ゆじゅ さん プロフィール

  •  
ゆじゅさん: 味わい愛でよう人生を!!
ハンドル名ゆじゅ さん
ブログタイトル味わい愛でよう人生を!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/happyhappyyk/
サイト紹介文臨床心理士が提供する心と体が元気になる情報満載ブログです。
自由文幸せへのお手伝いをさせてください。

ストレス発散、問題解決、癒し、リラクゼーションなどあなたを元気にする情報が満載のカウンセリングルームゆじゅのブログです。

あなたらしく生きることができて、幸せに、元気になるお手伝いをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2017/07/09 16:25

ゆじゅ さんのブログ記事

  • 話すことが苦手でも、カウンセリングは行えます。
  • 臨床心理士のゆじゅです。 自分語りが長くなっているのでちょっと休憩します。 今日もお付き合いくださり、ありがとうございます。 カウンセリングは基本、相談者の方が話すことで問題解決、自己理解へと進んでいきます。 話すことに特に抵抗がない方、話すことが好きな方、話すことが得意な方。 この方たち以外の方、つまり話すことが苦手な方はカウンセリング自体に苦手意識を持っている可能性があります。 「どう話せばいい [続きを読む]
  • 人生のターニングポイントであったアメリカ留学
  • 臨床心理士のゆじゅです。 自分語りが長くなってすみません。 私がどのような者であるかを知ってもらった上で当カウンセリングルームを利用して頂けたらと思い書いています。 引き続き、どうかよろしくお願いします。 「カウンセリングを学ぶなら、カウンセリングが当たり前の環境にあるアメリカだよね」と思うようになり、留学しました。 アメリカではカウンセリングを学ぶだけではなく、自分自身を再構築する機会にもなりまし [続きを読む]
  • ゆじゅはどうして臨床心理士になろうと思ったのか③
  • 臨床心理士のゆじゅです。 前回からの続きになります。 3、4年生の時のゼミでは、望ましい行動を増やす/望ましくない行動を減らす、 というように行動に注目して、相談者の方にかかわっていました。 応用行動分析も心理療法の一つですが、 私は人と対話することで、人を理解していきたいという思いがありました。 人と対話する方法のカウンセリングを学びたいという気持ちが沸き上がってきました。 そもそも私は人の話を聞く [続きを読む]
  • ゆじゅはどうして臨床心理士になろうと思ったのか②
  • 臨床心理士のゆじゅです。 前回からの続きになります。 『どうして臨床心理士になろうと思ったのか?』 心理の道で働くなら、最低限でも臨床心理士の資格は必要と聞かされていたので、 「臨床心理士になるには大学院へ進まないといけない」という考えが頭の隅に常にありました。 なぜなら臨床心理士になるには大学院を卒業しなくてはいけないから。 3年生になると、ゼミ(学びたい心理学の専門分野を決めて、その専門分野の教授 [続きを読む]
  • ゆじゅはどうして臨床心理士になろうと思ったのか①
  • 臨床心理士のゆじゅです。 屋号を漢字へと変更するにあたって過去を振り返りました。 『どうして臨床心理士になろうと思ったのか?』 「困っている人を助けたい」 「自分の悩みや問題を解決したい」 「カウンセラーに助けられたので今度は自分が助ける側になりたい」などという理由からではありません。 明確な理由は特に見当たらない(苦笑)。 高校の同級生から心理学についての話を聞いて、心理学に興味を持ちました。 そ [続きを読む]
  • カウンセリングルーム結樹へと生まれ変わりました
  • 臨床心理士のゆじゅです。 前回からの続きです。 カウンセリングルームゆじゅからカウンセリングルーム結樹へ。 平仮名から漢字への変更です。 新たなる願いと希望。それは、 あなたの苦しみ、痛み、怖れ、不安、心配事、あなたを悩ませているものすべて、 いらないものすべてを樹(カウンセリングルーム)に結んでいって下さい。 そして新しい樹(あなた)を育てていきましょう。 大地に根を結び付けて、自分を生きる。 そのた [続きを読む]
  • カウンセリングルーム結樹へと生まれ変わります
  • 臨床心理士のゆじゅです。 ご報告です。 突然でございますが、 カウンセリングルームゆじゅをカウンセリングルーム結樹へと変更させて頂きます。 読み方は一緒です。平仮名明記から漢字へと変更します。 ※変更作業中です※ そもそも「ゆじゅ」とはサンスクリット語で 「つなぐ、結ぶ」という意味があります。 自分が自分の心とつながる、 自分の体とつながる、 自分の心と体がつながる、 過去の自分が現在の自分とつながる、 [続きを読む]
