s-johnny さん プロフィール

  •  
s-johnnyさん: s-johnny の競馬予想
ハンドル名s-johnny さん
ブログタイトルs-johnny の競馬予想
ブログURLhttps://s-johnny.hatenablog.com/
サイト紹介文週末の中央競馬予想(スピード理論・オッズ理論等様々な予想方法を駆使した回収率重視予想)
自由文単勝・複勝・馬連・ワイド中心の予想で確実に回収を目指す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供702回 / 365日(平均13.5回/週) - 参加 2017/07/08 08:40

s-johnny さんのブログ記事

  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 11/10 - 午後レース
  • おはようございます。本日午後のレースから4レース提供させて頂きます。興味が有る方は参考にしてみて下さい。本日は余りピンと来るものがないので、何時もより少ないレース数で。明日勝負ですかね。京都09R ④⑥②①  BOX ④-③⑧⑨ ⑥-③  10点東京10R ⑧⑫⑪③  BOX ⑧-④⑥① ⑫-④  10点京都10R ⑥⑨④⑤  BOX ⑥-⑧①③ ⑨-⑧  10点東京12R ⑦②④⑭  BOX ⑦②-⑤⑯     10点[htt [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か ? 11/10 ? 福島メイン
  • 福島11R「福島放送賞」本日ここが一番難解かも知れません。現在のオッズでは2枠2頭が人気なのだが、ハッキリ言ってブルヴェルソンについては、能力は有るのだろうが、持ちタイムが? コース実績が無いがブライトリビングを主軸としたが、パドック次第ではローレルリーベからも有りそうだ。結 論  ⑤①④⑬  BOX ⑤①-③⑧     10点福島03Rを狙いたいレースと考えているんだが、相当難解なメンバー構成。基本見送 [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 福島記念 - 見解等
  • 今週末の福島競馬場で行われる「福島記念」について、データ面も重要ですが、個人的見解を下記します。ここは先ず簡単なデータから、過去10年の出走馬の年齢別成績を調べると、「4歳以下」の馬が3着内率36.1%と優秀な成績を収めている。なお、年齢が「5歳以上」だった馬のうち、同年のJRA重賞において3着以内に入った経験のなかった馬は3着内率5.1%と苦戦している。また、過去10年の優勝馬延べ10頭中8頭は、4大場(東京、中山、 [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 11/4 - 結果
  • 本日の結果です。本日は提供レースが多くて何時もより散漫な感じになってしまいましたm(>ooJBC」自体は3戦2勝でしたが・・福島01R    ----東京02R    ----京都02R    的中   17.0倍福島08R    的中   8.9倍東京08R    ----京都09R    的中   3.1倍福島10R    的中   9.7倍京都10R    的中   12.6倍福島11R    ----東京11R    的中    9.1倍京都11R    的中    7 [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 11/4 - 午後レース
  • おはようございます。本日午後のレースから5レース提供させて頂きます。興味が有る方は参考にしてみて下さい。本日はJBCが有るので、提供レース増えちゃいましたね・・パドック等で見極めてお楽しみ下さい。福島08R ⑩⑥①⑨  BOX ⑩-⑧④⑤ ⑥-⑧  10点東京08R ④⑤⑧⑦  BOX ④-①③⑥ ⑤-①  10点京都09R ②⑤①⑥  BOX ②⑤-④⑦      10点福島10R ③⑤⑦⑪  BOX ③-①⑫④⑨    10 [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 11/3 - 結果
  • 本日の結果です。本日は低配当が多くて・・美味しい馬券がありませんでしたm(>o東京10Rが惜しくもタテ目で残念な結果にv(>wJBCについては、午後提供します(クラッシック以外)東京03R    ----京都04R    的中    4.4倍京都09R    的中   8.8倍福島10R    的中   13.0倍東京10R    ----福島11R    的中   9.6倍東京11R    的中   2.7倍京都11R    的中   7.0倍東京12R   [続きを読む]
  • はたして本当に競馬で儲けることは可能か ? JBC - 見解等
  • 今週末の京都競馬場で行われる「JBC」について、データ面も重要ですが、個人的見解を下記します。先ずは「JBCクラッシック」の概略アメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけるチャンピオン決定戦とすべく、2001年(平成13年)に生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとして、JBCスプリントとともに創設された[2]。のちに創設されたJBCレディスクラシッ [続きを読む]