ジル さん プロフィール

  •  
ジルさん: yukari616また、会える日まで
ハンドル名ジル さん
ブログタイトルyukari616また、会える日まで
ブログURLhttps://yukari616.muragon.com/
サイト紹介文25歳で旅立った娘の生きた証を残したい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2017/07/08 20:58

ジル さんのブログ記事

  • 涙のあと
  • 娘の夏服を整理していたときに、ファイルが目に留まった。 私が、舞台の時や伝えたいことがある時に娘に手紙を書いていた。 それほど多くはないが、きちんとしまってあったのだ。 ふと、読み返す。 娘が10代の頃、ボーイフレンドのことや勉強やバレエと忙しい時期。 自分の仕事を継いでほしいけど、娘の人生だから、好きなようにしていいよ…等々 母としての思いを素直に綴った文章だった。 取り方によっては、うざい母親 [続きを読む]
  • 人として
  • 看護師が、身勝手な理由で点滴に消毒液を混入し、多くの命を奪った。 娘が病気と分かったとき、医師や看護師の一言で傷つけられ、また、励まされた。 忘れられない言葉… 「遺体を解剖して、原因が判明する。」まだ、生きて病気と闘っているのに… 痛みが来たとき…「とうとう、痛みが来てしまいましたか。」とうとう? どういうこと? たくさんの命を扱う人たちにとっては、何気ない一言かもしれない。 でも、最愛の人を亡 [続きを読む]
  • 娘から教えられたこと
  • 人に依存しすぎない事 人を信用しすぎない事 後で後悔すると思ったことは、決断する事 いつも綺麗でいる事 笑顔を忘れない事 人生は一度きりだという事 人を愛する事 当たり前の明日は来ない事 仕事に情熱を傾ける事 旅に出る事 唯一無二の自分を大切にする事 今を大切に人を大切に生きる事 まだまだ、ありそうでけど、貴女の命をかけた多くの教えを守って残りの人生を生きていくよ。 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • 死後の世界は本当にあるのだろうか? 一緒に笑ったり、話したり、一緒に生きていた人が或る日目の前から消えてしまう。 肉体は滅びるけど、魂は生き続ける…とは、よく耳にする。 信じたい。死んでも、そばにいると。 かけがえのない愛する人を失った誰もが、そう信じたいはずだ。 でも、どうなんだろう?分からない… そんなことを考えていた或る夜のこと。 なかなか寝付けず、部屋の中を見ていた。娘が亡くなる前夜「不安 [続きを読む]
  • 森林浴
  • 娘の愛犬ジルとチョコを連れて、富士山のふもとへ行って来ました。 自宅からも近く、ホントにいい所です。 ジルは、2歳までしか娘といられなかったけど、よくドッグランとか旅行に行っていた。 あれから3年、どこへも行かなかったジルを、久し振りに一泊旅行に連れて行った。 色々準備が大変だったけど、ジルは喜んでくれたかな? 娘が生きていたら、もちろん一緒に行っただろう。 少し雨模様だったけど、散歩コースを緑一 [続きを読む]
  • 勉強会
  • 一昨日、10回目の勉強会を開催した。 1年おきに、発表会、勉強会を行い、早27年。 30周年の発表会までは、頑張っていこうと思う。 ステージは、特別な場所。ここで、数年前まで娘は踊っていた。 音楽が鳴り、照明があたる。お客様の拍手が聞こえる。 ここに娘は立っていた。 現実の世界から、一瞬遠ざかる。 いる。そこにいて、踊っている。 そうだ…。娘はどこにも行ってはいない。ずっと、一緒だ… ステージは特 [続きを読む]
  • 庭木
  • 家の前にある月桂樹の木が、貝殻病?(葉の裏にブツブツ)になったので、5月の連休にバッサリ枝を切り落とした。丸裸になったようで、申し訳なくなった。 ところが、あれから1ヶ月が過ぎ、新芽が芽吹き、元の元気な葉がたくさん出てきている。 植物の生命力ってすごい!この勢いだと、元の姿になるまでそう時間はかからないだろう。 毎年花を咲かせる、桜や梅。 人は、どうして1回きりの人生なんだろう? ずっと、生き続け [続きを読む]
  • 誕生日
  • 今日は、娘の29回目の誕生日。 そちらの世界へ行って3年です。 会いたいです。会って、たくさんの話がしたい。 でも、今日は、お祝いの日だからケーキを買って、たくさんの思い出に浸るよ。 私のところに生まれてきてくれてありがとう。 たくさんの幸せをありがとう。 そして、たくさんの思い出をありがとう。 [続きを読む]
