書道家龍和の毛筆企業理念 さん プロフィール

  •  
書道家龍和の毛筆企業理念さん: 書道家・龍和の毛筆企業理念
ハンドル名書道家龍和の毛筆企業理念 さん
ブログタイトル書道家・龍和の毛筆企業理念
ブログURLhttps://ameblo.jp/rinen-sho/
サイト紹介文書道家・龍和が貴社の理念を魂の入った毛筆作品にいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/07/07 16:00

書道家龍和の毛筆企業理念 さんのブログ記事

  • 実績:株式会社ZENSHIN様
  • 東京都墨田区で給排水設備工事、管工事専門の事業を展開される株式会社ZENSHIN様の理念を制作いたしました。2016年3月の創業以来、人を大切に一歩一歩着実な歩みを展開されています。池田社長は、「昔から良い人に巡り会うことが多く、皆に助けて頂き、生きることができております。そんな人生ですので、昔から心の中にいつも必ず忘れない様にしていることが、"義理を通す"ことと"思いやりの心"を忘れないと言うことです。会社を [続きを読む]
  • 企業理念、経営理念と業績の関係
  • 企業の売上と理念について、興味深いデータがあります。企業発展のカギは、イノベーション=独自性にあります。そして、そのイノベーションの源泉と呼べるのが、「企業理念」「経営理念」です。宮田矢八郎・産能大学経営学部教授によれば、「経営理念あり」2,752社は、平均経常利益4,900万円、 「経営理念なし」2,236社は、平均経常利益2,900万円。「売上10億円以上、利益3,000万円以上をあげる企業は経営理念が必要」とのデータを [続きを読む]
  • 作家の想い
  • 7歳の時から筆を持ち、書の道を探究し、生きてまいりました。きっかけは親のすすめで書道教室に通ったことでした。私の父は、書道とは縁もゆかりもない人で、また、私がなにかやっていると、よく小言をいう人でしたが、書道だけは、なぜかとても応援してくれました。いつからか、私は父に認められたい、父に褒められたいそのために、書をしていたのかもしれません。書を専門的に学べる高等学校に進学し、書の道で身を立てると覚悟 [続きを読む]
  • 毛筆経営理念お客様のお声…10
  • (お祝い用にお願いされたお声です) この度はありがとうございました。先方様も大変な喜びようで、見ているこちらにもそれが伝わってくるようでした。何かの折には、またよろしくお願いいたします。 【某株式会社様】 [続きを読む]
  • お祝いに毛筆理念
  • 自社の理念を毛筆で飾りたい社長様たちから支持をいただいておりますが、最近はお祝い用のご依頼が増えております。たとえば社長就任、会長就任、新事務所設立、周年記念などなど。 書作品はありきたりのものではなく、なかなかないものです。選ばれる方のセンスも素晴らしいな、と感じるのです。 もちろん、書は一筆入魂です。私・龍和にお任せください。 [続きを読む]
  • 【残3席】90分で劇的に上達するペン字講座in京都
  • 90分で美文字を書けるようになる、画期的なペン字講座を開催します!文字に関わるあなたのお悩みを 書家・龍和が独自のメソッドで解決! ■日時 1月21日(日)14時〜16時 ■会場 京都高度技術研究所8階 会議室      地図→https://www.astem.or.jp/about/access ■持ち物 書きなれたボールペン ■定員になり次第締切  残り3席 ■受講料 2,000円(税・教材費込) ■お申し込み http://ryou-wa.com/otoiawase/      [続きを読む]
  • 【報告】京都高度技術研究所 ランチミーティング
  • 12月21日、公益財団法人京都高度技術研究所 STC3主催のランチミーティングで講話をさせていただきました。理念創筆家としての活動、そこにいたる経緯、今後の展望など。終盤で、言霊学にもとづいた個人の氏名と使命のお話をさせていただきました。科学系の事業を営む方が多くいらっしゃる中で、こういうお話をするのはなかなか勇気のいることですが、うれしい感想をたくさん頂戴いたしました。科学とスピリチュアル、知性と霊性 [続きを読む]
