shinkai さん プロフィール

  •  
shinkaiさん: 水彩+色鉛筆画分室・イタリア・絵に描ける珠玉の町村
ハンドル名shinkai さん
ブログタイトル水彩+色鉛筆画分室・イタリア・絵に描ける珠玉の町村
ブログURLhttp://italiashinkai.seesaa.net/
サイト紹介文「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村」の絵画分室。 ペンと水彩+色鉛筆のイタリア風景をどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 134日(平均2.8回/週) - 参加 2017/07/07 03:27

shinkai さんのブログ記事

  • ・ ベリー公のカレンダー、2月描き始め と、ヴァレーゼの夜、旨いもの!
  • 「ベリー公のいとも豪華なる時梼書」というのを、ご存知の方も多いと思います。14,5世紀に羊皮紙に描かれた大変豪華で華麗な物ですが、shinkaiめはずっと昔からこの中のカレンダーにとても惹かれておりまして、3,4年前に1月の宮廷での大宴会の部分を模写したことがありました。            実物の絵の大きさは22x14?で、この大きさに良くもこれだけ描けたもの!と感心するほど見事なものですが、私めには到底無理で [続きを読む]
  • ・ 栗祭りの村 コンバイ
  • 今新しく少し大きめの紙で下描きを始めていまして、まだそれが見て頂ける程ではありませんので、今日はいつもの第2部のみという事で、10月の半ばに出かけて来た「栗祭りの村・コンバイ」の様子をどうぞ。コンバイ・Combaiの村についての以前のご案内は栗祭りと村の中  初夏の村この大きな幕は、駐車場にあった宣伝で、日本からの友人の「栗祭りを見たい」という希望で、土曜のお昼前に到着するよう出かけたのでしたが、既にこの [続きを読む]
  • ・ カルページカの朝 仕上げに向けて と、 ボブの愛しい猫たち
  • カルページカの朝を描き込みましたので、見てやって下さい。もうすぐ日の出  フォルメニーガ村・ヴェネト   27x16cm 3M先回ご覧頂いた時はまだ塗り込みが不足加減で明るく見えたのですが、ええとつまり、すでに陽が射し始めている感じでしたので、描きたい感じは、まだ余り明るくなく、も少し朧、という感じを出したかったので、大地の色の塗り込みもし、空も少し暗くしました。ただちょっと空の色のブルーの色合い [続きを読む]
  • ・ ポピー 仕上げに向けて と、 ルイーザの誕生日のお祝い
  • ポピーと、サン・ヴィタレータの礼拝堂を、仕上げに向け描き込みましたので、見てやって下さい。 ポピー   27,5x22?  3F細部の詰めに向け描き込んでみました。と、一番濃い色が見える真ん中下側の部分の花に、かなり濃い色を入れ、それで引き締まって見え、と、花が全部モチャモチャにならぬよう、ここの花びらのひだひだにも気を付けて描き込みました。背景の水色も、上部の濃い部分と下の明るいトーンを明確に、濃い部分 [続きを読む]
  • ・ 仕上げを目指し、アッシジの子供 などと、 スコミーゴ村晩秋の色
  • 仕上げに向け、あれこれ細部の詰めをしたのを見てやって下さい。・子供と鳩  アッシジのお祭り広場にて  28,5x18,5cm 3号相当先回描き始めを見て頂いた時にも気になっていた構図の問題で、左側を1?伸ばし、いくらか子供の位置が楽になったように思います。広場に射し込む影を描き込み、子供の脚、足元、そして白い簡素な服、頭なども描き込みました。垂らしている右手、指先が難かしく、何度か描きなおしましたが、今こうし [続きを読む]
  • ・ 我が町コネリアーノのドゥオーモと、チーマの祭壇画
