遊酔 さん プロフィール

  •  
遊酔さん: 遊酔×楽しい生活
ハンドル名遊酔 さん
ブログタイトル遊酔×楽しい生活
ブログURLhttp://yusuiseikatu.seesaa.net/
サイト紹介文こだわりを持たなければ、「楽」に生きていける。でも、こだわりがあるから、「楽しく」暮らしていける。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2017/07/08 14:41

遊酔 さんのブログ記事

  • 父が作った息子弁当・ビックリ!?
  • いいのが思いつかなかったのですが、友だちにはまあまあウケました。俵型おにぎり5つのうち、2つは普通に海苔を巻き、あとの3つのそれぞれに海苔文字で、「バ」「ァ」「〜」。つまり、フタを開けたら、「バァ〜」と書いてあります。どうってことないのですが、つい笑ってしまうのです。 [続きを読む]
  • モデルの女
  • いいのが思いつかなかったのですが、友だちにはまあまあウケました。俵型おにぎり5つのうち、2つは普通に海苔を巻き、あとの3つのそれぞれに海苔文字で、「バ」「ァ」「〜」。つまり、フタを開けたら、「バァ〜」と書いてあります。どうってことないのですが、つい笑ってしまうのです。 [続きを読む]
  • 風呂吹
  • いいのが思いつかなかったのですが、友だちにはまあまあウケました。俵型おにぎり5つのうち、2つは普通に海苔を巻き、あとの3つのそれぞれに海苔文字で、「バ」「ァ」「〜」。つまり、フタを開けたら、「バァ〜」と書いてあります。どうってことないのですが、つい笑ってしまうのです。 [続きを読む]
  • ウェルカムスノーマン
  • いいのが思いつかなかったのですが、友だちにはまあまあウケました。俵型おにぎり5つのうち、2つは普通に海苔を巻き、あとの3つのそれぞれに海苔文字で、「バ」「ァ」「〜」。つまり、フタを開けたら、「バァ〜」と書いてあります。どうってことないのですが、つい笑ってしまうのです。 [続きを読む]
  • 翔馬語録 7歳
  • いなげ?鍋物を食べた後、翔「きょう入ってたやつ何やったっけ。“いなげ?”」私「なんです?」翔「いつもごはんとか入れてにぎってつくるやつ!」私「それ、いなり。入ってたのは、うすあげ」どんな頭しとんじゃ。 [続きを読む]
  • お隣の新しい住犬2匹と……。
  • のび〜〜〜〜〜〜。お隣さんちに、新しい犬が2匹やって来ました。室内犬です。小さいチワワは、おばあちゃんがだっこして、外に出て来るぐらいなので、あまりコロンとの触れ合いはありません。一度コロンを近づけたら、逃げ出したので、コロンの近くにはやって来なくなりました。もう1匹の雑種は、おじちゃんが散歩させているので、毎日のようにコロンと遭遇します。その度に鼻を突き合わせるのですが、コロンは犬に絡まれるのが嫌 [続きを読む]
  • 父が作った息子弁当・爆弾。
  • 「貝拾い遠足」という行事があります。海で遊ぶだけですが。その時のお弁当をご紹介します。が、当日は雨で中止。でも、急に給食は作れないので、そのままお弁当がいるんです。中に、おかかと梅干しとスライスチーズを入れた白いごはんの上に、海苔で作った「爆弾」をのせました。まるくて導火線がついていて、ちぎった梅干しを火に見立てたものです。横に海苔文字で「バン」。結構ウケたようです。子どもだから、“逃げろ〜”とか [続きを読む]
  • 走る男
  • 「貝拾い遠足」という行事があります。海で遊ぶだけですが。その時のお弁当をご紹介します。が、当日は雨で中止。でも、急に給食は作れないので、そのままお弁当がいるんです。中に、おかかと梅干しとスライスチーズを入れた白いごはんの上に、海苔で作った「爆弾」をのせました。まるくて導火線がついていて、ちぎった梅干しを火に見立てたものです。横に海苔文字で「バン」。結構ウケたようです。子どもだから、“逃げろ〜”とか [続きを読む]
  • 幻の灰色鹿なのか?
  • 朝、玄関を開けると、15メートルほどの場所に、鹿が3頭いました。私に驚いたのか、その場でフリーズしていました。2頭は小さかったので、親子でしょう。しばらく私と静かなお見合い状態。気を取り直したのか、慌てて崖を登って行きました。すごく急な崖なのに、ヒョイヒョイです。その鹿が茶色ではなく、灰色がかっていたんです。珍しいアルビノでしょうか。幻かどうかは知りませんが、私は初めて見ました。 [続きを読む]
  • とろろ汁
