皆川洋美 さん プロフィール

  •  
皆川洋美さん: 幸せって何かね?
ハンドル名皆川洋美 さん
ブログタイトル幸せって何かね?
ブログURLhttps://ameblo.jp/mary-addict/
サイト紹介文札幌で弁護士をしています。 労働事件や家事事件を主にやっています。
自由文札幌で,弁護士をしています。

多く扱っている分野は,家事事件(離婚,子供を巡る問題(親権・面会交流・認知),遺産相続,後見)と労働事件(過労死・過労自殺,未払賃金請求,解雇対応),保育問題。
平和の問題,人材育成問題(奨学金・修習費用)にも手をつけています。

誰もが自分らしく生きられる社会を目指して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 159日(平均0.8回/週) - 参加 2017/07/07 19:10

皆川洋美 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 事務所ホームページが完成しました♪
  • おひさしぶりです。 今日…ようやく…!事務所のホームページが完成しました! きたあかり法律事務所のホームページはこちら これからはブログもこちらで更新していきたいと思います。このブログはどうしようかな…。個人的なことを書くブログに変えようかとも思っていますが…今のところ未定です(笑)。 きたあかり法律事務所のホームページ,これからどうぞよろしくお願いいたします! [続きを読む]
  • ディーセントワークを考える講義
  • こんにちは。7月8日の毎日新聞にちょっとだけ名前が出ていたので,思わずご紹介です。 ほっかいどう 働く人の権利を学ぶ 江別高定時制で出前授業 契約や休暇、相談窓口など説明 /北海道 毎日新聞2017年7月8日 地方版 長時間労働や過労死など特に若い世代の労働環境が問題になる中、江別市の江別高校(吉田岳夫校長)定時制で、北海道労働局の監督官らによる出前授業が始まった。厚生労働省は働く人の権利や相談先などを知っ [続きを読む]
  • 第3回輝く女性交流会のお知らせ
  • 女性の力でもっと輝く北海道に!『 第三回 輝く女性交流会』のご案内です。私が参加している一般社団法人女性支援協会の企画です。 早いもので今年は第三回となりました。初回は弁護士の住田裕子弁護士、第2回目は星澤幸子先生のお話をお聞きしました。 今年はあのテルマエ・ロマエの作者であるヤマザキマリさんをゲストにお迎えします。経営者、学生、主婦、OLの女性のみなさん、ドレスアップ&華やかなお料理で、 ひとときご [続きを読む]
  • 開所式をやりました
  • 昨日は,きたあかり法律事務所の開所式でした。たくさんの先輩・後輩,そして同期に来ていただいて,本当にうれしかったです… 大川哲也札幌弁護士会会長からの乾杯のあいさつ からの 高崎暢弁護士(もとボス)からのあいさつ からの 奥泉尚洋弁護士からの激励のあいさつ(島田の司法修習の指導担当なのです) からの 小門彩子弁護士&池田めぐみ弁護士からの激励のあいさつ(皆川の司法修習の指導担当&パートナー) もちろん [続きを読む]
  • 面会交流と親権と。
  • 暑くて溶けそうです。事務所の職員が溶けていなくなると困るので,冷凍庫にアイスを買って入れてみました。福利厚生…のはず。がしかし,この暑さ。事務員ではなくて私が食べてしまうのではないだろうか…(意味ない) さて,今日付けの新聞で,親権をめぐる最高裁の上告不受理決定についての記事が載っていました。別居の父、逆転敗訴確定 親権は同居の母に、最高裁 長女の親権をめぐり、同居の妻と別居の夫のどちらを親権者にす [続きを読む]
  • ippo lesson 契約書の作り方セミナー
  • さてさて。皆川です。今日は,ippo 札幌にて,カルチャーフェスタのお店番をしています。なんでそこのお店番…って? 今まであまり宣伝していませんでしたが,ippo札幌では税理士やキャリアコンサルタントなどたっくさんの女性講師が講師として携わってippo lesson と銘打って,女性の創業をお手伝いするセミナーを行っています。札幌市の後援付き!°???(???)???° 来週私はこんなセミナーを行います。 弁護士が教える [続きを読む]
  • きたあかり法律事務所 無事に動き出しました。
  • こんばんは。今日は7月7日,本州では七夕ですね。 きたあかり法律事務所,無事に動き出しました。 キャビネットを組み立てていただいたり,パソコンをセットしてもらったり…いろんな人の助けで出来上がった事務所です。 徐々に詳しくご紹介していければと思いますが,まずは以下の業者様にお願いして作ってもらったということでご紹介です。 株式会社テナント・オフィス事務所の不動産について,仲介をしていただきました。社 [続きを読む]
