ごるきち さん プロフィール

  •  
ごるきちさん: ゴルフスイングの基本
ハンドル名ごるきち さん
ブログタイトルゴルフスイングの基本
ブログURLhttp://www.twinnco.com/
サイト紹介文ゴルフの上達法を考えるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 158日(平均2.7回/週) - 参加 2017/07/08 16:44

ごるきち さんのブログ記事

  • シャフトの逆しなりを使うと飛ぶ?
  • シャフトの逆しなりを使わないと飛びませんってゴルフ雑誌なんかに書いていますね。というか、正しいスイングをすれば、自然と逆しなりは起こります。そして、間違ったスイングでは逆しなりが起こりにくく、スライスが出てしまったり飛ばなかったりします。ということは、「逆しなりを使うと飛ぶ」ではなく「逆しなりになっていなかったら飛びません」というべきですね。まぁ同じことですけど。練習で逆しなりってどういうスイング [続きを読む]
  • フォロースルーを真っ直ぐ出す?
  • 前回、フェースローテーションのことをお話しさせていただきました。今日もアイアンからドライバーまでフェースローテーションを意識して練習してきました。『インパクトからフォローを、できるだけ真っ直ぐ出していく』そんなレッスンをどこかで見たことがあるような気がしますが、これはやっぱり違和感を感じますね。フッカーの方は、意識的に真っ直ぐ出すというのは分かりますが、スライサーの方はしっかりフェースをターンさせ [続きを読む]
  • フェースローテーションは積極的?抑える?
  • フェースローテーション、フェースターンについてプロのレッスンを聞いていると、意見は色々ありますね。意識的にフェースターンを入れるという人もいれば、できるだけ抑えましょうと人もいます。ツアープロも普段からフェースローテーションの意識を持たない選手もいれば、積極的に意識を持っている人もいます。ただ、プロとアマで明らかに違いが出るのが、インパクト直後のフェースの向き。今月発売の月刊のゴルフダイジェストに [続きを読む]
  • チーム芹澤が実際に行っているレッスンとは
  • 藤田寛之選手や宮本勝昌選手といった息の長い超一流選手を育てている芹澤信雄プロ。そのチーム芹澤が実際に行っているレッスンをまとめた公式レッスン本が発売されます。芹澤信雄プロから直々にレッスンを受けるのは難しい。チーム芹澤ゴルフアカデミーに通うのも難しい。でも、芹澤プロのゴルフを学びたいというゴルファーは多いはず。チーム芹澤のノウハウで一からゴルフを見直したい、スイングを作り直したい方におすすめです! [続きを読む]
  • ドライバーが下手なわけ
  • またドライバーが下手なわけを書きたいと思います。今日も一つ気が付きました。アイアンって基本的にヘッドが小さいですよね。私が使っているタイトリスト716CBは小さい方だと思いますが、基本的にはフェースの真芯の一点に当てたいという意識。けれども、ドライバーの場合、460?のデカヘッドだとフェースの面積も大きくて、芯でとらえるという意識が弱くなっているように感じました。もちろん、芯でとらえようと思っているのです [続きを読む]
  • ドライバーが下手な理由が分かってきた
  • ここ数年間、ずっとドライバーが下手で困っていました。ようやくその長いトンネルから抜け出すことが出来そうな雰囲気です。とにかく、ドライバーとアイアンの精度が違い過ぎました。常にドライバーが下手。その理由ですが、文章で書くのは難しいですが、まずは、ドライバーだけスイングが違っていたこと。それと、ヘッドを全くコントロールできていなかったということ。アイアンは、基本的にダウンブローでボールにコンタクトでき [続きを読む]
  • ゴルフは手打ち・手は使わない?
  • ゴルフのレッスンを見ていると、手は使っちゃダメと書かれているものと積極的に手を使わなきゃダメ、と書かれていますものがあります。答えとしては、手を使わなきゃダメなのは当たり前で、手だけで打つのはダメということなんでしょうね。普段から体の回転が先行し過ぎて手が遅れてくるような方は、手打ちの練習をすることでタイミングが合いやすくなってくるでしょう。逆に手だけで打ってしまう方は、手を使う意識をなくして体の [続きを読む]
  • 石川遼 PAR3で痛恨の7
  • 石川遼選手が入れ替え戦の最終戦までやってきました。この4日間で来年が決まります。その初日、inスタートの石川遼選手は、前半9ホールで4アンダー。そしてoutに入って1番でバーディ。5アンダーまでスコアを伸ばします。続く11番でダボ。さらに12番のPAR3で2度の池ポチャで7。この2ホールで6つもスコアを落としてしまいました。その後、一つバーディを奪うも、トータルイーブンパーは、94位。まさかまさかの展開に、記者とのやり取 [続きを読む]
  • ドライバーもハンドファーストでダウンブロー
  • 今から20年ほど前、学生時代の私は、ドライバーをダウンブローに打っていました。そして、どちらかというとドライバーは得意でした。それが今では、どう打っていいのか分からなくなってしまっています。ドライバーのヘッドサイズも大きくなって、ドライバーはアッパーブローだというような知識も付いてきたからか最近はアッパーを意識していました。でも、今日、球を少し右寄りにして、レベルかダウンブロー気味に打つようにしまし [続きを読む]
  • ドライバーとアイアンのスイングって同じ?
