nekosamayo さん プロフィール

  •  
nekosamayoさん: ねこタッチ
ハンドル名nekosamayo さん
ブログタイトルねこタッチ
ブログURLhttp://nekotouch.wpblog.jp/
サイト紹介文子ナシ、白猫1匹アリ。夫の転勤で田舎に来てしまった転妻の日常や日々考えていることです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/07/07 21:10

nekosamayo さんのブログ記事

  • 清里のスイーツとカレー苦行
  • 思い立ったが吉日、しばらく行けそうにないのと金曜日は久しぶりに晴れていたので、お昼から清里へ行きました。清里まではうちから車でほぼ1時間。長い上り坂を私の軽でエンヤコラと、たどり着いた清里界隈はやはり空気がひんやりとしていました。さてと、急いでいたので他のお店や観光スポットには目もくれず、お目当ての「アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ」へ向かいます。少し涼しくなったら行こうと思っていたパティスリー [続きを読む]
  • 在宅ワークは運動不足のはじまり
  • 働き方改革。場所を問わず何処でも働くことのできるテレワーク。魅力的な響きです。配偶者の転勤などで一緒についていった転勤妻はキャリアを中断することなく、パソコンとネットがあれば変わらず仕事を続けることも可能になるのです。山梨に行ったら、在宅ワークとか起業でもして今と変わらないような仕事を続け、それなりの収入もキープしよう。夫の転勤で地方暮らしが決まった時に考えていたことでした。しかし、実際にはそう簡 [続きを読む]
  • 田舎なら一度は季節労働やってみよう
  • 昨年のことになりますが、季節労働を経験しました。山梨の季節労働と言って思い浮かぶのはやはり観光、そして農作物関係でしょう。農作物絡みといっても果物の収穫やら出荷作業ではなく、フルーツ狩りの受付嬢です。おっとこれは間違い、受け付け係(のオバチャン・・涙)です。せっかく山梨で暮らしているのだし、何か地域に関わる仕事もしてみたい。ということで、ほんの2カ月間ですが「フルーツ狩り観光の受付」のバイトをしま [続きを読む]
  • 猫からの提案
  • 尋常でなく暑い日々が続いています。あまりの暑さに頭がやられてしまったのか、このところ仕事の中で思い違いや、うっかりミスが続きました。大事には至らなかったのですが、気を付けないとなりません。「それ疲れてるのよー。美味しい物でも食べて涼しい場所で寝てたほうがいいんじゃにゃい?」夢うつつでそんな声がきこえたような。夏といえば、シトロンのお気に入りの場所はキッチンカウンターの壁の横。猫は涼しい場所を知って [続きを読む]
  • らっきょう漬け三昧の夏になるはずだった
  • セルフらっきょうのお誘い6月頭のある日のこと。いつものスーパーに行くと、入口近くには漬ける前の「洗いらっきょう」がどーん、と陳列。その隣には洗う前の土つきらっきょうがどどーん、と並んでいました。そして、何とも親切なことに同じコーナーに「らっきょう酢」なるものが置いてあるではありませんか。「6月ですよ、奥さん。セルフらっきょうの季節です。」自家製らっきょう漬け。この魅力的なお誘いにのってみることにしま [続きを読む]
  • 刺激的なホームセンター
  • 超えてはならない一線よく利用する近くのホームセンターがあります。最近ふと気が付いたのですが、田舎の日常ではホームセンターに行くことが、ある意味ちょっとした生活の刺激にも成り得るのです。「そうだ、今日はホームセンタ行ってあれを見てこようっと♪」てな感じで。東京で暮らしてた頃には想像もつかなかったことです。田舎生活3年、すでに私は超えてはならない一線を超えてしまったのかもしれません。そのホームセンター [続きを読む]
  • 東京 vs 山梨 お気に入りの場所 
  • 先月末、八重洲方面に用事があり東京駅に行きました。予定を済ませ少し時間があったので久しぶりに丸の内へ。緑が多く洗練された街並み、洒落たお店やカフェでくつろぐ人を眺めながらゆっくり歩くのは心地良い感じです。人は多いのにも関わらず、静かに時間が流れている休日の丸の内はお気に入りの場所です。お気に入り空間に違和感丸ビルを抜けて仲通りを歩き、ブリックスクエアに。この時期(5月)まだバラが咲いているかなあ、 [続きを読む]
  • 飼い主旅行時、猫のお留守番をどうするか
  • 5月の連休明けに2泊3日の鹿児島旅行。久しぶりに遠方への旅で非常に楽しみなのではありますが、気がかりなのはシトロンのお留守番です。これまでのお留守番ケース真夏以外、一泊までなら自動給餌機とお留守番。二泊以上の場合、東京で一人暮らしの時は母親に様子を見に来てもらう一週間以上の旅行などでは東京でも山梨からでも実家の母に預けるしかし、今回はその頼みの母も一緒の旅です。夫と二人でお留守番、という選択肢もなく [続きを読む]
