countstars さん プロフィール

  •  
countstarsさん: 星の数
ハンドル名countstars さん
ブログタイトル星の数
ブログURLhttp://countstars.hatenablog.com/
サイト紹介文アメリカで暮らす二児の母のブログ。海外生活、英語、アメリカ一周旅行、断捨離、自然育児
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 123日(平均3.9回/週) - 参加 2017/07/08 05:04

countstars さんのブログ記事

  • アメリカの里子・養子について考えたこと
  • Foster Care ProgramMops (Moms of preschooler 未就学児のママの会)に先日参加したら、その日のテーマはFoster Childに関してでした。Mopsでは毎回ゲストスピーカーが訪れて、話を聞いた後に小グループで感想を話し合う時間があります。アメリカでは、養子や里子など、血の繋がらない子供を引き取って育てている家庭が本当に多いので、かなり興味深いテーマでした。こちらに暮らし始めて知り合ったアメリカ人で、里子や養子と [続きを読む]
  • アメリカのハロウィンとカボチャ祭りと
  • 今週末、市の主催のハロウィンイベントに行ってきました。名前はパンプキン・フェスタでした。カボチャ祭り!主な内容。●children's arts and craft クラフトコーナー。カボチャを色々デコレーションして飾ります。●bouncing house アメリカのイベントではよく登場するコレです。子供たちは嬉々として跳ねたり飛んだりしていました。●The music manギターを持ったおじさんがノリノリで弾き語り。子供たちを魅了していまし [続きを読む]
  • 最近はまっている動画 The Bible Project
  • The Bible Project最近よく視聴しているこの動画。聖書やキリスト教に関するトピックを、1話につき5分程度の短い動画にまとめている。内容は非常に良質なのに、全部無料で視聴できるというのがすごい。監修しているティム・マッケイはセム語系の言語学と聖書学の博士課程を卒業していて、Western Seminaryで教授をしている。ディレクターのジョン・コリンズは聖書学の学位を持っていて、アニメーションを用いて複雑な概念をシ [続きを読む]
  • 「文章を書くことが好き」は立派な才能なのかもしれない
  • 私は文章を書くことが好きです。上手いか下手かは置いておいて、考えたことをつらつらと日本語で綴るのは楽しい作業です。だから、このブログも気の赴くままに楽しく続けています。先日、とあるご縁で、雑誌で妊娠・出産のエッセイを書きました。雑誌名は伏せておきますが…(とてもマイナーな雑誌です) 1500字ほどのエッセイを何度か連載したのですが、文章を書くのは好きなので、楽しい作業でした。妊娠出産も大きいテーマなので [続きを読む]
  • 子どもを変えるのではなく、親が変わるということ
  • 今日はwomen's Bible study があり、参加してきました。新約聖書のマタイの福音書を学んでいます。グループのディスカッションの時間で、冒頭の質問で、「自分の活動や目標を達成するために動機やモチベーションになっていることはなんですか?」という問いがありました。私はこの質問に対して、自分の活動や目標って何だろう?としばし考えました。私の毎日は家事と子育てでほぼ終わっているからです。いや、でも子育てだって立派 [続きを読む]
  • アメリカは肥満が多い国なのか?
