bassschoolone さん プロフィール

  •  
bassschooloneさん: ベース初心者のためのワンポイントアドバイス
ハンドル名bassschoolone さん
ブログタイトルベース初心者のためのワンポイントアドバイス
ブログURLhttps://ameblo.jp/bass-school-one/
サイト紹介文エレキベース上達のためのアドバイスを。アドバイスをマスターしたあなたはもう一人前のベーシスト!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 202日(平均5.9回/週) - 参加 2017/07/07 09:31

bassschoolone さんのブログ記事

  • 感性
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 生徒さんによって、色んなレッスンをしてますが、最近は「好きな曲に自分で(生徒さんが)考えたオリジナルのベースラインをつけて弾く」レッスンをしました。 上達の早い生徒さんなので、どんなベースラインになるのか楽しみにしてました。 この間そのフレーズを聴かせてもらいましたが、すごく独創的で素晴らしいラインでした。 ちなみに本人はコードも理論も [続きを読む]
  • リズム強化基礎練習②
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 リズムの良いベースを弾くためには、音の出だしのタイミング、そして、音の終わりのタイミングが重要です。 実は始まりの音をどんなにリズムよく弾いても、音の終わる(切れる)タイミングがバラバラだと、リズム良く聞こえてきません。 なので、始まりを気を付けると同じくらい、音の終わりを気にしてみましょう! という事で、今日は音を止める練習です。めち [続きを読む]
  • リズム強化基礎錬①
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 僕がよくやってたリズム強化のための基礎練習を伝授します。 弾き方はシンプルな8ビートで良いです。 1、まずはメトロノームを4拍分全部鳴らして弾く。小節の上についている♪が 音です。拡大してください。 2、次にメトロノームのテンポを半分(もしくは2分音符)に設定して、同じ早さで弾く。 3、これが出来たら、メトロノームをさらに半 [続きを読む]
  • ベースをおすすめしたい理由
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 ベースをおすすめしたい理由の一つに、「曲作りに強くなれる事」があります。 ベースはコードの一番大事な部分のルート音を担当するパート。 たくさんの楽曲をコピーすれば、大事な部分がどういうパターンになっているかっていうのを感覚でつかめるようになるはずです。 そして、現代はまさにベースミュージックと言って、ドラム、ベースだけで楽曲の半分以上が [続きを読む]
  • お知らせ
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 最近一段と冷え込んできましたね。おもいっきし風邪をひいてしまいました。。 そんな中、ここ数日はライヴ、レコーディング、撮影とちょっとバタバタでした。 その撮影なんですが、当スクールの体験レッスン動画です。 僕が普段どんな雰囲気でレッスンをやってるか、伝えるために作ることにしました。 実際にベース初心者の方が弾いているので、アドバイスとか [続きを読む]
  • 音質とグルーヴ
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 「音質の良い悪いよりも、グルーヴの方が大事」 いつだったか山下達郎さんがラジオで言ってた言葉です。 自分の大好きな人の話す言葉は特に、ずっと頭に残っているものです。 確かに古い音楽(古い音質)でも、いいものはいいです。 音が良くなくても演奏や歌、曲が良ければ一生残る作品となるわけです。(あくまで「音質」って話で「音色」って言う事ではな [続きを読む]
  • 15弦ベース
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 こんなの見つけました。全然知らなかったですが、チャンネル登録数みるとかなり有名な方のようですね。 14弦とか15弦が重みでたわみに過ぎてて、隣接してる弦に当たっちゃってますね(笑)エフェクト効果ではありますが、映像の最後に15弦を弾いた時、画面が揺れます。その位の低音なんでしょう(笑) しかしめちゃくちゃ上手いですね! そして、、、 [続きを読む]
  • 言葉の威力
  • ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 先日、朝のラジオを聴いていたら、武田鉄矢さんの番組で面白い話を聴きました。 何か失敗した相手に対して馬鹿!って言うのは、相手の自律神経に乱れを与えるらしく、これがなんと自分の自律神経にも影響を与えるらしいです。 また、失敗した時とかに言う、「クソっ!」とか「やっちゃったよ、、、」という独り言も良くないようです。 具体的にどの言葉までがダメでどれがOK [続きを読む]