  • ドライバーのスイングとアイアンのスイングって同じですか?違いますか?プロに聞いても結構色んな答えがあるところです。アイアンはダウンブローだけどドライバーはアッパーブローで違う、と言う意見もあれば、球の位置が違うだけで、どのスイングも同じだという意見もあります。できるのであれば、全て同じスイングで打つことが出来るのが一番シンプルなんでしょうね。ショートアイアンはダウンブローで、ミドルアイアンはレベル [続きを読む]
  • 松山英樹 ドライバーを封印
  • 今シーズンのプレーオフ最終戦のツアー選手権3日目。松山選手は途中からドライバーを封印したそうですね。ドライバーヘッドが割れてヘッドを交換していることが影響しているのでしょうか。350ヤード飛ばす松山選手と200ヤード程度の私と比較する意味はないかもしれませんが、松山選手でもそういうことがあるのなら私なんて仕方ないですかね〜^^;最近本当にドライバーが下手くそでコースに行くと全くダメ。恐らく苦手意識が半端 [続きを読む]
  • ハーフスイングの練習
  • ゴルフの練習場で他の方の練習を見ていると、ハーフスイングくらいの練習に時間を割いている方ってやっぱり上手な方が多いですね。たまにいらっしゃるのが、最初からフルショットの練習と言う方。目的があって最初からフルスイングをしているなら別ですが、そういう方はずっとフルスイングの練習しかされないことが多いです。ハーフくらいのスイングで全体のバランスを考えながらスイングしたり、球を上手にとらえる練習というのは [続きを読む]
  • コースに行くとドライバーがダメ
  • コースに行くとドライバーがダメです。ここ数年間、ずっと同じ症状です。昨日のラウンドも・・・。で、今日の練習で原因が分かった!!と思っています^^;何度も何度も「原因が分かった!」と思っているのですが、ずっとダメ。でも、今回こそは、大丈夫な気がする。私の場合、とにかく球がつかまらないのが嫌いなんですよね。練習場なら、ノープレッシャーなので、それほどつかまりを意識し過ぎないのですが、コースではとにかく [続きを読む]
  • キャディバッグやその中身ってプレーヤーそのもの
  • ゴルフ場や練習場で、他人のキャディバッグを何気なく見たりすることってありますよね。プロモデルの格好いいバッグだったり、スタンド式のスタイリッシュなバッグだったり、異様に派手なバッグだったり、古いバッグだったり・・・。キャディバッグだけ見ても、その持ち主の雰囲気が伝わってくるように思います。それに加えて、コースだと同伴競技者のバッグの中身も見えますよね。バッグとその中身を見れば、そのプレーヤーの全て [続きを読む]
  • 片手打ち練習継続中
  • 試合前ですが、片手打ち練習を頑張っています。左手は、難しい・・・。そもそも振るのもぎこちない。その点、右手はグングン上達しています。そして、右手の片手練習の成果はフルショットでも出ています。スイング中の右手の使い方が上手になっているみたいです。右手首の角度ですとか、右手を返すタイミングとかが上手になっているのか、入射角が安定しているように思いますし、球筋も安定います。それと、グリッププレッシャーを [続きを読む]
  • ゴルフ 片手打ち 右手
  • 松山英樹選手をはじめ、片手打ちを練習するプロは結構多いです。東北福祉大の選手はみなさんやっているそうですし、片山晋呉選手は、高校生の頃にジャンボ尾崎選手から教わってそれ以来ずっと練習しているそうです。私自身も片手打ちの練習を始めてみましたが、本当に難しいですね。右手の片手打ちですが、左手に比べると比較的やりやすいかなと思います。右手の親指、人差し指、中指の3本で軽く握ります。右手全部でギュッと握っ [続きを読む]
  • タイトリスト グローブ TG77 耐久性
  • タイトリストのグローブ、プロフェッショナルTG77を使用しています。約2週間使用しました。ラウンド一回、練習ではほぼ毎日使っています。最近グリップ力が落ちてきて、表面の劣化が目立ってきました。毎日使っているとは言ってもダメになるのが早いですね。タイトリストとしては、もっと早く交換して使うものだと考えているのかもしれませんけど・・・。それにしても、新品でのグリップ力というか柔らかい感触がとてもよかったで [続きを読む]
  • ダウンスイングで左手でクラブを引っ張るのは間違い
