ogurady さん プロフィール

  •  
oguradyさん: 晴れた日にはオグラディが見える!
ハンドル名ogurady さん
ブログタイトル晴れた日にはオグラディが見える!
ブログURLhttps://ameblo.jp/ogurady/
サイト紹介文万年中級シニアアスリート徒然記。たまにしか更新しないけど見たって下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 109日(平均1.8回/週) - 参加 2017/07/06 09:54

ogurady さんのブログ記事

  • 日曜日の朝
  • 最近、日曜日は雨ばかり。おまけに台風接近ときたもんだ。 本当やんなっちゃう。秋も深しというのに。ここに来て雨の日が続くのは気に入らないのよ。自転車も乗れないしね。で、久しぶりに愚息を送ってきがてら、近場のショッピングモールに来て朝マックなどをしてる。朝マックと言っても、コーヒー飲んでるだけだけど。でもこうして外に出て何も目的なしにただ時間を潰してるのって久しぶりだな。でもこれも悪くないかも。はぁは [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ⑧
  • まだ17時半といえど6月。陽は高く夕暮れとは言いがたい。 再び、福江の港を後にして、あの矮小な住宅街へとゆく。 ここで面白い光景を見た。 沿道で応援をしてくれる肩の中に、犬やらペットを連れて応援している方は良く見かけるのだが、猫を何やら箱に入れて、そこに吹き出しで「がんばってにゃぁ!」とあるのには笑えた。ぐっジョブである。また箱の中の猫が迷惑そうにしているのがいい。 ここに再び帰ってくる頃にも居 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録⑦
  •  着替えのテントを抜け城郭の中をしばらく行くと、港へと向かう広い通りへと出た。 ゲートの下に計測用のラインがあり、ここからランがスタートということになる。 50メートルほど進んで、エイドへと行き、水分補給と火照った体へ水をかける。 氷もついでに貰い背中へと入れる。 また水をたっぷり含んだスポンジで腿を満遍なく冷やした。 口に氷とうめぼしを頬張りながら、本コースへと向かっていく。 バイクでの消耗の [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録⑥
  • 三叉路を左に折れてしばらく行くと、往きに来た山間のコースへと再び入っていき、またも登り基調となってくる。 残り40キロといえど、まだまだ楽をさせてはくれなさそうだ。 勾配7パーセントから8パーセントの坂を直線にして1キロほど上ってから、多少のアップダウンをやりすごして2つばかりのトンネルを過ぎると、再び市街地へと向かう道へと降りてきた。 このまま、市街地に進めばおそらく福江に向かうのであろうが、 [続きを読む]
  • 30キロ走
  • 揖斐川マラソンに向けて、30キロ走をした。ペース的には今のところこれで精一杯。まだまだ暑くて、結構消耗したねぇ。まだ俺伸びしろってあるんやろか?まっやれるだけ頑張ります。しかしこの後のビール??のうまいこと。おちかれさまでした。 [続きを読む]
  • オフだから…
  • 毎年というわけではないが、シーズンが終わると色々、思うことがある。ちょっとネガティヴになるので、厄介だね。来年の目標なんてのも、考えてみたりもするのだが、スッキリしないねぇ。なんなんだろう。とりあえず、今まで通り何処にも属さず一人でボチボチやってくとしよう。強がってるだけの人生だけど、まぁ仕方がねぇや。 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ⑤
  • 富江の港を出て、道は宿泊先のキャンプ場へと伸びている。 ここから俄然、ペダルを漕ぐ脚にも力がみなぎってきて、スピードも上がり始める。 得意なバイクと平地。 ほとんどと言っていいくらいに、後続から追ってくる選手に抜かれることはない。 逆に前にいる選手をどんどん追い抜いていく。 基本、多少の登りはあるものの、この富江周回コースは平坦だ。 前808ZIPPと後ろZIPPのディスクホイールがゴーゴーっと唸りをあ [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ④
