和菓子の国の人だから さん プロフィール

  •  
和菓子の国の人だからさん: 和菓子の国の人だから
ハンドル名和菓子の国の人だから さん
ブログタイトル和菓子の国の人だから
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yasu_alpha_s2
サイト紹介文日本中にあまたある和菓子をコツコツ紹介。 まぁ、関西中心ですけど…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/07/08 11:48

和菓子の国の人だから さんのブログ記事

  • 160(岐阜)高山 草饅頭
  • 久々も久々…、半年ぶりのブログ更新です。昨日、今日と一泊二日で岐阜県の高山市へ行ってきました。小京都と呼ばれる飛騨高山には、多くの老舗和菓子店があるようですが、スケジュールの都合上、唯一こちらのお店を訪問しました。<とらや老舗の店構え>〜高山市上二之町〜高山陣屋前から宮川を渡り、2本目の通りを北へ約200Mぐらいにあるお店。創業は江戸末期の天保元年(1830年)と180年以上の歴史があるそうです。歴史 [続きを読む]
  • 159(大阪)天王寺 甘納豆
  • 最近、甘納豆って見かけませんよね?先日、父親の誕生日に箱入りの甘納豆を購入しようと思ったら…あれ?ない、ない、ない、売ってない!結局、梅田大丸の銀座鈴屋で購入。でも、どうせなら大阪の甘納豆屋で買いたい…ということで、平日の休みを利用してこちらのお店に行ってきました。<青山甘納豆の店構え>〜大阪市天王寺区北河堀〜四天王寺の南門から南へ200〜300M。庚申堂の東側にあるお店。創業は大正13年(1924年 [続きを読む]
  • 158(愛知)名古屋 うす皮饅頭
  • 愛知県の和菓子第3弾です。名古屋にはういろう以外にも美味しい和菓子が色々あって、これもその一つ。<山本屋の店構え>〜名古屋市中区栄1丁目〜地下鉄東山線伏見駅から御園通りを南へ200〜300M。大衆食堂のような外観に、店内もタイル張りの床、使い込まれた木枠のショーケースと昔懐かしい雰囲気です。創業80年余りということなので、昭和初期でしょうか。<うす皮饅頭>小豆の食感を残した、たっぷりの粒あんをごく薄 [続きを読む]
  • 157(愛知)名古屋 ういろ
  • 愛知県の和菓子第2弾は、名古屋の代表銘菓ういろうの紹介です。名古屋には青柳総本家、大須ういろ、餅文屋総本店など、ういろうを扱うお店が数多くあります。<雀おどり總本店の店構え>〜名古屋市中区栄3丁目〜地下鉄名城線矢場町から東へ徒歩2〜3分。道幅の広い大津通りに面し、目の前に松坂屋やパルコもある繁華街のお店。創業は江戸末期の安政3年(1856年)と150年超の老舗です。店内には飲食スペースもあって、甘味だけ [続きを読む]
  • 156(愛知)名古屋 納屋橋まんじゅう
  • 「尾張名古屋は城で持つ」で有名な愛知県名古屋市。徳川御三家筆頭の尾張大納言家の城下町として長く繁栄しただけあって、名負うての和菓子処です。<万松庵 納屋橋まんじゅうの店構え>〜名古屋市中区大須2丁目〜創業は大正8年(1919年)とまもなく100年を迎える老舗。明治19年創業の本家、伊勢屋から暖簾分けしたそうですが、残念ながら本家は現在休業中だそうです。<納屋橋まんじゅう>酸味のある日本酒の香りが漂う酒饅頭。 [続きを読む]
  • 155(茨城)古河 許我どら焼