  • 【報告】大阪天王寺区倫理法人会経営者モーニングセミナー
  • 11月30日、大阪天王寺区倫理法人会経営者モーニングセミナーで、講話をさせていただきました。役員のみなさま、参加された皆様、早朝からありがとうございました。言霊は、古神道の秘め事にもありますが、それが言霊学となり、明治天皇も研究されていました。「かな」とは「神名」であり、一文字ずつ秘めた力があります。氏名の中に「使命」があり、それを見出し、経営理念にどのように生かしていくか、など「書」と「言霊」、理念 [続きを読む]
  • 実績:アーキテクト・笹原様
  • 京都市伏見区の(株)アーキテクト・笹原様の経営理念を毛筆で書かせていただきました。アーキテクト・笹原様は、『想い:設計』 を 『造へ:施工』お客様と共に新しい未来を 『 創造 』 事業用物件・住宅の新築・リフォーム、設計・施工、自社一貫体制の事業を展開していらっしゃいます。独自の5S「幸せ・誠実・信頼・笑顔・創造」を掲げられ、とことんこだわった理念経営を実践されています。「社員ファーストにしたら会社が劇 [続きを読む]
  • セミナー情報
  • 下記の日程でお話しをさせていただきます。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。京都高度技術研究所の主催毎月定例のランチミーティングです。ランチをしながらお話を聞いていただきます。参加費は無料です。お弁当を注文される場合は、お弁当代700円かかります。◆第27回 ランチミ―ティンング 12月21日(木)12:00〜13:00(弁当代700円:チキン南蛮(手作りタルタル付))◇ スピーカー:山村 龍和(書家)◇ テーマ:「日 [続きを読む]
  • 経営理念の浸透度アンケート モニター企業様募集!
  • 【 ☆☆無料モニター企業様募集中☆☆ 】日本の企業の約4割が経営理念を掲げているといわれますが、理念は掲げているが実際のところ、どれくらい会社に浸透しているか、というところまでは、なかなか明確にわかりません。まったく浸透していない、どうしようか?!と悩んでいる社長さんもいらっしゃるし、思っている以上に浸透している、ということだってあるかもしれません。そこで、経営理念の浸透具合を「見える化」するアン [続きを読む]
  • 筆字の力とは
  • 毛筆で書いた文字の持つ大きな特徴とは、そこに秘められた精神性といえます。 私たち、とくに日本人は筆文字を見たとき、活字とは異なった感動を覚えます。力強さであったり、勢いであったり、癒しであったり、やさしさであったり、読み手によってさまざまです。筆文字には書き手や読み手の心に訴える力が宿っているということです。理念創筆家 龍和は、この”力が宿る考え方”のことを「臨在主義」と名付けました。筆字は書き手 [続きを読む]
  • 講演:奈良市倫理法人会様
  • 写真提供:専任幹事 大月宏様先日、奈良市倫理法人会のモーニングセミナーで講話をさせていただきました。 氏名の言霊を分解すると、その方に秘められた使命が浮かび上がります。例)羽生善治はぶよしはる→しょぶ→勝負(将棋は勝負師)など この話題を軸に、個人の立命の重要性、企業の立命と理念経営の必要性のお話をさせていただきました。ご参加のみなさまは大変勉強熱心で素直な方ばかりで、会場は熱気に包まれていました。ど [続きを読む]
  • 行動指針とは
  • これまでのブログで、企業理念と経営理念の違い、社是と社訓の違いについて書きました。 【企業理念と経営理念の違い】【社是と社訓の違い】 今回は、行動指針とは何か、について書きたいと思います。 行動指針とは、社員が積極的にとるべき行動についての指針です。企業理念、経営理念を実現するために、具体的にとるべき行動について定めたものです。 行動指針はできるだけ抽象的な表現は避け、具体的な表現で書いた方がいいでし [続きを読む]