  • きたあかり法律事務所のオープン
  • みなさんこんにちは。きたあかり法律事務所で執務をしている、ということにはなっていますが、まだ事務所の中がとっ散らかっている…という状況で、電話もつながっていない状況です。大変申し訳ない… がしかし、着々と準備は進んでおります…事務所内の様子などについても追ってご報告させていただければと思っています。 [続きを読む]
  • きたあかり法律事務所のネーミング由来
  • 先日,独立開業のことについて記事にしました。新事務所の名前は,「きたあかり法律事務所」とする予定です。 「きたあかり」というと,なんでじゃがいもの名前にしたの?と聞かれます。 じゃがいもは大好きですが…理由はそれだけではありません。 北(きた)の大地の灯(あか)りとなり,事務所に来(き)た人が明(あか)るい気持ちとなって帰れる事務所にしたいとの思いからそして,じゃがいものように愚直に真摯に仕事に取り組みた [続きを読む]
  • 独立開業をすることになりました
  • さて,この数週間の間にお会いした依頼者の方には直接お話をしていましたが,わたし,6月30日をもって,今所属しているたかさき法律事務所を独立し,兄弁である島田度弁護士とともに,共同事務所を開設することになりました。 新事務所の連絡先は以下の通りです。 〒060-0061北海道札幌市中央区南1条西9丁目1番地15井門札幌S109ビル5階電話 011-215-1925FAX 011-215-1926(まだつながっていませんよ〜) 新事務所の [続きを読む]
  • 全国一斉過労死110番の速報
  • 本日実施した過労死110番,依然として大変厳しい職場環境のもとで多くの方がたが苦しんでいるということが明らかになりました。札幌では,弁護士等専門家4名で対応をしておりました。 相談実施地域は全国32都道府県,相談件数総数は278件でした。そのうち,労災補償相談が約50件に上り,死亡案件も半数近くを占めていました。そのほかは,過重労働に関する問題が約200件に上っています。本日の相談結果を踏まえて, [続きを読む]
  • 「過労死110番」 全国一斉電話相談実施します!
  • 共謀罪のことにかまけて,過労死110番の告知が遅れていました。 明日!過労死110番やります! 1988年6月に「過労死110番」が設置されてから満29年になります。6月に全国一斉電話相談を行うのは今回で30回目です。長時間労働・深夜労働等の過労が蔓延し,パワハラやセクハラ等による被害も続き,この結果,職場では心身の病気が拡大し,過労死・過労自殺が後を絶ちません。2014年に過労死防止法が施行され [続きを読む]
  • 稀代の悪法が可決
  • おはようございます。昨日は,SNSやTVで流れてくる報道を見ていたら,全然眠れませんでした。 そして,明け方うとうとして,また目が覚めて,TVを見ながら朝の支度をしようとしたところで,強行採決。 共謀罪が可決されてしまいました。 委員会を省略?中間報告?勝手に時間制限を設けた? 民主主義をなめるな。この国を私物化するな。 テロ対策が必要なことと,この法律の成立とは,まったく一致していない。 法律が成立したと [続きを読む]
  • 過労死遺児の交流会
  • これまで長年にわたって,全国過労死家族の会の活動の一環として、過労死遺児の交流会(愛称「かいじゅうの会」)が行われてきました。昨年度からは,過労死防止法に基づく民間団体支援の一環として,昨年度から国の事業として行われることになりました。父親等を過労死等で亡くした子どもたちは,家族でアウトドアに出かけて遊んだりする機会が少なく,また,残された母親等も,悩みや苦労を語り合う場が少ないのが現状ではない [続きを読む]
  • 南スーダンPKO派遣差止訴訟期日報告②
  • 昨日は,南スーダンPKO派遣差止訴訟の第2回期日でした。 この間,弁護団はてんてこまい… 同期の橋本弁護士が,7000枚にも及ぶ「日々報告」を分析しました。これは,本訴訟提起直前の平成28年6月2日から9月10日にかけての南スーダンの紛争の実態と南スーダンPKOの活動について作成された報告書です。これらを整理することによって,陸上自衛隊第7師団(千歳)中心の第10次隊が活動していた平成28年の時点で南 [続きを読む]
  • 共謀罪法案の参議院審議が始まってしまいました。
  • 総がかり行動等,たくさんの市民の反対活動が続いています。審議の中でこれまでは,「組織的犯罪集団」について,「自然環境や景観の保護を主張する団体は目的が正当と考えられ,重大な犯罪を実行することにあるとは考えられず,座り込みを計画しても処罰の対象にならない」と説明していました。 しかし,「対外的には環境保護や人権保護を標榜していても,それが隠れみので,結びつきの基本的な目的が重大な犯罪を実行することに [続きを読む]
  • 過去の記事 …