  • 茨城県の古河は万葉集にも許我(こが)として登場する長い歴史のある地。そんな古河にちなんだ和菓子の紹介です。<明石屋本店の店構え>〜古河市横山町〜JR古河駅から徒歩で7〜8分。創業が明治35年(1902年)と100年以上の歴史があるお店。<許我どら焼>古河の古名、許我(こが)を冠したどら焼き。ちょっと読みにくいけど生地表面に「許我」の焼印が押されています。たぶん右から読むんでしょうね。生地は焼き具合も食感 [続きを読む]
  • 154(茨城)古河 麦こがし饅頭
  • 室町時代、古河公方の本拠になった歴史のある町、茨城県の古河の和菓子を紹介。<釜屋商店の店構え>〜古河市中央町〜JR古河駅から駅前通りを西へ3〜4分進み本町二丁目交差点を南へ2分ほど、大通りに面した昭和5年(1930年)創業のお店。年配のご夫妻が仲良く店番をされていました。<楓樹(ふうじゅ)>古河ブランド認証品の和菓子。白あんを麦こがし生地で包んだ饅頭。焦がした麦の独特な香ばしさ、ほのかな苦みと黒糖の甘 [続きを読む]
  • 153(群馬)館林 バターどら焼
  • 先日、栃木県の足利を訪れた後、群馬県の和菓子をゲットしようと立ち寄りました。もちろんこれが初の群馬県の和菓子。関西中心の和菓子旅もこれで17都府県目、近畿に続き関東7都県を一応達成です。<伊勢屋本店の店構え>〜館林市本町〜館林駅から徒歩数分、駅前から伸びる大通りから横に入った旧道のような雰囲気のある道に面した昭和感漂うお店。餅、だんご、おにぎり、寿司まで売っていて、そういえば店内に酢の香が漂ってい [続きを読む]
  • 152(栃木)足利 古銭最中
  • 足利学校や足利氏の館跡に建つ鑁阿寺など歴史と文化の香る足利の和菓子を紹介。店名も商品名も似てるけど、前回の記事を間違えてアップした訳じゃありません。<香雲堂本店の店構え>〜足利市通3丁目〜JR足利駅から大通りを西へ徒歩7〜8分。実は香雲堂本店さんに行くつもりが間違えて入ったお店。年季の入った店内でご主人に聞いたところ創業は明治元年と香雲堂本店以上の老舗。さすがは足利…<古銭最中>古銭を模した最中で [続きを読む]
  • 151(栃木)足利 古印最中
  • 足利では有名な老舗の最中店のようですが、和菓子の本場は京都、大阪、奈良周辺だと信じている私は高い前評判を疑いつつ訪問してみました。<香雲堂本店の店構え>〜足利市通4丁目〜JR足利駅から大通りを西へ徒歩10分程。織姫交番前交差点の数十メートル手前にある綺麗なお店。創業は大正初期と百年超えの老舗のようで、店内にも高級感が漂っています。<古印最中>この店の代表銘菓で、その名の通り古い印鑑の文字が刻まれた [続きを読む]
  • 150(栃木)足利 芋ようかん
  • ほぼ3か月ぶりのブログ更新です。先日、初めて栃木県に足を踏み入れた際、訪れたお店。しかも、これで当ブログの和菓子の記事がついに16都府県、150件に到達!内訳はこんな感じで… 大阪(29件) 奈良(29件) 京都(29件) 和歌山(12件) 三重 (9件) 滋賀 (7件) 東京 (7件) 兵庫 (6件) 茨城 (5件) 埼玉 (4件) 千葉 (4件) 岡山 (3件) 岐阜 (2件) 神奈川(2件) [続きを読む]
  • 149(和歌山)白浜 うすかわまんじゅう
  • 先日、オートバイで南紀ツーリングをした際、訪れたお店、第三弾。私の好きな和菓子ベスト…う〜ん順位付けは難しいので…現状、和歌山ではNo1のお気に入りです。<かどやの店構え>〜西牟婁郡白浜町〜白浜といえば、温泉に海水浴。その風光明媚さやアドベンチャーワールドと関西では有名な一大観光地、保養地です。そんな白浜に大阪方面から向かう道沿いにあって嫌でも目に付くこちらのお店。ちなみに創業は…うすかわまんじゅ [続きを読む]