  • 朝、玄関を開けると、15メートルほどの場所に、鹿が3頭いました。私に驚いたのか、その場でフリーズしていました。2頭は小さかったので、親子でしょう。しばらく私と静かなお見合い状態。気を取り直したのか、慌てて崖を登って行きました。すごく急な崖なのに、ヒョイヒョイです。その鹿が茶色ではなく、灰色がかっていたんです。珍しいアルビノでしょうか。幻かどうかは知りませんが、私は初めて見ました。 [続きを読む]
  • 地元で愛される手打ちうどん店の不思議。
  • そのお店の存在は知っていた。手打ちうどんの専門店だけど、興味を持ったことはなかった。でも、たまたま地域の人気店をネットで探していると、そのお店が出てきたのだ。口コミを見ると、うどんが旨いという評価とともに、「バラテキ定食」が旨いという感想が並んでいた。初めて聞く料理だけど、はてさて何だろう?うどんが旨いだけでは、さほど興味は持たないけど、この「バラテキ」という響きに心が惹かれてしまった。どうやら、 [続きを読む]
  • 翔馬語録 7歳
  • その頭はどうなっている?私「21は、奇数か偶数か?」翔「にい、しい、ろう……20」と言った後、大きな声で、翔「21!」私「…」 なに言うとんねん。 [続きを読む]
  • ○○○をしながら歩く犬。
  • 父ちゃん、遊ばないの?散歩中のコロンは、飼い主が呼んでも知らん顔ですが、家にいる時は、ベタベタと寄ってきます。ある日、コロンのところへ行くと、嬉しそうにしっぽを振って、飛んできそうだったんですが……。ウンチをしたかったのか、突然止まって、ウンチング。でも、早く私のところに来たかったようで、ウンチングポーズのまま、歩き出しました。で、一瞬だけ止まって、最後のひと切れを出したら、走って近づいてきました [続きを読む]
  • 父が作った息子弁当・つづく。
  • しばらく続いたお弁当の最終日。悩みました。凝ったことをしようかとも思ったのですが、最後という雰囲気で終わりたいとも思ったので、海苔文字だけにしました。「つ づ く」。あ〜、なるほどぉ。でも、あまり受けませんでした。子どもには無理か。悔しい!今度は絶対に笑わせてやるぅ〜。って、充分笑わせましたけどね。まっ、いいか。次は、遠足だ。ここから、研究の日々が始まるのであった。つづく……。 [続きを読む]
  • プレゼント
  • しばらく続いたお弁当の最終日。悩みました。凝ったことをしようかとも思ったのですが、最後という雰囲気で終わりたいとも思ったので、海苔文字だけにしました。「つ づ く」。あ〜、なるほどぉ。でも、あまり受けませんでした。子どもには無理か。悔しい!今度は絶対に笑わせてやるぅ〜。って、充分笑わせましたけどね。まっ、いいか。次は、遠足だ。ここから、研究の日々が始まるのであった。つづく……。 [続きを読む]
  • 黒いカマキリは、敵か? 見方か?
  • 家の壁に、4センチぐらいのカマキリがいました。もう11月も終わろうとしているのに。このカマキリ、黒いんです。緑や茶色はよく見掛けますが、黒は初めてです。どうも黒のイメージは、悪役です。カマキリブラックという怪人のようです。でも、私は黒い敵が大好きです。何の話でしょうか。どうやら、「コカマキリ」という種類みたいです。今年は、知らない虫をいっぱい見つけます。 [続きを読む]
  • 落葉
  • 家の壁に、4センチぐらいのカマキリがいました。もう11月も終わろうとしているのに。このカマキリ、黒いんです。緑や茶色はよく見掛けますが、黒は初めてです。どうも黒のイメージは、悪役です。カマキリブラックという怪人のようです。でも、私は黒い敵が大好きです。何の話でしょうか。どうやら、「コカマキリ」という種類みたいです。今年は、知らない虫をいっぱい見つけます。 [続きを読む]
  • 森のうさぎさんち
  • 家の壁に、4センチぐらいのカマキリがいました。もう11月も終わろうとしているのに。このカマキリ、黒いんです。緑や茶色はよく見掛けますが、黒は初めてです。どうも黒のイメージは、悪役です。カマキリブラックという怪人のようです。でも、私は黒い敵が大好きです。何の話でしょうか。どうやら、「コカマキリ」という種類みたいです。今年は、知らない虫をいっぱい見つけます。 [続きを読む]
  • 翔馬語録 7歳
  • らっきょう?テレビを見て、翔「ピストルのらっきょうが飛んでるでなあ」それは薬きょう。ピストル型のらっきょうはない。変に、難しい言葉を中途半端に憶えています。飛ばすと言えば、わが家は「梅干しの種飛ばし大会」をたまにやります。下品です。でも、面白いんですよ。翔馬は、なぜかマイナスポイント。つまり、後に飛んでいるんです。何でやねん! [続きを読む]