  • 日本の友達に、「アメリカに来て一番カルチャーショックだったことは何?」と聞かれた。もうすでにこちらに来て数年経つので、新鮮な驚きは少なくなってしまったのだが、振り返って考えてみた。アメリカは肥満が多い?アメリカは肥満で有名な国だ。実際、日本では見かけないような、非常に重度の肥満の人を見かけることはある。アメリカ人の知り合いで、身長160センチで150キロ近く体重があった人がいたが、ある日Facebookを見る [続きを読む]
  • 子育てしながらアメリカの大学院で授業を履修してみた
  • 留学生の妻夫がアメリカの大学院に留学することになり渡米してきた我が家。まだ赤ちゃんだった娘を連れての引越しでした。アメリカでのビサのステイタスは、夫はF1(留学生)、妻である私と娘はF2(F1の学生の家族)でした。日本の会社を退職して渡米した私ですが、F2ビサはアメリカ国内での就労は認められていないため、専業主婦で家事子育て中心の生活がスタートしました。日本の友人からは、「海外で子育てなんて大変そうだねー」 [続きを読む]
  • アメリカの助産院での出産体験記〜水中出産、胎盤試食など
  • 昨年、私はアメリカの助産院で第二子を出産しました。その時のエピソードを紹介します。出産が近づいてきた頃、birth planというものを書いて助産師さんに提出しました。Birth planとは、こんなお産にしたいです、という妊婦の要望を紙に書いてあらかじめ伝えるものです。ちなみに私が書いた内容●水中出産がいい。(水中出産用の浴槽完備の助産院だった)●へその緒は夫か自分で切りたい●胎盤を見てみたい●麻酔や会陰切開など [続きを読む]
  • Amazonのkindle unlimited読み放題を利用して。おすすめの本紹介
  • 最近kindle unlimited読み放題の1ヶ月間お試しサービスを利用してみました。海外生活者には電子書籍はありがたいです。利用料は毎月980円だそうですが、最初の1ヶ月は無料なので継続せずに辞めることも可能です。サービスに関する感想●kindle本の全てが読み放題というわけではなく、あくまでも対象の本のみです。和書で12万冊、洋書120万冊以上の対象の本が定額無料で読めるサービスです。●とはいえ、実際に読みたいと思う本は [続きを読む]
  • 5月病じゃなくて10月病になった私の克服法
  • 空9月から生活が忙しくなり、ブログも放置気味でした。久しぶりに確認したら、それでも毎日ちょっとでもアクセスはあったようで、びっくりしました。ブログってすごい!アメリカの新年度は9月です。我が家も色々変化があり、10月の前半は気持ちが疲れてネガティヴになっていました。これってもしや、5月病じゃなくて10月病なのでは?!と思いました。新しい環境に適応するのに頑張って、家に帰るとドッと疲れが出る。普段はそこま [続きを読む]
  • Community Bible Studyに通い始めた
  • 久しぶりの更新になってしまった。アメリカは9月は新年度。我が家も色々と変化があり、慌しく過ごしていた。Community Bible Studyに通い始めた週に一度、平日の午前中に、Commuity bible study(略してCBS)という集まりに参加するようになった。CBSはアメリカ全国で活動しているプロテスタントの聖書勉強会のグループ。こちらは代表のホームページ。アメリカの様々な州の教会で活動が行われている。www.communitybiblestudy.org9 [続きを読む]
  • 娘と結婚
  • 娘には、とても仲良しのJ君というお友達がいます。お母さんが韓国人、お父さんがアメリカ人の、いわゆるハーフの男の子です。出会って早2年経ちます。私もJ君のママとは仲良くて、しょっちゅう一緒に会って子ども同士遊ばせています。娘はJ君のお母さんのことを、オンマと呼んでいます。オンマは、韓国語でお母さんという意味です。J君が自分のママのことをオンマと呼んでいるのを見て、娘は彼女の名前がオンマだと思い違いを [続きを読む]
  • Mops からのプレゼントが素敵だった件
  • 9月ですね。アメリカでは新年度です。周りの友人の子供たちも今週から学校が始まる子が多いです。我が家の子は今年はまだスクールに通わないので、もうしばらく親子一緒に過ごす生活が中心になりそうです。子どもと一緒に過ごせる貴重な時間、大変な時もありますが楽しく過ごしていきたいです。この9月から私も少し新しいことを始めます。Mops(Moms of preschoolers )未就学児のママの会教会の友人(アメリカ人。小学生の女の子3 [続きを読む]
  • 大人も子どもも一緒に楽しめる世界名作劇場