  • 148(和歌山)田辺 柚もなか
  • 先日、オートバイで南紀ツーリングをした際、訪れたお店、第二弾。紀州藩の付家老、安藤家3万8千石の城下町として栄えた田辺。その中心「銀座」交差点南にあるこじんまりしたもなかの専門店。<三徳小西菓子舗の店構え>〜田辺市今福町〜創業は明治40年(1907年)の老舗。南紀名物としてあちらこちらで売られているゆずもなかの元祖です。<柚もなか>一口サイズのもなか。もなか皮はほど良くしっとり、中の柚子あんは甘さ控え [続きを読む]
  • 147(和歌山)田辺 おけし餅
  • 先日、オートバイで南紀ツーリングをした際、訪れたお店。<辻の餅の店構え>〜田辺市北新町〜熊野詣で名高い熊野街道の西の入口に位置し、古くから栄えた田辺。その古い商店街にある、いかにも老舗感漂ういい感じの和菓子店。店内には餅を中心とした和菓子が並びます。創業は江戸後期の天保(1830〜43年)。そりゃ、老舗感も漂うはずです。<おけし餅>上と下に粒あんを付けた可愛らしい餅。江戸時代の子供の髪型「おけし頭」に似 [続きを読む]
  • 146(大阪)大国町 炙りみたらし
  • 久々の大阪の和菓子のご紹介。以前、テレビで紹介されているのを観て以来、ず〜っと訪れたかったお店。先日、友人と三人で訪れました。<浪芳庵の店構え>〜大阪市浪速区敷津東〜大国町駅の北東、木津市場の近くにあるお店。創業は江戸時代末期の安政5年(1858年)。あの井伊直弼が大老に就任した年という老舗。ちなみに、なんばウォークや梅田のエキマルシェにも支店があるそうです。<炙りみたらし>太い串に刺さった五平餅スタ [続きを読む]
  • 145(京都)上賀茂 やきもち
  • 先日、上賀茂神社の参拝後に行ってきました。先に紹介した神馬堂さんと並び、上賀茂神社イコールやきもちを印象付けるお店です。<葵家やきもち総本舗の店構え>〜京都市北区上賀茂本山町〜上賀茂神社の鳥居前にあるお店。かなり有名な店ですが、3軒続きの売店風の新しい建物の一角にあります。創業も2015年で65年ということは…昭和25年(1950年)と、有名な割には以外と新しい。<やきもち>せっかくなので神馬堂さんのと比較 [続きを読む]
  • 144(京都)上賀茂 葵餅
  • 先日、上賀茂神社の参拝後に行ってきました。前から神社もこの店も行きたかったんです。<神馬餅の店構え>〜京都市北区上賀茂御薗口町〜世界遺産、上賀茂神社の社前にある京都を代表するやきもちの名店。建物も創業明治5年(1872年)、140年超の老舗に相応しい町屋建築。いい雰囲気です。<葵餅>元々、葵祭の時に食べていたので葵餅というんだそうです。香ばしい焼き目が入った素朴な焼き餅です。意外と厚みのある餅は、結構噛 [続きを読む]
  • 112(京都)今宮神社 あぶり餅
  • 先日、大徳寺周辺を散策した際に訪れたお店。前から押さえておきたいと思っていました。<一和の店構え>正式には「一文字屋和輔」というそうです。「玉の輿」のご利益で?有名な今宮神社の東側参道にあるお店。店内は結構広く、ちゃんと座敷もあります。創業は、なっ、なんと長保2年(1000年)…。平安中期に一条天皇の御子が疫病を患った際に疫除けの願いを込め、あぶり餅を供えたのが始まりとか。恐らく現存する日本最古の和菓 [続きを読む]
  • 099(滋賀)石山 たばしる