  • メンタルヨガカウンセリングで心と体両方を元気にする
  • 臨床心理士のゆじゅです。 月曜日です。今週もぼちぼち生きましょう。 頼りたくても頼れない状態、 人を信じることができない状態、 自分ひとりで抱え込んで動けない状態だと、 心もですが、体にめちゃくちゃ力が入っています! 緊張状態。体がこわばっている。 特に首と肩に力が入っています。 首こり、肩こりはありませんか? 違和感や痛みがあれば、 そのような体の状態に伴って、 心の状態も変化します。 イライラ、不安、落 [続きを読む]
  • 頼ることは・・・
  • 臨床心理士のゆじゅです。 『人に頼ることはいけないの?」 頼ることは、自分の弱みを見せる。 頼ることは、自分を?だめ人間”と認める。 頼ることは、負け犬がすること。 上記のように考えていると、頼りたくても頼れない。 助けが必要な場面で、助けを求められない。頼れない。 人を信じることが難しい場合も、頼りたくても頼れない。 誰にも頼れないと、自分でなんとかしなくてはいけない。 パワーがある人は自分を信じて、 [続きを読む]
  • 自分にありがとうって言える?
  • 臨床心理士のゆじゅです。 祝日です。 働いている自分に感謝しましょう。 どのように感謝すればいいの? 自分に対して、 「ありがとう」と言う。 シンプルです。 ただ自分に対して感謝する。 自分に対して言うのは恥ずかしくなるかもしれない。 照れるかもしれない。 生まれてからずっと一緒に生きている自分に感謝。 あ〜、勤労感謝の日は関係なくなるね(笑) 「ありがとう」と言えない自分がいるかもしれない。 言えない自分 [続きを読む]
  • 仕事に追われていると感覚が鈍る
  • 臨床心理士のゆじゅです。 火曜日です。 今週は金曜日に祝日がありますね。 ぼちぼち生きましょう。 『自分で自分の感覚を信じる』 体の調子、気持ちの状態、自分で感じることです。 外側から見て、 「元気ないね。大丈夫?」と言われると、 元気なのに、 「えっ。私って、元気じゃないの?」と思ってしまい、 段々と元気がなくなってしまう・・・。 外側よりも自分の感覚が大事。 疲れがたまっていると、自分の感覚が鈍くなり [続きを読む]
  • ○○があるから頑張れる
  • 臨床心理士のゆじゅです。 月曜日です。 今週もぼちぼち生きましょう。 頑張るためのきっかけと言えばいいのかな・・・ これがあれば頑張れる!!ってものはありますか? 行動へと導いてくれる原動力のもの。 『このゲームがあれば学校を頑張れる』 『ギターを弾くのが好き。平日は弾く時間はないけど、休日には仲間とバンド組んで演奏する。仕事は大変だけど、休日弾けるから頑張れる』 相談者の方の発言です。 「○○がある [続きを読む]
  • セルフケアの方法は何でもいいよ
  • 臨床心理士のゆじゅです。 日曜日です。 お仕事の疲れは取れましたか? 昨日の記事で、セルフケアについてお話ししましたが、 言い手である私はちゃんとやっているのか?と言うと、 「がっつりと意識してやることは少ない・・・」というのが現状です(苦笑) セルフケアとは意識せずに、習慣としてやっていることはあります。 週1のトレーニング、風呂上がりにボディオイルを塗る、 夕食には自分でブレンドしたハーブティーを [続きを読む]
  • 対人援助職の方。セルフケアは必須です。
  • 臨床心理士のゆじゅです。 人とかかわる仕事の方は、 頑張りやさんが多いです。 人を助けたい、 人を育てたい、 人に協力したい、 人のために生きる、と言っても過言ではない気がします。 熱い情熱を持って仕事をしている方が多い。 人のため、だからこそ、頑張り過ぎる。 自分が見えなくなる。 人とかかわる仕事の方は、 相手の苦手なところ、短所、助けが必要な部分の把握はもちろんのこと、 相手の強みや長所も把握していま [続きを読む]
  • 休日にエネルギーチャージを!
  • 臨床心理士のゆじゅです。 今週もお疲れ様でした。 ゆっくり休みましょうね。 仕事で失ったエネルギーを再び蓄えよう。 エネルギーチャージ。 人によって方法はそれぞれ。 寝てもよし。 運動してもよし。 好きな動画を見てニヤニヤするのもよし。 買い物するのもよし。 周りの人は色々な方法をあなたに勧めてくるかもしれません。 とりあえずやってみることが大事だと思います。 やってダメなら、他のことをやってみる。 チャ [続きを読む]
  • カウンセリングを受けるという選択肢
