してきた!相変わらずこれはこれでキツイです!インターバルが半端ない!でもって階段上ったりとか??まぁオフトレには、エエと思いますよ。 [続きを読む]
  • 日曜日の朝
  • 最近、日曜日は雨ばかり。おまけに台風接近ときたもんだ。 本当やんなっちゃう。秋も深しというのに。ここに来て雨の日が続くのは気に入らないのよ。自転車も乗れないしね。で、久しぶりに愚息を送ってきがてら、近場のショッピングモールに来て朝マックなどをしてる。朝マックと言っても、コーヒー飲んでるだけだけど。でもこうして外に出て何も目的なしにただ時間を潰してるのって久しぶりだな。でもこれも悪くないかも。はぁは [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ⑧
  • まだ17時半といえど6月。陽は高く夕暮れとは言いがたい。 再び、福江の港を後にして、あの矮小な住宅街へとゆく。 ここで面白い光景を見た。 沿道で応援をしてくれる肩の中に、犬やらペットを連れて応援している方は良く見かけるのだが、猫を何やら箱に入れて、そこに吹き出しで「がんばってにゃぁ!」とあるのには笑えた。ぐっジョブである。また箱の中の猫が迷惑そうにしているのがいい。 ここに再び帰ってくる頃にも居 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録⑦
  •  着替えのテントを抜け城郭の中をしばらく行くと、港へと向かう広い通りへと出た。 ゲートの下に計測用のラインがあり、ここからランがスタートということになる。 50メートルほど進んで、エイドへと行き、水分補給と火照った体へ水をかける。 氷もついでに貰い背中へと入れる。 また水をたっぷり含んだスポンジで腿を満遍なく冷やした。 口に氷とうめぼしを頬張りながら、本コースへと向かっていく。 バイクでの消耗の [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録⑥
  • 三叉路を左に折れてしばらく行くと、往きに来た山間のコースへと再び入っていき、またも登り基調となってくる。 残り40キロといえど、まだまだ楽をさせてはくれなさそうだ。 勾配7パーセントから8パーセントの坂を直線にして1キロほど上ってから、多少のアップダウンをやりすごして2つばかりのトンネルを過ぎると、再び市街地へと向かう道へと降りてきた。 このまま、市街地に進めばおそらく福江に向かうのであろうが、 [続きを読む]
  • 30キロ走
  • 揖斐川マラソンに向けて、30キロ走をした。ペース的には今のところこれで精一杯。まだまだ暑くて、結構消耗したねぇ。まだ俺伸びしろってあるんやろか?まっやれるだけ頑張ります。しかしこの後のビール??のうまいこと。おちかれさまでした。 [続きを読む]
  • オフだから…
  • 毎年というわけではないが、シーズンが終わると色々、思うことがある。ちょっとネガティヴになるので、厄介だね。来年の目標なんてのも、考えてみたりもするのだが、スッキリしないねぇ。なんなんだろう。とりあえず、今まで通り何処にも属さず一人でボチボチやってくとしよう。強がってるだけの人生だけど、まぁ仕方がねぇや。 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ⑤
  • 富江の港を出て、道は宿泊先のキャンプ場へと伸びている。 ここから俄然、ペダルを漕ぐ脚にも力がみなぎってきて、スピードも上がり始める。 得意なバイクと平地。 ほとんどと言っていいくらいに、後続から追ってくる選手に抜かれることはない。 逆に前にいる選手をどんどん追い抜いていく。 基本、多少の登りはあるものの、この富江周回コースは平坦だ。 前808ZIPPと後ろZIPPのディスクホイールがゴーゴーっと唸りをあ [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ④
  • スイムは富江の湾内をジグザグに周回するコースで、1周は1.9キロ。ロングタイプはこれを2周回、3.8キロ。ミドルタイプは1周回。 各所、まがるブイは全部で5つ。全てのブイに番号がふってある。 スタートから1番のブイまでは350m。それを若干右に折れて2番目のブイまでは200m。今度は直角に右に曲って3番目のブイまでは最長の540m。また直角に右へと折れて今度はわずか20m先に4番目のブイ。それを [続きを読む]
  • OGK AERO R−1
  • 今迄、ヘルメットに関しては、ファッションアイテムの一つとして考えてきた。何気にウェアやアイウェア以上にこだわっているかもしれない。で、何かと話題のOGK AERO R−1をゲット。早速装着して走ってきた。台風一過で今日は晴天であったが、風が結構、強く吹いていて、ある意味このメットのエアロ効果とやらを試す絶好のチャンス。最初は専用バイザーを装着せずに走っていた。その時は、普段してるメットの感じとの違いは全く感 [続きを読む]