  • フルーツ王国、スイーツ残念賞なのか
  • 「やっぱり山梨は・・・」山梨がっかり伝説が定番となりました。でもそう思うのはもしかすると私だけではないかもしれません。山梨はケーキ屋さん、パティスリーカテゴリーにおいてもなかなか残念なところです。市場規模と競争率では比較できないし、有名店も多数ある東京を基準にしてはいけません。好みの違いはもちろんありますし、近年では少しずつ変わってきているのかもしれません。こちらに来た最初の頃はネットやフリーペー [続きを読む]
  • 鹿児島旅行②満足した人と不満なひと
  • 鹿児島旅行、2日目は指宿の旅館に宿泊。名物砂蒸し風呂は欠かせないらしいのですが、よりによって私は体調の事情で断念。JRの日本最南端の駅に行ったり、幸せの黄色いポストを見たり(妖怪ポスト疑惑なし)、やっぱり、海と山が見える景色っていいです。お土産に買ってお気に入りな黒豚みそ。ご飯がとまらないやつです。それと「そのまま食べるかつおスライス」。どちらもネットで買えるようなので、さっそく注文。こっちもとまら [続きを読む]
  • 鹿児島旅行で山国脱出
  • にほんブログ村「ダンナが転勤族の主婦」カテゴリに登録しています。が、実際のところ「転勤族」と言えるほど転勤が多いのかと言えば、何とも微妙なところです。確かに現在は夫が山梨勤務、これまでには何度か勤務地の移動があったようですが結婚前のこと。この後、度々勤務地が変わる可能性はそんなにないかもしれません。しかし、私の弟はまさしくの転勤族の名にふさわしい転勤人生を送っている男。現在は鹿児島に単身赴任中。5 [続きを読む]
  • 田舎暮らしは健康になるのか
  • 田舎は広々として空気もいいし、都会より健康的な生活ができそう!ありがちな田舎のイメージです。しかしこの時代、田舎の生活はそんなに健康的ではありません。歩くことが激減する生活田舎の生活が健康的でない大きな理由の一つは日常生活で「歩く」ことが激減するからです。言うまでもありませんが、田舎における移動手段の基本は車です。歩いて10分のコンビニは当然車。少し離れた場所への移動が必要な場合も公共交通機関は不便 [続きを読む]
  • 猫の前十字靭帯断裂④おかえりシトロン
  • 前十字靭帯断裂と診断されましたが、無事に手術を終えたシトロン。術後は1週間、動物病院に入院しました。知らないところで1週間のお泊り。最初はお医者さんや看護師さんにもゴロゴロ言っていたらしいのですが、日が経つにつれて不安とストレスで「シャーっ」と言い始めた模様。ところで、シトちゃんが手術をしたのが2016年の12月29日。翌日から動物病院も年末年始のお休み。24時間体制とは言え、年明けまで面会はできませんでした [続きを読む]
  • 田舎で起こる謎の現象
  • それはある日突然ヒロシです。 この間、東京に送る郵便物を出そうと思ったら、いつもの郵便ポストがなくなっていました。ヒロシです・・・ヒロシです・・ヒロシです・・・・。 それはある日突然起こりました。一瞬目を疑ったのですが、いつもそこにいた赤くて四角いアイツがいません。郵便ポスト一つですが、大きなショックを受けました。しかし、その同じ通り沿い、50メートルと離れていない場所に実はもう一つ郵便ポストがある [続きを読む]
  • 日本を夢見たゴッホとマキャベリのランチ
  • 昨日は1月8日で終了となる「ゴッホ展-巡りゆく日本の夢」を見てきました。本当は年末に行こうと思っていたのですが、時間がなく年明けぎりぎりセーフです。ゴッホといえばプロヴァンス。当時のパリの日本ブームの中で見た浮世絵、その鮮やかな色彩と見たことのない大胆な構図に魅せられ、自身にとっての理想の地「日本」を南仏のアルルに重ねて見ていたそうです。あれは私が20歳ちょっとの時、勇気と若気の至りでひとりヨーロッパ [続きを読む]
  • クリスマスに疲れてしまったら
  • クリスマスだ、イルミネーションだ!先日から東京の友人たちから都内各所のクリスマスイルミネーションの写真がLINEで届いてます。きれいですね、いいですね。日本はクリスマスの本場ではありません。でも各地のイルミネーションは毎年レベルアップしていて、東京の場合、繁華街やターミナル駅でもないローカルな場所でも駅前などはイルミネーションできらめき、クリスマスの演出に余念がありません。どこへ出かけてもクリスマス感 [続きを読む]
  • 猫の前十字靭帯断裂③ がんばれシトロン