  • 人の一生
  • 昨日、親しくしていた叔父を見送った。 娘を亡くして以来の骨を拾った。 娘の時は、何が何だか分からずに指示されるまま、動いていた。 今回は、悲しいが、とても冷静に骨を拾うことが出来た。 形ある物が、死を境に形を亡くす。 あんなに元気に笑ったり、話したりしていた人が、最後は焼かれて骨になる。 長い歴史の中で、繰り返されていること。自分もそのうち、そうなる。 なんだか、よく分からなくなってくる。生かされ [続きを読む]
  • ジル
  • 娘の遺していった愛犬の名前だ。 ジルは今、5歳。2歳の時に最愛のご主人を失った。 家には、この前亡くなったコーギーとミックス(トイとダックス)がすでにいた。 3匹目を飼うことは、反対したが、東京から戻り、「どうしても一から自分の手で育てたい。お嫁に行く時も連れていくから」ということで、チワワを飼うことになった。 しつけをし、旅行にも連れて行くほど、可愛がっていた。 ジルも賢いいい子で、娘にべったり [続きを読む]
  • ブログを始めて1年
  • 大切な人を亡くし、暗闇のなかにいるときにブログに出会い、自分の本音を言える場を見つけられました。 時には、お見苦しい文もあったかと思いますが、読んで下さってありがとうございました。 私の場合、混乱した心を整わせることに、書き出すということが大変有効でした。 もちろん、現実が変わることはありませんし、哀しみも消えることはありません。 若くして伴侶や子供を亡くすことは、世間一般にはそうそうあることでは [続きを読む]
  • 娘の誕生
  • 今月は、娘の誕生月だ。 今から29年前の6月16日、娘は生まれた。 梅雨真っ最中の、雨がしとしと降る朝方だった。 3人目にして、初めての女の子に舞い上がった。 3050gの女の子。人生で忘れることの出来ない日。 「幸せ」とは、こういうことなんだ、と思った。 神様は、最高の幸せと、不幸せを私に与えたのだ。 よく、偶然に起こることはない。すべて、必然だという。 わたしに課せられた魂の鍛錬か…。娘はその [続きを読む]
  • 花で一杯
  • 命日から1週間が過ぎ、昨日は短大時代のお友達が遠くから来てくれました。 色んな人から頂いたお花で、部屋は一杯です。 何故か、白に紫の花が多いです。 娘は、紫色が好きでした。アクセサリーはゴールド、蝶々のキャラクターと好みがはっきりしていました。 みんな、ありがとう。忘れずにいてくれて…。 性格は、はっきりしていて、自分の意見をしっかり持っていて、悩み事を相談すると的確な答えをくれて、ズバッとものは [続きを読む]
  • 命日
  • 今日は、3回目の命日。 3年前の朝方、娘は息を引き取った。25歳11か月と1週間の生涯だった。 早すぎる。病気が分かってからわずか4ヶ月。 1年前からリンパ節の腫れで、病院にはかかっていた。色んな検査もしたし、色んな科にもかかっていた。こんなに、医学が進歩していても、見つけられなかった。 最終的に、浮腫みの外来に回され、そこで初めて生検して、癌細胞が見つかった。 検査結果は、娘は1人で聞いた。私は [続きを読む]
  • 早い者勝ち
  • 二男が、家を出て1週間。 彼女と暮らすために、アパートを借りて独立した。 まぁ、親としては喜ばしいことなのだが、気が付けば旦那と2匹の愛犬だけになった。 転勤族だったので、定住したのが、16年前。5人家族用の家を建てた。 子供たちは、大学進学で一人づついなくなっていったが、卒業して地元に帰って来たので誰かしら家にはいた。長男は早くに結婚し、独立している。 夫婦二人には、広すぎる家。少しづつ不要なも [続きを読む]
  • がん
  • がん、癌、ガン…。頭痛ではない。 娘を奪った憎い病気。人の命を奪う恐ろしい病気。 私は専門家ではないので、よくわからないが、誰にでもがん細胞はできているが、免疫細胞ががん細胞をやっつけているらしい。それが、何かの拍子に免疫細胞が負けてしまい、がん細胞がはびこるらしい。はびこったがん細胞は、暴走列車のように暴れてついには命を奪う。 たばこ、飲酒、塩分、ストレスなど、誘因になっているらしいが、がんにな [続きを読む]
  • 母の日