  • 毛筆経営理念 お客様のお声…8
  • 毛筆で書いてもらえる、というのを知り合いに聞き、これだ!と思い、申し込みました。というのも、お恥ずかしい話、私はこどものころから、字がコンプレックスでして、美しい字に大変憧れをいただいております。先生は、美しい字を書くだけでなく、それをアートの領域にまで昇華されているのだと感じました。どうもありがとうございました。【有限会社岩井運送様】 [続きを読む]
  • 150の法則
  • 数人の企業の場合、形式的な経営理念がなくても、一定の命令のもとに組織は円滑に運営されると考えられます。ところが、規模が拡大すればするほど社員の行動を律する規範とその源泉となる理念が必要となります。では、その必要性を決定する数値はどこに設定されるのでしょうか。これについて明確な解答はありませんが、ひとつの考え方として「150」という数字があります。人類学者ロビン・ダンバーは「150という数字は、我々が本当 [続きを読む]
  • 毛筆経営理念 お客様のお声…7
  • 動物病院入口入ってすぐの待合室に飾りました。大きく目立つので、入ってきたお客様は立ち止まって見てくださいます。雰囲気が院内にぴったりで、ライトがあたるとまた一層格好良く見えます。春ごろの多忙期の常連さんの反応が楽しみです。ありがとうございます。また、先生出演のTV見ました。面白い企画ですね。改めてお礼申し上げます。【うちだペットクリニック様】 [続きを読む]
  • 世界に誇れる日本企業の経営理念を集めました
  • 日本を代表する企業の企業(経営)理念 五十音順※随時加筆修正してまいります。 アサヒ飲料株式会社安心して飲めるおいしい商品づくりを通じて社会に貢献。引用元:http://www.asahiinryo.co.jp/company/rinen/ 株式会社壱番屋ニコニコ・キビキビ・ハキハキ引用元:https://www.ichibanya.co.jp/comp/info/ideology/ 株式会社エイチ・アイ・エスツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、 国籍、人種、文化、宗教などを超え、 [続きを読む]
  • 書道家・龍和の毛筆 経営理念が選ばれる5つの理由
  • 1、水 パワースポットの水で墨を磨り、開運の祈りをこめます。 書には水がとても重要です。墨の色が変わるからです。 日本は昔から墨を磨るのに最適な軟水が潤っていました。 日本全国のパワースポットの水を用いることで 貴社の永続発展を祈らせていただきます。 ※写真:伊勢神宮内宮の五十鈴川の水をくみました (2017年5月以降の企業様は伊勢の内宮の五十鈴川のお水を用います)  2、墨 製造して30年前後の最も墨色 [続きを読む]
  • 愚公、山を移す
  • 「愚公、山を移す」この言葉、中国の古典、列子に出てくる故事がいわれです。その内容は簡単にいえばこうです。^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^あるところに90歳になる腰のまがった老人(愚公)がいた。老人は自宅近くにある山を邪魔だと思い、家族総出でこの山を崩そうとする。それを見ていた人々は、「人の力で山を動かせるものか!」と批判する。ところが、老人はこう言うのである。「山は増えない。人間が子々孫々までこの事業を継続す [続きを読む]
  • 社是と社訓の違い
  • 以前の記事では、「企業理念」と「経営理念」の違いについて書きました。http://ameblo.jp/rinen-sho/entry-12281285453.html 今回は、「社是」と「社訓」の違いについて書きます。 広辞苑によれば、社是とは「会社の経営上の方針・主張」社訓とは「その会社で働く社員の指針として定めた理念や心構え」としています。 また、是とは「道理にかなっている、正しいこと」の意味ですから、社是は、会社の経営上の正しい方針、正し [続きを読む]