  •  少し長くブログのお休みを頂きましたが、今回より復帰しますので、 どうぞ宜しくお願い致します。 ただ、絵は既に描き始めておりますが、まだご覧頂ける程ではないので、 今回はいつもの第2部のみ、 我がコネリアーノの町のドゥオーモと、その祭壇画チーマ・ダ・コネリアーノの 作品をご覧くださいね。 コネリアーノの町はヴェネツィアから北に、電車で1時間弱の位置にあり、 よくご覧頂くように、我が町から北西にかけて [続きを読む]
  • ・ 梨 仕上げに向けて と、 スコミーゴ村の秋色 n.2
  •  梨を描き込んでみましたので、見てやって下さい。 梨   20,5x16cm  サムホール 先回見て頂いた時は、まだ緑色が濃い梨で、 背景の色もグレーが濃かったのですが、 何となし、梨だけでなく、絵までも生っぽい、のが気になり、 梨全体に黄色をかけて柔らかい感じが出るようにし、 その分、梨のごつごつ感が少し薄れましたが、 背景もグレーの濃淡、という様子だったのに、薄いクリーム色を  塗り込み、柔らかい空間 [続きを読む]
  • ・ トスカーナの道 仕上げに向けて と、 スコミーゴ村の秋、ちょっぴり
  •  トスカーナの田舎道を描き込みましたので、見てやって下さい。 トスカーナの白い道   ヴァル・ダッソ  3号P 先回見て頂いた後、師の二木さんより、 白い道が余り白く見えない、というご指摘を頂き、 まだまだ塗り込みが不足で、薄く見えるのも気になっていましたので、 せっせととにかく草原と土の畑のシラミ潰しに励みつつ、はは、 色のコクが出る様にとやってみました。 中央と右の糸杉の色も濃くし、空の色が薄 [続きを読む]
  • ・ 梨 描き始め と、 ヴェネツィアの考古学博物館 n.2
  •  梨を描き始めていますので見てやって下さい。 梨   20,5x16cm  サムホール ちょっと気分を変えたくなり、へへ、梨を描きだしています。 日本でいう洋梨ですが、今頃はあれこれ種類が出回っているかな? が、こちらでは年中季節関係なしに見かける気がします。 これはウィリアムと呼ぶのだったか、日本の洋梨によく似た味の 私の好きな梨で、サラダに入れても美味しいもの。 描くのに、かなりまだ緑色のを選んだので [続きを読む]
  • ・ トスカーナの道 途中経過と、  巡礼仮想旅 ローマ到着!
  •  トスカーナの田舎道を描き込みましたので、見てやって下さい。 トスカーナの白い道   ヴァル・ダッソ  3号P 先回見て頂いた時と大きく変わった事は無く、空に白い雲を入れた位で、 シラミ潰しをしながら塗り込みました。 道の左側には耕した跡が見える畑が広がりますが、 右は遠くのオリーヴ畑以外、手前はずっと草原ですので、 左の道脇と、右側の草地を描き込むのに、 ペンの線で、茶の濃淡のインクの線を全体に [続きを読む]
  • ・ 丘の朝 描き始め と、 ヴェネツィア・サン・マルコの鐘楼から
  •  稜線の広がる丘の朝を描き始めていますので、見てやって下さい。 もうすぐ日の出  フォルメニーガ村・ヴェネト   27x16cm 3M 早朝歩きの時に得たモチーフで、緩やかな丘の稜線に見える 教会はフォルメニーガ村・Formenigaのもの。 この教会はスコミーゴやカルページカ村よりも西にあり、 あの丘の向こうに陽が上るのではなく、 日の出が近づくときによくある様に、 西の空の雲がほんのりとピンク色に染まり [続きを読む]
  • ・ マントヴァの城 仕上げに向けて と、 マントヴァの城を近くから
  •  ミンチョ河越しのマントヴァの城の風景、描き込みましたので 見てやって下さい。 朝のマントヴァ   35x21cm 先回見て頂いた時はまだ水面に映る陰の位置を決めた所でしたので、 その描き込みが今回の仕事でした。 と、薄いグレイの紙を使ったせいか、どうも空の色がスカッとした明るさが 出にくくて苦労し、はぁ、一番明るい水色を力を込めて塗りこんでいます。 こういう時何となしに頭に浮かぶ言葉が、 「じゃ [続きを読む]
  • ・ トスカーナの古い礼拝堂の途中経過と、 ルイーザからの凄い写真!!