  • 昨日は、母の日。 3年前の母の日、忘れはしない。 娘からもらった最後のプレゼント。 容体も落ち着き、ベットから起きて財布を取り出して「はい、これ。好きな物買ってね」と、差し出された2,000円。 一緒に買い物に行けないからと、渡してくれた。 なんて素敵な時間と空間だっただろう。それから、わずか10日程で旅立ってしまうなんて。 私の記憶の中で、永遠に生き続けている。1シーンだ。 3人の子の母となり、 [続きを読む]
  • 悔し涙
  • 今日は、休みなので実家の母に会いに行こうかと思ったが、やめました。 産後間もない娘と同年代の姪が、やって来るのだそう。 小さい人間になり下がったな、と思うが今の私は幸せな母子の姿は目の毒だ。 今月は3回目の命日を迎える。命日反応で、落ち込むしふさぎ込むし、疲れが半端ない。 一人のんびり、テレビでも見ながら過ごすことにした。 母に断りの電話をした後、涙が溢れ前が見えなくなった。 この涙は何だろう? [続きを読む]
  • 寿命
  • この前、義父の卒寿のお祝いをした。 義父は数えの90歳。脳梗塞で二度倒れているが、会話も出来るし元気だ。 以前に比べれば、寝ていることが多く、筋力も弱ってきているようだが… 同居はしていないが、近くに住んでいるので、すぐに会いに行ける。 そんな義父だが、一言「よう、生きた」 兄弟姉妹は、全員旅立ち、ひとりだけになって数年。義母と二人、静かに暮らしている。 誰にも平等に死は訪れる。早かれ遅かれ。 長 [続きを読む]
  • 黒アゲハ蝶 
  • ゴールデンウィーク、終わりましたね。 昨日と一昨日の一泊二日で、温泉旅行に行って来ました。 二人の息子がお金を出し合い、還暦祝いにプレゼントをしてくれました。 優しさに感動。ありがとう。 娘を亡くしてから、より一層、家族の絆が強くなった気がします。 同じ哀しみを背負った者同士、お互いを労われるようになったかもしれません。 行くところ行くところに、絶妙なタイミングで黒いアゲハ蝶が… 娘に間違いない。 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • 明日から始まるゴールデンウィーク。 3年前から、この季節は苦手になってしまった。 3年前、「会わせたい人がいたら、会わせて下さい。」と、医師から告げられ、友人、親戚がひっきりなしに、お見舞いに来ていた。 面会室で、もう、命の期限が迫っていることを告げ、でも、娘の前では明るくふるまうように頼んだ。皆、泣き崩れた。涙を拭き、笑顔を作って面会してもらった。 娘は「どうして、みんな、来るの?」と、言ってい [続きを読む]
  • レッスン曲
  • バレエのレッスンには、音楽が不可欠で、先日、ディズニーのピクサーのCDを購入してレッスンをしている。 先日、娘の友達が来て、そのCDを見て「Yちゃんの好きな音楽ばかりですね。特に「トイストーリー」が大好きでした。」と。 その言葉を聞いて、改めて、CDを聞くと、涙が溢れそうになって困った。 レッスンをしている時は、特に娘がそばにいる気がしている。きっと、娘がCDを購入するように、仕向けたのかな? 大 [続きを読む]
  • 休日
  • 木曜日は、仕事は休み。 娘が生きていた頃は、市内の店に一緒に行ったな。 ペットショップ、雑貨店、イオン、ユニクロ、レンタルビデオ店にも行った。 娘の運転で、ドライブも楽しんだ。 今思うと、光り輝く素敵な時間だった。 もう二度と手に入れることのできない事ばかりだ。 当たり前の、母娘の時間。当たり前なんて、無いということを思い知らされたよ。 「過去を悔やまず、未来を恐れず、今この時を生きる。」 そんな [続きを読む]
  • 友だち
  • 先日、少し高価だが素敵な造花を見つけたので、お墓参りに行って、花を飾って来た。 行くと、いつも、生花が活けられている。そして、娘は飲兵衛だったから、酎ハイも供えられている。 3年経つが、こうして忘れずにいてくれる人がいて、ありがたいと思う。 誰かは、分からないが、大体の見当はつく。 お通夜、お葬式と、ずっと泣いていた子。娘の親友。 今は、二人の子供のおかあさん。 そんな優しい人の子供だ。きっといい [続きを読む]
  • 母親
  • 今日は、母を病院に連れて行った。めまいの持病がある。 85歳になる母は、年の割にはしっかりして、ひ孫の世話をしている。 近くのスーパーでおやつを買い、小学生のひ孫の下校時刻に合わせ、帰宅する。 兄夫婦と同居をしていて、兄の所の3人の娘たちは、それぞれ結婚して子供がいる。 三女以外は、近くに住んで子供が小さいので、何かと義理の姉も母も忙しい様だ。 大変だ、と愚痴をよくこぼす。 私にも娘がいた。そんな [続きを読む]