  • 先日、オートバイで行った滋賀県の大津で訪れたお店。そういえば、滋賀県の和菓子は久々の登場で、昨年9月の醒ヶ井の六方焼以来です。<茶杖藤村の店構え> 〜大津市石山寺〜紫式部が源氏物語を執筆し、国宝の多宝塔で有名な石山寺の参道にあるお店。雑誌やTVでも取り上げられる人気店です。<たばしる>松尾芭蕉の「石山の石にたばしる霰かな」という句にちなんで名付けられたとか。ちなみに包装紙にもこの句が載っています。 [続きを読む]
  • (奈良)御所 よもぎあんだんご
  • 先日、ロードバイクで明日香村に向かう際に訪れたお店ですが、目を付けてから3年…ようやく訪れました。<大森末広堂の店構え> 〜御所市戸毛〜富田林から水越峠を越えて奈良盆地に向かい下ること約10km。御所市の東端、国道309号線(旧道)の「葛」の丁字路付近。70歳台とおぼしき店のおばちゃんによると…「始めたのは120年程前って聞いてますわ。 私はここへ来てから50年ほどですけど。」つまり、明治中期創業の [続きを読む]
  • 027(奈良)榛原 宇陀川
  • 先日、ロードバイクで訪れた榛原(はいばら)はそもそも伊勢本街道と青越え道(伊勢街道)の分岐点、萩原宿を中心として発展した町。「歴史ある町には必ず美味しい和菓子がある」という法則に違わず、やっぱりあった有名店。今回は「昇栄堂」さんをご紹介。 <昇栄堂の店構え> 〜奈良県宇陀市榛原〜 創業は明治38年、100年以上の歴史あるお店。国道165号線と国道369号線、370号線が合流する萩原交差点に位置し、ひ [続きを読む]
  • 078(大阪)貝塚 村雨
  • 今回は泉州銘菓のむらさめです。思えば今から2年前、当ブログ初の甘いものネタとして書いたのは、泉州銘菓のむらさめ。(その時の記事はこちら)泉州っ子にとっては、ソウルスイーツです。何といっても泉州銘菓むらさめで有名なお店。子供の頃はちょくちょく食べたはずですが、ここ最近はご無沙汰。久々にブログ掲載のため購入してみました。<塩五の店構え> 〜貝塚市西町〜旧国道26号線(紀州街道)に面した、老舗然としたお店 [続きを読む]
  • 058(奈良)尼ヶ辻 きなこ団子
  • 今から3か月ほど前の桜の咲く頃、ロードバイクで奈良公園に行った帰りに訪れました。奈良といえば「だんご庄」さんのきなこ団子が有名ですが、こちらはその流れを汲むお店。<たまうさぎの店構え> 〜奈良市尼辻西町〜場所は近鉄橿原線尼ヶ辻駅から西へ100Mぐらい。 「だんご庄」で昭和57年から17年間修行した後、開店した…と、お店のカウンターに貼ってあるので、平成10年頃の創業のようです。3階建てビルの1階にある、 [続きを読む]
  • 051(東京)浅草 人形焼
  • 東京浅草には多くの和菓子屋さんがありますが、先日、浅草を訪れた際に3軒目に選んだお店。1、2軒目が芋菓子だったので、ちょっと趣向を変えてみました。 浅草仲見世と言えば名物の人形焼、その元祖といえばこちら。 <木村屋本店の店構え> 明治元年(1868年)創業の老舗。仲見世の一番奥、浅草寺境内に一番近い場所にあります。仲見世は同一規格の店が建ち並ぶ通りなので、残念ながら老舗らしい堂々とした店構えとはいきませ [続きを読む]
  • 026(奈良)初瀬 草福餅
  • 初瀬(はせ)の名物、やき草餅です。長谷寺の門前は結構な賑わいで、焼草餅もたくさんのお店で売られています。中でも寺の仁王門に一番近い「白酒屋(しらざけや)」さんをご紹介。 <白酒屋の店構え> 〜奈良県桜井市初瀬〜こちらは明治8年創業、元はお酒の醸造元で現在は奈良漬け屋の営業の傍ら、やき草餅を売っています。2軒並んだ建物のうち左の白壁の店舗では焼草餅を右の店舗では奈良漬けを販売しており、店の奥には焼草 [続きを読む]