  • スイムは富江の湾内をジグザグに周回するコースで、1周は1.9キロ。ロングタイプはこれを2周回、3.8キロ。ミドルタイプは1周回。 各所、まがるブイは全部で5つ。全てのブイに番号がふってある。 スタートから1番のブイまでは350m。それを若干右に折れて2番目のブイまでは200m。今度は直角に右に曲って3番目のブイまでは最長の540m。また直角に右へと折れて今度はわずか20m先に4番目のブイ。それを [続きを読む]
  • OGK AERO R−1
  • 今迄、ヘルメットに関しては、ファッションアイテムの一つとして考えてきた。何気にウェアやアイウェア以上にこだわっているかもしれない。で、何かと話題のOGK AERO R−1をゲット。早速装着して走ってきた。台風一過で今日は晴天であったが、風が結構、強く吹いていて、ある意味このメットのエアロ効果とやらを試す絶好のチャンス。最初は専用バイザーを装着せずに走っていた。その時は、普段してるメットの感じとの違いは全く感 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ③
  • 思わぬメカトラブルで焦りまくったのが全ての前日であったが、五島2日目の朝はすっきり目覚めることができた。キャンプ場の前には砂浜の海岸が広がっており、散策をした。 洗面等を終えてから、Y田さんとバイクの試走に出かけた。 昨日はどうなることかと思ったが、優秀なメカニックさん達のおかげで、愛車P5の変速はバシバシ決まる。エンドのねじ切り不良の影響は皆無だ。試走するコースは、バイクの本コース前半部分のスタ [続きを読む]
  • 夏だから朝練
  • もう夜とかは暑い??んでね。うん!やっぱ朝!P5でひとっ走りは最高に気持ち良い!で、からのぉぉランで、しっかり出勤前にブリックトレが出来た。珠洲に向けて良い準備が出来そうだ?? [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ②
  • 福江港に降り立ち、預けていたシーコンを受け取った後、Y田さんは皆と近くにあるレンタカーの受け取り場所へ手続きに行った。 その間、Y田さんのOS500と手荷物と俺の手荷物、シーコンを港の乗船待合所を持っていき、中で待機。 この中には、いくつもの土産物屋や島内の案内所等があって、Y田さんを待っている間に島特産のみやげ物や案内パンフレット等を見てまわった。 どの土産物屋も海に近い島とあって干物や海苔等 [続きを読む]
  • BARAMONKING2017回想録 ①
  • 本戦は6月11日日曜日。 今年(2017)一番のメイン大会、長崎五島トライアスロン大会。通称 バラモンキングへと向かうべく8日木曜日の夕方に現地へと旅立った。 いつもは、だいたい一人で行くのだが、今回は普段から練習や飲み友だちでもある気の置けない地元のトラ仲間Y田さんと同行しての旅となる。俺は、もちろんロングタイプ(アイアンマンディスタンス)。Y田さんはミドルタイプ(ハーフアイアンマンディスタンス)での参加だ。 中 [続きを読む]
  • P5
  • やっぱ一番のオキニに乗って飛ばしたら阿部礼二も、モチベーションも上がる??珠洲は峠が3つあるそうだが登りは捨てて平地をこいつでブッ飛ばすことにした。TTポジションもバッチリ????だしね。P5にあわせて、ウェアもコーデネートね〜! [続きを読む]
  • SADO2016回想録 レース編⑤
  • 再びスタート地点に戻ってきて、右手にトランジションエリアを見ながら「もう一度、行かなきゃならないのか・・。ここがゴールなのに・・。」という思いが湧いてきた。「もう・・終わりにしてもいい・・。」「いや・・せっかく佐渡のロングに来たのに何を弱気な!行くんだ!必ず完走だけはするんだ。」心が折れそうになりながらも、どうにか、後者の思いのほうが上回っていたので、再びスタート会場を後にして、また佐和田の商店 [続きを読む]
  • SADO2016回想録 レース編④
  • 情け容赦の無い太陽が燦燦と照りつける中、最期のランパートのスタートを切った。トランジットエリアを出て直ぐのエイドでたまらず、大きなポリバケツにある水を柄杓ですくって何度も頭の上からかけた。「行ってらっしゃい!」ボランティアスタッフがそう言って紙コップに入れた水を手渡してくれる。これを、もう一杯お替りして、いよいよ本コースへと走り出す。まずは、佐和田の街の商店街の中を方角にして、南方面へと走ってい [続きを読む]
