ruruco さん プロフィール

  •  
rurucoさん: my style 〜 50歳からの雑記帳
ハンドル名ruruco さん
ブログタイトルmy style 〜 50歳からの雑記帳
ブログURLhttp://mystyle50.com/
サイト紹介文夫と二人暮らしの専業主婦。独居の母は認知症。不満もそこそこあるけれど、多分案外幸せなんだと思う。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 123日(平均4.6回/週) - 参加 2017/07/06 20:32

ruruco さんのブログ記事

  • 衝撃☆☆父がまさかの養子だった?!
  • 父の逝去に伴い、相続手続きを行い、その時に知った法律のことや手続きのことを、しろうと目線であれこれ綴っています。離婚したのに『バツ』が消える?改製原戸籍の謎相続関係説明図で原本還付☆自分でできる相続登記謄本と抄本の違いを理解する☆自分でできる相続手続き自筆の遺言書は、作ればいいってものじゃない私が家と土地を相続した、その理由今回は、土地家屋の相続登記をするべく、法務局で実際に書類を提出した時のお話 [続きを読む]
  • 複雑な気持ち◇返品交換不可と言われて
  • 100円ショップに立ち寄った折、靴下をあまり持っていない母(ストッキングやタイツばかり)にと、モコモコ靴下を買いました。施設にいる認知症の母なので、明るい色の方が気持ちが華やぐと思いまして。ご覧の通り、左の2つは間違えました。すぐに気づいて購入から約30分後、店に戻ってみると、同じ陳列段のところに同じ色の靴下とレッグウォーマーが吊るされていて、目当ての靴下はすぐに見つかり、交換してもらおうとレジへ。そ [続きを読む]
  • ギョッとして、切なくて、涙が出そうになった
  • 認知症の母が、実家を水浸しにしてしまい、住める状態ではないということで、現在母は施設にお世話になっている。それまで嫌がっていた施設でのお風呂や洗髪も、今回勧めると素直に従ってくれたのだそう。母は、長年かつらを着用していた。年配になってからでなく、わりと若い時期に部分的に薄くなったようで、それを隠すために使っていたそうだ。恐らく、今の私の年齢の時には使っていたのだろうが、長らく私は全く気づかなかった [続きを読む]
  • 眉毛を忘れてサバ缶を食らう
  • 今日メイクをしていて、最後にマスカラして自分の顔を眺めると、何かがおかしい。。。。。・・・・・数秒後、眉毛の無い顔に気づいた。目もとはバッチリなのに、眉毛がない変な顔( -д-)ノ こんなことは初めてだ。何をやっているんだ、ワタシヽ(#`Д´)ノどうしよう、ヤバイ、認知症の始まりか・・・メイクは、ファンデを塗ったら眉を整えて、目元をちょちょい。口紅はもう何年も塗っていない。私の眉毛は左右非対称で形が悪くて薄 [続きを読む]
  • 無印のお勧めグッズで野菜ファースト
  • 具だくさんのお味噌汁をよく作る。少量ずつでも多品種を使うよう心がけたら、5-7種類程度、毎回お鍋のような味噌汁になっている(笑)キャベツ、白菜、豆腐、えのき、もずく、ワカメ、油揚げ、ほうれん草、なす、ねぎ、しらたき、人参、・・・・・高価なものは必要ない。冷蔵庫にあるものを何でも、ちゃちゃっと切ってお鍋にポイッ。夫は、「マズイ」「しょっぱい」「今日は薄いね」「どうしちゃったの、この味付け・・・」etc. 批 [続きを読む]
  • 焼肉ランチと赤いピアス
  • 今日は焼肉ランチ。毎度の店で毎度のwith夫。最近ヘビロテのワイドパンツコーデ。パンツスタイルのように太い太ももを気にすることなく、スカート感覚なのに自転車にも余裕なところがお気に入り。このところ、今秋購入した黒革のシンプルなテーラードジャケットに、グレーの上下を合わせたワントーンコーデをヘビロテ中。シンプルかつ無難・・・好きな色の組み合わせではあるけれど、黒とグレーだからとにかく無難過ぎて、お洒落と [続きを読む]
  • いつの間にか、洗濯マークが進化していた
  • 雨の日曜日、期日前投票をしていたので一日中家でまったり、夜は選挙特番。東京に関しては、7月の都議選とは真逆の結果になりつつあるようですが、これは想像通り。もしも小池さんが知り合いだったなら、間違いなく苦手なタイプではあるけれど、あそこで都知事に立候補する度胸、古い体質の男性社会の中で、確実にのし上がっていく賢さとしたたかさ、同じ女性として、すごいなあ、大したものだなあと素直に思ったものです。少し奢 [続きを読む]