  • 機材投資
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 楽器を続けると増える音楽機材。 僕は20年弾いてきて、ベースを5本買いました。周りの話を聞く限り、少ない方かと思います。 エフェクターもいくつか買ったり、シールドも試しました。 現在は、72年製のフェンダージャズベースほぼ一本のみで様々な現場に対応出来てます。エフェクターも試してきましたが基本的に直です。繋いだとしても、xoticのBB preampと歪 [続きを読む]
  • 理論を定着させるには
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 音楽を続けていると当たる壁。 音楽理論。 ある程度は感覚や、ちょっとした知識でも自由に演奏は出来ますが、複雑な曲になってくると音楽理論が必要になってくる事もあります。 曲のアレンジを考える時や、ソロを弾くときなど。 音楽理論を学ぶときの一番のポイントは、学んだら必ず実践する事。 これに尽きます。 頭の中ではわかっていても、いざそれをやろ [続きを読む]
  • RADWIMPS「前前前世」から学ぶベースライン
  • ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 昨夜はこんな記事でした。 「RADWIMPS有心論から学ぶベースライン」https://ameblo.jp/bass-school-one/entry-12341597517.html えー、この記事を投稿した直後、その日に「君の名は」が放映されていたのを知りました。 日本中の話題にもなった日にまさかの「有心論」の記事を上げたのはそんな理由です(笑) というわけで、一日遅れですが、「君の名は」の主題歌でもある [続きを読む]
  • RADWIMPS有心論から学ぶベースライン
  • ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 このブログでもコピーをすすめているだけあって、僕もよくコピーをしてます。 僕が好きな曲をコピーする時もあるし、生徒さんが楽譜を持ってない場合は、譜面を作るためにこちらで耳コピをします。 最近、生徒さんのリクエストで、RADWIMPSの有心論の譜面を作りました。 歌メロとベースラインの絡み方が強烈でした。 自由に動き回っているように見えて、実はすごく歌のライ [続きを読む]
  • ベース弾き語りでコードを覚えよう
  • ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 ベーシストのお仕事の大基本はルート音を弾く事。 どんなジャンルでも同じです。 なので、コードのルートを読めるようになる事と、簡単なリズムパターンを覚えちゃえば譜面を渡されて瞬時に対応できるようになります。 GやGm、G7どれも、4弦3Fを押さえればOK。F/Gなどの分数コードは分母の方(G)を押さえればOK。 もし動きたかったら、ルートの5度上か、4度下の音を混ぜ [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 あけましておめでとうございます。 今年は音楽講師として、ミュージシャンとしてより一層飛躍できる年にしたいです。 昨日はどう過ごしましたか?僕は久しぶりの母親の料理を食べながら、紅白を最初の方から最後までぶっ続けで見てました。三浦大知さんと欅坂46のパフォーマンスにとても感動しました。出ているアーティストのプロフェッショナルさを強く感じ、小さい頃見てい [続きを読む]
  • ご挨拶
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 ついに2017年も最終日! あっと言う間の一年でした。 2017年は僕のスクールのHPを作り、ブログを開設しました。 当初から比べると、アクセスも伸びてきました。 いつもご覧になってくれているみなさん、どうもありがとうございました。これからもこのブログを役立ててもらえたら嬉しいです。 そして、レッスンですが、去年より生徒さんの数も倍に増え、教える [続きを読む]
  • 細野晴臣
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 今年は演奏の仕事もレッスンの仕事も納めました。 年初に細野晴臣さん周辺の音楽をかき集めて、色々聞いてました。 星野源さんが影響受けたアーティストという事で、そこから知った方もいるのではないでしょうか? 細野さんは今はほとんどライブでベースは弾いてないそうですが、以前はベーシストとしてデビュー。 はっぴぃえんどの当時は20代ですが、その頃か [続きを読む]
  • ベーシストの命
  • こんばんは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 ベースを弾いてて、なんかしっくりこないとか、録音を聴いてみて、なんか違うなって思った事はみんなあるはずです。 弾いたフレーズがハマらない原因は、大体においてリズムが良くない事が多いです。 音階はリズムの上に乗っているものなので、いくらいいフレーズでも、リズムがハシってたら全く響いてこないです。 逆にリズムが良ければ、なんでもないフレー [続きを読む]