  •  トルカーナはオルチャの谷の古い礼拝堂を詰めて見ましたので、 見てやって下さい。 麦秋のヴィタレータ礼拝堂  オルチャの谷 先回下描きを見て頂いた時は、背景の奥の風景も少し雲の影には なっていたのですが、 どうも色の感じがイマイチぴったり感じる事が出来ず、さてどうしようか・・、と。 で、もっと夕暮れに近い影の色にしようと思い、背景をかなり暗くし、 これで何とか手前の刈り入れ前の畑も掛ける様に思い、 [続きを読む]
  • ・ ひとり遊び、途中経過と、  アルルの街、落穂ひろいの写真を
  •   ひとり遊びする男の子、詰めて見ましたので、見てやって下さい。  ひとり遊び  フランス・ニームにて  バックのブルーが少し鮮やかに見えていますが、  実際はも少しグレイが入った色です。  子供の顔、髪、チェックのシャツ、ジーンズ、玩具の車と、せっせと描き込み、  なんとかここまで詰めて来ました。  今一番気になっているのは髪の毛で、影の色の濃さで髪が固く見える、  というのか、も少し中間の影の [続きを読む]
  • ・ ポピー、仕上げに向けて  と、 ドロミーティで食べた旨いもの
  •   仕上げに向けての「ポピー」、見てやって下さい。  ポピー  先回見て頂いた時は、まだ左半分の色が付いた所でしたが、  花の色、バックになる空の色も詰めて見ました。  実際には右の内側、中ほどの高さの所に白いポピーがあり、  先回はまだ白いままでしたが、  描いていくうちに、この位置に白い花を描くのは難しく、  全体が赤系の花の方が良いかと思い、赤からピンク色にし、  一番上に2つある白い花も、 [続きを読む]
  • ・ トゥスカーニアの古寺 そろそろと、  セルジョの山の家
  •   トゥスカーニアの古寺を詰めましたので、見てやって下さい。  サン・ピエトロ聖堂 トゥスカーニア  先回見て頂いた時よりも手前の木立を纏まった形に直し、  実際の色よりは少し白っぽく写りましたが、  聖堂の形の細部、傾斜などを少し直し、全体の色を少し赤茶を入れ、  濃いめに、影の色も濃い目に直し、  下描きのまま置いていた飛ぶ鳥も濃い目に。  空の色のグラデーションももう一段階濃い目に。  つま [続きを読む]
  • ・ ドロミーティの猫 そろそろ と、  ドロミーティ麓の村々
  •   ドロミーティの村の猫ちゃん、様子を見てやって下さい。  2階のテラスから  ドロミーティ、トルナディーコの猫  先回見て頂いた時の一番の問題は、背後の山との関係、  猫ちゃんの色、体の影の色の問題から、猫自体がはっきり見えない、と  いう事でした。  これは私自身も考え、手を入れたと思ったのですがまだ不足で、  同じ事を師からも指摘されましたので、  その点に気を付けて影の色を入れ、また逆光に [続きを読む]
  • ・ トスカーナの道 描き始め と、 夜明けのトスカーナ
  •   トスカーナの道を描き始めているので見てやって下さい。  トスカーナの白い道   ヴァル・ダッソ  3号P     トスカーナの主要道から脇に入りこむ道は、殆どが白い道・  ストラーダ・ビアンカと呼ばれる地道で、  起伏する丘の間を縫い、それぞれの村に、農家に、アグリトゥリズモに  連絡しますが、  道が乾いている時は車が通るともうもうと土煙が上がり、  濡れて地盤が緩んでいる時に通ったりの後遺 [続きを読む]
  • ・ トスカーナの小礼拝堂 描き始めと、 ヴェネト、カドーレ湖の眺め
  •   トスカーナはオルチャの谷、ピエンツァの西に位置する  ヴィタレータの礼拝堂を描き始めましたので、見てやって下さい。  麦秋のヴィタレータ礼拝堂  オルチャの谷  20x12cm  トスカーナはオルチャの谷というと、谷一帯が世界遺産に指定されてもいて、  そのなだらかに波打ちながら広がる広〜い大地の美しさは、  本当に魅力的で大好きなのですが、  そのオルチャのシンボル的眺めというと、西に糸杉が丸く形 [続きを読む]