  • 夫婦ってそんなもの。やっぱりお互い様だった
  • お昼時、何にしようかと頭を悩ませていたら「刀削麺行くか?」と夫。一時期はまって、二人で毎週のように通ったけれど最近はご無沙汰だった。二人とも、頼むのは決まって麻辣刀削麺(マーラートウショウメン)。激辛でなく、程よく花椒の効いたスパイシーな味が好み。久しぶりの味に舌鼓を打ちながら、今日のランチは楽しかった。二人で外食は日常的なことだけに、これといった会話もなく、黙々と食べることも稀ではない。友達との [続きを読む]
  • イタイ女にならないために・・・年齢に合う装いを考える
  • 横断歩道の信号待ちで、向こう側にスタイルの良い女性がいた。身長は160もないほどだけど、小顔だからバランスが整っているのだ。思わずイメージしたのは柴咲コウ。身体のラインがよくわかる、ぴったりした薄手のニット。形の良い丸みを帯びた上向きバストに、否が応でも目がいく。綺麗なものに惹かれるのは、男も女も関係ないのだ。信号が青に変わり、わざとゆっくりと歩を進める。そして・・・彼女の顔をはっきり認識した瞬間、 [続きを読む]
  • 母にブチ切れ複雑な心境、そして夫に八つ当たり
  • ピンチをチャンスに♪なんて、前向き発言で前記事を〆たものの、朝から母の電話でブチ切れてイライラしている私です。白状すると、母からの電話は、無視して取らないことも多いです。こう言うと、つまり認知症の親の、わけのわからないループ話に付き合いたくないから電話を取らないと、ほとんど方が思われるのでは?でも、そうでないのが私と母の関係のやっかいなところで・・・もともと母は、自分が一番な人なので、子供のことは [続きを読む]
  • ああああ、水浸しでもう住めない・・・恐るべし認知症
  • 実家で水漏れが起こり、てんやわんやの数日でした。原因は・・・認知症の母が何かやらかしたのでしょう。本人に聞いたところで、もうわけがわからないので、永遠にナゾのまま。2階から水が漏れて、その水が2階の床下を伝わって、一階が水浸しになりました。畳もベチャベチャ、ソファやピアノも水に濡れて台無しで、とても住める状態ではないと(´;ω;`)一階和室の天井。この上の部屋は水回りではありません。別のところにある2階 [続きを読む]
  • その到着が1時間遅れたくだらないワケ
  • 昼に夫とお寿司を食べました。回るお寿司ですが、カウンターに職人さんがいて、オーダーすると握ってくれ、味も良い。だから昼も夜も行列してます。私たちは中途半端な3時頃に到着したので、さすがに行列はなかったけれど、店内満席でした。大好きなボタン海老やホタテを堪能して、中トロも程よい脂で美味しくて、ウニの軍艦巻きを頂いたら、これがなんともオイシクナイ。おかしいなあ、隣の人が食べてたウニは、もっとこってりと [続きを読む]
  • ああ面倒臭い・・・ありがたい話ではあるけれど
  • 今買おうかどうしようか迷っているのは、ユニクロのウルトラダウンのコンパクトジャケット。もう既に、お持ちの方も多いと思われる、コンパクトにギュギュっと小さく折り畳めて便利そうなアレです。定期的にチェックするユニクロで、初めてそれを見た時は、ダウンなのにインナーとして着るなんて?!ナイナイ、私があんなのを着るなんて絶対アリエナイそう思ってました。ところが一昨年の冬、ダウンはお洒落じゃないから着ないと豪 [続きを読む]
  • 私がずっと専業主婦でいる理由
  • 結婚以来一度も働いたことはありません。とはいえバブル世代、男女雇用機会均等法が施行され、女性もバリバリ働くのが当たり前になった時代。だから専業主婦なんて真っ平ごめん、ずっとそう思ってました。でも、人生はそう甘くなく、時代のおかげで大企業に入社したものの、仕事は面白みが無く、早々に転職し、挫折して、また転職を視野に充電していた頃、夫との結婚が決まり新生活が始まりました。結婚は30代前半だったので、仕事 [続きを読む]
  • 可愛げのない女にムカついてしまった
  • 秋めいて、気持ちの良い週末となりました。恰好のお散歩日和ですが、私は今日も自転車こぎこぎ。一昨年ふるさと納税の返礼品として電動自転車をゲットして以来、上り坂もなんのその、ますます歩かず、運動不足に拍車がかかっております。ふるさと納税といえば、昨年までは数多く見かけた電化製品など資産性の高いものは、今年は総務省からのお達しで、取りやめた自治体が多いのだとか。それが総務大臣が変わった途端、趣旨替えとも [続きを読む]
  • 断捨離でH&Mクーポン★お得度はさほどでも?!