  • プロのスイング動画や連続写真を見ているとダウンスイングでは左手でクラブを引っ張り降ろしてタメを作っているかのように見えますね。でも、実はそういった意識でクラブを振っているわけではありません。左手でクラブを引っ張ってしまうと肩が開いてしまいますしフェースも開いてスライスの原因やチーピンの原因になってしまいます。また、左手で引っ張って大きなフォローを出そうとしても実は逆にフォローが小さくなってしまいま [続きを読む]
  • タイトリスト グローブ プロフェッショナルTG77
  • グローブを変えました。これまではツアーステージのプロモデルを使っていたのですが、ストックが切れましたので違うモデルを使ってみるとにしました。多くのプロが使用しているタイトリスト プロフェッショナルTG77.タイトリスト 手袋 プロフェッショナル グローブTitleist TG77練習数回、ラウンド1回使用しましたが、このグローブ凄いですね!何が凄いかというと、まず薄い!ツアーステージのプロモデルも薄いですが、レベルが違 [続きを読む]
  • アベレージゴルファーがプロと同じことしてもダメ
  • 「手を使わずにボディーターンでスイングしましょう。」プロのレッスンでよく出てきます。多くのプロや上級者の感覚って、確かに手を使わずにボディーターンなんだと思います。でもこれをスライサーの方が真似すると、スライスがひどくなる一方かと思います。スライサーの方には、フックの要素をしっかりマスターしてもらわなければ、スライスは一向に治りません。スライサーの方やアベレージゴルファーには、ハーフスイングで球を [続きを読む]
  • 渡邉彩香「手打ち」ではなく「肩の回転」で飛ばす
  • ゴルフ雑誌を読んでいると、渡邉彩香選手が面白いことをレッスンされていました。体重移動を意識していた頃は右に出るミスが多かったそう。その原因は、体重が横に移動しているだけで肩が回転しなかったことにありました。「肩の回転を強くイメージしたスウィングにしたところ、左右へのブレが抑えられるようになりました」だそうです。これって我々一般アマチュアが考えている「手打ち」です。渡邉彩香プロは「手打ち」ではなく「 [続きを読む]
  • ゴルフの練習方法って毎回適当にやってるだけ?
  • ゴルフの打ちっ放しに行ったときに、どんな練習をするでしょうか。プロのレッスンを受けている方は先生のおっしゃる練習メニューがあるでしょう。しかし、そうでないと自分で練習をしなければなりません。サッカーでも野球でも、基礎練習ってありますよね。サッカーならリフティングや浮き球、パス回し、シュート練習などなど。野球ではキャッチボール、素振り、トスバッティングなどなど。当たり前ですが、上達するためにはどれも [続きを読む]
  • プロのようにスイングしようと頑張るのは間違い
  • 私がやっていたことですが、プロの連続写真やスイング動画を見て、自分のスイングとプロのスイングのどこが違うのかを調べてそれを治すように一生懸命練習していました。そもそも無理なんですよね・・・。70前後で回るようなジュニアや研修生がそのような練習をするのはわかります。しかし、80台で回るような私や90台100台で回るようなアマチュアは「プロのように」は残念ながらできません。練習量・経験が圧倒的に違いますしそこ [続きを読む]
  • クラブヘッドは思ったよりも遅れて動きやすい
  • 百獣の王、タレントの武井壮さんが仰いますが、自分の体を自分のイメージしたとおりに動かせるようになる人とそうでない人がいます。自然とできる人は、子供のころから運動神経が良いと言われてきた人でしょう。これができない人がかなり多い。さらにゴルフの場合には、かなり長い棒の先に付いたヘッドでボールを打たなければなりませんが、思っている以上にヘッドはイメージとは違う動きをしてしまいます。トップからクラブを一気 [続きを読む]
  • もっと左へ振れ!!って言われたことないですか?
  • これまでほぼ我流でゴルフをやってきましたが、過去にお二人に単発で教えていただいたことがあります。兵庫県の名門ゴルフクラブのコースレコードをお持ちの方とゴルフ雑誌にも登場する東京のレッスンプロ。この二人に言われたことは、「もっと左に振れ!」という共通した内容。ほとんどのアマチュアがダウンスイングの最初から振り遅れているのでスライス。帳尻を合わせるようにインパクト付近で手を返す、このタイミングが合えば [続きを読む]