  • 家族の娯楽の時間って、どんなことをしていますか?我が家では、夕食後に時間のある時は世界名作劇場のアニメを家族で観ています。世界名作劇場を見始めたきっかけ私は赤毛のアンのファンで、今年の初夏に家族でプリンスエドワード島へ旅行に行ってきました。夫も娘も、赤毛のアンは読んだことがなかったので、旅行前に予習するために、世界名作劇場の赤毛のアンのシリーズを見始めたのがきっかけです。(世界名作劇場赤毛 [続きを読む]
  • アメリカで初めてのタイヤ交換
  • アメリカでは年に一度、車をstate inspection という検査を受けないといけないのですが、今年は我が家の車は残念ながら検査に通りませんでした。ショック!原因・ブレーキランプの片方が消えている。・タイヤの交換が必要。ブレーキランプが消えていたことは全然気付きませんでした。危ないのですぐに修理してもらいましたが、修理費10ドルで済んでホッとする。問題はタイヤの交換。本当はもう少しもって欲しかったけれど、 [続きを読む]
  • プリンスエドワード島の赤土と夕日
  • はてなブログでフォトコンテストをやっているということで、この夏のお気に入りの写真をアップします。旅行で訪れたプリンスエドワード島の海岸でのワンシーンです。娘が大はしゃぎして海辺で遊んでいます。娘の躍動感を感じる一枚だと思います。ちなみに、遊んだ後の靴の写真も。この後、この靴を洗うのがなかなか大変でした。笑プリンスエドワード島は赤土で有名です。これは土に含まれる鉄分のためです。赤毛のアンの [続きを読む]
  • 海外での友達作り考察
  • うちの娘は4歳。赤ちゃん期をすっかり終えて、お友達と一緒に遊ぶのが楽しい年頃になった。娘を観察していると、気の合う子と、気の合わない子がいるらしい。今娘が仲の良い子は、割とみんな気が優しく穏やかな気質だ。会ったらお互い嬉しそうに楽しくキャッキャと遊んでいる。逆に、性格が強めの子とはあまり合わないみたいで、公園で会ったら一応一緒に遊ぶけど、そこまで楽しそうではない。うちの娘はどちらかというとおとな [続きを読む]
  • アメリカで日食観察
  • 今日は日食を観察しました。アメリカでは100年ぶりの日食ということで、全米でフィーバーしていたそうです。facebookのアメリカの様々の地域の友人も「これから日食観察するぜー イエーイ」って感じで日食用サングラス姿の写真をアップしていました。我が家も日食を見たいということで、手作り工作しました。材料は、シリアルが入っていた空き箱、アルミホイル、白い紙、ハサミ、セロハンテープm.youtube.com5分くらいで簡単に [続きを読む]
  • アーミッシュの家庭で夕食を食べた体験談
  • 宿のオーナーの紹介で、アーミッシュの家庭へ夕飯を食べに行くことに元アーミッシュの男性へのインタビューを終えて、ついに旅行は最終日になりました。この日は、なんと本物のアーミッシュの家庭に訪問して夕食を食べることになりました。私達が利用していた民宿のオーナーさんの紹介 で行くことになりました。観光客向けに自宅をオープンして、夕食を振舞っているそうです。参加費の徴収はありませんが、食事の後に寄付金を入 [続きを読む]
  • 元アーミッシュの人の話を聞いて、考えたこと
  • 前回の続きですcountstars.hatenablog.comアディアフォラとは何かアディアフォラ(adiaphora、ギリシア語: ?διάφορα、無関心なもの)とはストア派によって形成された概念で、善でも、悪でもなく、命じられてもおらず、禁じられてもいないこと。新約聖書においても用いられ、キリスト教の概念としても議論されるようになった。アディアフォラ、つまり分かりやすく言うと「どっちでもいいじゃん」という事柄です。聖書を [続きを読む]
  • 元アーミッシュの人に色々質問してみた
  • 今回の旅の中で、元アーミッシュの男性と知り合ってお話を伺う機会がありました。彼は非アーミッシュの女性と結婚していて、ティーンエイジャーの子どもがいるお父さんです。アーミッシュでは、生まれた子どもたちがアーミッシュとして生きていくかどうかは、本人の意志に任されているといいます。ある程度大きくなったら、一度親元を離れて外の世界の生活を経験するそうです。その後で、アーミッシュの洗礼を受けてアーミッシ [続きを読む]
  • 自分のキャリアを10年遅らせる、ということ
  • 子どもたちと一緒に公園に行くのが日課な日々を送っています。近所に広い草っ原があるのですが、シロツメクサが一面に咲いています。よく見ると、蜂が何匹も花の上を移動していました。私「蜂がいるから刺されないように気をつけてねー」娘「はちってなに?」蜂が一生懸命に働いているから、受粉して植物が育ったり、娘の好きなハチミツも食べられるんだよ〜と説明しましたが、4歳児に分かるように伝えるのは難しい。ふと、ホ [続きを読む]