  • 臨床心理士のゆじゅです。 水曜日です。 週の半分が過ぎました。 ゆっくり休んで、明日もぼちぼち生きましょう。 『カウンセリングを受けるという選択肢を持っていない?』 カウンセラーはカウンセリングを生業としているので カウンセリングは親しみある言葉です。 生活の糧ですし。 カウンセリングは万能ではないですが、人を癒すことや 心の傷を回復させることが可能です。 しかし、一般的にカウンセリングを受けることに [続きを読む]
  • 自分と他者の比較から逃げよう
  • 臨床心理士のゆじゅです。 火曜日です。今日もぼちぼち生きましょう。 小さい頃の自分を振り返る機会がありました。 「どのような子どもだった?」 大人しい、マイペース、以上(笑) 一人っ子だったせいか、 他者と比較されずに育ちました。 とにかく自分のペースで動く。 小学校に入ると、がっつりと集団行動になるので、 他者と自分を比較することが始まりました。 集団と自分という比較も始まりました。 比較することで、 [続きを読む]
  • 相手よりも自分を気にしてあげる
  • 臨床心理士のゆじゅです。 月曜日。 ぼちぼちペースで生きましょう。 『自己主張するのが怖い』 『怖い』 『自分は力がないから』 『自己主張したとしても、その後が怖い・・・』 自己主張して、 拒否された経験、 怒られた経験などがあると自分の意見を言うことが怖くなると思います。 『また嫌われたらどうしよう』 『また拒否されたらどうしよう』 『また怒られたらどうしよう』 過去の経験は今に影響を与えます。 しかし、 [続きを読む]
  • お休みなのに仕事?
  • 臨床心理士のゆじゅです。 お休みの方、ゆっくりできましたか? お仕事の方、お疲れ様でした。 休日の過ごし方は人それぞれ。 お友達とランチに行く。 恋人と紅葉を見に出かける。 寝て過ごす。 溜まっている仕事をしに会社へ行く。 会議のためのレジュメをカフェにて作成する。 営業先への道筋を覚えるために車を運転する。 お休みなのに、仕事をしていませんか? 頑張り過ぎる人は休日も仕事をしがちです。 休日と週日(仕事 [続きを読む]
  • ほめられたことをメモ書きし、長所口座へ貯金する
  • 臨床心理士のゆじゅです。 今日もお疲れ様でした。 週末お休みの方はゆっくりお休みください。 自分の長所を知っていますか? 「短所はたくさんでてくるけど、長所はわからない」 と答える方が多くいます。 「見方を変えて、短所を長所に捉える」という方もいます。 人からほめられたことを思い出してみて下さい。 そこにあなたの長所が隠されています。 「ほめられても、”えっー。本当にほめてるの?”と疑います」という相 [続きを読む]
  • コツコツと自分の気持ちや本音に向き合う
  • 臨床心理士のゆじゅです。 今日もお疲れ様でした。 明日も頑張りましょうね♪ ある相談者の方。 以前勤務していた会社のOB・OG会があったそうです。 参加し、久しぶりに会った人から質問されたそうです。 「今、幸せ?」 その相談者の方は現在夫婦関係で悩まれています。 『幸せ?いや〜、苦しい状況にいるから幸せではない』 『でも、幸せではないと答えたら、質問した人はびっくりするよね・・・。 ”何があったの!?”と [続きを読む]
  • 自分の感情や本音って?
  • 臨床心理士のゆじゅです。 水曜日です。 週の半分を過ぎました。お疲れ様です。 引き続き自分のペースで生きましょう。 『自分の感情を出すのが怖い』 『どのように自分の本音を出していいかわからない…』 感情や本音を出したらどうなるか予測がつかないから、怖い。 何が起こるかわからない。未知のことに対する不安・・・。 『そもそも何が自分の感情で、本音かわからない』 自分を抑えて生きているとわからなくなります。 [続きを読む]
  • 抑え込んでいる思いや考えを吐き出してから、変化していく
  • 臨床心理士のゆじゅです。 火曜日です。 ぼちぼちペースで今日もいきましょう。 『私って、ダメ人間なんです』『バカな自分』という言葉をカウンセリング中よく聞きます。 仕事でミスをする 同僚は気配り上手だけど、自分は気がきかない 時間をうまく使えず、仕事をためこんでしまう 物事が上手くいかないと恋人や家族にあたってしまう等、 自分の嫌なところが次から次へと浮かんでくる。 そして、『私はダメ人間』『バカな自分 [続きを読む]
  • 助けを求めることができたら楽になります
  • 臨床心理士のゆじゅです。 今週も始まりました。 100%の力でスタートを切るのではなく、 ぼちぼちペースでスタートを切りましょうね。 月曜日ですし。 あなたは助けを求めることができますか? 仕事の手順が合っているか、 取引先の会社の担当者は〇〇さんでいいのか、 駅の何番出口に出ればいいのか、 大きなことから些細なことまで、 あなたが困った時、自分一人では解決が難しい時、 他者に助けを求めることができますか? [続きを読む]