  • トライアスロンジャンキー
  • ちょっと大袈裟なタイトルになってしまったかもしれない。まっトライアスロン以外にも世の中の事に興味をもとうと、ネットサーフィンだけでなく、久しぶりに本屋に行って漫画やら専門書、小説等を読んでみようかと行ってきたのだが、アカン、一瞬興味は持ってページをめくるも、どれもとても読む気力が湧いてこない。でついつい自転車やらランニングやらの関連本のところに歩を進めてしまう。 仕事関連の本にも手を出してみるのだ [続きを読む]
  • SADO2016回想録 レース編③
  •  両津の街を過ぎたあたりのエイドから3キロほど行ったら、昨日、大変お世話になったおばちゃんの集落がある。「村のもん皆でテント張って、応援してるから、必ず寄ってよ。」って言ってくれたおばちゃん私設のエイドがみえてきた。「おーい!おばちゃん!きたよぉぉ」 ブルホーンバーを片手で支えながら右手を大きく振って、テントの中にいるおばちゃんに声をかけた。「早かったネェ!あんたが一番乗りだよぉ!」 おばちゃん [続きを読む]
  • 皆生2017
  • ついこの間に2016回想録を書き終えたばかりだけど、2017の皆生もなんとか無事に完走を果たすことが出来た。コレで皆生は4回目となるが、記録としては2回目のときを除いて大きな更新はない。ランとスイムに関しては見事なまでに毎年ほぼ同じタイム。なんだかなぁ?????でも言えることは、記録更新目指して準備して臨まないと皆生は、完走すら出来ないということ。バラモンからの連戦で疲れが取れてなかったのもあると思うが [続きを読む]
  • SADO2016回想録 レース編②
  •  ウェットスーツも難なく脱げ、shiv が待つトランジションエリアへと駆け足でいき、ヘルメットとオークリーを装着。素早くスペシャ製のバイクシューズを履いて、shiv をバイクラックから下ろし、ガーミンエッジ500をスタートさせ、バイクスタート地点へと再び駆け足でshiv を押しながら向かった。 バイクスタートラインを越え、左手に海を観ながら愛車shiv に跨がり長い佐渡島一周のBIKE が始まった? スイムに1時間半かかっ [続きを読む]
  • SADO2016回想録 レース編①
  •  朝といっても深夜の2時50分に予定通り全員、起床‼ すぐに起き上がって、寝巻きのまま食堂へと行き夜食ならぬ朝食を食べる。 海苔、味噌汁、焼き魚、納豆、豆腐、ご飯ってな感じでシンプルだが、ボリュームはたっぷり、3時10分には宿を出るのでそそくさと済ます。 そしてとりあえず、トイレ??。速攻で出すもん出して部屋帰って、レースウェアに着替えて、昨日用意したトランジションバッグ担いで準備完了‼ まだ外は [続きを読む]
  • SADO2016回想録前日編
  •  昨日は美味しい日本酒でいつの間にか意識失って寝てしまったので、真夜中に一度、目が覚めてそれからしっかり眠れないで朝を迎えてしまった。二日酔いというほどお酒は残っていないのだが????。十分に眠れないというのはよくないね。反省。 明日の本番に備え、この地に少しでも慣れておきたかったので、まだぐっすり寝ておられる先輩二人を起こさないようにランニングウェアに着替えて外へ出た。 時刻はまだ5時をちょっ [続きを読む]
  • SADO2016回想録前々日編
  •  ロングと呼ばれるトライアスロンはやりはじめてから、宮古島三回、皆生三回(うち宮古島二回はデュアスロンに)出て完走している。 但し両大会ともスイムは3km,バイクは150km弱ラン42.195kmと一般的に言われているアイアンマンディスタンスには少し及ばない。 アイアンマンディスタンスはスイム3.8km、バイク180km,ラン42.195km。 つまり佐渡トライアスロンで初めてのアイアンマンディスタンス挑戦となる。 さらに佐渡トライ [続きを読む]
  • KAIKE2016回想録 ラン編
  • スタート会場を抜けて、歩道を西へと数百メートル進んで、再び右折して海岸通りへと行く。まだバイクを終えたばかりなので、走る感覚が重い。暑さも半端ない。海岸に突き当たり左折して皆生温泉の旅館通りを走っていく砂浜は多くの海水浴客でにぎわっている。涼しそうだな・・。俺もつかりてぇ・・。そういえば朝、ここを泳いだな。子供たちのはしゃぐ声を背に、旅館通りを抜けて、道は米子市街へと南に続いていく。ここからはず [続きを読む]