  • 夢は叶う
  • おはようございます。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 今日は、僕が編曲した曲のベースレコーディングとディレクション業務。 今年の総括になる一日です。 こういう人になりたいって決めた年初から1年経ちまさかホントにそうなっているとは思いもしなかったです。 思考は現実になるってホントなんだなと、実感しました。 毎日毎日こうなりたい!って思えば、きっと願いはかなうはずです。 当方のベー [続きを読む]
  • ベースと結婚しようかな
  • こんにちは。ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 最近はかなり時間に余裕が出てきたので、たくさんベースを弾き、プレイの研究を重ねています。 気づいたら日が暮れてるとかはいまだにあるし、ごはんも食べずに弾いてしまうこともしばしば。。。 ベースを始めたころ、それはそれは楽しくてしょうがなかったです。家に帰ったらすぐベースを弾いて、寝る直前まで弾いてたり、ベースを弾くために早く勉強を終わらせ [続きを読む]
  • ベースを弾かずして上手くなれるか
  • こんにちは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 もとい、池袋、大塚、大山ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 というわけで、今日から池袋以外でのスタジオでもレッスンする事にしました。 池袋の他には大塚、大山のスタジオをご利用予定です! 先日、生徒さんから、忙しすぎてベースを弾く事が出来ません。弾かないでもうまくなれますか?、、、との相談がありました。 これは困りました、 [続きを読む]
  • Sharay Reed (シャレイ リード)
  • こんばんは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 youtube見てたら、すんごいベーシスト発見。その名も、「Sharay Reed(シャレイ リード)」。 タイトなんだけど粘っこく凄まじいグルーヴ。 周りの雰囲気もすごい良くてテンションの上がる動画です。 みんな楽しそう。 映像の最後の方に子供たちが近くにきますが、小さいころからこんな音楽を日常で聞いてるのが羨ましいです。こういう影響からモンスタ [続きを読む]
  • 気づき
  • こんにちは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 上達には本人がいかに問題に気づけるか?という事が重要になると考えています。 先日、山下達郎さんのラジオ番組「サンデーソングブック」を聴いていました。 達郎さんは学生の頃から落ち着きがないと指摘されていたようです。しかし、本人は全くそれを気づいておらず、指摘されても一行に治る事はなかったようです。 そして、竹内まりやさんのコンサート [続きを読む]
  • ファンク攻略 その3
  • こんにちは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 前回に引き続きファンク攻略その3をお届けしたいと思います。 前回までの記事はこちら。その1https://ameblo.jp/bass-school-one/entry-12337086806.html その2https://ameblo.jp/bass-school-one/entry-12337232148.html 本日の参考どうはこちらです?? ベースとドラムだけのセッションですが、まさに音での会話(ジャムセッション)を楽しんでいま [続きを読む]
  • ファンク攻略 その2
  • こんにちは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 前回に引き続きファンクの定番のフレーズ(リズム)を紹介したいと思います。 前回の記事を理解していると今回の記事の理解度もより高まると思います。 前回記事はこちら??ファンク攻略 その1https://ameblo.jp/bass-school-one/entry-12337086806.html この曲のコードはDm7とE♭m7の2コードのみです。毎回細かいところは変わってますが、大体譜例 [続きを読む]
  • ファンク攻略 その1
  • こんにちは。池袋ベース教室「bass school one」講師の谷口です。 ファンクってなんぞや?と質問がございましたので、説明します。 「ファンク」って言葉自体、概念というか、抽象的なものなので、それ自体を説明する事は出来ないですが、ファンクな感じのアレンジで行こうか、とか言われたときや、セッションで速攻使える、定番フレーズをいくつか挙げてみます。(密度を上げるために一つずつ更新していきます) まずは超 [続きを読む]