  • 衣替えのシーズン到来。何年も着ない服、ときめかない服、形が微妙に古臭い服は断捨離しなければ。と、毎年同じことを繰り返してますが、なぜか購入した数より捨てるべき数の方が決まって多い。長年捨てられずに取っておいたものの、結局捨てる運命の服のなんと多いことか。近頃はエコ、リサイクル、リユースばやりだから、回収サービスをしているところも多数あるようです。ユニクロや無印がやっているのは有名だけど、ユニクロは [続きを読む]
  • それはちっぽけな自己満足に過ぎないから
  • 例の柔軟剤の話を妹にしたら、→ 【その匂いがきつくてツライ件】「私はめっちゃ匂いが付く方が好き♪」と言ってました。類似点はそこそこ多い姉妹のつもりですが、やはり好みはそれぞれですね。ジムで聞いてみると、比較的若い人は匂いが付く方が好きで、年齢が上がるほどそれを好まない傾向があるような。数人に聞いただけなので傾向も何もあったものじゃありませんが、やはり香り付きの柔軟剤は若い人を中心に売れているという [続きを読む]
  • 幻のアルチンボルド〜蒲焼を食らいストレス解消
  • 9月も後半、すっかり秋めいて、芸術の秋とばかりに今秋の展覧会をチェックしましたら、上野の国立西洋美術館でアルチンボルド展が開催されていることを知りました。わおー! これ日本でやるなんてすごいすごい。絶対見に行きたいわ〜ところがどっこい、開催日は6月24日〜9月24日。なんと今日まで(>_タイミングの悪さに愕然とし、こんな情報かえって知りたくなかったと、誰かに八つ当たりしたい、ブルーな気分。これこれ↑↑↑  [続きを読む]
  • 『中年はもっと早く歩くべし!』からの終活を考える
  • 少し前になりますが、英国BBC発の気になるニュースがありました。イングランド公衆衛生局は、中年期の人は健康維持のためにもっと速いスピードで歩くよう呼びかけている。人は40歳を過ぎると運動量が減り始めるため、40歳から60歳の人には、速く歩く散歩を習慣にすると良いという。公衆衛生局は、1日わずか10分間、速く歩くだけで早期死亡の危険が15%少なくなり、大きな成果につながると促している。一方で、実際には40〜60歳でひ [続きを読む]
  • 目薬はいずこ・・・母にむかついた話
  • 認知症の母のこと、『久しぶりに接すると優しくなれる』としみじみ思いますが、だからと言って、久しぶりの四六時中、ずっと優しい気持ちではいれません。たとえ短い間でも、ブチ切れそうになるきっかけは、そこら中に溢れています。母が、とても気に入っている目薬が、もう無くなりそうで買いに行きたいと言うので、お安い御用♪と気持ちよく引き受けました。その目薬をググったところ、ネットでもすぐに買えるのがわかりましたが [続きを読む]
  • その匂いがキツくてツライ件
  • 「こんな臭い服着れないから、それ捨てて。」倹約家で滅多にモノを捨てない夫(だから捨てて欲しいものいっぱいあります)が、買ったばかりのそれを、いとも簡単に捨ててと言うなんて、よっぽど臭くて苦痛だったに違いありません。以来、なるべく微香っぽいものを選んでいるつもりではあるのだけど、今日新しくおろしたそれがまた臭かった(>_大きく『防臭』と書いてあるから、香りの弱いものだと思ったのに・・・やられました。そ [続きを読む]
  • 1万円の価値はない?テレビショッピングで大失敗・・・の巻
  • 深夜のテレビショッピングを見ていたら、これからの季節にぴったりなロングスカートを紹介してまして、裾に向かって広がる流行りのタイプだけれど、ほんの少しアシンメトリーでデザイン性も高く、ウエストゴムなのにそう見えない秀逸さにノックダウン。色はシンプルな無地の黒。これ欲しー!ヘビロテ間違いない!買って絶対損なし!早速PCで新規登録してポチりましたのそれが今日届きまして、楽しみに開封しました・・・・・ら、な [続きを読む]
  • 単なる知り合いから友達になれなかったヒト
  • 「今度ランチに行きましょう♪」”知り合い”とそんな話になるのは、この人とならこれから友達付き合いが出来そうだと思う時。私の場合、仕事絡みや子供絡みの関係は無いから、社交辞令だって必要ない。とはいえ人と人とのお付き合い、しがらみが無いからと言って、気を使う必要がないというわけではない。もうだいぶ前になるけれど、その人と初めてランチに行くことになった時、彼女が「お店はrurucoさんにお任せしたい」と(メー [続きを読む]
  • 認知症の母宅に届く郵便物はどうすべき?
  • 認知症の母がまた、やらかしてくれました。この春から後期高齢者(75歳)となった母は、それに合わせて保険証も新しくなりましたが、後期高齢者医療保険証の有効期限は毎年7月31日なので、今年だけは誕生月からわずか数か月で新しい保険証に切り替わることになります。とはいうものの、そんなことは後から知ることで、まさかこの前もらったばかりの保険証が、こんなにあっという間に有効期限切れになるなんて思いもよらず、いざ母 [続きを読む]