  • 続きを書こうと思いつつ、とうとうあの日(2016年12月10日)から間もなく一年になります。月日の経つのは早いものよのう・・・とおじいちゃんのような事を言ってもはじまりません。記憶をたどりつつ、シトちゃん手術を乗り越えるにゃ編とまいりましょう。2016年12月29日年内最終の診療日、都内の動物病院。待合室は診察待ちのわんちゃん、猫ちゃん、そして飼い主達でとても込み合っています。ようやくシトロンの順番になり始めにレ [続きを読む]
  • プライベートカフェでは山が見放題
  • 東京のちょっとした駅の周辺にはたいてい店舗のあるドトールコーヒー(東京には500店舗以上)。仕事や買い物帰りにちょっと一休みしたい、でもスタバ行くほどじゃない。手早にお昼を済ませたいときのミラノサンドセット、少しゆっくりお茶する時は根強い人気のミルクレープをはじめとするケーキ類と共に。たまに古めの店舗の場合、分煙でもタバコ臭がする場合もあるけれど、総合的には使い勝手良く庶民派カフェという感じ、待合せ [続きを読む]
  • 在宅仕事のつらい事
  • 集中力が続かない悩み半日出社、半日在宅仕事を始めてもうすぐ4カ月。出社時間は早めだけど、お昼の時間に帰るのは何とも晴れやかな気分です。実は今の職場、昨年も派遣で働いていた同じ会社、同じ部署です。私の後任だった人が体調を崩して退職、人手がなく急遽声がかかったという次第。しかし、私としては在宅仕事に専念するつもりで辞めたわけで、またまたフルタイムで働くと何もできなくなってしまいます。午前中だけなら、と [続きを読む]
  • 在宅仕事のつらい事
  • 集中力が続かない悩み半日出社、半日在宅仕事を始てもうすぐ4カ月。出社時間は早めだけど、お昼の時間に帰るのはとても晴れやかな気分です。実は今の職場、昨年も派遣で働いていた同じ会社、同じ部署です。私の後任だった人が体調を崩して退職、人手がなく急遽声がかかったという次第。しかし、私としては在宅仕事に専念するつもりで辞めたわけで、またまたフルタイムで働くと何もできなくなってしまいます。午前中だけなら、とい [続きを読む]
  • 田舎でやれない事は東京でやるのだ
  • 東京へ日帰りライブ中途半端な〇田舎山梨の生活。このところかなりストレスが溜まっています。それなりに前向きな努力や気持ちの切り替えを行ってるつもりでも、我慢していないというのは事実でもないし、「山梨の生活楽しんでまーす」、とは言いません。少なくとも現状では。このところ東京に行くチャンスは多いのですが、諸々あって日帰りばかりです。前回、前々回は仕事関連の東京行きでしたが、9/26はMr.BIGというバンドのライ [続きを読む]
  • はちわれになりたい猫〜ゴーストマーキングの遷移
  • 子猫の時、シトロンの頭にゴーストマークがありました。フワフワの白い毛のなかにぼわん、と一部黒い毛が生えているという感じでした。 そして体の成長とともにゴーストマークの色も濃くなり、縦に伸びてきました。この子はひょっとしてモヒカン模様になるのだろうか?と心配したものですが・・・ さらに大きくなるとだんだん頭の黒い毛が無くなり、ついには「真白しろすけ」になったのです。といっても、10歳ぐらいまではよーく見 [続きを読む]
  • 危険な眠気とお仕事事情〜田舎転勤妻編
  • この夏ついに念願のダブルワークをスタートしています。って念願という訳でもないのですが・・・半日は派遣で外勤の事務の仕事、帰宅後に在宅ワークでにわかに忙しくなっています。そもそもダブルワークをしようと思ったのも山梨での仕事探しに落胆し諸々あきらめた末の思い付きでした。何となくですが景気が回復しつつ、首都圏から完全に外れたこの地でも仕事は増えてきていると感じますが、職種や待遇も東京と比べれば「あーやっ [続きを読む]
  • 子無しだけれど子育てについて少し考えてみる
  • 子無しの理由とあるコラムで「子供がいない人」、その理由はおよそ以下のパターンに分けられるとありました。①子供を持たないと決めた②望まなかったわけではないが、授からなかった③不妊治療をしたけれども授からなかった(加えてこんなケースもあるのではないでしょうか。:子供を持ったけれども何らかの事情で亡くなってしまった) 自分の場合はどれかに当てはめるとすれば、まあ②です。そもそも私も夫も同年代、初婚で晩婚 [続きを読む]
  • 楽しみがまた一つ終わっていく
  • 桃の影にかくれて今一つポピュラーになれない果物が「すもも」。酸っぱいイメージ(実際すっぱい)でジャムなど砂糖を加えて甘くして食べる場合が多いかもしれません。しかしこの「貴陽」というすももは甘みと酸味が絶妙なバランス。山梨に来て初めて知った貴陽ですが、私の中では好きな果物トップ5、いやトップ3に入れてもいいくらい。東京や首都圏へ出荷される場合はおそらく高級品として出るので、スーパー等ではあまり見かけな [続きを読む]