kikuike さん プロフィール

  •  
kikuikeさん: きくいけの雑多帖
ハンドル名kikuike さん
ブログタイトルきくいけの雑多帖
ブログURLhttp://kikuike-tkk2003.seesaa.net/
サイト紹介文BVEと旅行をメインに、日々ダラダラと書き綴ります。 自炊TIMSプラグインの公開はここ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2017/07/08 12:23

kikuike さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • BVE横浜運転会(仮)実施のお知らせ
  • 突然ですが、BVE横浜運転会(仮)を開催いたしますので以下の通りお知らせいたします。日時:2018/08/13(月)時間:17:00〜20:00 3h会費:3500円(予定)場所:横浜駅周辺のカラオケ店(詳細は参加者にお知らせいたします)集合場所は「横浜駅 横浜市営地下鉄 5番出口下(ハマリンロード、ドコモショップ隣)」に「16:50(移動開始)」とします(早く着いた方は邪魔にならない程度に固まっていてください)。内容:ノートPCとMTCを持ち込んでの [続きを読む]
  • 自炊TIMSv0.10の補足事項
  • はいはいどもども。先日自炊TIMSv0.10を公開しましたがとりあえず安定版ってことです。主に電車用(TIMS_new_s.dll)は0.04,0.05とひたすら仕様ミスやらかしてましたので……ということである程度解説を置いておこうかと思います。0:「プッシュアップ処理」「ステップ更新」と「メモリー更新」0-1,プッシュアップ・ステップ更新まずプッシュアップ・ステップ更新とメモリー更新の話を出さねばこのPIはうまく扱えません。プッシュア [続きを読む]
  • 近郊車向け定速抑速プラグイン(SC59A.dll) 正式公開
  • 2か月ほったらかしてすんませんでした。ということで、定速抑速プラグインを公開します。ダウンロードはこちらよりどうぞ。なおリリース日は18年4月1日公開扱いとなります(各wikiも4/1公開扱いとして下さい)。なお、当プラグインは新系列統合型プラグイン群ではありませんが、Panel番号・Switch番号を任意で選択できるため併用することができます。この機能の詳細はReadmeをご覧ください。定速機能の有効化はハンドルP5位置かつ60k [続きを読む]
  • MTCの送信値(参考)
  • お世話さんです。なんか水面下ででっかいプロジェクトが進んでますが、弾幕シューティングではないでしょう。ということでMTCプラグインがにそん氏によって再公開されましたので、送信コード表でも置いておきます。これこそ雑多帖ですよね。文花帖じゃないです。あやややや。 [続きを読む]
  • 自炊TIMSの今後の方針(v0.031α時点)
  • なんやかんやで自炊TIMSもちょこちょこ使っていただいているようで。ありがとうございます。先日、端子台に純正TIMS(JR車パック同梱、GAPはまだうpされていないようです)を追加しましたが、これはUnicorn氏から純正TIMSの現行データをいただいたためです。純正TIMSについてまとめておくと、・時刻表示は不可能、関連して発着番線・制限速度も表示不可・行路表矢印も非搭載・Panel番号が一部変更(0.031αから、ats156とats155を入 [続きを読む]
  • 東急線長津田連絡の額入乗車券
  • ようやくまともに旅行記事を投稿しよう、と思いましたがやめときます。私用で多摩方面へ行ってきたので、帰りに都営10-300の取材を兼ねて、京王相模原線を利用しました。橋本からの帰宅をどうしようかと考えたのですが、社線連絡でも出そうかと、橋本駅みどりの窓口を訪れました。2017/07/15 橋本駅@2発行 (横浜線)橋本→あざみ野経由:横浜線・長津田マルス中央装置には長津田連絡の口座は収容されていませんが、連絡運輸範囲な [続きを読む]
  • 自炊TIMSの今後の方針(v0.02時点)
  • さて、先日リリースした自炊TIMSですが、今後の方針を記しておきたいと思います。・行路表矢印の実装、簡易的な行路表表示の対応行路表矢印を実装して、Kazuma氏のE231系ミツ車・209系マト車のような簡易的な行路表示に対応させたいと思っております。というのも、現状GAP(Rock_on氏・Unicorn氏)・統合型(秋田の新快速氏)・D-ATC(reasorsixtymotivek氏)・TASC(δナックニスタ氏)の空き番に設定している(とはいえ、GAPのATCとD-ATC. [続きを読む]
  • 自炊TIMSv0.02 公開
  • 自炊TIMSプラグインのv0.02を公開します。自炊TIMSプラグインのテスト端子台は同梱していますが、構文実例を含めて追ってこちらに整備する予定です。なお、Unicorn氏のsnp2.dll(TIMS機能付き)との互換性はありません。ライセンスはGPLv3となります。ご注意ください。こちらとかからどうぞ。【作者様各位】GPLプログラムを同梱したデータは、そのすべてがGPLとなるという情報があります。このプラグインをご利用の際は、連絡等は不 [続きを読む]
  • 過去の記事 …